2019/03/15/12:00 | ゲームレビュー

不思議のダンジョン2 風来のシレン【レビュー・評価】世界観とゲーム性が絶妙に絡み合った大雑把で歯ごたえ抜群の名作!


不思議のダンジョン2 風来のシレン/SFC

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は1995年12月に発売されたSFC「不思議のダンジョン2 風来のシレン」のレビューをしていきます。

本作は和風の世界を舞台にしたローグライクゲームですが、世界観とゲーム性が絶妙に絡み合った大雑把で歯ごたえ抜群の名作でした!

ゲームバランスは後に発売された作品と比べると驚くほど大雑把だったりします。

が、このぶっ飛んだゲームバランスによってシリーズ作品の中では唯一無二の魅力を打ち出しているのも確かなんですw

世界観も最高ですし、個人的にはスーパーファミコンソフトの中でもかなり好きな作品。

そんなSFC「不思議のダンジョン2 風来のシレン」の良いと思った点からまずは書いていきます。

※2006年12月には本作をリメイクしたDS「不思議のダンジョン 風来のシレンDS」が発売。

▼このゲームを3行で説明すると?

・テーブルマウンテンの頂上を目指していくローグライクゲーム。
・ゲームオーバーになるとレベルが1になり、持っているアイテムも全て失って最初の町に戻されてしまう。
・武器や防具には補正値が存在し、「合成の壺」を使うことで補正値などを合成させることが出来る。

良いところ

ゲーム性とピッタリマッチした世界観

本作は非常に難しいゲームです。

難しい要因は色々ありますが、特に大きいのがデスペナルティの大きさ。

なんと、ゲームオーバーになるとレベルが1になり、持っているアイテムもすべて失って最初の町に戻されてしまうんです!

従来のRPGに慣れているとこのデスペナルティの大きさには衝撃を受けることでしょう。

個人的にも面を喰らいましたが、本作のゲームデザインを考慮に入れると最高にマッチしていると思いました!

本作の目的は高くそびえ立つテーブルマウンテンの頂上へ向かうことです。

もしデスペナルティが小さかったら難易度が大きく落ちてしまい、困難を乗り越える楽しさが薄れていたでしょう。

また、デスペナルティが厳しいからこその緊張感もあると思いました。

特にテーブルマウンテンの終盤に差し掛かる頃には緊張感が半端なく、本当に山を登っているような感覚を味わえます。

雰囲気が出ているグラフィックとBGM

スーパーファミコンソフトで山を登っている感覚?

プレイするまではそんな疑問を持ってしまいがちですが、ハイクオリティなグラフィックとBGMによってめちゃくちゃ雰囲気が出ていました!

ドット絵なのにマイナスイオンが放たれた感じがする自然いっぱいのグラフィック。

すぎやまこういちさんが作曲された哀愁漂うBGM。

この組み合わせがただならぬ風格を漂わせていて、ゲーム開始から1分足らずで「これは名作だ!」と確信を持たせるほどのパワーを感じます。

個人的に好きなBGMは「旅ガラスは行く」「憩いの町 (山頂の町) 」辺り。

「旅ガラスは行く」は本作を代表するBGMで、メロディがめちゃくちゃ切ないんですw

「憩いの町 (山頂の町) 」はタイトル通り体や心が休まるヒーリング系のBGM。

全体的には世界観に合わせて和風のアレンジがされていて、日本人だったら胸が高まること間違い無しの名曲ばかりです。

ランダム要素によって生まれる奥深さ

1,000回遊べるRPG。

これは「風来のシレン」シリーズのキャッチコピーですが、誇大広告では決してありません!

1,000回遊べる大きな理由としては、ランダム要素の高さが挙げられます。

実は本作のダンジョンはランダム生成となっていて、入る度に地形が変わるんです!

しかも出現するアイテムやNPCも変わるので、常に新鮮な体験を味わえるんですね。

※背景が美しいダンジョンはあらかじめ用意された地形がランダムで選ばれるようになっています。

繰り返しプレイすることで見えてくる希望

ゲームオーバーになったら最初からなんて嫌だ!

そんな声が聞こえてきそうですが、完全に最初からというわけではありません。

何度も繰り返しプレイすることでダンジョンや街中で様々なイベントが発生します。

すると、便利なアイテムを入手したり、仲間キャラが加わることがあるんです!

そのため繰り返しプレイすればするほど有利になっていくんですね。

また、繰り返しプレイすることでプレイヤーにも知恵が付き、様々な対処法を身に着けていきます。

例えば「この敵はこんな攻撃をしてくるからこう対処しよう!」みたいな感じ。

そう!「風来のシレン」シリーズは主人公だけではなくプレイヤーも成長していくゲームなんです!

成長したプレイヤーの場合、1回目の挑戦でテーブルマウンテンを制覇することも出来ますよ~。

武器や盾を育てる楽しさ

本作では「合成の壺」というアイテムを使えば武器や盾の補正値を合成させることが出来るんです!

例えば「カタナ+3」と「妖刀かまいたち+1」を入れてみるとしましょう。

すると、「カタナ+4」が出来上がります!

しかも「妖刀かまいたち」が持つ特殊能力の3方向攻撃も引き継げるので強いのなんの!

これを繰り返していけば自分だけの最強武器を生み出すことが可能で、ゲームを有利に進めることが出来ます。

「風来のシレン」シリーズは1回のプレイ毎にレベルがリセットされるのでキャラクターを育てる楽しさが薄いと感じられる方も居るかも知れません。

ですが、実際には武器や盾を強化する要素があるおかげで育成する楽しさは十分に味わえます。

テーブルマウンテンにいくつも点在する町には倉庫があるので、上手く利用すれば武器や盾を育てていけますよ~。

驚くほど高い攻略の自由度

風来のシレンは難しい!

