| ゲームレビュー

【レビュー】十三機兵防衛圏 [評価・感想] ゲームならではの緻密な群像劇を体験出来る超大作!


十三機兵防衛圏/PS4

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2019年11月に発売されたPS4「十三機兵防衛圏(じゅうさんきへいぼうえいけん)」のレビューをしていきます。

本作は滅びの運命に抗う13人の少年少女を描くアドベンチャーゲームですが、ゲームならではの緻密な群像劇を体験出来る超大作でした!

漫画、アニメ、映画、小説 etc…

このようにストーリーは様々な媒体に存在しますが、多くは尺が限られています。

1作で描けるストーリーラインは限られてしまうので、もし、壮大なストーリーを描きたい場合、連作にしていくしかないでしょう。

しかし、買い切り型のゲームはどうでしょうか?

容量制限に達しない限りは好きなだけステージを収録出来るので、他の媒体ではあり得ないくらい複雑なストーリーを描くことが出来ます。

今回レビューするPS4「十三機兵防衛圏」はそんなゲームの特性をフルに活用したことで驚くほど緻密な群像劇を描いていました!

しかもヴァニラウェアによる美麗な2Dグラフィックを堪能しながら楽しめるのですから、これはとんでもない力作ですよ!

ストーリーが複雑過ぎるあまり理解が追い付かないところもありましたが、非常に力が入った作品であることは間違いありません。

ここからはそんなPS4「十三機兵防衛圏」について詳しく語っていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 過去・現代・未来の日本を舞台にしたSFアドベンチャーゲーム。
  • 13人もの主人公の視点から描かれるストーリーを楽しんでいく。
  • リアルタイム要素を取り入れたシミュレーションバトルも楽しめる。
初リリース日 2019年11月28日
対応ハード PS4
ジャンル アドベンチャー
推定クリア時間 30~40時間
売上 初週3.5万本
発売元 アトラス

スポンサーリンク

良いところ

13人の主人公による群像劇

群像劇。

数人のキャラクターのストーリーラインを並行して進行させたりエピソード毎に異なるキャラクターに焦点を当てる手法のことを指します。

本作の場合、最終的には13人ものキャラクターからの視点でストーリーが描かれたので驚きました!

4人や5人ならともかく、13人ですよ?

しかも主人公同士が交差することもあるので、それぞれの視点からプレイするとストーリーに深みが生まれていきます。

複数の主人公が存在し、それぞれのストーリーが交差する。

そんなゲームは今までに数多く出ましたが、13人は多すぎですw

壮大な星座の点と点を繋ぎ合わせていく楽しさ

本作のストーリーを俯瞰して見た場合、驚くほど巨大な迷路が出来上がります。

13人もの主人公が存在するだけではなく、複数の時系列が存在し、同じ人物でも複数の人格が存在しますから。

面白いのが、ある程度は好きな順番から進められること。

「追想編」では主人公の選択画面が存在し、選択した主人公によって異なるストーリーが展開されます。

が、ある程度進めると不可解な出来事に遭遇してしまい、進行をロックされてしまうんですよ。

その場合、他の主人公を選択してストーリーを進めていくと不可解な出来事を理解できるようになります。

個人的にはその辺りに面白さを感じられました。

イメージ的には「十三機兵防衛圏」という壮大な星座の点と点を繋ぎ合わせているような感じ。

アーカイブを読み解く楽しさ

ハッキリ言って各主人公の視点からストーリーを進めても分からないことが多く感じます。

そんな時に便利なのが「究明編」という名のアーカイブ。

ここでは250項目にも渡って本作の人物などが綴られていて、ストーリーを進めていく毎に更新されていきます。

「あれ?どうしてこうなっちゃうんだっけ?」

なんて思った時にアーカイブを読むとストーリーを補完出来たので助かりました。

少女漫画的な展開のストーリー

「十三機兵防衛圏」というタイトルからも分かるように、本作の大きなテーマはSFです。

メカメカしい描写は頻繁に挿入されますし、時系列が100年単位で変わって飛躍し過ぎてしまうこともあります。

個人的にその辺りの要素は合わないことも多いんですが、もう1つの大きな柱となっている少女漫画的な要素は楽しめました!

