| コラボレーション

【E3 2019対談】過去最高クラスだったE3 2019のニンテンドーダイレクトについて熱く語る!【kentworld×グリグラ】

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

前回に続いて、今回もE3スペシャルです!

今回もゲストのグリグラさんと一緒に各社プレスカンファレンスについて語っていきます。おはっく~!
おはっく~!

▼登場人物の紹介

kentworld

ゲームブログ「M☆G☆M+etc…」の管理人。

グリグラ @rejendofzeld

SwitchとPS4を主戦場にしているゲーマー。

kentworldおすすめのTwitterアカウント を運営している方でもある。

「1」と「2」の良いとこ取りだったら嬉しいルイージマンション3

今回はですね、E3 2019のニンテンドーダイレクトについて語っていきたいと思います。
早速ですが、どうですか気になったタイトルは?
10個くらい挙げて良いですか?
10個!?そんなにあるんですか!?

いやまあ、さすがに絞りますが、まずはSwitch「ルイージマンション3」ですね。

 

おお!「ルイージマンション3」ですか!?確かグリグラさんはルイージが大好きでしたね。
そうですね、ルイージが好きですね。緑色が元々好きなので、その繋がりでルイージとヨッシーが好きです。
確か、1作目のゲームキューブ版「ルイージマンション」を最近プレイされていましたよね?
はい、この前プレイしていました。やっぱり3が出るということで絶対やらないかんなと思っていたので。
予習バッチリと言った感じで。
笑 予習バッチリです。
どうですか?発表された映像を見て。
「1」と「2」で進行の形式が違ったじゃないですか。
「1」が1つの屋敷の中を探索するのに対して「2」はクエスト形式になっていて。
で、今回の「3」は詳細がまだ分からないんですけど、1つのホテルの中でエレベーターのボタンを探しながら進んでいく「1」に近いタイプのようなので、これは嬉しいなとなりましたね。
ぼくも「1」の進行形式が好みなので、それだったら期待出来ますね。
それでいて「2」のようにオブジェクトに干渉できるのが増えていそうなので・・・
「ルイージマンション」の何が好きかって、掃除機、オバキュームを使った手触り感と探索のバランスが僕の中で丁度良いんですよ。
「ルイージマンション」の手触り感、探索はぼくも好きですね。
その点が「2」で凄い気に入って、「1」もプレイして「あぁ、良いな」って感じで「3」はその点がパワーアップしていそうで楽しみです。
そうですね、新アクションとか色々追加されていましたもんね。
はい、吸盤みたいなのでくっつけて、あれで物をどんどん破壊していく感じとか。
かなりぶっ飛んでいましたね。
ぶっ飛んでいましたね~。あんな風に物をぶっ壊していけるってのが凄い楽しいなと思いますね。
「ルイージマンション」ってどっちかと言うと「動」より「静」の印象が強くて、もう少し攻撃的になっても良いんじゃないかと思っていたので、良い追加要素だと思います。

期待の遥か上を行ったゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドの続編

続いて何かありますか?

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編ですね。

 

来ましたね~!
来ましたよ~。
最初見た時、「あれ?なんだろう?」と思いました。
最初見た時はもちろん締めだから凄い期待もありましたけど、期待の遥か上を行きました笑
「ブレス オブ ザ ワイルド」自体、ストーリーが凄い強いと言うわけではないんですけど、キャラクターが魅力的だったのでその後を描いてくれるってのが嬉しいですし、何よりあの世界をまた冒険できるのが一番大きいですね。
本当に色々秀逸だったので、これは別の形で活かしてほしいとずっと思っていたんですよ。DLC配信されましたけど、まだ活かせると思ったので。それだけに今回の判断はナイスだったと思います。
DLCも結構フィールドとかの既存の材料を活かしていましたけど、それでも新しいのを加えて使ってほしいなと思っていたので、そういう意味で続編というのは凄い理想的ですね。
まだ詳細が分からないんですけど、どう変わっていくのか想像が膨らみますよね。
PVを見た感じだとホラーテイストが「時のオカリナ」と「ムジュラの仮面」の関係を匂わせますね。
分かります、ゼルダって似たように見えても全然違う作品が多いんですよね。今回もそれを期待してしまいます。
いやもう、最高でしたね。最後にあれを持ってきてくれたのは。
意外と発売日は早いんじゃないかなと期待してしまいますね。
早いと嬉しいですね~。来年度内には発売してほしいですね。それだけで生きていける。
ゼルダの情報が出る度に「ブレス オブ ザ ワイルド」もう一回やらないかんなって思うんですけど、今回のはトドメをさされました。
笑 予習するしかないという。
「絶対にやらないといけないな」という義務感みたいなのが生まれてしまいました笑

