2015/11/30/20:00 | ゲームレビュー

ネットハイ【レビュー・評価】外面は尖っているが、内側は凡庸

443
ネットハイ/PSV

レッツ炎上!!

2015年11月に発売されたアドベンチャーゲーム、PSV「ネットハイ」。

ネットにいるなんちゃって リア充の嘘を暴き爆発炎上させるのが目的のゲームですが、先日、クリアしたので今回の記事では完全な形でレビューしていきます。

ネット文化を前面にした身近な世界観

2015-11-28-133431

本作は人類史上最強の非リア充・俺氏となってなんちゃってリア充たちの化けの皮を剥がしていき、リア充ランキングで最高ランクを取る事が最大の目的です。

主人公の俺氏は人類史上最強の非リア充だけあって普段は底辺中の底辺で気が弱いのですが、ひょんなことから手に入るメガネを装着する事によって180度異なる性格になり、積極的になんちゃってリア充の嘘を暴くべく捜査をして炎上バトルを繰り広げるようになります。

2015-11-28-073026

このような設定・ストーリーのゲームだけあってネット文化を前面に取り入れているので、インターネットに詳しい人ほど親近感や共感を得られると思います。

かくいう僕もインターネットにはかなり入り浸っているだけあって本作の世界観は身近に感じられました。

ニコニコ動画、Twitter、Youtubeといった身近なコミュニティが登場するのはもちろん、リア充、アフィリエイト、自作自演など馴染みのあるネット用語・ネットスラングが続出して「この用語を持ってくるのか!?」と何度も思ってしまいました。

アドベンチャーゲームらしく用語解説機能(TIPS)が用意されているので、あとでじっくりと読んでしまいましたね。

ゲーム要素はあくまでもストーリーに介入するための演出

2015-11-29-031155

ゲームの流れは捜査→炎上バトルとなっていて、「逆転裁判」や「ダンガンロンパ」シリーズと同じような感じです。

そこにネット文化にちなんだギミックやミニゲームを盛り込んでいて、捜査パートでは探索の他にも捜査に関連する書き込みをTwitterにして返信をくれるコメンテーターの方から新たな手掛かりを掴み、炎上バトルでは相手の発言に噛みついて炎上をさせる他にもキーワードを選んで3行で論破させるなどある程度のオリジナリティを感じられました。

でも、推理する難易度は低く、ゲームをやっている感は薄いですね。

「逆転裁判」の場合は特に推理する要素が強く、相手の発言をよく読んで矛盾していると感じている発言を拾って10近くある証拠品の中から発言に合ったものを突き付けるなどしていかなければならず頭をフルに使ったもんですが、本作の場合は重要な発言の部分は赤文字で表示され、突きつけられる証拠品も少なくて細かくヒント機能が用意されているので難易度はかなり低いです。

2015-11-29-025215

捜査パートにしても調べられるところをすべて調べたら強制的に次の展開になり、フィールドを探索するような面白さは皆無です。そもそも背景は一枚絵ですし、移動も選択式ですしね。

このようにゲーム要素はいずれも難易度が非常に低く、ゲーム性は低いといわざるを得ないんですが、快適にストーリーを進められるので一概に悪いとは言えません。

変に難易度が高いとストーリーが気になるのに先へ進めなくてストレスが溜まってしまいますからね。

2015-11-29-185459

ただ、難易度が低いせいで寄り道をする事で入手出来るスキルの有難味が薄いのは気になりました。

スキルを使用する事で炎上バトルで自作自演の応援コメントが増えたり、時報で制限時間を止めたりとゲームを有利に進められるんですが、そんなものを使用しなくても簡単にクリア出来てしまうんですよ。

どのスキルもインターネット文化にちなんだユニークなものなので、これも演出の一つとして捉えた方が良いのかもしれません。

スポンサーリンク

対戦相手の正体を暴くのが楽しい!

2015-11-29-162231

リア充ランキングで最高ランクを目指すため各ランクの王者と順番に戦っていくんですが、彼らはいずれもリア充に見せかけたなんちゃってリア充で、そこに見えるものは本当の姿ではありません。

彼らの嘘を暴く事で少しずつ化けの皮が剥がれていき、本当の姿を見せてくれるので、少しずつ正体を暴いていくのが楽しいですね。

偽りの姿はいずれもリア充に見せかけているだけあって輝いて見えますが、本当の姿はガッカリなものなのでそのギャップが面白いです!

2周目以降は正体が分かっているので、予め正体が分かった状態でプレイするとまた違った感覚で楽しめると思いますよ~。

ちなみに当然ではありますが、キャラクターのイラストは偽りの姿と本当の姿を段階的に描いています。

ネットや現実世界に潜むリアルな闇を描いているのが面白い!