本作の主人公となる13人はみんな高校生で、学校に通っています。

時にはそれぞれの主人公が関わることもあるんですが、やたらと恋愛描写が多いんですよw

特に目立っているのが、女性主人公が男性主人公に片思いする描写。

ぼくがプレイするゲームの多くが男性向けなのもありますが、女性主人公の視点から男性に好意を寄せる描写は新鮮に感じました。

(もちろん、男性主人公が女性主人公に片思いする描写もありますし、時には同性同士が恋をするなんてこともあります)

個人的には各主人公の恋愛描写が馬で言うニンジンの役割を果たして先に進めたくなりました。

だって、恋が実ってほしいじゃないですか?

逆に目新しく感じるサイドビューによる表現方法

本作を手掛けているのは「朧村正」「ドラゴンズクラウン」などで知られるヴァニラウェアになります。

ヴァニラウェアと言えばサイドビューから描かれる幻想的なグラフィックが特徴的ですが、その辺りは今作でも健在でした!

と言っても今作は従来の作品とは違ってアクションゲームではなくアドベンチャーゲームになります。

それもストーリーに重きを置いたバランスで、探索要素はほとんどありません。

イメージ的にはノベルゲームをサイドビューから楽しんでいるような感じ。

サイドビューのアドベンチャーゲーム自体は珍しくありませんが、ここまでストーリーに重きを置いた作品は珍しく感じます。

でも、読み進めるだけではなく、「思考」というユニークなシステムも搭載しているんですよ。

キャラクターに話をかけると会話が繰り広げられ、キーワードを入手することが出来ます。

すると、集めたキーワードを頭の中で思考することができるんです!

さらにキーワードを使ってキャラクターに話をかけることで会話の内容が変化します。

このシステムによって

  • 主人公との一体感が生まれる
  • アイテムの役割を果たせる
  • 過去を振り返られる

といった3つのメリットを感じました。

アドベンチャーゲームでの思考はPS3「HEAVY RAIN 心の軋むとき」でもやられていましたが、さらに掘り下げているように感じます。

ヴァニラウェアならではの映像美

今作は現代と未来の日本が主な舞台になっていますが、光の表現が凄い!

ぼくらが見慣れている世界をここまで美しく描くことが出来るとは!?

これまでヴァニラウェアは主にファンタジー世界のゲームを手掛けていましたが、舞台が現代の日本になっても魅力は失われていません。

そんな映像美をさらに強調させるのがキャラクターのアニメーション!

公共の場である学校や街中では沢山の人が彷徨いており、様々な動きを取っています。

それらを1つ1つ正直に描いているので感心してしまいました。

また、ポーズの付け方にも躍動感があり、静止画を見ていると今にでも動き出しそうな勢いを感じます。

ヴァニラウェアは2Dグラフィックに定評のある開発スタジオですが、今作も凄かった!

もちろん、今作にもセクシー要素はバッチリあります。

特に印象的なのが、南奈津乃の体操着。

なんと、下半身は生足のブルマなんです!

みんな長袖長ズボンの中、そんな格好をされたら目のやり場に困るじゃないですかw

更衣室でシャツを脱ぐシーンもありますが、いやぁけしからん!

もう1つ忘れられないのが飯テロ!

今作でも随所でお腹が空くような食べ物の描写が見られます。

焼きそばパン!

和食!

肉まん!

肉団子の弁当!

いずれもデフォルメが上手く、モチモチした食感が伝わってくるようなアニメーションなので真夜中のプレイは危険ですw

サブカルチャーの描写が凄い!

本作は過去・現在・未来の日本が舞台となっています。

特に目立っているのが1980年代なんですが、サブカルチャーの描写が凄かった!

例えばテレビには昭和アイドル風のライブ映像が映し出されているんですよ。

流れてくる歌も時代を感じさせるもので、舞台が1980年代であることを実感させてくれます。

それ以外にも「センコー」なんて懐かしい言葉が飛び交ってきましたw

何故こんなにも1980年代の描写に力を入れているのかと言うと、開発者がこの時代に学校生活を送っていたことが大きいようです。

無理して2010年代の学園を描こうとしたら嘘っぽくなりますし、ヴァニラウェアならではの美麗2Dグラフィックがレトロ感を強調しているので、この判断は正解に感じます。

アクティブタイムバトルの要素を取り入れた崩壊編

このようにストーリーやビジュアルに重きが置かれているPS4「十三機兵防衛圏」ですが、「崩壊編」ではゲーム的な駆け引きも味わえます。

「崩壊編」は「ファイアーエムブレム」のようなシミュレーションゲーム。

迫りくる敵を倒したり拠点を防衛しなければなりません。

特徴的なのが、「ファイナルファンタジー」のアクティブタイムバトルのようなリアルタイム要素を盛り込んでいること。

味方ユニットを選択して「移動」や「攻撃」を行った場合、次の行動はクールダウンするまで行えませんから。

「ファイアーエムブレム」の場合、完全にターン制だったのでそこに違いを感じました。

え?めんどくさそうだって?

