2014/06/30/20:00 | ゲームレビュー

逆転裁判 蘇る逆転【レビュー・評価】DSソフトとしての実験も感じられる超大作!

204

逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000

逆転裁判123 成歩堂セレクション/3DS

逆転裁判 蘇る逆転

2005年9月に発売されたニンテンドーDS用アドベンチャーゲームで、
2001年10月に発売されたGBA「逆転裁判」をベースに新規ストーリーを加えた作品です。
今回の記事では本作のレビューをしていきます。

▼GBAソフトとは思えないキャラクターの生きている感!

gg3

裁判を題材にした「逆転裁判」。まず本作をプレイして凄い!と思ったのが、
ゲームボーイアドバンス用ソフトとは思えないほど生き生きとしているキャラクターです。
ゲーム機の性能を考えると本来なら表示キャラクターが大きさだけでも凄いのに、
アニメーションによってキャラクターに命が吹き込まれていて感情移入をしてしまいます。

また、個性的なキャラクターデザイン・設定にも目が行きます。
髪のセットが大変そうな主人公のナルホドくんが無個性に感じてしまうくらいw
変なキャラと言う意味では、「ゼルダの伝説」シリーズに出て来る住人に通じるものがありますね。

▼漫画のような効果音&演出が最高!

g4

裁判という題材だけを聞くと、かなり地味な印象です。
いくら「逆転裁判」が発売された当時に「行列のできる法律相談所」、
「ザ・ジャッジ! 〜得する法律ファイル」といった裁判番組が人気を博していたとは言え、
難しい法律用語が続出する裁判は堅苦しい印象を抱いてしまいます。

しかし、本作の場合はそんな地味な題材を魅力的なキャラクター、
そして漫画のような効果音、演出によって地味な印象を吹き飛ばしているから凄い!
キャラクターボイスはごく一部にあるくらいでほとんど喋りませんが、
思わず擬音が飛び出て来そうな爽快な効果音によって寂しさは感じられませんし、
「異議あり!」、「待った!」などの派手なふき出しによって堅苦しさがどこかに消えてしまっています。

▼矛盾を探すのが斬新な法廷バトル!

g5

本作は弁護士となって被告人の無実を証明する事が目的となっています。
まずは証拠探しをする事になり、情報が集まったら裁判所で法廷バトルをするんですが、
証人の発言から矛盾を探して行く点が今までに無い楽しさで新鮮です!

矛盾した点を見つけるには文章をよく読まないといけないため、
文章を流し読みしてしまいがちな僕には難しいところがあるんですが、
矛盾を当てられた時の気持ち良さは最高で、
いつしか主人公のナルホドくんとなって物語に入り込んでしまいます。

▼地味な印象は否めない探索パート

g9

本作では法廷バトルをする前に、事件現場周りを探索して証拠品を集める事になります。
証拠品は各地を歩き回り、様々な人から話を聞いたり、
オブジェクトを調べる事で手に入るんですが、フラグを立てなければ時間は流れず、
ストーリーが進まないので、フラグの立て方を見失うと面倒になるんですよねぇ。

というか、探索パート自体が作業的で、法廷バトルに比べて面白くありません。
先の話になるほど探索できるエリアが増えて移動が面倒になりますし、
もう少しコンパクトにテンポ良く遊べるようにしてほしかった。

▼徐々に壮大になっていくストーリー

g12[

本作には4+1の物語が収録されています。
どの物語も登場人物が異なっており、それぞれ違ったテーマが用意されているので、
ここからはそれぞれの物語についての感想をネタバレ抜きで書いて行きます。

第1話
⇒チュートリアル的な物語。法廷バトルのみとなっていて、かなり短めの内容です。
 注目したいのが、オープニングシーンによって最初から犯人が分かっている事。
 そのため証人の嘘をどのようにして暴くのかが問われるようになっていて、
 あまり意外性はないものの、本作のシステムを知るには良い物語だと思いました。

第2話
⇒こちらでもオープニングシーンで最初から犯人が明らかになるものの、
 探偵パートが追加されて、第1話と比べて物語のボリュームがアップしていました。
 登場キャラクターではナルホドくんにとって欠かせない人が初登場するので、
 「逆転裁判」の歴史上では非常に重要な物語だと思います。

第3話
⇒それまでの話に比べてとにかく登場キャラクターの個性が強過ぎ。
 架空のコンテンツが登場したかと思ったら現実にいそうなおばちゃんや悪ガキ、
 絵に描いたキモオタなど、一度見たら忘れられないほど強烈なキャラクターが続出します。
 そのため彼らの話を聞いているだけでも楽しいんですが、
 探偵パートで探索する事になるマップが不便な構造で、中だるみしやすかった。