2015-11-28-015456

本作は非常に身近な舞台だけあって、思わず「あるある~!」と頷いてしまうようなネタがそこら中に散らばっています。

飲食店の口コミサイトで悪口がかかれるとすぐに絶賛のコメントが書かれたり、お母さんが買ってくる服のセンスはイマイチだから止めさせたりとピンポイントなネタが多いです。

2015-11-19-165456

特にそれを感じたのが、時々挿入される「リア次とヒリ也のリア充劇場」のコントシーン。

このコントではリア充のリア次と非リア充のヒリ也がフリーダムな会話を繰り広げるんですが、その会話が現実世界のドロドロした「あるある」を表現していて、笑えるというよりも興味深く聞いてしまいました。

例えば大人になって久しぶりに再会する友人から詐欺に遭ったりとか、非常にためになります。

このゲームのプロデューサーが非リア充を自称しているだけあって、実体験に基いたリアルな描写が多数盛り込まれています。

非リア充の人であればあるほど共感することもあれば、耳が痛く感じてしまう事でしょう。僕も聞いていて耳が痛くなってしまう事が何度かありました(汗)

ストーリーは意外と王道!

2015-11-30-045848

世界観や設定が非常にピンポイントの作品なので意外かもしれませんが、肝心のストーリーは比較的王道に感じました。

リア充ランキングで最高ランクを目指すという分かりやすい目標があるためそのままそちらの方へ進んでいくので先の展開が読みやすく、大筋は素直に進んでいきますからね。

細かいところを見ると多少の意外性はありますが、概ね予想通りのストーリー展開だったと思います。

これはこれでアリだとは思いますが、本作が「逆転裁判」や「ダンガンロンパ」のフォロワーであるからにはもう少しどんでん返しが欲しかったなぁ。

終盤は主要人物の正体が明らかになるなどしてそれなりに「お!」と来る事はありましたが、物語に強く引き込まれることはさほどなく、どちらかというとユニークな対戦相手のキャラクター性や正体見たさでプレイしていました。

そういう意味でキャラゲーの側面が強い作品ですね。

微妙に見た目の魅力が足りない登場キャラクター

2015-11-29-194739

これは初報でイラストを見た時から思いましたが、多くのキャラクターは見た目の魅力が足りません。

主人公はサングラスのせいで全然非リア充に見えなくなってしまいますし、それ以外の登場キャラクターも割と美形は多いもののあともう一歩魅力が足りない人ばかりです。

個人的にはナビゲーターのシルと実力派女優の女ヶ沢優子くらいしか惹かれなかった。

実はこのゲーム、各チャプターに日常パートのようなものが存在して登場するヒロインとスキンシップを含めたコミュニケーションを取れるんですが、多くのヒロインは魅力がもう一歩なので萌えないんですよね。

せっかくスキンシップシーンではLive 2Dを使っているのに勿体無い。

全体のまとめ

2015-11-30-045823

世界観や設定はニッチ向けではありますが、ストーリーは意外と素直な作品。

丁寧に作られてはいますが、ゲーム要素は薄いですし、意外性はさほどなく、本作の元となった「逆転裁判」や「ダンガンロンパ」と比較したらどうしても薄味に感じてしまう。

ピンポイントなネタやユニークなキャラクターは魅力的ですが、その魅力をフルに発揮しているとまでは言えず、全体的には無難なところに落ち着いてしまった印象です。外面は尖っているが、内側は凡庸。

こんな人には特におススメ。
・現代のネット文化をゲームで楽しみたい人。

こんな人にはおススメできない。
・ネット文化が嫌いな人。
・推理する楽しさを求める人。

ネットハイ/お気に入り度【60/100%】
プレイした時間・・・約14時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

 

A52

タグ ,

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(14)

  1. 伯爵 より:

    うーん、悪くは無いけど物足りないみたいな、危惧してた結果になってしまいましたか。
    ただ、題材自体は好きだし体験版も楽しめたのでそのうちプレイはしたいですね!
    プレイ時間もダンガンロンパとかより短く、結構サクッとプレイ出来そうですね。

  2. パルス より:

    あー、やっぱり星6つくらいでしたか。
    kentさんならそれくらいになるかなと思ってました。
    だいたい予想通りです。
    ちゃんと面白い作品ではありましたが、逆転裁判やダンガンロンパを比較するとどうしても劣る作品でしたね。
    色々と細かいネタが面白かったですが、人によって面白さが大きく変わる作品ではあったと思います。
    艦これのレシピのネタが出た時には笑ってしまいましたw
    リアル炎上配信とかここ数か月以内のネタまで取り込んでいて、いったいこのシナリオはどれだけ最近に作られたのかと思ってしまいました。
    難易度は確かに低かったですが、まあこれはこれでありかなというところですね。
    チートスキルは一切使わなくてもクリアできてしまいました。
    リア次とヒリ也のリア充劇場は、特に最初の方でチュートリアルもかねて無駄に多く出すぎて店舗を悪くしていた印象です。
    個人的にはヒロインはヒメが一番好きでした。
    ヒメにしろ、真愛にしろ、最初敵だったヒロインは敵の時は実に非リアが嫌いそうなリア充敵キャラだったのが、正体が出てからはなんというかオタクが好みそうなキャラ造形にうまく変化していたのが実に面白いというかよくわかってるんだろうなと思いました。
    ゲームとしての評価はどうしてもそこまで高くはなりませんが、好きか嫌いかの2択なら間違いなく好きといえる作品でした。