確かに慣れていないと煩雑に感じますが、難易度ノーマルの場合、ある程度はゴリ押し出来るようなバランスになっています。

そこまで考えずに突っ込めるので、慣れてくると作業的に感じるのは否めません。

しかし、ストーリーありきのゲームとしては良い塩梅かなと。

アクションゲームのような爽快感

そんな「崩壊編」ですが、エフェクトが派手派手でアクションゲームのような爽快感があります。

攻撃時や敵破壊時はPS2「ファンタビジョン」の花火みたいにバチバチと飛び散るようになっているんですよ。

この演出が入るとアクションゲームで攻撃を当てた時のような爽快感があって気持ちぃぃぃ~!

しかも中盤以降は100機以上の敵兵を範囲攻撃で一気にぶっ放せるんですよ(ダメージ数の表示が凄いw)。

元々、本作はPS4/PSVITAとのマルチタイトルとして開発が進められていました。

が、2018年秋。PSVITA版が発売中止になり、PS4専用タイトルになります。

PSVITAが商品寿命を迎えたのもあるとは思いますが、「崩壊編」の派手な爆撃を見るとPS4専用にしたくなるのも納得しましたw

これ、PS4くらいのマシンパワーが無いと処理落ちしますから。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

頻繁に挿入されるリザルト画面とアンロック

サイドビューから主人公を操作してストーリーを進めていく「追想編」ですが、普通のアドベンチャーゲーム感覚で進めていくと面を喰らいます。

というのも頻繁にリザルト画面が挿入されてメニュー画面に戻されるからです。

「面白くなってきた~!」と思った時にリザルト画面が挿入されて水を差されてしまうこともありました。

そのうえ進行状況によっては今まで進めていた主人公を選ぼうとしてもロックされてしまい、別の主人公に切り替えざるをえなくなることもあります。

複数のモードを交互にプレイしてほしい意図は伝わってくるんですが、どこかもどかしさも感じてしまいました。

ややこし過ぎるストーリー

これは良い点でもあると思いますが、ストーリーはややこし過ぎます。

主人公が13人も存在して頻繁に視点が切り替わるのは言わずもがな。

それ以外にも・・・

  • 主人公によっては異なる人格・名前が存在する。
  • 舞台が過去・現代・未来と複数存在して時系列がコロコロ変わる。
  • 固有名詞が多い。

といった感じでややこしさの塊なんですw

そこで「なんでこうなるんだろう?気になるじゃないか!」となれば良いんですが、一方では置いてきぼりを食らってしまうこともありました。

ある程度は能動的な姿勢が求められるので、なんとなくプレイしていると楽しめません。

そこで!本作のストーリーを考察しやすくなるコツを記事にしてみました。

以下の記事で書かれたようなプレイスタイルで進めていくとストーリーの理解度が高まります。

関連記事リンク

統一感がない「追想編」と「崩壊編」

美麗2Dグラフィックで楽しめるサイドビュー型アドベンチャーゲームの追想編。

リアルタイムで時間が流れるシミュレーションバトルの崩壊編。

本作の大部分はこれら2つのパートとなりますが、それぞれが噛み合っているとは言えない部分も見受けられました。

前述の通りシミュレーションパートの「崩壊編」は割とサクサク楽しめるので、アドベンチャーパートの「追想編」で酷使した脳をリフレッシュするという意味ではマッチしています。