パネルダンジョンに惹かれたゼルダの伝説 夢をみる島

では、もう1タイトル良いですよ。

あぁ、じゃあもうゼルダ繋がりで良いですか?「ゼルダの伝説 夢をみる島」で!

 

やっぱり一番惹かれたのはダンジョン作成ですね。
パネルダンジョンですね。
そうですそうです、イチから作るのは難しいですけど、最初からああやって仕掛けが用意されているのを配置してというのは、「これは絶対に楽しいな、捗るな」と思いましたね。
あれはかなりハードルが低くて気軽に作れそうですよね。
パーツを冒険しながら集めるみたいな形だったので、「あぁ、これ収集も楽しめそうだな」と思いました。
ゼルダって寄り道も楽しんですけど、こういう要素が追加されるとより楽しくなりそうですよね。
それと前から発表されていましたけど、ツリーハウスとかで改めて見てグラフィックが「これ、凄い良い」と思いましたね。
温かさが伝わってきますよね。
青沼さんも言ってましたけど、ミニチュアのジオラマを覗いているような感覚のグラフィックですよね。あれは少年心を擽ると言うか。
またドット絵とは違う良さがありますよね。
他に見たことがない表現の仕方ですよねあれは。
あれはあまり見たことがないです。
ゼルダほどのタイトルでああいったことをやってくれるというのは凄いなぁと思いますね。
あと、リンクが可愛いですね。
可愛いですね~。目が点なところが最高ですね。
また新しいリンクが誕生しましたね。
たまにいろんなリンクの絵を描いている人を見ますけど、「全部違うな」って思うから凄いなぁと思いますね。
「なんでこんなに色々出せるんだろう?」と言いたくなるくらいバリエーションがあって、amiiboも出ますしね。
amiibo!あれは絶対に買いますよ笑

リンクコレクションが出来てしまいますね笑

 

そういえばされていましたね笑
そうですね、これは夢をみる島リンクも揃えるしかありません笑
僕も「スカイウォードソード」のをこの前買いましたよ。あれが一番カッコイイなと思ったので。
あと、発売日が決まったのが嬉しいですね。
あ!そうですね~。9月20日!ちょっと固まりすぎですけど、嬉しいですね笑
9月は色々出ますけど、その中でも個人的には本命になりますね。

バカなんじゃないかと思ったスマブラSPのドラクエ勇者参戦

続いてはぼくが気になったタイトルを挙げていきたいと思います。
「やっぱこれは触れないとダメでしょう」ということで、タイトルじゃなくてダウンロードコンテンツですけど、Switch「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」のゲストキャラ2体ですね。

まずは「ドラゴンクエスト」シリーズから勇者が参戦することが決まりました。

 

前から言われていましたけど、やっぱり実現すると嬉しいですね。
想像は誰もがしたと思うんですけど、序曲が流れた時は震えました。
「うぉぉぉ~ついに来たか!?」という。
「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」という笑
ドラクエって元々任天堂のマリオとかと「いただきストリート」などでコラボしていたんですけど、それでも新鮮に感じますね。こうやってリンクとかマリオとかと勇者が囲まれて戦っている様子を見るのは。
メラゾーマとかバギクロスとか馴染みの呪文を使っているとこを見ると「お!」ってなりますね。
あの音が良いですよね~。あとあのコマンド選択とか。
凄いですね~あれ、どうやってバトルに組み込んでくるのかなと思っていたけど、そのままでしたね笑
「これ、バカだな~」と思ったのが歴代シリーズの勇者が参戦することになった点です。
最高に「バカだな~」と思って最高に嬉しかったです。
プレイアブルキャラクター1体じゃないですよね笑
実質4体ですよね~笑
「何を考えているんだろう?」という発想だと思いますよ笑
僕が一番テンション上がったのが「VIII」と「IV」の勇者が出てきたところですね。
あの主人公も印象的ですもんね。
僕が好きなドラクエシリーズの筆頭に挙がるのが「VIII」と「IV」なんですよ。
個人的にも「VIII」の勇者が一番しっくり来ます。
分かります、見た目は「VIII」の勇者が一番好きですね。
前面に出ている「XI」の勇者って、勇者にしては髪の毛が長くてイレギュラーですよね。
笑 それまでとは違うタイプの勇者ですよね。
あと、各主人公の最強というか象徴となる剣を持っているのも凄かったですね。
細かいコダワリが、今回も「ペルソナ5」のジョーカーに続いて感じられましたね。

