2018/12/23/7:00 | ゲームレビュー

【レビュー】Stikbold! ドッジボールアドベンチャー!DELUXE [評価・感想] 最大6人で遊べるドッジボール風のパーティゲーム!

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2018年6月に配信されたSwitch「Stikbold! ドッジボールアドベンチャー!DELUXE」のレビューをしていきます。

本作は円状マップ内の中でボールを当て合うスポーツゲームですが、ドッジボールをパーティゲームに上手く昇華していました!

パーティゲームにしては地味な部分もありますが、安価なダウンロード専売タイトルということで選択肢に入れても良い作品だと思います。

そんなSwitch「Stikbold! ドッジボールアドベンチャー!DELUXE」の良いと思った点からまずは書いていきましょう!

※本作は約1,600円のダウンロード専売タイトルになります。

▼このゲームを3行で説明すると?

・円状マップ内でボールを当て合うスポーツゲーム。
・1回当たったら気絶してしまい、その間にもう1回当たったら外野へ飛ばされる。
・外野では内野のプレイヤーにお邪魔することが出来る。

良いところ

全方位シューティング的な感覚で楽しめる!

小学生以上なら誰もが知っているであろうドッジボール。

ボールをぶつけ合う競技ですが、本作では全方位シューティング的な感じに落とし込んでいました!

本来のドッジボールはそれぞれの陣地内しか移動が出来ず、その中で相手チームに向かってボールを投げていくものです。

ところが本作の場合、枠線が存在せず、すべてのチームがコート内を自由に移動することが出来ます。

しかもコートは円状なので、あらゆる方向から攻められるんですね。

そのため感覚的には全方位シューティングに近く、これはこれでアリだと思いました。

もちろん、ドッジボールらしく回避したりボールをキャッチすることも出来ますよ〜。

最大6人で楽しめる!

本作で最も嬉しかったのが、1台の本体で最大6人対戦が楽しめること!

しかも3チームに分かれたり全員が敵のバトルロイヤルも楽しめます。

ドッジボールを6人同時対戦出来るゲームはなかなか無いので重宝しました。

え?6人も集まる機会がないって?

安心してください、CPUを5体追加しての6人対戦も可能ですよ。

1対1だと寂しいけど、6人バトルはハチャメチャ感があって盛り上がります!

様々なギミック

本作には6種類のステージが用意されていますが、いずれもギミックが多彩でした!

例えば外周を車が走行するステージも用意されているんです!w

もちろん、車にひかれたら外野に飛ばされてしまうので、出来るだけ外周は避けるようにしなければなりません。

外野のプレイヤーは内野のプレイヤーを邪魔出来ますぞ!

パーティゲーム的なゲームモード

本作には大きく分けて3種類のゲームモードが用意されています。

ステージクリア型の「ストーリーモード」。

3種類のルールでサクッと楽しめる「クイックマッチ」。

そしてパーティゲーム的なルールで楽しめる「運命のルーレット」が用意されているんです!

「運命のルーレット」はその名の通りルーレットを回してルールを決めていきます。

複数人と色んなルールで楽しみたい場合は最適に感じられ、パーティゲームらしくて良いなと思いました。

シュールなストーリーモード

本作はパーティゲームの側面が強く感じられますが、一応、1人用のストーリーモードも用意されています。

が、これがまた非常にシュールなんですw

ただでさえキャラクターデザインがポクセル調だと言うのに登場人物がおっさんばかりとはw

もう少し魅力的なキャラクターを作れなかったのでしょうか?

