| ゲームレビュー

【レビュー】ギアーズ オブ ウォー1(Xbox 360) [評価・感想] 洋ゲー嫌いのぼくが洋ゲー好きになるきっかけを与えてくれた傑作!

5


ギアーズ オブ ウォー/Xbox 360 (Z指定)

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2007年1月に発売されたXbox 360「Gears of War(ギアーズ オブ ウォー)」のレビューをしていきます。

本作は人間と地底生物の戦いを描いたTPSですが、洋ゲー嫌いのぼくが洋ゲー好きになるきっかけを与えてくれた傑作でした!

実はぼく、かつては洋ゲー嫌いな人間だったんです。

地味な見た目、地味な演出、大雑把なバランス調整。

洋ゲーに付き纏うあらゆる要素が嫌いで、ましてやリアル系のアクションシューティングゲームになると大の苦手でした。

だって、登場人物はむさ苦しいおじさんばかりですし、ロケーションは廃墟ばかりですから。

「それよりは爽やかな世界の中で美形キャラを動かせるゲームをやりたい!」

なんて思っていたんですが、本作をプレイしてから価値観が大きく変わりました。

「今の洋ゲーはこんなにも凄いのか!?」と。

ここからはそんなXbox 360「ギアーズ オブ ウォー」の良いと思った点からまずは書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 三人称視点のアクションシューティングゲーム。
  • 銃で敵を倒しながら仲間と共に目的地まで進んでいく。
  • 最大8人によるオンラインマルチプレイモードも収録。
初リリース日 2007年1月18日
対応ハード Xbox 360
ジャンル TPS
推定クリア時間 6~8時間
売上 初週3.4万本/累計6.8万本
発売元 マイクロソフト

スポンサーリンク

良いところ

自然な操作感を実現したカバーポジション

本作は三人称視点のアクションシューティングゲーム(以下、TPS)になります。

3D空間を移動し、銃を構えて敵を撃ち倒す。

洋ゲーではよくあるタイプのゲームですが、画期的なアクションを取り入れていたんです!

それがカバーポジション!

従来のTPSは立ちながら銃弾を放つのが常識でした。

ところが本作の場合、遮蔽物に隠れながら銃弾を放つことが出来るようになったんです!

しかも遮蔽物から遮蔽物までボタン一つでスッと移ることも出来ます。

あまりにもスッと動けるので、まるで遮蔽物に吸盤が付いているかのよう。

この操作感覚が非常に心地良く、意味もなく遮蔽物に張り付きたくなりますw

このようなアクションが行えるようになったことで攻撃と防御の駆け引きを味わえるようになりました。

「今は遮蔽物に隠れるべきなのか?それとも頭を出して銃弾を放つべきなのか?」

両者がカバーポジションを取っている場合、常にこんな駆け引きが生まれます。

そのうえで従来のTPSで見られた狙い撃つ楽しさも兼ね揃えているので、同ジャンルの時代が動いたように感じました。

戦闘をさらに面白くする調味料が満載!

「ギアーズ オブ ウォー」が素晴らしいのはカバーポジションだけではありません。

それ以外にも戦闘をさらに面白くする魅力が満載なんです!

代表的なのがアクティブリロード

多くのTPS/FPSでは銃弾を放つと定期的にリロードして弾薬を装填しなければなりません。

本作もその点は同様なんですが、リロードした後にタイミング良くボタンを押すと攻撃力を高めることが出来るんです!

逆に失敗するとリロードの時間が延びてしまうので、新たな駆け引きを生み出すことに成功しています。

シンプルにまとめた操作形式

「TPSは操作が煩雑そう・・・」

そんなイメージを持たれる方も居そうですが、本作の場合はそんなことありません。

少ないボタンで多彩なアクションを行えるのでまどろっこしさは感じられませんでした。

  • 戦場で身を隠す”カバーポジション”
  • 敵の攻撃を緊急回避する”ローリング”
  • 素早く移動する”ローディラン”
  • 低い障害物を乗り越える”マントル”

ザッと本作に登場するアクションを挙げてみましたが、どのようなボタンを押せば使用出来ると思いますか?

なんと、すべてAボタンとスティックの組み合わせで行えてしまうんです!

従来のTPSではそれぞれ異なるボタンに割り振るものだっただけに1つのボタンに機能を集約させるとは驚きました。

リアルタイムで展開される仲間との共闘

「ギアーズ オブ ウォー」は1人で戦うゲームではありません。

数多くの仲間と共に戦っていくゲームなんです!