しかし、グラフィックに統一感がなく、ストーリーの時系列も全く異なるので2つの異なるゲームを交互にプレイしている感は否めません。

問題なのが、「崩壊編」では味気ない見下ろし型の3Dグラフィックになっていること。

せっかく「追想編」では職人的な2Dグラフィックを堪能出来るというのに・・・。

加えて「崩壊編」は無駄にボリュームがあり、エンディングを迎えるまでに35以上ものステージをクリアしなければならないのはちょっと。

誤解のないように書いておきますが、「崩壊編」の出来が悪い訳ではありません。

シミュレーションバトルにリアルタイム性やタワーディフェンス要素を取り入れているのはユニークですし、敵兵を撃破した時は花火のように飛び散って爽快ですから。

ただ、リアルタイムストラテジーというジャンルは日本では受け入れ難いので、合う合わないが出てくるのは無理もありません。

全体のまとめ

「これだけ緻密なストーリーを1本のゲームに収めてくるとは!?」

プレイしている時、何度そう思ったことか。

それでいてヴァニラウェアならではの職人的なグラフィックも健在で、プレイしていて妥協を感じませんでした。

本作が初めて公開されたのは2015年の秋。

それから幾度もの延期を経て4年後の2019年11月28日に発売されましたが、開発が長期化するのも納得できるほど内容が詰め込まれています。

あまりにもストーリーが複雑なうえ、SFらしい難解な部分も多く、そこは合いません。

ですが、そんなユーザーでも

  • 少女漫画的な要素
  • 1980年代のサブカルチャー要素
  • ミステリー要素

によって楽しめました。

バラバラに欠けたストーリーを少しずつ整理して繋げていく。

そこに魅力を感じている人はプレイする価値がある作品です。

個人的には今までプレイしたヴァニラウェアのゲームでは最も楽しめました。

ヴァニラウェアのゲームってグラフィックに開発工数を掛けすぎてしまい、作品の規模に見合った物量を用意出来ないことが多いんですよ。

それ故にマップの使い回しが目立ってしまうので、冒険をテーマにした作品の場合は興ざめしやすく感じます。

一方、本作の場合はアドベンチャーゲーム。

ストーリーありきなので、展開によっては同じフィールドを何度使いまわしても不満にはなりません。

少ない素材を使って如何にプレイヤーを長く楽しませるか?

それがヴァニラウェア製タイトルの課題と思っていますが、本作は見事にその問題を解決しています。

ヴァニラウェアは作品ごとに世界観やゲームジャンルをガラッと変えてきますが、またアドベンチャーゲームにも挑戦してほしいです。

ゲームならではの緻密な群像劇を体験出来る超大作!

こんな人には特におススメ。
・SF好き。
・少女漫画的好き。

こんな人にはおススメできない。
・SFが苦手な人。
・複雑なストーリーが苦手な人。

十三機兵防衛圏/お気に入り度【80/100%】
プレイした時間・・・約30時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

, , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(14)

  1. 110ito より:

    僕も体験版をやってみました。
    ストーリーとキャラクター、その描写が非常に魅力的ですね。
    ただ、肝心のバトルがあまりにも自分には合わない感じで、残念ながら購入は見送りです。

    このグラで2Dメトロイドヴァニアを出してくれたら、確実に買いなんですが。
    オーディンスフィア等の実績があるわけだし、メトロイドヴァニアも行けると思うんですよね。

    • KENT より:

      これまでのゲームからジャンル自体が変わっているので戸惑う人も多そうですね。

      確かにメトロイドヴァニアなヴァニラウェアのゲームをやってみたいです!ヴァニラだけにw

      • 110ito より:

        ヴァニラ違い笑
        そこには考えが及びませんでした‥
        ウィットに富んだダンディで大人なジョークですね😆笑

  2. 110ito より:

    おお、こんなソフトがあるんですね。ありがとうございます😊

    せっかくなんで僕からも2Dハクスラアクションをご紹介。
    Dead or School というインディゲーが、荒削りながらも面白いです。
    カメラが妙に遠いとか、画面のステータス表示画面にしばしば敵が隠れるとか、キャラクターデザインがちょっと古臭いとか減点要素は多々あれど、妙な中毒性があって面白いです。3,000円以下なんで手も出しやすいかと。
    ハードモードで、レベルは上げすぎないでプレイすることをオススメします。

    • KENT より:

      はい!ヴァニラウェアのメトロイドヴァニアを求めているのでしたらどうぞ♪

      Dead or Schoolをプレイされていましたか!?

      セクシー要素が印象的ですが、メトロイドヴァニアとしても良く出来ているんですね。これはメトロイドヴァニアーとしてはプレイしたいです!紹介ありがとうございます!

  3. 13番目のトモフミ より:

    映像に定評のあるヴァニラウェア作品として少しばかり興味を持ってきました。

    ADV×シミュレーションゲームとのことなのでいつかSwitch に移植されたらやってみたいかも。

    1980年代と2020年代の2つの時代が舞台なのはなかなかありそうでない組み合わせなので面白そう!

    確かに光の描写が非常に美しいですね。静止画でもすごいと感じるので、実際に生で動いてるのを見たら、感動しそう!

