2018/01/26/12:00 | ゲームレビュー

ストリートファイターV アーケードエディション【レビュー・評価】まだ改善の余地はあるが、オフラインソロプレイでも長く楽しめる正統派格闘ゲームの進化系!


ストリートファイターV アーケードエディション/PS4

2018年1月に発売されたPS4「ストリートファイターV アーケードエディション」を今回はレビューします。

PS4「ストリートファイターV アーケードエディション」は人気格闘ゲーム「ストリートファイターV」のバージョンアップ版です。

※2018年1月26日時点でのレビューになるので、その後、アップデートによってゲーム内容が変更される可能性があります。

良いところ

個性豊かな28のプレイアブルキャラクター

本作は無料ダウンロードコードを使えば最初から28ものプレイアブルキャラクターを使用出来ます。

近年の格闘ゲームとしては特別多くはないと思いますが、特筆したいのがそれぞれの個性。

かつてはコンパチだったキャラクターも別物にアレンジされていて、それぞれ異なる感覚で操作する事が出来ます。

その典型例とも言えるのがリュウとケン。それぞれ竜巻旋風脚や昇竜拳、波動拳の使い手ですが、これまで以上に技の性質が変わっていました!

例えば竜巻旋風脚。リュウの場合はまっすぐ進みながら足を竜巻のように回して行きますが、ケンの場合はフワッと上昇・下降をしながら足を竜巻のように回していきます。

このように既存のキャラクターでも細かい仕様が色々と変わっているため、前作と同じキャラクターを使用してもある程度の新鮮味を味わえました!

新規組にしても毒を盛ってくる技を繰り出すキャラクター。ザンギエフをさらに上回る巨漢のキャラクターなど、これまで以上に個性豊かでそれぞれ使いこなさないと勿体なく感じてしまいます。

ちなみに当初使えるキャラクターは16体で、残りの12体は封入されている「シーズン1」「シーズン2」のプロダクトコードを使ってダウンロードする形となっていました。

ダウンロード出来る期限は2020年の1月18日まで。オンライン環境がない場合はダウンロードすら出来ないのでその辺は注意です!

ド派手で爽快なアクション

格闘ゲームで大切な爽快感や演出は徹底されていると思いました。

キャラクターは「IV」に続いてアニメチックな3Dのモデリングとなっていますが、技の演出やダメージを受けた時の演出が良い意味で大袈裟なんです!

例えばベガのサイコパワーを食らうとキャラクターの全身が一瞬、紫に覆われて爽快な音が鳴ります。

普通の3Dゲームだったらここまで強調する事はないと思うので、拘りを感じられました。

極めつけはクリティカルアーツという「スーパーコンボ」を決めた時の演出!

クリティカルアーツを決めるとカメラアングルが立体的なものに変化し、迫力ある演出が挿入されて大ダメージを与えられるんです!

さらにクリティカルアーツで相手の体力をゼロすると背景が派手になり、大きく「KO」と表示されます。

クリティカルアーツを決めるには少々複雑なコマンド技を必要としますが、上手く決まった時の達成感は相当なものです。思わずガッツポーズをしたくなるくらい!

他にもステージの端で相手の体力をゼロにすると場外へ吹っ飛ぶ専用の演出が挿入されるなど”勝利した時の達成感”を感じられる演出が満載です!

連続で勝てるようになってからが本作の真価を発揮する時ですぞ!

戦略性を高めるVトリガー

本作の戦闘システムで大きな存在となるのがVトリガー!

ゲージが溜まると任意で発動する事が可能で、発動するとキャラクターが覚醒モードに入って技の性質が変化したり、新たな技が使えるようになります。

覚醒モードになれる時間は限りがあるうえ専用技を何度か使ったら通常モードに戻ってしまうので、どのタイミングで使うのか悩ましくて戦略性が高まっていました。

さらに「アーケードエディション」からは新たに「VトリガーII」が追加。

キャラクター選択画面で「I」か「II」のどちらかを選択可能で、それぞれ覚醒時に使用出来る技が変化します。

「Vトリガー」の「I」か「II」かでキャラクターの扱いが半分変わってくるので、より戦闘を奥深くしていると思いました(同時にややこしくもなっていますがw)。

充実の1人用モード

最近の格闘ゲームってオンラインメインのイメージが強くて何だかなぁ・・・

 
格闘ゲームと聞いたらそう感じる人も多いと思いますが、本作の場合は1人用モードも超充実しています!

そう感じる大きな要因が新たに搭載されたアーケードモード。

こちらのモードには「ストI」「ストII」「ストZERO」「ストIII」「ストIV」「ストV」といった歴代シリーズのアーケードコースが用意されていて、1キャラで全コースクリアするだけでも時間がかかるほどのボリュームがあります。

面白いのが、キャラクター選択画面や演出が当時の作品を再現していること。

シリーズ30周年を記念したオマージュネタのようで、ちょっとだけ懐かしさを感じられます。

これだけでも十分なボリューム感を味わえますが、まだまだありました!