第4話
⇒それまでライバルだったキャラクターとナルホドくんとの秘密が明らかになる物語。
 2+1の事件が徐々に繋がっていく壮大な物語で、
 それまでの話と比べても大ボリュームな内容でした。
 法廷バトルでは、前代未聞となる人間以外のキャラクターを尋問するのが印象的。

▼DSソフトとしての実験も感じられる超大作の第5話!

g1

ここまで触れた4話はゲームボーイアドバンス版にも収録されていますが、
移植+αとなる「蘇る逆転」になってからは第5話が追加されました。
たった1つの物語が追加されただけですが、たった1つと侮るなかれ!
これが驚くほどの大ボリュームで、第1~4話をすべて足して同等言えるほどの長さです。

しかもニンテンドーDSソフトだからこそ実現出来た3Dポリゴンを使った演出や
タッチやマイクを使った遊びも用意されているので、
それまでは感じられなかった新鮮味を味わえるようになっています。

g2

3Dポリゴンを使った演出としては、防犯カメラのアニメーションシーンや、
証拠品の確認が印象的でした。防犯カメラの映像は、DSソフトとしてもハイクオリティですね。
証拠品は「バイオハザード」のようにカメラを動かして、
様々な角度から眺められるようになったのが良かった!
しかも単なるおまけではなく、証拠品の新たな秘密を知る事が出来たりしますからね。

g11

タッチペンとマイクを使って指紋を検出できるシステムも面白かった。
マイクで粉を吹き飛ばして指紋をハッキリ浮かせるまでに酸欠になってしまう恐れもありますが、
ボタンを押しまくっても粉を吹き飛ばせるので、そんな心配もご無用です。

このように第5話はDSの機能も活かしていてユニークなんですが、
肝心の物語は気合を入れ過ぎてしまっていて終わった頃には胃もたれをしてしまいました。
確かに複数の事件が最後に繋がっていくのは欠けたピースが揃った時のようで素晴らしいんですが、
1つの物語としては冗長で、もうちょっとコンパクトにまとめて欲しかった。

物語の長さ的には「3」の最終話すらも超えていると思います。
下手をしたら、この物語だけで1つのゲームをクリア出来るほどの長さになるかもしれない。
その分だけ壮大な物語ではあるんですが、中だるみを完全に吹き飛ばすほどの魅力は無かったかな。
この物語のみ登場するアカネちゃんはマヨイちゃんよりも可愛いかったけどw


g8

秀逸な物語・テキスト。矛盾を探すのが楽しいシステム。
個性的なキャラクターと光る部分は多いんですが、
パンの耳のような部分も結構あってもうちょっとテンポ良く楽しみたかった。
個人的には1~2話くらいのコンパクトさで展開が二転三転する話をもっと見たいな。

こんな人には特におススメ。
・推理物好き。
・感情移入出来るゲームが好きな人。

こんな人にはおススメできない。
・文章を読むのが苦手な人。

逆転裁判 蘇る逆転/お気に入り度【70/100%】
プレイした時間・・・約20時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(10)

  1. ウーロン茶こぼした恨み より:

    待ってました!
    これからじゃんじゃん逆裁レビューがくるわけですね。楽しみにしてる!
    後、順番通りにやってくれて嬉しいです。
    当時味わった本来の面白さと進化した面白さが伝わったと思うよ。

  2. Ryou より:

    思ったより早いですね!
    逆転1は4話最後の衝撃展開にすべて持っていかれた感ありますね。
    蘇るはその衝撃を越えられなかった分若干肩透かしでした。
    それにしても星7って評価厳しいですね(泣)
    アカネちゃんはkentさんの好みっと(メモ書き)
    (ネタわかるかなw?)
    >「ザ・ジャッジ! 〜得する法律ファイル」といった裁判番組
    ここでこの名前を見るとはw超懐かしいw見てましたw

  3. くっぞこ より:

    こんにちは。
    やっぱり「1」が一番まとまってますよね~
    DS版も遊んだんですけど、DS版で追加されたおまけの第五話は、
    おまけにしては長すぎるな~と(笑)
    でも第2話はいきなりの展開に唖然としました(笑)

  4. kentworld より:

    >ウーロン茶こぼした恨みさん
    はい!その通りです!
    何も大きなニュースが無かったら、
    このまま3記事連続で逆転裁判の記事が公開されると思います。
    5話は確かに表現やギミック的な進化が
    それまでと比べてしっかりとありましたね。

  5. kentworld より:

