| コラボレーション

【E3 2019対談】E3 2019にて発売日が決まったFFVII リメイクやどうぶつの森新作などについて語る!【kentworld×グリグラ】

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

前回に引き続き、今回もグリグラさんと語っていきたいと思います。おはっく~!

おはっく~!
異例となる3回連続出演となります。
おお!特別枠ですね。

▼登場人物の紹介

kentworld

ゲームブログ「M☆G☆M+etc…」の管理人。

グリグラ @rejendofzeld

SwitchとPS4を主戦場にしているゲーマー。

kentworldおすすめのTwitterアカウント を運営している方でもある。

周りの熱気によって感化されるファイナルファンタジーVII リメイク

前回はニンテンドーダイレクト。前々回はマイクロソフトのプレスカンファレンスについて語っていきましたが、今回はそれ以外のカンファレンスなどで発表されたタイトルを語っていきたいと思います。
早速ですが、なにかありますか?

PS4「ファイナルファンタジーVII リメイク」の発売日決定が大きいですね~。

 

そうなんですよ、2015年に初公開されたので、4年経ってようやく発売日決定。しかも分割1作目笑
存在を忘れかけていましたが、やっぱり発売日が決まると嬉しいですね。
テンション上がりますよね、こういうずっと音沙汰がなかったタイトルの発売日が決まると。
僕は原作の方はやったことがないですけど、ビジュアルとかもカッコいいですし、戦闘とかもキャラクターを切り替えて、遠距離だったら銃持ちのキャラクターに切り替えたりとか、色々戦術がありそうで面白そうでしたよ。
オリジナル版とは全然違う感じですね。
アクション寄りになっていますね~。それでいてコマンド選択みたいなのもあって、その時は時間がスローモーションになるようになっていて、「あ、ちゃんと原作の部分を踏襲しつつ新しいのになっているんだなぁ」と感じましたね。
それは有り難いですね、ジャンルが変わると賛否分かれますから、そういうオリジナルの良さも残しているのは。
スクエニカンファレンスでこのゲームの映像ばかりが流れていましたけど、女性キャラクターが人気ある作品なので、その2人が発表されたあとは会場が凄い盛り上がっていたのが印象的でした。
確かに女性キャラクターが魅力的な作品だとよく聞きます。
この作品に関しては原作をやっていないので思い入れはないんですけど、周りが凄いと言うので、周りの人の反応を見てしまうんですけど、熱量が半端ないなぁと。
ぼくも序盤で積んでいるんですけど、PS1の人気を決定付けたタイトルなので、相当な影響力があるんだなぁと傍から見ていて思います。
周りの人たちの反応を見て自分も楽しみになっているという感じです。
あぁ、感化されますよね、周りの人がテンション高いと。「何をこの人はこんなにテンション高いんだろう。気になるじゃん」って感じで。

BotWに影響を受けたゴッド&モンスターズ

他にはどうですか?

PS4/Xbox One/Switch「GODS&MONSTERS(ゴッド&モンスターズ)」です。バリバリSwitch/Wii U「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の影響を受けましたみたいなあの感じの。

 