キャンペーンモードでは仲間と共に行動していきます。

協力して敵を倒したり、瀕死状態の仲間を蘇生したり、協力して仕掛けを解いたり。

状況によってはリアルタイムでの会話も繰り広げられるので、常に共闘感を味わえました。

そんな共闘感をさらに強調してくれるのが協力プレイ。

なんと、本作のキャンペーンモードではオンライン・オフライン問わず2人での協力プレイが出来るんです!

ぼくはオンラインのフレンドとボイスチャットを通じて楽しみましたが、めちゃくちゃ盛り上がりました。

俺が囮になる!kentは後ろを狙ってくれ

うわぁ瀕死になってしまった!kent!蘇生してくれ!

 
なんてやり取りを行うことが出来るので、1人でプレイするよりもずっと楽しく感じます。

素晴らしいローカライズとストーリー

先程、ぼくは洋ゲーに出てくるむさ苦しいおじさんは苦手だと書きました。

本作に関してもそれは例外ではなく、超苦手と言えるレベルでした。

だって、他の洋ゲーと比べても登場人物がガチムチですからw

とにかく手足が太い!太すぎる!w

スレンダーなボディに憧れている者からしたら全然スタイリッシュには見えません。

そのうえで顔にはシワや傷、汚れが目立っているので第一印象は最悪でした。

しかし、最高のローカライズとストーリーによって印象が一変。

今ではみんな好きなキャラクターになりました。

まずローカライズに付いてですが、日本語吹き替えに対応しているのはもちろん、言葉のチョイスが絶妙なんですよ。

例えば以下のやりとりをご覧ください。

マーカス「わかった、じゃあプランBで行こう。…プランBは何だ?」

ドム「あ?ねぇよそんなもん 」

どうでしょう?行き当りばったりな2人の天然っぷりが垣間見れて愛着が持てませんか?

それでいて声優さんの演技が秀逸で、ガチムチのおっさんにも感情移入してしまうほどの魔力を感じます。

一方、敵側であるローカストの吹き替えも最高でした。

「人間だ!」「苦しい」「死ね!」「グランドウォーカーめ!」

こんな感じで簡単な台詞を野太い声で発するので、思わずモノマネをしたくなってきます。

最近のゲームに登場する敵は知能が高くて口が達者なので逆に新鮮でしたw

ストーリーにしても王道ではありますが、仲間との絆が描かれていて見どころが多く感じます。

キャンペーンモードのムービーシーンは何回も見直したくなったので、ギャラリーモードが欲しかった。

圧倒的に綺麗なグラフィック

420

「これがXbox 360の底力なのか!?」

初めて本作をプレイした時、あまりの美しさに驚きました。

灰色成分は強めですが、豪雨時に見られる水の表現や開放感のある空の表現は異次元と言っても良いくらい。

キャラクターのモデリングにしても粗さを感じられず、1作目にして完成形に達しています(※)。

改めて記事に貼ったスクリーンショットを見てください。このゲーム、海外では2006年末に発売されたんですよ?

あなたが同時期にプレイしていたゲームと照らし合わせてみたらどれだけ異次元なのかよく分かることでしょう。

ぼくですか?ぼくは同時期、Wiiの「Wii Sport」をプレイしていましたw

それから3年後、周りの評判に釣られて手を出した形になります。

※注:ヒロインなのにゴリラ顔のアーニャは除く。

充実のオンラインプレイ

前述の通り本作はオンラインでの協力プレイにも対応していますが、対戦モードも用意されているんです!

対戦モードでは最大8人と同時にプレイすることが出来ます。

これが最高に楽しくって、当時はフレンドと夜の9時から朝の6時までプレイしていました!