イベントシーンだけで2時間超のゼネラルストーリー(※)。

各キャラクターのサイドストーリーを楽しめるキャラクターストーリー。

体力を引き継いで連続で敵を倒していく勝ち抜き戦のサバイバルモード。

各キャラクターに用意された課題をこなすトライアル。

本作のシステムや各キャラクターの特徴などを学べるデモンストレーションなど、1人用のオフラインモードだけでもこんなにも用意されているんです!

無印版発売時は1人用のコンテンツ量が少なく、批判を集めていましたが、いつの間にか大充実の内容になっています。

スコアアタックの要素が強いモードが多く、リプレイ性が高いので、全キャラやり込もうと思ったら相当長く楽しめるでしょうね。

※ゼネラルストーリーは無料ダウンロードコンテンツとなっていて、PSストアでダウンロードする必要があります。

快適なマッチングによるオンライン対戦

そしてオンライン対戦!

当初はマッチング速度が遅く、問題視されていましたが、「アーケードエディション」になってからはストレスなく楽しめるようになりました。

マッチング開始から10~20秒程度で対戦相手が見つかりますし、その相手もランクに合わせて決まるので互角な戦いを楽しめる事が多いです。

もちろん、フレンドと対戦したり、待ち受けをONにして対戦相手が見つかるまで好きな事をする機能も搭載。

パソコン版のユーザーと対戦する事も可能で、対戦相手に困る事はありません。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

起動時間が長い

オンライン接続時、タイトル画面まで進むと長いログイン時間が発生します。

この辺りはもう少し快適にして欲しかった。

「ストリートファイターV」シリーズは2D格闘ゲームでサクサク動く印象が強いだけに、少しの待ち時間でも長く感じてしまいます。

また、キャラクター選択画面から対戦画面までの切り替えもやや長く、マッチングが改善されたとは言えまだテンポが良くないと思いました。

ファイトマネーのバランス調整が微妙

本作はファイトマネーというゲーム内通貨が存在します。

これを使って追加ステージ、キャラクター、コスチュームなどをアンロックする事が可能なんですが、いずれも必要なポイントが多すぎると思いました。

特にステージは大量に用意されている割には必要なポイントが多く、すべてをアンロックするには課金してファイトマネーを購入しなくてはなりません。

もちろん、頑張れば無課金で全要素をアンロック出来ると思いますが、それには相当な根気と腕前が必要で、もう少し緩くしても良いんじゃないかと思いました。

特にアーケードモードをクリアしてもファイトマネーを貰えないのはちょっと・・・

その点は気になりましたが、「アーケードエディション」の場合は12の追加キャラクターを無料でダウンロードする事が可能なため本作の定価となる5,000円分の満足感はすぐに味わうことが出来ました。

「シーズン3」のキャラクターをすべてアンロックするには相当なファイトマネーが必要で課金を余儀なくされそうですが、現時点でのコストパフォーマンスは悪くありません。

全体のまとめ

テンポの悪さやファイトマネーのバランス調整など問題点はまだありますが、大ボリュームの1人用コンテンツ、充実のプレイアブルキャラクターなど見どころも多く、格闘ゲームとしての満足感はかなり高いです。

何よりも”勝った時の気持ち良さ”を感じられるよう徹底な気配りを感じられ、勝者の立場になった時は至高の体験を味わえるようになっていました。

有り難い事にそのような機会に何度か恵まれたので、その時は最高に楽しかったですね。

1人用のコンテンツが充実するようになって初心者が旅立てるような環境は整っているので、これから格闘ゲームデビューしたい方にもおすすめのパッケージだと思います。

まだ改善の余地はあるが、オフラインソロプレイでも長く楽しめる正統派格闘ゲームの進化系!

こんな人には特におススメ。
・格闘ゲーム好き。
・勝った時の達成感を味わいたい人。

こんな人にはおススメできない。
・格闘ゲームが苦手な人。
・オンライン環境が全くない人(コンテンツをダウンロード出来ない)。

ストリートファイターV アーケードエディション/お気に入り度【80/100%】
プレイした時間・・・約20時間


タグ ,
  • LINEで送る

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(12)

  1. つぐみ より:

    今日の昼はモンハンの感想かと思ったらストVAEだったよ!(笑)

    ストVは、目押しやターゲットコンボなどができてから一人前っぽい感じと、投げが強いんでとにかくグラップリングに気をつけるのに疲れて最近はやる気が削がれてしまいました。
    ファイトマネーの稼ぎ辛さはかなりキッツイですね。無印買って、まだ全キャラ開放できないままAEで後から来た人に全キャラゲットされているという(笑)
    さくらが無料開放されてたのがありがたかったけど

    モンハン衣装も欲しいけど衣装をゲットするにもファイトマネーを使って更にバトルに挑まないといけないという鬼畜仕様でHAHAHAHA ┐(´ー`)┌ となってしまいますわ。

    • kentworld より:

      あら、肩透かしでしたか?すみません、モンハンは夜の記事に回しました。

      ストVは前作と比べたらソロプレイのコンテンツが充実して初心者が旅立つために必要な要素は揃っていると思いますが、コマンド入力などはまだハードルが高いですね。

      ファイトマネーは課金前提のバランスなんだと思います。アーケードエディションだと12キャラアンロックでまだ良いですが、無印版は厳しいだろうなぁと思いましたw

      期間限定イベントが追加されたのは良いですが、ファイトマネーが結構必要なんですよねぇ。

      ファイトマネーは各キャラクターのストーリーをクリアすることでそこそこ入手できました。

  2. シロマ より:

    前作はえスポーツを重視し過ぎた弊害で初期の1人用コンテンツはすぐ終わるストーリーモードとサバイバルとトレーニングと少な過ぎてオンラインはあまり快適では無いと、散々な評価でした。
    今作はそれらの不満点は解消されているので巻き返せそうです。

    • kentworld より:

      僕もストVは1人用モードのコンテンツが少ないイメージが先行していたので、色々追加されて大充実の内容になってビックリでしたよ!

