| ゲームレビュー

【レビュー】ローグ・レガシー [評価・感想] 2Dアクションとローグライク要素が上手く融合した中毒性抜群の良作!

22

ローグ・レガシー

2015年4月にPS4/PS3/PSV向けダウンロードタイトルとして配信された2Dアクションゲームです。

見た目は16ビットテイストなので地味に感じますが、このゲーム・・・

めっちゃ面白い!

プレイして最初の5分くらいはよく分かりませんでしたが、そこからは一気に引き込まれてしまいました。本記事では本作のレビューをしていきます。

ダンジョン探索がメイン!

2015-04-25-010320

本作の目的は、ダンジョンの奥に潜むボスを倒す事!

ボスは全部で5体+α存在して、最後の1体を除けば好きな順番で倒せます。

しかし、ノーミスでクリアするのは普通の人間だったらほぼ不可能でしょう。

というのも本作は成長要素が強く、ステータスを上げなければ敵にほとんどダメージを与えられずこちらが受けるダメージも多くなってしまいますから。

じゃあ敵を倒して経験値を稼いでレベルを上げるのか?

と言われるとちょっと違っていて、本作の場合はお金を集めてステータスを強化したり、強い装備を入手するようになっています。

お金・装備はダンジョンのどこかに隠されているので、敵を倒すというよりはダンジョン探索がメインの作品でボスとまともに戦えるようになるまでは各地を探索していく事になります。

何世代にも渡って繰り返されるダンジョン探索

2015-04-25-174918

でも、同じダンジョンを延々と探索すると飽きてきそうですよね?

ここが本作の凄いところで、これが意外と飽きないんですよ!飽き性の僕でもw

というのも本作のダンジョンは入るたびに構造が変わるからです。

部屋の形が変わり、宝箱の配置も変わるので、毎回、新鮮なプレイが楽しめるという訳ですね。

23

ダンジョンのランダム要素はこれ以外にも沢山あります。

例えば的当て屋、宝箱屋などのミニゲーム屋さんが存在する部屋、ミッションクリア形式の部屋、強敵が待ち構えている部屋、謎の日記が置かれた部屋、何故かジュークボックスが置かれた部屋など、一定確率で風変りの部屋がダンジョンに配置されるんです。

2015-04-25-175617

また、操作するキャラクターのランダム要素も強かったりします。

操作するキャラクターは世代によって変わってくるんですが、キャラクターによってステータスが大きく異なり、専用の必殺技、特殊能力も用意されているので、それに合わせてプレイスタイルを毎回変える必要があったりします。

例えば基本ステータスは低いけど、お金のボーナス値が高いキャラクターの場合戦闘を極力避けて探索メインにするとか。

攻撃力が高いキャラクターの場合、ボス戦に挑むとか。

2015-04-25-010015

それ以外にもローディング中の演出が変わったり、ダンジョンの背景が変わったりと見た目の変化も色々あって至る所で飽きさせない工夫がなされているんだなーと思いました。

気軽にリトライできる事による中毒性

2015-04-24-073855

このゲームはステータスを上げなければ非常に難しいです。

多くの方は1回目のプレイでは数分以内にゲームオーバーでしょう。

しかし、気軽にリトライができるので、すぐに2回目を再開してしまうんですよね。

そして3回目、4回目と繰り返しプレイしてしまうとw

繰り返しプレイしてしまうのは、高難易度・気軽なリトライはもちろん、膨大なアンロック要素も一役買っていると思います。

前述の通りステータスアップや装備のアンロックはお金を使って行うんですが、ダンジョンで生き延びなければなかなか溜まらないので「今回はこれだけしか溜まらなかった!悔しい!」「あとこれだけでアンロックできるので次は頑張る!」といった感じでつい再プレイしてしまうんですよ。

コミカルな演出がセンス良い!

2015-04-25-184859

ノスタルジーに浸れるグラフィックの作品ですが、遊び心を感じられるコミカルな演出が至るところにあります。

前述の通り部屋に何故かジュークボックスが置かれていたり、宝箱から装備品を入手したらゲームロゴっぽいお知らせが挿入されたり、ダンジョン進入時のロード時間のメッセージが一定確率で誤字・ダジャレになったりとか。

こういった演出、地味に好きなんですよね。

スポンサーリンク

ちょっと気になった事

2015-04-25-010941

記事では良いところだけではなく、悪いところも挙げるようにしているんですが、このゲームの場合は欠点らしい欠点はほとんどないように感じました。

しいて言えば延々と一つのダンジョンを探索する事になる関係上、どーしても最後の方は繰り返している感が出てしまう事かな。

思ったよりも全然感じませんでしたけどね!