何が面白いのかと言うと、カバーポジションによる隠れんぼが出来るからですw

死角に上手く隠れ、間近に迫ってきた敵をチェンソーでミンチにする。

なんてことが出来るので、ボイスチャットで相手のリアクションを確認出来る状態でプレイすると最高に盛り上がります。

若いって良いなぁ・・・

スポンサーリンク


目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

腹6分目のキャンペーンモード

ストーリーを進めていくキャンペーンモードは最高に楽しいんですが、個人的には腹6分目でした。

つまり、ボリューム不足なんです。

街、屋敷、列車などチャプター毎の見どころはありますが、中盤だと思っていたところが実は終盤だったなんてギャップがありました。

武器の種類も少なめで、この辺りはイチから構築した1作目らしく感じます。

1周プレイするだけでは物足りなかったので3周プレイしました。もちろん、最高難易度でもクリアしましたよ。

目次へ戻る

全体のまとめ

TPSの歴史はもちろん、ぼくの価値観まで変えてしまった記念碑的な作品。

ぼくは周りの評判に釣られて購入したんですが、当初はあまり乗り気じゃなかったんですよ。

「評判が良いからとりあえず買ってみた」

そんなテンションだったんですが、2周目をプレイする頃には虜になっていたんです。

そして、洋ゲーが好きになり、Xbox 360というゲーム機にも愛着を持つようになりました。

それまでのぼくは任天堂っ子でカラフルポップなゲームを主食にしていたので、これは物凄い価値観の変化に感じます。

TPSというゲームジャンルにも大きな影響を与えました。

本作の登場以降、遮蔽物から遮蔽物へ移動出来るカバーポジションを取り入れたゲームは大量に発売されましたから。

アンチャーテッド、トゥームレイダー、ヴァンキッシュ、メタルギアソリッドV etc…

あまりにも普通に使われているので、「ギアーズ系」などの名称を作りたくなりましたw

Xbox 360という日本ではマイナーなゲーム機から生まれた関係で知名度は高くありませんが、もっと日本でも高く評価されるべきです。

洋ゲー嫌いのぼくが洋ゲー好きになるきっかけを与えてくれた傑作!

こんな人には特におススメ。
・TPS好き。
・ハリウッド映画好き。
・ネット環境がある人。

こんな人にはおススメできない。
・グロ表現が苦手な人。
・3D酔いが激しい人。

ギアーズ オブ ウォー/お気に入り度【95/100%】
プレイした時間・・・約50時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, ,

 

おすすめ記事

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(12)

  1. でっく より:

    ギアーズ2、俺も買うのでもし機会があったら対戦でもしましょうね~
    俺はかなり下手ですけどね
    でも、土曜はトライなんですよね
    トライとはかぶって欲しくなかったなぁ

  2. アリム より:

    あぁ・・・ギアーズオブウォーがますます気になってきました。星10ですか・・・
    オンライン対戦面白そうだなぁ・・・

  3. ズースカ より:

    ケントさんにつられて、過去書いたレビューを掘り出しておきました(笑)
    ワタシはこの作品で初めてTPSというジャンルだと知りました。それまで、バイオ4とかありましたが、あれはサバイバルホラーとか言われてましたので。
    FPSとくらべ、アクションが派手で、日本人の好みには合いますよね。ただ、キャラが濃すぎますが(笑) まぁこのゲームをスクエニ系のCGキャラでやっても燃えませんが(イメージしたら気持ち悪かった・笑)。
    そろそろ敬意を込めて”洋ゲー”と呼ばないといけませんね。洋ゲーって響きはさげすんだイメージがありますので。たしかに以前はダメな大味なゲームが多かったですが今は日本製より優れたものが多数ですよね~。日本人として悔しいけど。
    レビュー期待しています!

  4. kentworld より:

    >でっくさん
    はい!ぜひよろしくお願いします!
    いよいよ今日発売ですね♪
    楽しみだな~!
    そうそう、土曜日にはモンハン3が出るんですよね^^;
    それが悩みの種・・・。

  5. kentworld より:

    >アリムさん
    欠点もありますが、
    トータルで見るとそんな欠点米粒なんですよ。
    なので、満点です!
    ギアーズ最高!オンライン対戦は神ですよ!

  6. kentworld より:

    >ズースカさん
    発売直前に個人的に注目している期待作の前作をレビューするのは
    もはや恒例になってきましたw
    僕は知らないうちにTPSと言うジャンルを覚えたかな?
    FPSは10年以上前に知ったんですけど、
    TPSはいつ覚えたのか覚えていない・・・。
    個人的にもFPSよりTPSですね。
    キャラクターが画面に映っているのが好きなんですよ。
    あと、3D酔いも軽減されますし。
    キャラクターの濃さは最初は気になりましたが、
    何でも慣れのようで今ではそこまで気になっていないかなー?
    まあ、限度はありますけどねー
    スクエニ系のCGキャラで銃撃戦は・・・
    一応、過去にダージュ オブ ケルベロス ファイナルファンタジーVIIと言うゲームが出ましたけどね。
    こちらはかなりの黒歴史作品として挙げられていますw
    最近は洋ゲーの見方も変わってきましたねえ・・・
    親切なゲームも増えてきましたし、
    あとはキャラクターデザインが少しでも日本向けにしてくれたら・・・文句なしです!
    確かに日本人として悔しいものはありますが、
    やはり国の規模が違いますからねぇ・・・
    ある方が言っていました。
    日本で誇れる文化はアニメだけだと。
    確かに、それは一理あるなぁ・・・と思い知らされましたね。
    ギアーズオブウォー2のレビューも期待していてくださいねー!