喜ぶ人は凄い喜ぶスマブラSPのバンジョーとカズーイ参戦

で、もう1体決まったんですよ。バンジョーとカズーイです。

 

これは僕も凄い嬉しかったです。
これはやっている人は凄い喜ぶだろうなぁと見ていて思いました。
「バンジョーとカズーイの大冒険」は「スーパードンキーコング」などを手掛けたレア社が贈る3Dアクションゲームなんですけど、発売当時物凄いハマっていたので・・・
凄い個性的な技があるんですよ。トリのカズーイがタマゴ出したり、キツツキアタックをしたりとか、「これスマブラ向きなんじゃないかな~」とN64版の時から思っていたんですよ。それがようやく実現したということで。
念願叶いましたね~。
20年越しですよ笑
バンジョーとカズーイは愛が深い人を知っているので・・・
好きな人は好きなんですよ、それだけ濃いんです。
端から見たら「なんじゃこれは!?」といったキャラなんですけど、ドツボにハマればとんでもないことになってしまうという。
レア社という会社自体が物凄い癖の強い会社ですからね。
で、そのレア社と任天堂って以前までは疎遠だったんですよ、レア社がマイクロソフトに買収されてしまって。そういう意味で嬉しいんですよ。今回復縁して。
それこそドンキーコングと生き別れみたいになっていたのが今回のスマブラでまた再会して。
PVでもドンキーたちが喜んでいましたけど、「久しぶりに帰ってきた」という表現を表していたんですよ。
あぁ、あのドンキーはkentさんが乗り移っていた訳ですね笑
そうなんですよ、そのくらい感情移入出来ました!
話を戻しますが、今回のDLCは凄く理想的に感じます。
ホントですよ~。ジョーカーでさえ物凄い嬉しくてシーズンパスを買ってしまったのに、買ったことを後悔するどころか「2,500円で良いのか!?」と思うくらいです。
もう、現時点で2,500円分の満足感を得られてしまいました笑
あぁ、しましたしました。
でも、まだ二枠あるんですよ。
ハッキリ言ってこの3キャラの次に何が来るのか予想が付きません。
どんどんハードル上がりますね~。ペルソナの時点で上がりすぎじゃないのと思っていましたから笑
「いきなりジョーカー!?」と思いましたよ。
今の所、個人的には全部当たりです。次も期待してしまいますね。

最高のコラボとなったケイデンス・オブ・ハイラル

続いてタイトルを挙げますね。Switch「ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説」です。

 

これ、ゼルダ繋がりなんですけど、「クリプト・オブ・ネクロダンサー」と「ゼルダの伝説」のコラボレーションタイトルなんですよ。
配信日が6月14日に決定しました!
このラジオ収録しているのが6月12日なので、明後日配信ということになります。「ついに来たか!?」といった感じです。
前作が凄いハマったんですよ。ローグライクゲームとリズムアクションゲームを融合させた凄い斬新なゲームで、めっちゃ難しいですよ。
でも、試行錯誤していくうちに敵の倒し方とか分かるようになって、それが凄く楽しくて。ゼルダの世界観で楽しめるってことでもう、最高なんですよ。
めっちゃ面白かったインディーズゲームと好きなゼルダが融合したってのは溜まらないですよね。
夢のような組み合わせで、6月の本命タイトルがこれになってしまいました笑
それだけインディーズゲームって存在が凄く大きくなった証明だと思います。
最近はインディーズゲームの方が楽しんでいるという勢いですよ笑
僕は「クリプト・オブ・ネクロダンサー」の体験版をやったことがあって、恐ろしいほどの中毒性を感じて、逆に「これはヤバイ!これをやったら何も手がつかなくなる」ぐらいの危険性を感じたのでまだ手を出していないというタイトルです。
ハマったら1日10時間やってしまいますよ笑
ホントにそれだけやると思います。危険すぎて手を出せなくなったタイトルなんですけど、今回のゼルダコラボは、「これ、手を出さない理由はない」という感じなので・・・
是非、やってください!価格が3,000円くらいしますけど、その分の満足感は得られると思いますので。明後日が楽しみですね。