でも、ゲームをクリアしてもレベル引継ぎ・敵の能力強化の2周目、3周目をプレイ出来ますが、ここまでぶっ通しでプレイしていたらさすがに飽きが来ると思います。

あとは世代によってキャラクターを3種類の中からしか選べない事かな。

脳筋キャラでボスと戦いたいのに、ひ弱なキャラしか選択できないじゃないか!

と感じてしまう事は何度かありました。少ない世代でクリアしたい人にとっては少し困ると思います。

あと、グラフィックは16ビットテイストで味はあると思いますが、ハイエンドマシンのパッケージタイトルに慣れてしまったら地味な印象を持ってしまいそう。

僕も最初見た時は地味な印象を持ってしまい、なかなか手を出せませんでしたから。

手を出せたのは、PS Plusのフリープレイで配信されていて、評判が良かったからです。

目次へ戻る

全体のまとめ


2Dアクションとローグライク要素が上手く合わさっており、非常に中毒性が高い作品でした。

テンポの良さも抜群で、ついつい「もう一回!もう一回!」と繰り返しプレイしてしまいます。

2Dアクションとローグライク要素が上手く融合した中毒性抜群の良作!

こんな人には特におススメ。
・アクションRPG好き。
・探索アクション好き。
・高難易度アクションゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・アクションゲームが苦手な人。

ローグ・レガシー/お気に入り度【90/100%】
プレイした時間・・・約10時間

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ
 

, , , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする
  1. グリグラ より:

    ゼルダの片手間にこちらをプレイしました。先程クリアしました。
    クリア時間13時間半で一族の数は138人でした。

    序盤は難易度も高くなかなか進むことができず面白さを見いだせなかったのですが、お金が貯まって選べるキャラの種類が増えてきたあたりから夢中になりましたよ。
    1回あたりのプレイ回数は少ないのに気がつくと2.3時間たってしまう。
    お金を貯めれば貯めるほど成長させたくなってしまう豊富な成長要素に、1回潜れば1つは見つける装備やルーンの効果を試したくて、ついついあと1回だけ!と遊び続けてしまいました。

    難点としては序盤の取っつきの悪さと、やはり同じことの繰り返しなので敵が強くてなかなか進めないとダレてしまったことですね。
    それと選べるキャラがランダムなのでボス戦で負けてもすぐに再戦!とできないことがもどかしかったです。

    • kentworld より:

      こちらもクリアされていたんですね!凄い!w

      当初は目立って悪いところがないかなーと思っていたんですが、
      みなさんのコメントを読んでいると意外ととっつきが悪く感じている人も多いようで少し驚きました。

      仰る通りコツが分かれば一気に面白くなってくる作品ですよね。
      一時期はもう、夢中で楽しんでしまいました。

      ダレて来る事はあるけど、気軽に楽しめるのでまたやりたくなってきます。

関連記事

【レビュー】2019年に初めて1999年発売の「シェンムー」をプレイしたことで感じた11の衝撃
【レビュー】ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝 [評価・感想] ワリオのイメージが確立!
【レビュー】ヨッシーの万有引力(GBA) [評価・感想] 傾きセンサーを活かした続・ヨッシーシリーズの異端児!
【レビュー】大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(スマブラSP) [評価・感想] 無駄な部分は削ぎ落として必要な部分は作り込んだ絶品のスマブラ!
【レビュー】ゴキブリVR(ゴキ’S ROOM ~恐怖シリーズ~) [評価・感想] 人間の習性をゲーム性に落とし込んだアイデア勝負のパーティゲーム!
【レビュー】レイトン教授と奇跡の仮面 [評価・感想] 3DSならではを期待しなければおススメ!
【レビュー】minit(ミニット) [評価・感想] 1分間という制限時間が良い塩梅のシンプルなminiゼルダ!
【レビュー】立体ピクロス [評価・感想] DSの特性にピッタリとハマった傑作パズルゲーム!
【レビュー】アスタブリード [評価・感想] ガンダムゲーが目指しているのってこう言うものなんじゃ!?
【レビュー】風来のシレン2 鬼襲来!シレン城! [評価・感想] 1000時間楽しめた中毒性抜群のマイベストRPG!