  7. y.crash より:

    ギアーズは自分のゲーム歴のなかで歴史は浅いんですが、めっちゃどっぷり沼につかってますねwww
    Oneくんで互換対応してくれたんでそっちで重宝してますw

    日本版の吹き替えの良さを求めるか、はたまた海外版のグロさを求めるかで日本版と北米版を変えながらギアーズ1はプレイするっていうのが現状ですwww
    日本版の声優さんと英語版の声優さんで似てる人もいれば実は声質が違う人も結構いるんですが、めっちゃ違和感ないんですよね不思議と。
    洋画あるあるかもwww

    よく台詞は真似しますよw 将来マーカスみたいな渋い声を出すんだ!って意気込んでw

    ストーリーは大体覚えたんで英語でも全然支障はないんですよねw
    まあ、日本版でも英語にはできるんですが、ゴア表現をちゃんとするには海外版じゃないとダメなんで。

    見た目に反してかなりシンプルな操作性でそれでいてスタイリッシュなんですから。そりゃ一時期ゲームがギアーズ以下はクソゲーなんて言われるのも無理はないかも・・・って思えましたよwww
    HALOよりもずっと遊べます。HALOには申し訳ないですけど・・・(同じMSKKなんで)

    インセインのソロクリアは地獄だった・・・www
    ドムがよく瀕死になってくれるんでとりあえずドムは放置状態がよくあるよくあるw
    あと最初のベルたそ(ベルセルク)に殺されてるドムドム・・・w
    それでいて後のシリーズと違ってマーカスが瀕死にならないっていうのが一番やばいかもw
    なんで相対的にシリーズ最高難易度だと思ってますよw
    とくにラーム将軍www ギアーズ史上最強のボスwww ラームは鬼畜ですよwww
    偶然みつけた裏技でハメて倒したんですが・・・ねぇw

    ストーリーは短いですけど、難易度が高いんで結果的にプレイ時間は長くなってたんであまり気になりませんでしたね自分はw

    アーニャは・・・どうも設定がの時点だと結構美人らしいんですが・・・どうしてこうなった・・・。2でまだ癖はあるけどある程度美人になり3ではもはや別人と化し、アルティメット版でもそこそこ美人で、4で一瞬出るときは唇こそちょっと分厚いけど一番美人で・・・どんどん整形する・・・嫁の整形にたいしてマーカスも寛容だなオイwww

    • kentworld より:

      このゲームはy.crashさん、未だにプレイするくらいハマっているようですからねw

      日本語版と海外版で結果的に双方の利点が生まれていますが、ぼくはあの声質じゃないと物足りなく感じてしまいますw

      y.crashさんのモノマネ、聞いてみたいなぁ。ストーリーは短いですので何周もすればある程度は分かりますね。

      ギアーズ以下はクソゲー、分かりますよ、ある時から本作が基準になりましたから。

      インセインのソロクリア、おめでとうございます!ぼくも死ぬほどリトライしてクリアしましたよw ラーム将軍ほど印象的なボスはギアーズでは知りませんw

      アーニャはネタキャラ化していますよねw 作品毎にあそこまで見た目が変わるとは・・・w

  8. KK より:

    うっかり初見ハードコアで挑んでしまったが為に、5年と半年の間漬け込んだ思い出のゲームですね。
    今年の頭に再挑戦して、なんとかラーム将軍を「やってやる」ことが出来ました。
    達成感はすごかったのですが、2に手を付けるまで更に半年掛かる位お腹いっぱいにもなりました(;´д`)トホホ……

    アクティブリロードは素晴らしいアイディアでしたね。
    始めは目押しでジャムらせながらなんとかリロードしていたのが、今じゃ冷静なら見なくてもPリロが出来るようになりました。
    (こういうプレイヤーの上達がハッキリ分かるシステムが大好きです)
    5年前は見向きもしなかったスナイパーライフルは、HSをバシバシ決められるようになった今じゃ愛しい相棒に……