このゲームはPS4/Xbox One/Switch「アサシン クリード オデッセイ」のスタッフが贈る新作ですけど、元々「アサシン クリード」シリーズのスタッフって「ゼルダの伝説」シリーズにリスペクトを受けていたんですよ。
例えばPS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/Wii U「アサシン クリードIV ブラックフラッグ」では船に乗れるんですけど、それはGC「ゼルダの伝説 風のタクト」のリスペクトって言われていましたし、「アサシン クリード オデッセイ」のSwitch版には「ブレス オブ ザ ワイルド」のコログネタが隠されていたようです笑
でも、今回はモロに「ブレス オブ ザ ワイルド」でしたね笑
でしたね~。海外の人が日本に向けて作るソフトって面白いんですよ。
またフィールドの話になるんですけど、草原が広がる感じの中で背後からこうキャラクターに寄って行って広大な世界が見える。あの演出はいつ見てもワクワクします。
分かります、あの手法は毎回やられます。
あと、「アサシン クリード オデッセイ」のスタッフが贈る新作ですけど、「オデッセイ」の評判が凄く良いじゃないですか。
で、そのスタッフが作っていることもあって「面白そうだな~」と思いましたね。
「アサシン クリード」の時点で「ブレス オブ ザ ワイルド」に近いところがありましたけど、より近付けてくるとなると「どうなるんだろう?」って思います。
発売日が決まっているというのも嬉しいですね。
そうですね、2020年2月25日に決まりましたから。
これは個人的にもUBIソフトのプレスカンファレンスでは一番「ビビッ」と来ました。
UBIソフトは欧米のゲームメーカーの中では多様性がある方ですよね。
「マリオ&ラビッツ」もUBIが手掛けていましたし・・・
あと、最近は「スターリング」という「スターフォックス」とのコラボタイトルも出していました。
欧米のゲームと言えば銃を持ってバンバン撃つゲームばかりの印象ですけど、UBIソフトのゲームはそういうのばかりではないんですよね。
そこが良いところですね。
本当にそう思います。なので個人的には欧米のゲームメーカーでは一番好きなんですよ。

ドーンとリメイクされた聖剣伝説3 TRIALS of MANA

他になにかありますか?

PS4/Switch「聖剣伝説3 TRIALS of MANA」ですね。

 

「聖剣伝説3」リメイクが決まりましたね。
世界観、グラフィックというか絵が最高じゃないですか。
分かります、カラフルで自然がいっぱいな。
原作をプレイしたことなくても惹かれるような絵というか。
分かります。今まで「1」と「2」がリメイクされていたんですけど、今回はそれ以上にガラッと変わりました。

今回は3Dの三人称の後ろからの視点になって「あ、これは凄い力を入れているな」というのが伝わりましたし、何よりもキャラクターの描写が凄かったですね。

 

「前作のリメイクってここまで凝っていたっけ?」と何度も映像を見返してしまいましたよ笑
作品を重ねる毎にリメイクのレベルが上っているなって思いました。
今回はドーンと来たなぁと。前のリメイクは正直惰性で買っていたところがあったんですけど、今回は純粋に楽しみです。
こういう昔の作品が現代の映像で楽しめるというのは嬉しいですね。

今では珍しい3Dシューティングのリメイク版パンツァードラグーン

他には全く知らないタイトルだったんですけど、Switchで発売が決まった「パンツァードラグーン」のリメイクですね。

 

セガサターンで1990年代に出たゲームですね。
ドラゴンが物凄いカッコいいなぁと思ったのが第一印象だったんですけど、3Dシューティング。広い、明るい青空の中を飛び回って楽しそうだなと純粋に思いました。
あのシリーズ熱狂的なファンが多くて精神的続編も出るほど高く評価されているんですよ。
ぼくもいずれやってみたいと思っていたんですけどね。
3Dシューティングって今ほとんどないというのも惹かれています。
あまりないジャンルのゲームがこう新作で出ると「お!」って思うんですよね。
あぁ、確かに奥スクロールのシューティングって今はほとんどないですもんね。
で、あとドラゴンがカッコいいのもあって「これはやってみたいな」と思いました。
プレイする良い機会かもしれませんね。

体験版から大幅に改善されたデモン エクス マキナ

あと、珍しいジャンル繋がりでSwitch「デモン エクス マキナ」も気になっています。

 

