2013/07/09/8:30 | ゲームレビュー

マリオ&ルイージRPG3!!!【レビュー・評価】やや自由度が低いものの、丁寧な作り!

97
マリオ&ルイージRPG3!!!/DS


2009年2月に発売されたDS「マリオ&ルイージRPG3!!!」
今回はレビューします。
DS「マリオ&ルイージRPG3!!!」
ブラザーアクションRPGシリーズの3作目となる作品です!


良いところ


95
クッパの体内を大冒険


本作の主な舞台は、なんとマリオの宿敵「クッパ」の体内!
マリオとルイージはひょんなことからクッパの体内へ入る事となり、
ある程度進めるとマリオブラザーズパート(下画面)と
クッパパート(上画面)を交互に切り変えながら進行していく事になります。


どちらのパートも常にDSの画面に表示され、

各キャラの操作は各ボタンに割り振られているので、
DSの2画面を上手く活かしたゲームシステムだったと思います。


P7080432
アクション性の高い戦闘


これまでの作品と同じく戦闘システムは
コマンド式にアクション要素を
加えた物になっており、アクションゲーム好きとしては非常に楽しめました。
ダメージ量がシリーズの中では大きめなのは、SFC「スーパーマリオRPG」
思い出す事が出来て地味に嬉しかったです。ただ・・・(個人的に合わない&気になったところに続く)


P7080421
導入部分の素晴らしさ


ゲームは最初の触りが重要だと思うんですが、このゲームはそこが凄く良かった!
非常に滑らかなドット絵によるイベントシーン。
テンポ良く挿入され、ユーモアも沢山含まれたチュートリアル。
どれをとっても素晴らしく、
序盤だけをやってしまうと10点満点を付けても良いくらい。
本作を開発したアルファシステムは、プレイヤーへの誘導方法に関しては
任天堂の純正タイトル並みに上手いと思います。


96
テンポ良く導入されるミニゲーム


巨大クッパと巨大モンスターが激突する迫力のミニゲーム、

飛んできたアドレナリンをビームで打ち返すミニゲームなど、
ゲーム進行中には本当に沢山のミニゲームが導入され、
中だるみする事は全くありませんでした。


しかもどのミニゲームもタッチペン2画面縦画面マイクなど
DS独自の機能を活かした物になっているのだから凄い!
ミニゲームの難易度がどれも高めなのは好みが分かれるところですが、
個人的にはたかがミニゲームと侮る事が出来無いようになっていて良かったと思います。


マリオとルイージの兄弟愛


マリオと再開して抱き付くルイージ。瀕死状態のルイージをかばうマリオ。

本作はこれまでの作品と同じく、マリオとルイージの
兄弟愛をとても丁寧に描いています。このゲームをやって
改めてマリオとルイージの仲の良さを知りました。
クッパも良い味を出していましたし、このゲームで遊ぶと
マリオブラザーズやクッパがもっと好きになってしまうかもしれません。


個人的に合わない&気になったところ


P7080422
高過ぎる戦闘のアクション性


個人的には楽しめたアクション性の高いバトルですが、

終盤になってくると敵の攻撃が非常に激しくなり、
すべて避けるのが難しくなって来ます。例えば敵が
技を繰り出す事になると、10回近くも攻撃を避けなければいけなくなるんです!

もしすべて避けきれなかった場合
僅か1ターンでHPが0になってしまう事もあり、
もう少しアクション性は抑えておいた方が良かった気がします。

アクションゲームが苦手な人は
レベル上げをしないと厳しいでしょうね。
個人的には「ペーパーマリオRPG」シリーズくらいのアクション性が丁度良いと思いました。


P7080431
飛ばせないイベント


このゲームのイベントシーンは特別長くはありません。
ですが、本作はゲームオーバーになると
セーブファイル画面に戻されてしまう
仕様になっているため、
もしボス戦でゲームオーバーになってしまった場合
もう一度ちょっと長いボス戦前のイベントを見ないといけないんです。

なので、イベントをスキップ出来るようにしてほしかったですね。

難易度がそこそこあるので、何度かゲームオーバーになって
飛ばせないイベントを見ながらイライラした事がありました。


P7080424
やや低い自由度


RPGと言えばサブイベント、レベル上げなどの寄り道が重視される傾向にあります。
その点で本作を見ると、やや低い気がしますね。というのもマリオとルイージは
ゲーム中盤までずっとクッパの体内に閉じ込められているため
行動範囲が限られているし、
クッパパートもそこまで自由にマップを
移動できる訳では無いからです。


中盤以降はようやくクッパの体内から脱出が出来て自由に動けるようになりますが、
それでもサブイベントがあまり無くて世界が狭いので、
そこまで自由度が高いと感じる事が出来ませんでした。

ゲーム中に何度かミニゲームを強制的にプレイさせられるので

わざわざ寄り道しなくても息抜きは出来ましたが、
やらされている感がするのは否めません。

煩雑な操作性


このシリーズは毎回操作が煩雑ですが、残念ながら今作でもそこは相変わらずでした。
まず、マリオブラザーズパートはAとB。クッパパートはXとY。
それぞれのパートで操作するボタンが決まっていて、
誤って違うボタンを押すと別のパートに移動してしまう仕様。
久しぶりにプレイすると、ちょっと混乱してしまいます。

あと、通常の操作はボタン中心なのにミニゲームや
クッパのスペシャル技を使う時などはタッチペンを使用する関係上、
頻繁にタッチペンの出し入れを行う必要があるのもやや面倒に感じました。





やや低い自由度、高過ぎるアクション性など、好みが分かれる部分もありますが、
シリーズの中でもかなり良く出来た部類の作品だったと思います。
「マリオ&ルイージRPG」シリーズの中では最大のヒット作となりましたが、
それも納得の出来。アクションRPGが好きな方にはぜひやってもらいたい一本です。

こんな人には特におススメ。
・クッパファン。
・アクションRPG好き。

こんな人にはおススメできない。
・反射神経が鈍い人。
・自由度を求める人。

マリオ&ルイージRPG3!!!/お気に入り度【80/100%】
プレイした時間・・・約20時間
※当ブログのゲームレビューの採点についての方針はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(2)

  1. 野獣洗米 より:

    小学校の時にやったのなつかしいな~
    今じゃクッソ汚い奴の動画しかみなくなっちまったゾ..

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

心霊カメラ ~憑いてる手帳~【レビュー・評価】斬新だけど、あまりにも遊ぶ環境が制限されている
Jスターズビクトリーバーサス【レビュー・評価】キャラゲーとしては十分に気合を感じる作品!
ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT【レビュー・評価】ハイエンドでプロトタイプなポケモンのアクションバトルゲーム!
ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章【レビュー・評価】2Dゼルダの原点回帰!
アサシン クリード【レビュー・評価】完成度は高くないが、次世代ゲームの一端を垣間見れた作品!
ダークサイダーズ~審判の時~【レビュー・評価】色んなアクションゲームの要素が詰まったバラエティパック
ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ【レビュー・評価】ドラクエ本編の片鱗を感じられる日本人向けサンドボックスゲーム
ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードI【レビュー・評価】新世代に向けたNewソニックブラザーズ
スーパーペーパーマリオ【レビュー・評価】ネタゲーとしてなら…
ニンテンドッグス【レビュー・評価】ゲーム性を求めずに感情移入が出来たら…