    思考するという行為も近年のADVだとありそうでない要素なので、一体感が出ていいですね👍

    ただ主人公が13人もいるところとリアルタイムストラテジーなところは、実際に遊んでみないと良さがわからないと思いますね。
    個人的にはその2つが不安材料かな。

    • KENT より:

      よく考えたらトモフミさんが好みのジャンルが融合したゲームじゃないですかw

      逆転裁判やファイアーエムブレムに通ずるところはありますので。

      映像面の魅力はかなり大きいです。スタジオジブリなどに通ずる日本の職人芸を堪能出来ます。

      取っつきにくいところはあるので、工夫が必要なところはあります。今はどうすればストーリーの流れを上手く飲み込めるのか試行錯誤していますw

  4. とんぬら より:

    破滅した世界の破滅が過去の話で終わってた上にそこに居た人間たちはアレなのであんまりカタルシス自分は感じませんでしたね。よくガンパレードマーチとかと比較されてましたけどゲームとしての箱庭要素もなかったので異なるEDもないし、キャラクター同士がプレイヤーの選択肢でどうなるのかを楽しみにしてた自分としては推考要素のみでゲームって言われるとちょっと疑問に感じます。小綺麗にまとまったシナリオばかり評価されてるのを見ていると、この選択肢を選んだらあのキャラクターはどうなるんだろうみたいなゲームとしての楽しみが業界的に薄れていっているように感じられてしまい自分は悲しくなりました。

    • KENT より:

      確かにゲーム的な要素は割りきっているところがありますね。

      本作が評価されているのはあくまでもシナリオやグラフィックであって、ゲームシステムなどはさほど絶賛されていません。

      なので、後追いの方はその辺りを把握してから手を出すと良いでしょうね。

  5. totomaru より:

    数年ぶりに新しいソフトを集中して遊び、クリア一歩前まで来ました。
    ストーリーが複雑でかつ同じ外見でも中身が違っていたりと、一度で理解できたらお前は原作者だろうレベルですが、ストーリーもバトルもついつい次をやってしまう面白さがあり、反射神経要らないからのんびり遊べて良いゲームでした。
    ここのブログでの評価は大変わかりやすく、遊んだ後読むとなるほどねぇと納得できます。大昔アメブロ時代にちょこちょこ見ていましたが。ブログ自体もしっかりしていて見やすく、継続は力なりだなぁ、と妙に感心してしまいました。

    • KENT より:

      ありがとうございます!地道に続けて少しずつ改良を重ねていって12年が経ってしまいました(笑)

      分かりやすいと言ってもらえて嬉しいです!

      ストーリーは本当に複雑ですよね。アーカイブを熟読しなければ把握出来ないところがあります。

      ですが、これだけ内容が詰め込まれた作品はそんなに無いですよね。さすが開発に時間を掛けただけのことはあります。

  6. 無業者の男50 より:

    先週ラジオ番組ですがこのゲームの特集を放送していたのを聞いてわしはこのゲームの存在を知りました。

    • KENT より:

      おお!ラジオで興味を持ちましたか!?

      やっぱりYoutubeって良いですね。今後はYoutubeにも力を入れていきます!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】Dokuro(PSVITA/Switch) [評価・感想] 可愛いふりして骨太で超面白い高難易度パズルアクション!
【レビュー】フェアルーン2 [評価・感想] 前作から大幅パワーアップしたダンジョンなしの良質な2Dゼルダライクゲーム!
【レビュー】カービィ バトルデラックス! [評価・感想] 気軽に対戦したいライト層に向けたサブゲーム出張編!
【レビュー】ARMS(アームズ) [評価・感想] 見かけによらずストイックな次世代のeスポーツゲーム!
【レビュー】デビル メイ クライ3(DMC3) [評価・感想] 3作目にして作風を確立したPS2 3部作の決定版!
【レビュー】がんばれゴエモン!からくり道中 [評価・感想] 1986年当時の超大作アクション!
【レビュー】不思議のダンジョン 風来のシレンDS [評価・感想] 長所と短所がハッキリ分かれた評価に困るリメイク作!
【レビュー】マリオカート8 デラックス [評価・感想] 従来型マリオカートの決定版!
【レビュー】ホホクム [評価・感想] 遊び方を理解したらそれなりに楽しめるアート色が強いデジタルおもちゃ
【レビュー】メトロイドII [評価・感想] 白黒GBソフトだからって侮ってはいかん!