発表自体は前からされていましたけど、今回は凄い映像がパワーアップしてスピード感が溢れるようになっていたのと、公式サイトで体験版を通じて改善点みたいなのを動画にしてくれていたんですよね。
それを見て「あぁ、ここはスピーディになっている」とか「あ、ここが変わって気持ち良くなっている」とか結構見受けました。
あとは今では珍しいロボットアクションということでこれは買うことにしました!
おぉ、確か9月に決まったんですよね。
これも9月に決まったんですよ。
困りましたねそれは笑
体験版をプレイした時も確かにスピード感がもっとあれば良いなと思っていたので、それが改善されているのは嬉しいですね。
最近はこういう新鮮味がありそうなタイトルを僕の体が求めているんですよ。
インディーズゲーム的な感じですね。
そうですね、インディーズもそうですし、それに限らず最近は「塊魂」をプレイしましたが、もう色々ぶっ飛んでいて新鮮味だらけでしたよ。
「塊魂」も凄く独創性が溢れていますもんね。そのうえ気持ち良いですから。ぼくもそういうゲームを最近は求めているところがあるので分かりますよ。
なんでしょうね、変なゲームを求めているのかな、体が笑
あ、分かります分かります。なんか一味違いそうなゲームを求めてしまうんですよ。見た目だったりシステムだったり、ジャンルだったり。
そういうゲームが今すごいインディーズ界隈で出回っていますからね。
今回出る「クリプト・オブ・ネクロダンサー」の「ゼルダの伝説」コラボ。「ケイデンス・オブ・ハイラル」もそれに含まれますね。
あれも他にはない感じですからね~。

三上さん制作の時点で買い!ゴーストワイヤー トーキョー

続いてはぼくが気になっているゲームを挙げていきます。

「GhostWire: Tokyo(ゴーストワイヤー トーキョー)」ですね。

 

これは三上真司さんという「バイオハザード」の生み親が手掛ける悪魔と戦う東京を舞台にしたアクションアドベンチャーゲームです。
対応ハードは不明なんですけどね。「サイコブレイク」とか「バイオハザード4」とか・・・
結構、ホラーチックなんですか?
今回はホラー的じゃなくて悪魔と戦うみたいです。ホラーゲームではないそうです。
ホラーじゃないんですか?
みたいですね、細かいことはよく分かりませんが、三上真司さんという時点で期待なんですよ。
あぁ、そういうクリエイターさんなんですね。名前だけで買ってしまうような。
そうですね、彼が作るゲームはみんなハマったので。
「バイオハザード」もそうですし、「サイコブレイク」とか「ヴァンキッシュ」とか。全部良いんですよ。
おぉ、それは期待してしまいますね。
これは対応ハードとかがまだ決まっていないんですけど・・・
PS4/Xbox Oneが妥当ですかね?
無難に行けばそうですけど、もしかしたら次世代機向けかも知れません。
あぁ、なるほど。
まあ、まだずっと先かもしれませんけど、未来の期待作ということで注目しています。

スピード感が凄いDOOM Eternal

あと、もう1つはPS4/Xbox One/Switch「DOOM Eternal(ドゥーム エターナル)」です。

 

これはFPS(ファーストパーソンシューティング)なんですけど、一般的なFPSよりもスピード感が凄くて、倍速で動かしているような感じなんですよ。
で、ゴア表現というかアクション的な部分が凄い派手で難しいんですけど上手くいくと凄い気持ち良いっていうゲームの続編になります。
これが11月に出ることが決まったので、「11月どうしようかな」と困っています笑
11月も凄い充実していますよね。
そうですよ、9月と11月が凄い期待しているタイトルばかりが集まっていて・・・
PS4「デス ストランディング」だったりSwitch「ポケットモンスター ソード/シールド」だったり、11月は凄いですよね。
毎週のように注目作が出るんですけど、どうしようかなという笑
頭が痛いですよ、嬉しい悲鳴というやつですけど。
どれか削りたいなと思いつつも期待作ばかりだから削れないという笑
来年発売予定のタイトルが色々出ましたけど、今年もヤバイですよ十分。
今年も十分ヤバイですよ笑

延期は正解だった?あつまれ どうぶつの森

来年ということで触れないといけないのが、Switch「あつまれ どうぶつの森」が2020年3月20日に延期したじゃないですか。

 

