| ゲームレビュー

【レビュー】バイオハザード7 DLC「エンド オブ ゾイ」 [評価・感想] ジョーの脳筋ぶりとゾイの胸元に魅力が詰まったバイオ7の裏エピソード。

サバイバルホラーゲーム、PS4/Xbox One「バイオハザード7 レジデント イービル」。

2017年12月に本作の大型ダウンロードコンテンツとなる「エンド オブ ゾイ」が配信されたので、本記事ではそちらのレビューをしていきます。

化物爺さんジョーが大暴れ!

本エピソードの主人公は、ジョー・ベイカー。

本編で主人公を苦しませたジャック・ベイカーの兄なのでパワーも半端なく、「バイオハザード」の主人公としては破格級の強さ!

武器はほとんど持てませんが、素手だけでも十分戦力になります。

攻撃の基本は左右のパンチを交互に繰り出す感じ。

特定の順番で攻撃するとジャブやアッパーへと派生するようになっていて、まるで「バイオハザード」でボクシングをしているかのようでした!

銃での攻撃とは違って狙い撃つ楽しさは存在せず、左右にパンチを繰り出していくだけなので一見すると奥が浅そうですが、ガードを組み合わせて戦う事でヒット&アウェイが楽しめて特にボス戦は熱かった!

一人称視点でキョーレツなパンチをお見舞するのは爽快感があります。上手く決まれば敵の顔を捻って破裂させる事が出来るので、気持ちぃぃぃ~!!!

ジョーの戦闘能力は終盤になるとさらに増していくので、「バイオハザード」では珍しい爽快感重視な内容に感じました。

ちなみにジョーはとんでもない脳筋爺さんで、人の言うことは全然聞きません。

何でも力づくで解決しようとする「ゴッド・オブ・ウォー」のクレイトスさんみたいな感じです。

ただ、ゾイに対しては優しく、ちょっとしたギャップみたいなのを感じられました。

ほとんどが新規のマップ!沼地を中心に探索!

1,500円の大型ダウンロードコンテンツだけあって探索することになるステージのほとんどは新規でした。

印象としては本編の後半辺りに少し登場した沼地を掘り下げたような感じで、ボートに乗って各地を探索していく事になります。

が、沼地だけあって地形が意地悪!w

沼地にはワニが潜んでいるんですが、見つかるとこちらに迫ってきて食べてくるんですよね。

さすがにジョーもワニの一撃には耐えられず、捕まったら即ゲームオーバーです。

沼地は視界が悪く、ワニの位置も把握しにくいので、何度ゲームオーバーになったことか。

対処法として投げ槍という武器を使えば良いんですが、貴重なのでここぞという時にしか使えません。

全体的に嫌らしさを感じられるフィールドですが、その嫌らしさをさらに強調するのが後半のエリア。

後半のエリアでは足場が悪いところでモールデッドと戦う事になります。

落ちた先はワニが居る沼地なので、非常に嫌らしいです。誰だよこんな意地悪なステージを作ったのは!w

もちろんプレイステーションVRにも対応!使用すると魅力が倍増!?

本エピソードでもプレイステーションVRにはしっかり対応していました!

プレイステーションVRでプレイするとより近接攻撃の爽快感が増しますし、何よりもセクシーな格好をしたゾイを眺められるのが嬉しい!w

何度かゾイをお姫様抱っこ出来ますので、胸元を間近で見ることが出来ますぞ!

ジョーはゾイの伯父になりますが、美味しいところを持って行きました。

あと、ジョーの回復アイテムはムカデやイモムシなんですが、使用時は当然、口に向かって入れます。

VRモードだとまるで自分の口に向かってムカデやイモムシを入れられているかのような感覚を味わえるので気持ち悪かったw

スポンサーリンク

本編の裏側を垣間見れる大型ダウンロードコンテンツ

全体的には本編の舞台裏で何が起こっているのかを垣間見れる内容でした。

ゲームクリアまでのプレイタイムは約2時間。クリア後のやりこみ要素も存在しますが、1,500円はちょっと高いかな。

大迫力なVRモードで通してプレイすることで何とか元を取れるような感じです。

ただ、本編では消化不良だったゾイの周りで起こった出来事が描かれていますし、クリスの物語を描いた「Not A Hero」にも繋がるところがあるので、「バイオハザード7」の群像劇を楽しみたい方はどうぞ!