クッパ社長の言う通りだった素晴らしいラインナップ

そろそろ全体のまとめに移りたいと思います。
どうですか?全体的に。
バリエーションが凄い豊かで幅広いなという印象ですね。
最初にクッパ社長が出てきて「RPGとかアクションとか色んなタイトルを取り揃えていますよ」という旨のことを言ってたんですけど、間違っていなかったなという感じで、タイトルを見たら昔の聖剣伝説だったり魂斗羅だったりの最新作だったりウィッチャーといったRPGだったりスポーツゲーム、マリオ&ソニックもありましたし・・・
確かに色々と取り揃えていますね、最近はSwitchソフトの充実ぶりが半端ないなと思うんですけど、それをさらに強調させるようなダイレクトだったと思います。
サラッと「うわ!これが配信されるの!?発売されるの!?」みたいな小ネタがいっぱい詰まっていましたよね。
何を挙げたら良いのか迷うくらいで、まさに10タイトル挙げないと気が済まないというくらいですよね。
凄かったですね~。
みなさんの反応も凄くて・・・ブログの話になってしまいますが、記事に投稿されるコメントが凄すぎて圧されてしまいました笑
僕もコメントさせてもらって他の方のも見ましたけど、「あぁ、スゲェな」と思いましたね。
「え?ちょっと待ってよ!?」「このコメントを書くのに半分掛かったの?」というほど熱量を感じる長文コメントばかりで圧されてしまいますね。
みなさんが長文コメントを書く気持ちは恐ろしいほど分かりますね笑
幸せです、ぼくも。
本当に幸せですよ。
最高でした!語彙力ないですけど笑
いやいや最高、それに尽きます笑
歴代ニンテンドーダイレクトランキングをやるとしたら今回のはかなり上位になりますよ笑
そうかもしれませんね~。
昨年はスマブラSPばかりで賛否両論だったんですけど、今回はその反省も活かしてバランスが取れていたかなと思います。
さて、お時間が迫ってきたので、今回はこれで終了したいと思います。

↑対談を通して聴きたい方はYouTubeにアップしたインターネットラジオを御覧ください!↑

kentworldとグリグラさんのボイスを聴くことが出来ます♪

▼ラジオの内容

・ルイージマンション3について
・ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドの続編について
・ゼルダの伝説 夢をみる島について
・大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALのドラクエ勇者参戦について
・大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALのバンジョーとカズーイの参戦について
・ケイデンス・オブ・ハイラルについて
・全体のまとめ

↑チャンネル登録よろしくお願いします♪

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(4)

  1. グリグラ より:

    やはり任天堂カンファレンスが充実したものであったので、語れることも多かったですね。興奮気味で話していたので、ところどころ早口になって聞きづらくなっちゃってますねw
    kentさんが挙げたケイデンスオブハイラル。面白いですし思ってた以上にゼルダになってますね。E3で上がったボルテージを満たしてくれるタイトルをすぐに配信してくれる任天堂の心遣いに感謝です。

    改めて見返すと今回のダイレクト、ゼルダ成分が多めだったことも満足感が大きくなった理由かもしれません。

    • kentworld より:

      いえいえ、元気なグリグラさんを形として残すことが出来たから良かったですw

      ケイデンス・オブ・ハイラルはここまでゼルダ要素が強いとは思っても居なかったので嬉しい誤算です。

      予想以上に楽しめて一気にクリアしてしまいましたw

      本当に今回はゼルダ成分が強かったので満足感が大きいダイレクトでした!

