2017/12/17/7:00 | ゲームレビュー

バイオハザード7 DLC「NOT A HERO」【レビュー・評価】本編のボリューム不足を穴埋めする1年遅れのエクストラモード!

サバイバルホラーゲーム、PS4/XboxOne「バイオハザード7 レジデント イービル」。

2017年12月に本作の大型ダウンロードコンテンツとなる「NOT A HERO」が配信されたので、今回の記事ではそちらのレビューをしていきます。

クリスとルーカスの知られざる戦いが描かれたエピソード

本エピソードの主人公は、シリーズではお馴染みのクリス・レッドフィールド。

登場キャラを一新した中でまさかの旧シリーズからのゲスト参戦で驚きました!

と言っても過去作品での絡みはほとんど描かれておらず、クリスである事の必然性は感じられませんが、正義感は相変わらずです。

戦うことになるのは本編の終盤で行方不明になっていたルーカス。

お調子者でムカつくキャラNo1の悪役ですが、本エピソードで決着を付ける事になります。

入り組んだ鉱山を舞台に仲間を救出!

本エピソードの主な舞台となったのが、本編の終盤で登場した鉱山です。

無料ダウンロードコンテンツなのでフィールドを使い回してくるのかと思いきや、なんとほとんどが新規だったりします。

特徴的なのが、鉱山らしく入り組んだ構造です。

まるで迷路のような構造をしていてマップがないと迷子になるような作りとなっています。

攻略ルートは1つなんですが、キーアイテムをなかなか見つける事が出来ず、今は関係のないエリアも何度か彷徨ってしまいました。

つまり、「バイオハザード」シリーズらしいフィールドの探索が楽しめるってことですね。

本編をクリアして「もっと初期のバイオハザードらしい体験を味わいたい!」と感じている方には最適なエピソードだと思います。

恐怖の白モールデッド!もちろんプレイステーションVRにも対応!

本エピソードでは新たな敵となる白いモールデッドが登場します。

この白モールデッド、特定の武器を使用しない限りは無敵なんです!

なので特定の武器を持っていない場合は逃げるしか選択肢が存在せず、ホラーゲームらしい恐怖を味わえましたね。

出て来る敵を常に倒せてしまってはホラーゲームならではの恐怖を味わえないので、良い仕掛けだと思います。

特にVRモードでプレイすると白モールデッドを間近で眺める事になるので恐怖度が増しました!

短い中に詰まっていたバイオハザードのエッセンス

本エピソードは白モールデッドの他にも「バイオハザード」らしいエッセンスが満載です。

例えば徐々に広がっていく行動範囲。

当初は行動出来る範囲が狭く、もどかしさを感じられますが、キーアイテムを入手することで新たな道がひらけていきます。

探索要素の強さやパズル要素、グロ要素も健在で、良い意味で本編の延長線上で作られているなぁと思いました。

本編から主人公は変わっていますが、追加ステージのような感覚でプレイ出来ると思います。

スポンサーリンク

本編のボリューム不足を埋める素晴らしいダウンロードコンテンツ!

ゲームクリアまでのプレイタイムは約2時間。

クリア後のやりこみ要素も存在してボリューム的には有料配信されている「エンド オブ ゾイ」と同程度でした。

にも関わらず本エピソードは無料配信となっています!

無料なので大したことないだろうと侮っていましたが、まさか「エンド オブ ゾイ」と同程度の作り込みだったとはなぁ。

本編の欠点としてボリューム不足をよく挙げられるので、本エピソードはそんな欠点をカバーするような内容だと思います。

操作形式からして変わる「エンド オブ ゾイ」とは違って良い意味で本編の延長線上で楽しめる内容なので、本編をクリアされた方はぜひプレイしてみましょう!

今まで感じていた物足りなさも少しは解消されると思います。

「バイオハザード」シリーズは毎回、クリア後にエクストラモードを楽しめますが、本作は無料で楽しめる物の中には存在しませんでした。

そんな中で無料配信された「NOT A HERO」は1年遅れでやってきたエクストラモードなのかもしれませんね。

関連記事:バイオハザード7 レジデント イービル【レビュー・評価】すべてのホラーゲームを過去の物にする最恐のホラー体験が待っている!