  3. アサヒ より:

    ネットハイ、途中ですけど結構面白いです。
    なんというか、この手のゲームが好きな人のツボをちゃんと押さえてる気がします。
    確かに中身のインパクトは薄いですけど、まあいいかなって感じです。
    逆転裁判やダンガンロンパと比べると…ってのは同意ですけどね。
    しかし、この手の読み物ゲームってレビュー難しくないですか?
    受け手に左右される部分が大きすぎる気がするので。
    ネタバレ無しだと詳細なレビューもできないですし。

  4. ウユニ より:

    なんというか結構予想通りなレビューでした笑
    いわゆる「ネットあるある」みたいなノリが終始続いていくんですねー
    あちこちに怒られたりしないんだろうか?笑
    難易度的にはダンガンロンパ2でも若干物足りないと思っちゃうんでこれはフリプ待ちかな?w
    内容まで尖り切っていればもっと惹かれたのかも。

  5. kentworld より:

    >伯爵さん
    そうですね、そんな感じのゲームでした。
    題材は凄く尖っていて面白いだけに、
    どうせならストーリーも尖らせた方が良かったと思います。
    このゲームを買う人って王道を求めていないと思うので。
    ボリュームは標準的ですが、
    ゲーム難易度が低いので詰まる事なくサクサク進めました!

  6. kentworld より:

    >パルスさん
    予想通りで読まれていましたか!?
    ネット上の時事ネタを沢山取り扱っているので、
    そこを理解出来たらより楽しめる作品でしたね。
    僕も結構知っているネタが多かったので、笑ってしまいました。
    これはリアルタイムでプレイした方が面白く感じるゲームだと思う。
    難易度の低さは今のユーザーに合わせてでしょうか。
    変に難しくすると科学アドベンチャーゲームのように
    攻略サイト前提の理不尽なバランスになってしまいますから、
    そうなるよりはずっと良いと思いました。
    対戦相手の変貌はよく考えたらそうですね。
    正体の方が好感持てる場合もあると思います。
    割とネットスラングとかネタは好きなところがあるので、僕も好きな方かな~。
    面白い題材なので印象には残りそうです。

  7. kentworld より:

    >アサヒさん
    確かにツボを抑えた作りになっていると思いました。
    ラストの締めとか最高でしたよ!w
    ストーリーが王道だからってそうやって終わるのかと。
    アドベンチャーゲームのレビューは
    普通にやったら難しいので、
    通常のゲームとは少し形式を変えてやっています。
    ネタバレしないよう物語の核心を具体的に語る事はしませんが、
    ネタバレの境界線は人それぞれなので
    完全にネタバレ抜きは難しいところです。

  8. kentworld より:

    >ウユニさん
    ウユニさんも予想通りでしたか!?
    体験版の印象から大きく変わる事は無く
    最後まで進んでいった印象ですねー。
    僕もプレイしていて怒られないか冷や冷やしましたよ。
    ギリギリのネタを盛り込んだところは高く評価したいです。

  9. ナギ より:

    クリアしました~
    やっぱり好きだなぁ‥ADVに飢えている僕には買って正解!
    難解すぎず、且つ恋愛すぎず‥先へ先へとすすめたくなるので近頃クリアまでもっていけず積みゲー増やしている僕でもエンディング迎えましたわ
    よし、心置きなく貸せる!
    ちょいと特殊な事情で(強制的に)人に貸すには、このくらいの難易度の方が貸しやすいですね
    相手に多くのゲームスキルを求めなくて済むので
    僕は現実verの真愛のビジュアルが好みでしたね
    昏71の衣装はキワドすぎる‥前垂れの下はどうなってるんだ?!
    残念なのは男性キャラの現実verのスチル登場がほぼない事とスキルを使うとシルの説明が入るとこかな
    壮行会のトコは入ると思ったのになぁ‥それでも一人分しか増えないけど(壮行会の残り二人は複数現実verスチルあるので)
    説明しよう!もこれまたネタだから削れないのだろうけど‥
    ラストは「無礼講」を文字通りととるか、それは建前できちっとするべきととるかで賛否分かれそうだなぁ(僕もアリ派ですが)
    ネタバレ避けようとしたら分かりにくい例えになってしまいました
    ニュアンス、通じるでしょうかね?