関連記事:バイオハザード7 レジデント イービル【レビュー・評価】すべてのホラーゲームを過去の物にする最恐のホラー体験が待っている!

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ
 

 

おすすめ記事

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(4)

  1. nasturtium より:

    実は今手元にPSVRがないんですよね。というのも今後4KHDRモニターを購入しようと思っているのですが、旧型のプロセッサーにHDRのパススルー機能が無いもので…。

    バイオ7の追加コンテンツ面白そうですがせっかくならVRモードでプレイしたいですよね。(決してゾイを眺めるためではないですよ)新型PSVRを近いうちに購入するつもりですので、その時の楽しみにしようと思います!

    • kentworld より:

      なんと!新型のPSVRや4KHDRモニターも購入されますか!?

      最強装備過ぎじゃないですか\(^o^)/

      バイオ7はぜひ、VRモードで楽しんで下さい!
      お金をかけた分だけ極上の体験が味わえますよぉ♪

  2. ジョエリー より:

    NOT A HEROが楽しめたので、こちらも購入してクリアしました。
    本編やNOT A HEROとは変わってアクションメインでしたね。素手でモールテッドを倒していくのは中々楽しかったです。
    ストーリーは本編で描かれなかったゾイのその後についての内容だったので、ゾイがどうなったのかを知れたのは良かったです。
    ボリューム的には1500円は高いと感じましたが、NOT A HEROと2つ合わせて1500円と考えると安く感じるのでそう思うことにしました。笑
    ムカデを食べるのはやばいですよね・・。まさか回復アイテムだとは思ってなかったので回復ボタンを押した時に急にムカデを口に持ってきた時は思わず声を出してしまいました。しかもVRでやってたので、個人的にエンド オブ ゾイでは一番のホラーシーンでした。笑

    • kentworld より:

      エンド オブ ゾイも購入されましたか!?
      「NOT A HERO」は良い宣伝効果になったようですねw
      近接攻撃がメインのバイオは新鮮でした。

      ゾイは本編だとどうなったのか不鮮明だったので、本コンテンツで謎が溶けて良かったです。
      価格が1,500円なのはそう感じておきましょうw

      ムカデを口に持っていく演出はある意味、本作最大のホラーシーンかも。
      こちらは全然回復しませんw

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】プリンス・オブ・ペルシャ [評価・感想] 「俺強ぇ」ならぬ「俺上手ぇ」を味わえるライト向けアスレチックアクション!
【レビュー】ロックマンX [評価・感想] 対応ハードが変わってあらゆる面が大幅に進化した新生ロックマン!
【レビュー】くりクリミックス [評価・感想] カジュアルなパーティゲームの皮を被った変態ゲーム
【レビュー】エルテイルモンスターズ [評価・感想] N64では本当に貴重な王道RPGだが凡作
【レビュー】シャンティ ハーフジーニーヒーロー [評価・感想] 第一印象が最高に良い初心者向け探索型2Dアクションゲーム!
【レビュー】Outlast(アウトラスト) [評価・感想] 逃げる事に特化した恐怖度MAXなホラーゲーム
【レビュー】FIA ヨーロピアン・トラックレーシングチャンピオンシップ [評価・感想] ビックリするほどリアリティを追求したシミュレーター!
【レビュー】アーケードアーカイブス VS.スーパーマリオブラザーズ [評価・感想] 微調整で難易度が激的に上昇したバージョン違い。
【レビュー】スーパーペーパーマリオ [評価・感想] ネタゲーとしてなら…
【レビュー】スター・ウォーズ 帝国の影(N64) [評価・感想] 色んなジャンルの要素が詰まった映画体感ゲーム!