| ゲームレビュー

【レビュー】Wiiでやわらかあたま塾 [評価・感想] 5,000円の価値は感じられない簡単な問題集ゲーム

411
Wiiでやわらかあたま塾/Wii

2007年4月に発売されたWii「Wiiでやわらかあたま塾」を今回はレビューします。Wii「Wiiでやわらかあたま塾」は小学生から大人までが楽しめる簡単だけど奥が深い問題が収録された知育ゲームです。

良いところ

子供から大人まで楽しめる各問題

412

本作には「直感」「記憶」「分析」「数字」「知覚」といった5分野の問題が収録されています。どれも簡単に解く事が可能で、大人はもちろん、子供でも解けるような問題ばかりです。

大人の方は「今更こんな問題なんて…」と思うかもしれませんが、頭を柔らかくするには難しい問題をじっくり解くよりは簡単な問題を素早く解いていく方が良かったりするんですよね。

DS「脳を鍛える大人のDSトレーニング」をプレイしている時も思いましたが、簡単な問題を素早く解いていくのって意外と楽しいです!やっていることは勉強なだけに、こんな楽しめるもんだなーと思います。

みんなで遊べる対戦モード

413

本作最大の特徴が、みんなで遊べる対戦モードの存在です。収録されているのは「たいせんレース」「きょうりょくサバイバル」「どきどきパネル」の3種類。

どれもパーティゲーム寄りの内容になっており、老若男女が楽しめるように作られているので、接待用として重宝すると思います。ちなみに対戦モードはすべて一人でプレイする事も可能。

塾生ブックを使った様々な遊び

414

知育ゲームで対戦!でも、そういう機会ってなかなかないですよね?そんな時に便利なのが「塾生ブック」の記憶機能。

本作ではプレイヤーのプレイ記録が「塾生ブック」に記憶されるんですが、「たいせんレース」ではこの「塾生ブック」を利用してそのプレイヤーと同じくらいの腕まえのコンピューターと対戦することができるんです。

「塾生ブック」はWiiフレンドとやり取りする事もできるので、これを利用すれば遠く離れた友達と疑似的な対戦をすることだって出来たりします。

出来ればWi-Fiで対戦が出来たら良いなとは思いましたが、これを利用すればいつでもWiiフレンドと同じくらいの腕前のコンピューターを通して疑似的な対戦ができる事になるので結構魅力的な要素だと思います。

メダルを集めるやり込み要素

415

やり込み要素も一応存在します。「あたまのストレッチ」では自由に問題の練習をできるんですが、一定の成績でクリアすると「プラチナ」「金」「銀」「銅」いずれかのメダルを貰うことができます。

同じタイプの問題でもレベルが4段階用意されているので、すべての問題でプラチナメダルを獲得しようと思ったらかなり大変です。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

約5,000円にしてはスカスカの内容

416

このゲームの価格は約5,000円です。ですが、1,000円くらいの価値しか感じられませんでした。

本作には全部で20種類の問題が収録されていますが、一人でプレイする場合、各問題を淡々と解いてメダルを貰うかやわらか度(g)を上げるくらいしかやり込み要素が無いのですぐに飽きてします。

問題自体が簡単過ぎるのも価値を感じられない要因ですね。確かに素早く解いていくのは楽しいけど、だからといってそれを2007年に据え置きゲームとして5,000円で売り出すのはないです。ここが本作の唯一にして最大の欠点と言えそう。もう少しおまけ要素が欲しかった。

目次へ戻る

全体のまとめ


ゲームとして悪い物ではありませんが、上に書いた通り約5,000円にしては割高な印象です。

Wiiならではの問題も多少は収録されていますが、基本的にはDSでも出来そうな問題ばかりでわざわざWiiで出すようなゲームには感じられませんでした(対戦モードをもう少し充実させたらまた評価は違ったと思いますが・・・)。

本作が発売された当時はWiiウェアと言うサービスが始まっていなかったので仕方が無いと思いますが、今だったらWiiウェアで発売しても良い内容。5,000円の価値は感じられない簡単な問題集ゲームですね。

こんな人には特におススメ。
・頭を柔らかくしたい人。
・小さなお子さんと楽しみたい人。

こんな人にはおススメできない。
・コストパフォーマンスを重視する人。

Wiiでやわらかあたま塾/お気に入り度【50/100%】
プレイした時間・・・約5時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

 

A52

,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする
  1. y.crash より:

    値段が安ければもうちょっと評価は高かったって感じですかね?
    自分は簡単な問題より、ある程度難しいほうが好きですね。
    いかにも解いた感じがするので。

    あまり関係ないですけど
    レイトン教授シリーズはやりましたね。
    たまに理不尽な問題がありましたけど
    それでもやりがいはありましたね。

    • kentworld より:

      そうですね、コストパフォーマンスも評価の対象には含まれていますので。
      レイトン教授シリーズはまさに難しい問題を解く感じですね。
      時々やりたくなってくるので新作を買ってしまいそうだ。

  2. トモフミ より:

    まだWii wareなどの任天堂でダウンロード版タイトルがない時代に出たタイトルですね。あの頃は私にとっては自然でしたけど今だとこんなのがパッケージであるのかというのもDSやWii、PSPであります。今はこういったものがダウンロードだと大方のユーザーは手軽だと思うし、中古が出回らないのでメーカーもWin Win だと思います。しかしそれでパッケージのハードルが上がったのも事実だと感じます。なので2000年代後半はこのようなタイトルがパッケージでもだせたある意味いい時代だと思いました。長く書くつもりじゃなかったのにすいませんm(._.)m

    • kentworld より:

      確かにダウンロードタイトルの登場はパッケージタイトルのハードは上がったと思います。
      昔は何でもかんでもパッケージで出せていましたもんね。
      値段に見合わないタイトルも沢山出ていました。メーカーも儲かっていたと思います。

  3. 黒詩★紅月 より:

    問題のチョイスによって面白いかどうかのジャンルです
    『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』をやるとき、芸能にやめろ!やめろ!でしたw

    対戦できるならある年齢層や場合にわいわいできそうですね
    罰ゲームはお楽しみです

    安いDL版ならいけそうなジャンルはこれから復活できると言いですが

    • kentworld より:

      芸能人のクイズネタは分からん人は分からんですもんねw
      まあ、黒猫のウィズは問題ジャンルを選べるからまだ良いですが。
      やわらかあたま塾は次に出すとなったらダウンロードタイトルじゃないと厳しいでしょうね・・・

  4. A・T より:

    DSの頃は知育ゲームが盛んで「脳を鍛える大人のDSトレーニング」が大ヒットしましたね。その知育ゲームがwiiでも発売されていたとは驚きです。ゲームのコンセプトは悪くないですが内容が薄いのは問題ですね。
    wiiではなくDSで販売した方が良かったかもしれません。

    • kentworld より:

      DSの続編という形でWii初期に発売されていました。でも、内容が薄いからかあまり売れなかったんですよね(それでも20万本以上売れていますがワゴンの常連です)。

  5. シロマ より:

    内容はいいとしても5000円もするのにボリュームが薄いのは残念ですね。
    一応対戦の方はミニゲームの内容によるけどリモコンひとつで最大8人と遊べるみたいだし接待用にはいいかもしれない。

    • kentworld より:

      現在はワゴンセールの常連となっているので、1,000円以下で買えたらまあ、問題はないと思いました。接待用としては良いですよー!

  6. ヨウタイガ より:

    知育的ソフトが多く出ていた時期ですよね。今の時代だと低価格ダウンロードが出来るんでしょうけど、当時としては仕方なかったのかもしれませんね。もしくは思い切って2000円くらいで出してくれたら嬉しい内容ですね。

  7. Ryou より:

    価格に見合わないボリュームの薄さは困りモノですよね(汗)
    それにあたま塾はDS版からして微妙な内容だったなぁ。
    先に出た脳トレにも遠く及ばなかった印象だし。
    そもそもこの手のタイトルは据え置きでやるものでもないと思う。

    • kentworld より:

      DS版でも簡単な問題集でしたもんね。
      それを据え置き機にほぼそのまま持ってくるってどういう神経だ(^_^;)

  8. みんなでだいぱん より:

    コスパ悪いなぁ…
    この問題だったらDSで続編出したほうが…
    実際DSの方が好きだし

関連記事

【レビュー】イース VII [評価・感想] 日本ファルコムとJRPGの底力を思い知らされた良作!
【レビュー】星のカービィ トリプルデラックス [評価・感想] 立体視によってギミックが強調された新生オムニバス型カービィ!
【レビュー】ドクターマリオ(ファミコン) [評価・感想] 発売から30年近くが経っても色褪せない傑作!
【レビュー】ウルフェンシュタイン: サイバーパイロット [評価・感想] 3,000円で食べられるひと口サイズの実験作!
【レビュー】ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章 [評価・感想] 2Dゼルダの原点回帰!
【レビュー】テラウェイ~はがれた世界の大冒険~ [評価・感想] PSVITAの機能をふんだんに使った紙ゲー!
【レビュー】スーパーマリオメーカー(Wii U) [評価・感想] 簡単に作れる一方、マリオ職人の偉大さがよく分かる作品
【レビュー】Gorogoa(ゴロゴア) [評価・感想] パズルゲームの新たなストーリー表現を実現した芸術の塊!
【レビュー】ロックマンロックマン [評価・感想] ファミコンゲームをここまでボリュームアップさせるか!
【レビュー】ニーア オートマタ [評価・感想] ゲームだからこそ表現出来たストーリーの手法は凄いが、全体的に好きにはなれなかった