 

 

おすすめ記事


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(6)

  1. たけのこちん より:

    なんとなくアクション要素が強めの作品かなと想像していましたが、『NOT A HERO』はアドベンチャー色が強いんですね!がぜん楽しみになります。

    「フィールドの探索」
    「初期のバイオハザードらしい体験」
    「徐々に広がっていく行動範囲」
    「探索要素の強さやパズル要素」
    など、今回の記事では『バイオ1』好きな僕の興味をそそる言葉がたくさん並んでいました 笑
    ただなぜか『ゴールドエディション』には収録されてないんですよね。。

    • kentworld より:

      はい!本編と同じくアドベンチャー色が強い内容でした!

      やはり、バイオハザードの魅力ってその辺りにありますよね。
      本編も含めてたけのこちんさんも楽しめるゲームだと思います。
      まあ、一人称視点なのは慣れが必要かもしれませんが・・・
      無料配信とは言え、ゴールドエディションには最初から収録して欲しかったですよね。

  2. そらとろぼ より:

    本編のようにパズル要素満載だとイライラしたかもしれませんがクリスはイーサンと違いゴリラ並みの腕力で敵を吹っ飛ばすのが面白かったです。

    エンドオブゾイはまだやってないですがそちらには更にパンチ力強そうなおじさんがいるそうですね。
    FPSで近接格闘メインってなかなか見かけないので楽しみです。

    • kentworld より:

      おお!プレイされましたか!
      クリスって昔からパワー型ですもんね。

      エンドオブゾイの主人公はクリス以上にパワフルですw
      確かに近接攻撃がメインの一人称視点ゲームって少ないので、そういう意味でも新鮮味を味わえると思います。

  3. ジョエリー より:

    このDLCで久々にバイオハザード7を、もちろんVRでプレイしましたがやはり面白いですね!
    クリスが主人公だったので、アクション寄りの内容だと思ってましたが、新しいステージでの探索がメインで本編に近い面白さでしたね。ステージ自体も閉塞感のある鉱山で白モールテッドも相まって丁度良い恐怖感を味わえました。
    ストーリーも本編の後日談でとても興味を惹かれる内容でした。
    配信までに時間は掛かりましたが、これが無料なのは凄いと思いましたね。本編が楽しめた人には是非プレイして欲しいです。

    • kentworld より:

      久しぶりにバイオ7をプレイされましたか!
      久しぶりにプレイすると、VRのインパクトを再び感じられますよね。
      白モールデッドの存在は良い味付けだったと思います。
      「バイオハザード」らしい恐怖を味わえました。
      このDLC、当初は春に配信予定だったんですよねぇ。
      だいぶ延期しましたが、この作り込みを見ると納得出来ます。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

スプラトゥーン【レビュー・評価】アクションシューティング界の常識を打ち破ったエポックメイキングな作品。
LEGO ワールド 目指せマスタービルダー【レビュー・評価】攻略よりもクリエイトに特化したサンドボックスゲーム
閃乱カグラ -少女達の真影-【レビュー・評価】限られた予算や期間の中で魅力を打ち出して来た新生えっちぃゲーム
進め!キノピオ隊長【レビュー・評価】3Dワールドの素材を上手く流用した濃密なアクションパズル!
超回転 寿司ストライカー【レビュー・評価】パズルゲームをフルプライスで売り出せるよう詰め込んだ野心作!【スシローのプチレポート付】
花といきもの立体図鑑【レビュー・評価】膨大なページ数の図鑑を楽しく読むゲーム!
クレヨンしんちゃん2 大魔王の逆襲【レビュー・評価】あまりにも少ないボリューム
STEEP【レビュー・評価】快適に楽しめるけど、ゲームデザインは洗練されていないUBIらしい1作目
ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔【レビュー・評価】ドラクエの勇者を体感できる実験作
428 〜封鎖された渋谷で〜【レビュー・評価】サウンドノベルの新分野を開拓した渋谷の群像劇で遊べるアドベンチャーパズル!