    弾薬箱も地味ながらとても良いシステムだと思いましたね。
    他のシューター……例えば同じ360のHaloですと敵が落としたり、そこいらに落ちている銃から弾薬を拾う形ですから、
    弾が貴重なスナイパーライフルとか、ロケランといった武器は弾薬が尽き次第投げ捨てざるを得ません。
    一方ギアーズではそこいらに落ちている弾薬箱から所持している武器の弾が手に入りますから、お気に入りの武器が長く使えて大変Good。
    2でブームショットの弾を拾った時には「これも拾えるのか!」とびっくりしましたから。
    ……そんな固定観念で”トルクボウをロケランポジションの武器だと思ってしまった”が故に、ラーム将軍で余計地獄を見たわけですが。

    多くのゲームに影響を与えたと評判だったのでプレイしたのですが、血反吐を吐きながらクリアしてみればそれも納得の作り込み。
    荒いところは沢山感じましたし、苦ぁい初見プレイを終えた時には正直「もうお腹いっぱい!」でしたが
    不思議と「二度とやりたくない」という風には思いませんでした。(実際2を始めることが出来たわけですし)
    「3までキッチリ終わらせたら、もう一度プレイしてみたいな」
    そんな風に感じられる、良くも悪くも衝撃的で、素晴らしい作品でした。

    ……肝心の3に手をつけるのもやっぱり半年後になりそうですが(;´д`)

    • kentworld より:

      初見ハードコアはキツイですねw ぼくは友達からまずはノーマルでプレイして次はハードコアでプレイしろと助言を受けたのでやってみました。

      アクティブリロードはカバーポジションと並べても良いほどの発明品だと思います。これがないと物足りなく感じていますよw

      言われてみると弾薬箱も他のアクションシューティングゲームとは違いますね。ずっと好きな武器を使い続けられるのは有り難い。

      ギアーズは初期三部作が至高でした。きっと、3を終える頃には1が恋しくなると思います。

      • KK より:

        コメント返信ありがとうございます。

        薄々感づいていましたけれど、やっぱり初回はカジュアル難易度でやるものですよね、コレ(;´д`)
        それでもなんだかんだ2までハードコアでクリアできましたし、意外となんとかなるんじゃないかって気分です(血反吐まみれですが)

        ハードコアでプレイした事の数少ない良かった点はTPSの基本をみっちり叩き込めたことだと思っています(なにせ基本に忠実なプレイをやめた瞬間に死にますから!)
        その上Pリロやカバーを最大限活用しないとまるで進めないので、自然とテクニックが見についていきましたね。
        進む度に上達が実感できましたし、3が終わってからもう一度1をやっても多分ここまでキツくはならないんじゃないかって思ってます。

        こうなってはもう意地めいたものですが、ここまでクリア出来た以上3もハードコアで挑戦してみます( ´∀`)b

        • kentworld より:

          TPS経験者でしたらまだしも、初心者がハードコアは厳しすぎますねw

          スパルタ教育お疲れさまでした。

          これを機にTPSの魅力に気が付いてくれたら嬉しいのです。

          プレイヤースキル重視のゲームなので、慣れたら楽になりますよー♪

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】100万トンのバラバラ [評価・感想] ハマるとみんなの顔をバラバラにしたくなる!
【レビュー】ロード オブ ザ フォールン [評価・感想] 手軽に楽しめるダークソウルのそっくりさん
【レビュー】Wonder Boy: The Dragon’s Trap [評価・感想] グラフィックの切り替えで本質が見えてくる探索型2Dアクション!
【レビュー】Dandara(ダンダラ) [評価・感想] 癖が強い移動アクションによってDandan好みが分かれてくる個性的なメトロイドヴァニア!
【レビュー】レイトン教授VS逆転裁判 [評価・感想] 少し違和感があるもののよくまとまっている!
【レビュー】ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 [評価・感想] ぼくがシリーズファンになるきっかけをくれた王道でハイエンドなFE!
【レビュー】アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり [評価・感想] 綺麗だが、ゲームプレイは平凡
【レビュー】ロストプラネット3 [評価・感想] 移動やロードの多さ、長さで淡白なTPSに
【レビュー】世界樹と不思議のダンジョン2 [評価・感想] 育成の自由度と間口がグッと広がり煮込まれた時間泥棒ゲーム!
【レビュー】グラビティデイズ(PS4) [評価・感想] 上手く最適化されているが、PS4基準で見ると気になる事も。