| ゲームレビュー

【レビュー】うた組み575 [評価・感想] 題材を活かしきれなかったB面集のリズムアクションゲーム

24

うた組み575/PSV (通常版) / (限定版)

2014年1月に発売されたPSV「うた組み575」を今回はレビューします。
PSV「うた組み575」は俳句をテーマにしたリズムアクションゲームです。
キャラクターデザインは「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」で知られるかんざきひろさんが担当。

良いところ

2015-01-04-074947
リズムアクションにパズル要素が融合!

リズムに乗ってタイミング良くボタンを押してリズムアクションゲーム。
本作は従来のリズムアクションでお馴染みの要素に加え、
画面内に表示されたキーワードを正しい順番にして埋めていくパズル要素が存在します。

パズル要素とは言ってもそこまで複雑なものではなく、
リズムアクションのアクセントに感じられる絶妙な難しさで、
ありそうでなかったリズムアクション要素とパズル要素の融合を楽しむことが出来ました。

2015-01-04-075152
自分で歌詞を作成できる

本作に収録されている楽曲は、すべて俳句(575)の組み合わせで出来ています。
それで凄いのが、ある程度は自分で歌詞(俳句)を作成できる事。
用意されたサンプルを使って収録曲の歌詞を埋めて行くことになるのですが、
中にはセガハードにちなんだキーワードも用意されているので、
その気になればセガハードをテーマにした楽曲だって作成出来てしまいます!

もちろん、作成した歌詞はボーカロイドを
起用しているだけあってちゃんと擬似音声で歌ってくれますよ。
ちなみにオプション画面へ飛ぶと、オプションをテーマにした歌詞の楽曲が流れます。
収録曲の歌詞をアレンジしたものなので、作成の際、参考になりますね。

2015-01-04-075040
キャラクターが可愛い

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」で知られるかんざきひろさんが
キャラクターデザインを担当しているだけあって、登場キャラクターは可愛いです
(ここは好みにも寄ると思いますが、2014年のゲームでは売れ線だと思います)。
ゲーム中の彼女たちはフルポリゴンで描かれていますが、
原画の良さをしっかりと再現していてリズムアクション中は滑らかにダンスするので必見ですよ!

個人的に合わない&気になったところ

2015-01-04-075120
ストーリーが薄い

せっかくキャラクターデザインが魅力的でメディアミックスも行われたのに、
肝心のストーリーはとにかく薄いです。なんと用意されているイベントはたったの12個。
いずれも背景こそ多彩ですがイベントシーンは短く、端折りまくりです。

また、ゲーム進行も難易度イージー、ノーマルの曲を
それぞれ2~3曲クリアする→イベントという流れで淡々としており、
せっかくの魅力的なキャラクターデザイン、設定を活かしきれていません。

2015-01-04-074902
爽快感がイマイチ

リズムアクションゲームとして重要な爽快感はイマイチでした。
まず、タイミング良くボタンを押した時の効果音が最大設定でも大きくないのがねぇ。
ボーカロイドを聞いてもらいたかったのでしょうか?
また、本作の場合は爽快感を薄れさせている点がもう一点あって・・・

2015-01-04-075302
タップ操作オンリー

本作の入力アクションは、画面内に表示されたアイコンをタップすることで行えます。
PSVITAの場合タッチペンではなく、指でタッチすることになるので、
ますます入力した感が薄くなっているんですよね。
おまけにアイコンからはみ出たら判定されないですし・・・。

このゲームをプレイして改めて思いましたが、
リズムアクションゲームはボタン操作、もしくはタッチペン操作が向いていると思いました。
まさかここまで爽快感が変わってくるとはねぇ。

本作の場合キーワードを選択する操作が加わってくるので
タップ操作オンリーにしてしまう気持ちも分からなくはないですが、
ボタン操作を組み合わせた設定も可能にしてほしかったなぁ。

ちなみにプレイしていない人の中にはタッチペンを持ってプレイしたら?
と突っ込まれそうですが、両手でタップする必要があり、
しかも背面タッチパッドも使用するため、それは出来ません。

2015-01-04-075326
楽曲がイマイチ

収録曲は「初音ミク」の美味しい成分を抜き取ったようなものが多く、
イマイチ心に響く曲はありませんでした。和風の曲に関しては雰囲気こそ良いですが、
メロディーに関しては熱さを感じられず、例えで言うならシングル曲のB面といった感じ。
やはり、歌詞を俳句縛りにしているのがいけなかったのでしょうか?

2015-01-04-075241
演出がイマイチ

リズムアクションパートの演出は、全体的に簡素でイマイチです。
一枚絵を背景にヒロイン2人がダンスしているだけだったり、
簡素な一枚絵を流したり、安っぽいエフェクトを挿入したりと、
最近のリズムアクションゲームとしては見劣りしてしまう。


意欲的な作品ではあるのですが、
いかんせん他のリズムアクションゲームと比較して見劣りする部分が多く、
短所が長所に勝った作りとなっていました。題材を活かしきれなかったB面集のリズムアクションゲーム。

こんな人には特におススメ。
・俳句好き。
・ボーカロイドマニア。
・かんざきひろファン。

こんな人にはおススメできない。
・爽快感を求める人。
・反射神経が鈍い人。

うた組み575/お気に入り度【40/100%】
プレイした時間・・・約7時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

関連記事

【レビュー】パックマン チャンピオンシップ エディション DX+ [評価・感想] 誰でも楽しめるハイスピードパックマン!
【レビュー】大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U [評価・感想] 良いところは継承し、悪いところは改善したシリーズの集大成!
【レビュー】アサシン クリードIII レディリバティ [評価・感想] 見かけ倒しの凡作
【レビュー】RiME(ライム) [評価・感想] 良質な風のタクト風ICOライクゲーム
【レビュー】ファークライ5 [評価・感想] 新世代UBIゲームを基準に刷新した大安牌の内容!
【レビュー】THUMPER リズム・バイオレンスゲーム [評価・感想] 高過ぎる没入感とスピード感によってあの世へ逝ってしまう恐れがある怪作!
【レビュー】脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング [評価・感想] DS時代の脳トレをSwitchに落とし込んだリメイク作!
【レビュー】ClusterPuck 99 [評価・感想] 低コストなのにめちゃくちゃ盛り上がる隠れた最強の8人対戦対応ゲーム!
【レビュー】銃声とダイヤモンド [評価・感想] 交渉ミニゲーム付きノベルゲーム
【レビュー】The Surge(ザ サージ) [評価・感想] 探索とハクスラ要素を強めたダークソウルに見せかけた3Dのメトロイドヴァニア!