まあ、ポクセル調のおっさんたちがドッジボールを頑張る姿は一周回って微笑ましかったんですけどねw

肝心のステージはボス戦を用意するなど趣向を凝らしていて1時間程度で終わる分にはそれなりに良いと思いました。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

全体的に演出が地味

パーティゲーム的な感覚でドッジボールを楽しめる「Stikbold! ドッジボールアドベンチャー!DELUXE」。

しかし、海外産らしく全体的に地味で大味に感じました。

ボールを当てた時の演出やエフェクトはもうちょっと派手にしてほしかったし、BGMもやや盛り上がりに欠けます。

また、カメラが離れすぎている関係でキャラクターの表示が小さく感じられ、その辺りも地味な印象を強めていると思いました。

130208-1557-18

本作にとって不幸なのが、PS4/PSVITA「バイキングぽいぽい!!」という同系統のタイトルが既に存在したこと。

こちらも陣地分けがされていないドッジボールになるんですが、ボールではなくオブジェクトを持ち上げて当て合うルールが痛快でした。

なので、そちらに慣れていると本作はどうしても地味に感じてしまいます(6人同時プレイが出来るのは良かったんですけどね)。

全体のまとめ

全方位シューティング的な感覚で楽しめるドッジボール風のパーティゲーム。

少々地味ですが、6人同時プレイが出来るのは大きな利点だと思います。

4人ではなく6人でワイワイ楽しみたい方は検討してみては如何でしょうか?

最大6人で遊べるドッジボール風のパーティゲーム!

こんな人には特におススメ。
・パーティゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・1人で楽しみたい人。

Stikbold! ドッジボールアドベンチャー!DELUXE/お気に入り度【60/100%】
プレイした時間・・・約2時間

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他

 

, ,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(3)

  1. hanataka より:

    楽しそうな作品ですねぇ🎵読んでたら、ドッジボールやりたくなってきた……小学生の頃、上級生との運動場の陣地取り試合で、外野へのフライパスをジャンピング上方腕伸ばしキャッチで捕れば、その日のヒーローになったあの頃が懐かしい…この話、誰が興味あるねん❗
    (゜o゜)\(-_-)

    前回紹介してくれてた割引コードで熱血高校ドッジボール部、ダウンロードしちゃおうかしら⁉️(笑)

    • hanataka より:

      ダウンロードしちゃいました♪勿論閃の軌跡3をクリアしてから遊びます🎵まだクリアしてへんのかい!
      (゜o゜)\(-_-)

      ダウンロードのキッカケをくれたkentさんのおかげで、また1つ遊ぶ作品が増えました。(笑)

    • kentworld より:

      ドッジボールがやりたくなってきましたか!?

      子供の頃はドッジボールをよくやっていましたが、今思うとあの体験は貴重でしたよねぇ。

      大人になってドッジボールをする機会はまずありませんので。

      割引コードを使用して熱血高校ドッジボール部をされましたか!?

      まさか、複数の記事を読まれたhanatakaさんにきっかけを与えていたとは。

      お知らせありがとうございますm(_ _)m

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】ナイツ NiGHTS into Dreams…  [評価・感想] 素晴らしい世界観とゲーム体験が融合した作品
アサシン クリードIV ブラックフラッグ【レビュー・評価】新たな柱を作りつつシリーズらしさも残した良作!
【レビュー】すばらしきこのせかい [評価・感想] 数々の挑戦に挑んだすばらしきこのゲーム!
【レビュー】マリオストーリー [評価・感想] スプライトを紙であると割り切った意欲作。アクションゲーム好きのRPG入門作としておススメ!
どうぶつの森【レビュー・評価】N64最後の名作!
めっちゃ!太鼓の達人DS 7つの島の大冒険【レビュー・評価】前作から正当に進化!
マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー【レビュー・評価】味付けを間違えた、良作のなりそこない
【レビュー】流行り神 警視庁怪異事件ファイル [評価・感想] 都市伝説についてどう感じているかで受ける印象が異なる作品
【レビュー】真・三國無双NEXT [評価・感想] 単調だが、ロンチタイトルとしては十分過ぎるほどのクオリティとボリュームの作品
アマガミ【レビュー・評価】圧倒的な物量と高品質さが融合した理想的な作品!