| ゲームレビュー

【レビュー】リッジレーサー(PSVITA) [評価・感想] 2011年のレースゲームとは思えない単調さ

67
リッジレーサー/PSV

2011年12月に発売されたPSV「リッジレーサー」を今回はレビューします。
PSV「リッジレーサー」は人気レースゲームシリーズのPSVITA版です。

良いところ

 

2013-03-11-073209
及第点には達しているクオリティ

レースゲームとしての出来は過去作品と違って
フレームレートが30なのは少し気になりますが、
及第点をあげられるレベルで、車の反射や背景はそれなりに綺麗に感じます。

ドリフトを上手く決めてニトロゲージを溜める
リッジレーサー」ならではのシステムも健在で、
それが理解出来ればそれなりに楽しいレースを楽しむことが出来ました。

スタイリッシュなデザイン

メニュー画面のデザインは「リッジレーサー」らしく
スタイリッシュで、初めてプレイした時は
「かっこいい・・・」と思ってしまいました。
あと、収録されている音楽も相変わらず良いですね。

個人的に合わない&気になったところ

 

2013-03-11-230044
あまりにも少ないボリューム

本作に最初から収録されているコースはたったの3つ(リバース含めると6つ)。
車の種類もたったの5つ。ダウンロードコンテンツで
8台の車、6つのコース、複数の音楽が増えますが、
定価が3,980円するだけに、これでは少なすぎます。
おまけに最初から収録されているコース、車とも個性が薄く、似たり寄ったりだし。

もちろん3コースしか収録されていないからと言って
1つ1つがとんでもなく長いなんて事は無く、
どれも5分未満で完走できます。そのためリバース含めても
1時間未満で本作に収録されているコースは回ることが出来るんです。


あまりにも単調すぎる内容

さらに酷いと感じたのが、あまりにも単調すぎるゲーム進行。
本作にはストーリー的なモードは存在せず、ただひたすら少ないコースを
8台のマシンとレースしたり、1人でタイムアタックをしたり、
友達と対戦したり、インターネットで対戦してお金やスキルポイントを稼ぎ、
マシンをカスタマイズしたり、レベルを上げていくだけなので、凄く単調です。

もう少しモチベーションを高める要素を入れられなかったのだろうか?
このシステムでは例えダウンロードコンテンツのコースが
増えてもすぐに飽きます。2011年のレースゲームとは思えない。

2013-03-11-224540
タッチ操作を強要させられるメニュー画面

メニュー画面ではボタン操作には対応しておらず、
フリックやタッチ操作を強要させられます。
PSVITAソフト初期にありがちな欠点ですね。


基本的なレース部分は悪くないのですが、いかんせん用意されている物が少ないし、
遊ばせ方も拷問レベルの作り。開発期間が非常に少なかったとは言え、
これをフルプライスで売るのは厳しすぎます。

こんな人には特におススメ。
・特に無し。

こんな人にはおススメできない。
・500円以下で無い限り全員。

リッジレーサー/お気に入り度【30/100%】
プレイした時間・・・約3時間
※当ブログのゲームレビューの採点についての方針はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(0)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】ポケモンカードGB [評価・感想] ぼくにカードゲームの面白さを教えてくれた思い出の作品!
【レビュー】ドクターマリオ ワールド [評価・感想] スマホゲーム市場の文法に従って作られた新生ドクターマリオ!
【レビュー】レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア(RDR UN) [評価・感想] 西部劇×ゾンビの組み合わせが斬新な爽快TPS!
【レビュー】ディスオナード:デス オブ ザ アウトサイダー [評価・感想] 限られたプレイヤーだけが楽しめる癖が強い至高のステルスアクションゲーム!
【レビュー】Detroit: Become Human(デトロイト) [評価・感想] 人間とアンドロイドの争い・愛情・友情をゲームとして描いた超大作!
【レビュー】ゼノブレイド2 [評価・感想] 深夜アニメを見ながら壮大な冒険が楽しめるテイルズ オブ ゼノブレイド!
【レビュー】閃乱カグラ -少女達の真影- [評価・感想] 限られた予算や期間の中で魅力を打ち出して来た新生えっちぃゲーム
【レビュー】さわるメイド イン ワリオ [評価・感想] “はじめてのWii”ならぬ”はじめてのDS”としておすすめ!
【レビュー】ファイアーエムブレム 暁の女神 [評価・感想] ストーリーに振り回されてしまったWii初期の超大作!
【レビュー】ReCore [評価・感想] 面白さの核はしっかりしているが、問題点だらけで完成度は低い