      僕は1人でも楽しめることを前提に考えていますので、充実したのは大きな加点ポイントになります。マッチングといい、大切な部分はしっかり押さえていますね。

  3. ビーグル犬 より:

    コメント少なくて格ゲー人気のなさがよくわかりますね・・・
    無印は買ったけどバグなのか格差ある相手とよくマッチングしたし、ロードもながくて続ける気になれず売っちゃいました
    アプデで上記の不満は解消されてそうだったので買い戻そうかとも思ったけど、
    以前よりファイトマネーが貯めづらいようなので後々金かかってきそうですね・・・

    上でアーケードクリアでFMもらえたとありますが、多分キャラレベルアップの報酬かと思います

    • kentworld より:

      当ブログでは格闘ゲームのレビューをあまりして来なかったので、そのツケが回ってきたのかもしれませんね(^_^;)

      無印版はゲーム内容に問題あったようですが、アーケードエディションはファイトマネーの面を除けばだいぶ改善されていると思います。

      アーケードモードをクリアしてもファイトマネー貰えませんよね。ストーリーモード初回クリア時は貰えるようですが。

  4. HAL より:

    私は無印版からのプレイヤーです。今回のアップデートでUI周りが一新されました。キャラはFMを貯めて解放しようと思っていますが、貯まらない貯まらない。思わず課金しようかな〜とも考えましたが、使いたいキャラも見当たらず、ボチボチやっていこうかなーと思っていた矢先にシーズン3にサガットが!カプコンさん!頼むからFM貯めやすい環境をお願いします!ってな感じですね。
    アーケードモードの充実ぶりは感激しました。懐かしい初代〜4のキャラセレ画面などが再現されていて、非常にやりがいあります。また、待ち受け設定も出来ますし、末永く遊べる作品だと思います。

    • kentworld より:

      キャラ解放はなかなか大変だと思います。無印版からのプレイヤーだと初期の16キャラしか使えないことになるのかな?

      そうなるとアンロックされているキャラは現時点で13もいるので、全部開放するのは大変だと思います。

      最近は「シーズン1」「シーズン2」の価格が値下げされたようで買いやすくはなりましたが。

      アーケードモードの充実度は凄いですよね!ギャラリーのコンプリートを目指そうと思ったらどれだけかかるのかw

      • HAL より:

        そうなんです。デフォで16キャラなのです(T ^ T)昔は普通に使えてたキャラを課金してまで?と物凄い抵抗があるのです・・・地道にアーケードモードや猛者ぞろいのオンライン対戦で地道に稼ぎますσ(^_^;)

        • kentworld より:

          無印版の評価が低くなってしまう要因が改めて浮き彫りになりましたw

          確かにウルトラストリートファイターIVなどはキャラ数多すぎましたもんね・・・

  5. おとなし より:

    前作(スト4系)に比べてゲームパッドでの操作性はどんなものでしょうか?

     6ボタンなのに同時押しだらけなのが不満だったので改善されているとうれしいのですが。

    • kentworld より:

      同時押しの技は今作にもいくつかありました。

      コンボは多少決まりやすくなっていますが・・・

      パッド操作は個人的には慣れましたが、最初は慣れが必要だと思います。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ダーク ソウル2 スカラーオブザファーストシン【レビュー・評価】改善点多数・ボリュームアップのまさに完全版!
逆転裁判 蘇る逆転【レビュー・評価】DSソフトとしての実験も感じられる超大作!
進撃の巨人【レビュー・評価】原作の再現度はバッチリだが、ハイエンドゲームとしては薄い
ファイアーエムブレム 暁の女神【レビュー・評価】良くも悪くもストーリーありきの作り
クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周【レビュー・評価】PSを代表する名作アクションゲーム!
PUBG(XboxOneプレビュー版)【レビュー・評価】粗削りながらも力技でマルチプレイの常識を打ち破った歴史的に残る作品。
DARK SOULS(ダークソウル)【レビュー・評価】高難易度アクションRPGのスタンダードを確立させた作品!
Snake Pass(スネークパス)【レビュー・評価】ユニークで癖が強い操作性のレア社風3Dパズルアクション!
龍が如く 極2【レビュー・評価】韓国マフィアと恋愛要素を絡めて深みをもたらした良質な極道ドラマ。「0」の後日談も満足。
ギャラガレギオンズ DX【レビュー・評価】誰でも遊べるギャラガ!