あぁ、延期しましたね。
僕としては助かりましたね笑
順当に行けば11月とか12月に出る予定だったと思うんですけどね。
多分12月に出るんじゃないかなと思っていました。
でも、出ていたら多分困りましたね。だって「どうぶつの森」って凄く長く楽しめるじゃないですか。
はい、スローライフですからね。
何百時間当たり前というゲームですけど、そう考えると来年3月が丁度良い。いや、3月でも厳しいですけどね笑
3月も大変ではありますけど、3月20日だから、4月5月は毎年閑散期なので、逆に僕としては丁度良かったですね。
あと、「どうぶつの森」ってリアルタイムじゃないですか。
で、冬に出たら雪じゃないですか、辺り一面が。
あ!そうですね!そういう意味でも春が良いですよね。
そういう意味では春が一番ですよ。桜が見頃だったり、様々な虫や魚を捕まえられるんじゃないですかね。
なんか最近「どうぶつの森」ってやたら年末に出ますけど、実は春が一番良いんですよ笑 四季が楽しめますから。
日本人だから春夏秋冬の順番で楽しみたいですもんね。
そうなんですよ、それで完成度が上がるのであれば延期は良いかなと思います。何より他にもやりたいゲームがありすぎますからね。
ホントですね~笑
今から予定を立てないと!
大変ですよ。
そういう訳で長くなりましたけど、これでE3 2019対談を終えたいと思います。
グリグラさん、長い間ありがとうございました!


↑対談を通して聴きたい方はYouTubeにアップしたインターネットラジオを御覧ください!↑

kentworldとグリグラさんのボイスを聴くことが出来ます♪

▼ラジオの内容

・ファイナルファンタジーVII リメイクについて
・ゴッド&モンスターズについて
・聖剣伝説3 TRIALS of MANAについて
・リメイク版パンツァードラグーンについて
・デモン エクス マキナについて
・ゴーストワイヤー トーキョーについて
・DOOM Eternalについて
・あつまれ どうぶつの森について

↑チャンネル登録よろしくお願いします♪

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする
  1. ホンマ?トモフミ より:

    スクエニの今回、発表されたFFVIIに聖剣3はどれもリメイク作ですが、今だからできる表現力がどちらにもあって素晴らしいですよね!
    正直なところ、僕は当初FFVIIRを猛烈に楽しみにしていたのですが、Switchででる新作として聖剣3とまれ森が発表されてしまったので少しFFVIIRが霞んでしまいましたよ(^_^;)
    FFVIIRの場合、結局はPS4などで出て、そうなると実家に帰らないと遊べませんからね💦

    まれ森は季節と連動している作品なので、春に出るのは良いのかもしれませんよね。
    延期は大抵がっかりするのですが、これはしっかり年度内に出るなら悪くないです。
    当初は期待してませんでしたが、島を発展させて最終的に村にしていく?つくりは今までとはまた違った遊びができそうで楽しみです(^^) ちょっとマイクラやゼルブレに似せてきましたよねwww (そもそもサバイバルゲームがトレンドともいえるかな)

    • kentworld より:

      挙げられたタイトルはいずれも来年度の注目作になると思います。ぼくはどれも期待していますよ~♪

      まれ森とは面白い略称だw てっきり、あつ森と略すのかと思いましたw

      どうぶつの森は毎回発売日に買いますが、年末だと虫が少なくて寂しいんですよ~。

      春だと四季も楽しめますし、良いことが多いですよー。

      島の発展システムはシミュレーションゲーム的でこれまでの作品よりもモチベーションを上げやすいかも。

      Minecraftの影響からか、最近はサンドボックス要素を搭載したゲームが増えてきました。

      • ホンマ?トモフミ より:

        あつ森だと源平合戦の平敦盛を個人的に連想するので、僕は「まれ森」と略してます。
        語感的にもあつ森よりは綺麗かなと思いますし。

        しかし世間的にはゼルブレではなくブレワイと呼ばれてますし、どんな略し方が浸透するかわかりませんね(^^;;
        僕はたまに微妙な略し方してるときもあるけど、目くじらを立てずにおもしろい略し方だと言っていただけてるのが嬉しいですwww

        • kentworld より:

          なるほど、源平合戦の平敦盛を連想するということで避けましたかw 確かにそれはあるかもなぁ。

          ブログでは略称は基本的には多数派を使用するようにしています。

          いえいえ、目くじらを立てる理由なんてありませんからw

  2. Kiyoppy より:

    FF7は序盤がグダつくので、そこであきらめる方が多いのではないでしょうか。
    僕もそのうちの一人です(笑)。ミッドガルから脱出するのに3回はあきらめましたよ。なので、リメイクはそこら辺をテンポ良くサクサク進んでくれたらいいのですが、ミッドガルだけでBD2枚組の時点でもうオワタ。