  2. ホンマ?トモフミ より:

    確かにルイマンは今度の「3」に関してはスラムや吸盤などの新アクションでかなりアグレッシブになってましたよね!
    ルイマン1や2は今まであまり大作感がなくて、他の大作の中継ぎ作みたいなイメージがどこかしらあったものですが、E3のPVを見てこれはちょっと襟を正してプレイしたいなと思いました。

    確かにゼルブレの今回の続編は、「時オカ」に対する「ムジュラ」みたいな感じでホラーテイストがあるのかな?と思いましたね。もしかしたら来年の年末の注目作になるのかもしれませんね。

    ゼルダ夢島リメイクは今やHD画質が当たり前の中でいい方向性のリメイクになったと思います。
    確かにジオラマ風ですねwww
    ちょっと言い過ぎかもしれませんがゼルダ風トイストーリーやパペッティアみたいですねwww
    僕にとってもドラクエXISの次に発売日に抑えたい新作です(*≧∀≦*)

    勇者はⅠからXIまで歴代の勇者が登場するのは、よくがんばったね!と思いました。
    プレイアブルとしてはⅢ、Ⅳ、Ⅷ、XIで最後の切り札には残りの勇者がすべて登場してますから!!
    女性勇者が登場しないのは残念ですが、見た目的にⅢやⅧの勇者が好きなので「可」ですwww

    PVではドンキーたちがバンカズの参戦をめちゃくちゃ喜んでましたが、もう一方で白いドンキーコングも喜んでいたのですねwww
    おかげ様で僕はバンカズ熱があがって、バンカズ関連の動画をみたり「ユカレリ」をもっと堪能する気になりましたよ。

    ケイデンスは¥3,000分の満足感は確かにありました!

    おもしろそうなゲームばかりで個人的に記憶の片隅に追いやられましたが、クッパとバウザー社長の茶番も面白かったですね。
    なんだかんだクッパというキャラクターは任天堂にも気に入られてますよね。「見守りSwitch」でも優しくてときに厳しいパパを演じてましたしwww

    • kentworld より:

      ルイージマンションはもっとアグレッシヴになるべきだと思っていたので、「3」は良い変化を遂げたなぁと思います。

      ゼルブレホラー説は本当なのか今後の展開に注目です!

      夢島リメイクのグラフィックのセンスは素晴らしいです。ゼルダ風トイ・ストーリーとは上手いこと言いますねw

      ドラクエの歴代勇者集結は感激ですね!最後の切り札は何度も見ることになりそう。戦闘に集中出来ないかもw女性勇者は残念でしたね・・・Miiファイターコスチュームでせめて出てきたら良いのですが。

      バンカズ参戦ムービーでドンキーたちが一瞬だけ喜んでいるシーンが挿入されましたが、あのシーンはめちゃくちゃ感情移入が出来ましたw

      ケイデンスは2Dゼルダ気分も味わえたので3,000円分の満足感を味わえました。

      クッパ社長の茶番、良かったですね!ああいう茶番を入れてこそのダイレクトだと思います。クッパは最も愛されている悪役なんじゃないでしょうか?

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

ファイアーエムブレム風花雪月に向けて3DS版以前のシリーズ作品を振り返ろう!by ホンマ?トモフミ
【特別企画!】最新作発売記念!ブレイブルーシリーズを格闘ゲーマーにレビューしてもらいました!
逆転裁判シリーズ・4つの疑問で再評価と分析 by C-rex
ピコッ!ゲームだらけのM☆G☆Mラジオ 放送リスト
ゲーム原作の映画を大特集!こんなにもあった!? by チキ
【特別対談】E3 2018にて発表されたタイトルについて語る座談会!【kentworld×ナスタ】
体脂肪率8%!?40代子持ちのスーパー肉体派ゲーマーに特別インタビュー!
隠れた名作のレビューが満載!kentworldの友達が満点を付けた神ゲーを紹介!(街毛編)
女性にもおすすめの3DSソフトを大特集!
ゲームブラザーズの管理人さんにブログ運営のノウハウを訊いた!【kentworld×ぽけ×ソーヤ】