  10. kentworld より:

    >ナギさん
    確かに言われてみると題材はニッチですが、
    ギャルゲーでは無いアドベンチャーゲームって貴重だと思います。
    難易度が低いという事はプレイヤースキルの面では万人向けなので、
    そういう意味では人に貸しやすいゲームではありますね。
    キャラクタースチルに関しては予算の兼ね合いもあると
    プレイしている時に感じてしまいました(^_^;)
    きっと、そういう事なんだと思います。
    イラストを描くのも大変ですからねー。
    ラストの展開はアリだと思います。
    この作品らしい終わり方ではないでしょうか。

  11. グリグラ より:

    1月のフリープレイで配信されていたので遊んでみました。
    ストーリーに驚きや捻りは少なかったですが、逆転裁判の冗長さに疲れていた自分にはサクサク快適にプレイできてADVへの苦手意識が少し軽くなりました。
    捜査パートは今作ぐらいがちょうどいいです。順番通りにやらされるだけですがゴシップが次々に手に入りますし、捜査→バトルの移行にぶつ切り感がないので物語へ引き込まれ、止めどきを失ってしまいます。
    ブラックジョークや主人公の自虐ネタを中心とした会話も面白かったです。

    ただ、後半になると飽きがきてしまいました。難易度の低さや立ち絵の少なさ、キャラごとの会話パターンも少なく同じようなノリばかりなので、そこは残念でした。

    • kentworld より:

      お、クリアされましたか!
      確かに逆転裁判よりもテンポ良く楽しめて、そこは気に入っていました。
      ゲームとしての難易度が低いのは評価が分かれるところですが。

      このゲームはオタクネタを楽しめるかどうかに懸かっていると思います。
      僕はそれなりに楽しめました。ドツボにハマったら神ゲーになるんでしょうなぁ。

  12. ジョエリー より:

    去年フリプで配信された時にクリアしましたが、最近久しぶりに起動してトロコンしました。

    主なテーマがネットで相手を炎上させるというゲームだったのでもっと尖っているストーリーかと思っていましたが、王道だったのは驚きました。個人的にはこういった王道なストーリーも好きなのでそこそこ楽しめましたが、やはり逆転裁判やダンガンロンパと比べると劣ってしまうかなと感じてしまいました。
    会話の中に小ネタがたくさん散りばめられていたのは聞いていて面白かったです。怒られそうなギリギリの攻めてくるネタもいくつかあったので、そこは好感を持てました。

    ゲーム要素が薄かったのは残念でしたね。特に一番期待していた推理や探索がほとんど楽しめなかったのが個人的には評価を下げてしまう点でした。

    余談ですが、『7日間連続で3時間以上プレイ』という特殊なトロフィーがありました。アプリケーション終了でリセット、スリープ中はプレイ時間に加算されないという制約があったので、地味に大変でしたね。充電しながらスティック固定して毎日7.8時間付けっ放しにしたので、総プレイ時間は50時間前後になっていると思います。笑

    • kentworld より:

      おお!トロコンされましたか!

      それにしても、フリープレイで本作に触れられる方、結構多いようですね。続編を出したらワンちゃんあるか!?

      ストーリーは意外と王道ですよね。題材が捻っているだけに、ダンガンロンパのようなものを期待してしまいました。

      小ネタはネットに浸っている人ほどニヤリとするもので面白いですよね。

      ゲーム要素は薄めで、ライトユーザーに合わせたような作りに感じました。

      トロフィーコンプは「7日間連続で3時間以上プレイ」のせいで諦めたんですが、ジョエリーさんは獲得されるとは!w

      やはり、獲得するにはかなり面倒な事をしないといけないんですね(^_^;)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

極魔界村 改【レビュー・評価】死んで覚える古典的な楽しさを味わえる作品
流行り神 警視庁怪異事件ファイル【レビュー・評価】都市伝説についてどう感じているかで受ける印象が異なる作品
ゼルダの伝説 ムジュラの仮面【レビュー・評価】人を選ぶがハマれば最高のゼルダ!
ギアーズオブウォー4【レビュー・評価】少々水増し感はあるが、キングオブTPSの座はまだ揺るがない!
トライアルズ オブ ザ ブラッドドラゴン【レビュー・評価】開発者の悪ノリが詰まったトライアルズシリーズの問題作!
アサシン クリードIII レディリバティ【レビュー・評価】見かけ倒しの凡作
AKB48+Me【レビュー・評価】AKB48チャンポケットにはなれなかった…
バトルスポーツ めく〜る【レビュー・評価】気軽に対戦出来る良質なポストボンバーマン
珍道中!!ポールの大冒険【レビュー・評価】1周目は笑って2周目は本格アクション!
いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス【レビュー・評価】Switchのコンセプトに良く合ったアナログ感が楽しいお手軽パズルアクション!