    >Ryouさん
    以前から仕込んでいました(笑)
    遅くなってすみません。
    1作目は4話で終わっていた方が綺麗にまとまったかもw
    5話は頑張り過ぎていましたね。
    >アカネちゃんはkentさんの好みっと(メモ書き)
    はい、メモしてください(笑)ネタはもちろん!
    >「ザ・ジャッジ! 〜得する法律ファイル」といった裁判番組
    僕もよく見ていたので、
    その頃に逆転裁判が出て来てタイムリーに感じました。
    評価の方は1年ほど前から1ランクほど基準を低くしています。
    過去に評価したタイトルも、1年前に今の基準に変更しました。

  6. kentworld より:

    >くっぞこさん
    1作目は続編の予定を無しで作ったようなので、
    4話で綺麗にまとまったと思います。
    5話は頑張りすぎましたねw
    次から次へと新たな事件を操作する事になるので、
    壮大過ぎてビックリしました^^;
    2話は後のシリーズに大きな影響を与えますね。

  7. 桐崎★紅月 より:

    キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
    ここで『逆転』シリーズファンの本気を見せてやる。w
    http://i.imgur.com/UMexQyE.jpg
    7星は低いな。
    もう一声!
    5話をやった時、日本語が下手で何度も放置した記憶があります。
    3話のキャラはどっちも好きだが、なんとなく好きにならないのは確かに…。w
    三部作で最初のチュートリアルとして、第一話の配慮はどっちも最高です。
    1~3のシナリオが神すぎて、4と5の新能力とシステムが逆に合理性が欠陥していた。
    そして5でほぼ最強なメンバーを揃えて、無敵状態になりましたな。w
    元々一作を伸ばして、三部作になったので、更にシリーズ化するは無理なところもありますね。
    それでもまた新作が出てくることは嬉しいです。

  8. kentworld より:

    >桐崎★紅月さん
    どひゃぁぁぁぁー!
    凄い!逆転裁判のパッケージがいっぱいです!w
    紅月さんの本気!恐れ入りました!
    逆転裁判は日本語を読み進めて行くゲームなので、
    良い日本語の勉強になったのではないでしょうか?
    確かにシリーズを追うごとに合理性が無くなってきていますね。
    だんだん非・現実的になってきているというか。
    >元々一作を伸ばして、三部作になったので、更にシリーズ化するは無理なところもありますね。
    そう言う事なんでしょうね。
    後付けだと、どうしても無理が出て来るものです。

  9. ウユニ より:

    123全クリしたんでこちらに感想を。
    過去ソフトでレビュー済みのありましたらプレイ後にちょこちょこコメ寄せますね!
    インドア系の趣味でゲームの次にミステリ読書が好きな自分としては、
    どうして今までやってなかったのかというくらいツボなシリーズでした笑
    能動的に読むミステリって感じでとても刺激的。
    1作目ということで2や3よりは小慣れてない感じもありましたが、
    シリーズの基礎作る上で十分すぎる完成度でしたね!
    23にもコメ入れます!

  10. kentworld より:

    >ウユニさん
    古い記事にコメントありがとうございます!
    古い記事だとしっかり書けているのか心配になって
    読み返してしまいますが、このレビューはまだ不満がなくて良かったw
    そんなにツボだったんですか!?
    アドベンチャーゲームでここまでプレイヤーが介入出来るゲームって、
    最近は少ないんですよ。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ダークサイダーズ~審判の時~【レビュー・評価】色んなアクションゲームの要素が詰まったバラエティパック
FEZ(フェズ)【レビュー・評価】見た目以上に手ごわい探索ゲーム!
アサシン クリード【レビュー・評価】完成度は高くないが、次世代ゲームの一端を垣間見れた作品!
マリオ&ドンキーコング ミニミニカーニバル【レビュー・評価】1,200円ではお買い得すぎる!
イトルデューの伝説 失われた島と謎の城【レビュー・評価】超砕けたおバカなゼルダライクゲーム!
オクトダッド~タコと呼ばないで~【レビュー・評価】ネタゲーとしては良いが、操作は好き嫌いがハッキリ分かれるゲーム
トライアルズ HD【レビュー・評価】ヤバい!面白過ぎる!
Marvel’s Spider-Man(PS4)【レビュー・評価】超人系オープンワールドゲームの歴史を塗り替えるほど神がかった伝説のキャラゲー!
勇者のくせにこなまいきだDASH!(勇こな)【レビュー・評価】来るべくして此処にきた最強のパズドラフォロワー!
ジャストコーズ4【速報レビュー・評価】カスタム機能によってバカゲー度が飛躍的にアップ!BotWのビタロック好きにおすすめ!