    • kentworld より:

      FFVIIは序盤がグダ付くのですね。ぼくは戦闘のスローテンポがきつく感じました。そこはリマスター版の倍速機能でカバーしたいと思います。

      リメイク版はガラッと変わっていそうなので心配していません。

  3. グリグラ より:

    編集お疲れ様です。

    今回は言葉に詰まってもたつく場面が多かったと思いますが、編集でテンポよくまとめられているので見やすくなってますね。自分で話していた内容なのに、こうして記事になって読み返すと面白い内容だなあと感じるのが凄いです。

    全3回に渡る対談ありがとうございました!

    • kentworld より:

      ホント、文字起こしをしている時は「面白い対談だなぁ」と感じながらキーボードを叩いていましたw

      読み物としても面白いし、ラジオとしても面白い。

      たった10分間のやり取りですが、上手く凝縮出来たと思います。

      こちらこそ、ありがとうございました!

  4. ヨウタイガ より:

    ついに発売日が決まりましたね、FF7。当時、発売日に買って遊んだ口ですが、それまでのFFシリーズも大人気でしたが、6でかなり洗練されたドット絵が動き、そこからガラッと変わり3Dの世界でFFを出来るという興奮が大きかったです。やはり、まだまだ3Dやポリゴンというものが普及されていない時期だったので、全く別次元の体感が出来ると思ってましたし、実際にそれまでとは一味違う冒険が出来ました。今見るとカクカクポリゴンですが、当時は驚きながら遊んでいました。
    今回のリメイクはまたアクション性も高くまた違う体験ができそうで楽しみです。製作陣ですらミッドガル以降はわからないとの事ですが、しっかり完走して欲しいです。
    リメイクと言えば聖剣伝説3も来ましたね。こちらも綺麗なリメイクて遊べるは楽しみです。Switchで移植されましたが、やはりリメイクは魅力的ですね。初代の雰囲気は壊さずに今風になっていそうな感じです。昔のゲームを今遊ぶと粗が目立つこともありますが、リメイクはまた新体験ができるのが嬉しいですね。

    • kentworld より:

      FFはVIの人気も高いですが、VIIはガラッと変わってインパクトが凄かったと思います。

      当時の3Dポリゴンへの期待度は半端なかったですよね。斬新さによって多少の粗は気になりませんでしたから。まるで魔法にかけられていたかのようですw

      リメイク版の戦闘システムは最先端の技術で作られていそうで、ものすごい迫力になっていそう。

      聖剣伝説3はSwitchの移植版をプレイしていないので超久々になりそうです。細かいところは忘れていそうだなーw

関連記事

【閲覧注意】kentworldが選ぶHENTAIゲームコントローラーランキング!
迷ったらこれをやろう!kentworldの友達が満点を付けた神ゲーを紹介!(伯爵編)
【特別インタビュー】貴族も太鼓判!熱狂的なファンの伯爵が語る初音ミク -Project DIVA-シリーズの魅力とは?
制作期間約2ヵ月!?インタビュー記事もあり!友人がけいおん!でお馴染みの豊郷小学校をマインクラフトで作ってみた!
【マリオメーカー2】惜しくもこの世を去った超人気コース職人あしえラ(アレイサ)さん投稿の45コースを徹底レビュー!【職人ポイント14,000超え!?】
ファイアーエムブレム風花雪月に向けて3DSの3部作(覚醒/if/エコーズ)を振り返ろう!by ホンマ?トモフミ
台湾のゲームショップはどうなっているのか?台湾のゲームショップを大特集!
ゲーム紹介系YouTuber「ぐう実況ゲーム紹介ch」さんに特別インタビュー!
歴代ポケモンシリーズを全タイトル一気にレビュー! by トモフミ 【2020/3/28大幅更新】
想像力があれば絶対ハマる!シムズ4(PS4/Xbox One)の魅力とアドバイス by GEEG.V.8.