確かに難しいんですが、攻略の自由度は驚くほど高かったりします。

以下、本作の自由度が高い理由を挙げてみました。

・ダンジョン内に出現するお店では泥棒が出来る。
・白紙の巻物を使って好きな巻物の効果を発動出来る。
・落ちているお金(ギタン)を敵に投げて大ダメージを与えることが出来る。
・罠を利用して敵を倒すことが出来る。
・つるはしを使って通路を作ることが出来る。

このように本作では工夫次第で有利に進めることが出来ます。

一見すると難しそうだけど、実は様々な打開策がある!

個人的にはそこに魅力を感じました。

例えゲームオーバーになってもランダム要素と自由度の高さによって「次は行ける!」と希望を持ってしまうんですよね~。

息抜きに最適なフェイの問題

最初に訪れる町には「フェイの問題」というパズルダンジョンに挑戦することが出来ます。

ここでは「風来のシレン」のルールに沿った詰め将棋を楽しめるので息抜き&特訓に最適でした!

前述の通り本作の自由度は非常に高かったりしますが、知恵を身に着けないとそんなことは分かりません。

なので、初心者は「フェイの問題」で知恵を身に付けられるようになっているのが良いと思いました。

「フェイの問題」は全50問。

クリアする毎にご褒美アイテムが貰えるので、本編を有利に進めるために挑戦するのも良いですよ~!

クリア後のダンジョンが充実

テーブルマウンテンをクリアしてもまだまだこれから!

本作にはクリア後にも3種類のダンジョンに挑戦することが出来ます。

凄いのが、以下のように明確な差別化を持たせていること。

・罠を使ったパズル
・モンスター同士のバトル
・99階を目指していく超高難易度ダンジョン

それぞれやり甲斐があるので、気分によって挑戦するダンジョンを変えるのも良いと思います。

特筆したいのが、99階を目指していく超高難易度ダンジョン(フェイの最終問題)。

このダンジョンではすべてのアイテムが未識別で、クリア前のダンジョンで条件を満たさないと出現しなかった強敵が普通に出現します。

奥の階層ほどありえないほど強い敵が出現するので、テーブルマウンテンとは比較にならないほどハードコアな体験を味わえましたw

なので、本作の真骨頂はフェイの最終問題と言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

良くも悪くも大味

本作に登場する多くの敵は3つのレベルに分けられています。

が、レベル2からレベル3に上がった時の強さが極端過ぎると思いました。

特に攻撃力の上昇値がおかしいのなんの!w

例えばナイフゲータ族のレベル2となるサーベルゲータは攻撃力が55あります。

が、レベル3のブレイドゲータになると255まで上昇するんです!w

問題なのが、255ポイントもダメージを受けたらほぼ一撃で倒れてしまうこと。

にも関わらず「フェイの最終問題」では36階以降にレベル3のモンスターが出現し始めるので、その辺りから急激に難易度が上がってくるんです。

攻略の抜け道はいくらでもあるんですが、ちょっと大味過ぎるかなと思いました。

自由度が高い故にバグが多い

本作の自由度は非常に高く、普通のゲームではあり得ないことが出来ます。

例えば町中で住人に向かってアイテムを投げて攻撃することが出来るんです!

さらには巻物を使って状態異常にすることだって出来ますw

が、なんでも出来る弊害でしょうか?

あんまり変なプレイをするとバグってしまいます。

おそらく、ダンジョンと町中は同じプログラムを組んでいるんだと思いますが、分けて作った方が良かったような?

全体のまとめ

非常に難易度が高い作品ですが、クリアした時は本当に山登りをした感覚を味わえました。

また、グラフィックやBGMも素晴らしく、スーパーファミコンの名作RPGらしい風格が漂っています。

ただ、後の作品とは違ってゲームバランスが大雑把なので、それをどう受け止めるのかで評価が変わってくる作品。

対処法はいくらでもあるのでそれを知ってしまえば良いんですが、知らない場合は絶望の淵に立たされますw

ぼくの場合、「2」をプレイした直後に本作をプレイしたので面を喰らいましたw

数多くの作品が発売になっている「風来のシレン」シリーズ。

ですが、ここまでぶっ飛んで面白いゲームバランスの作品はぼくが知る限り本作だけですw

今はニンテンドーDSやスマートフォン向けにリメイク版も発売されていますが、そちらとは似て非なる作品だったりします。

世界観とゲーム性が絶妙に絡み合った大雑把で歯ごたえ抜群の名作!

こんな人には特におススメ。
・高難易度ゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・高難易度ゲームが苦手な人。

不思議のダンジョン2 風来のシレン/お気に入り度【90/100%】
プレイした時間・・・約100時間

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他


, , ,

 

おすすめ記事


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(6)

  1. KAZU より:

    近年の不思議のダンジョンはレベル継続が主流になったり、アイテム集め、クエストなど要素が増えていますが、自分には死んだら終わりの1回限りが合ってるなと思います。そろそろシレンの新作やりたいですね。

  2. ホンマ??トモフミ より:

    不思議のダンジョンはいままでポケモンVerや東方Ver、セカダンといろいろ遊んできましたが、風来のシレンは実はスマホ版ではじめて遊びましたよ。いままで2〜5も遊んだことがなかったのでどうだろうと思いましたが割となかなかマッチしてますね(^^)

    グラフィックもスーファミ時代の美しいドットがいい味を出してます!
    曲やSEはちょっとドラクエっぽいところも見受けられますね。

    死んだときのデスペナルティは大学時代なら叩いてましたが、今は昔遊んだことのあるPCに内蔵されてたローグライクゲームを思い出し、これはこれでええなぁと思いました。良い意味でアーケードゲームっぽさがあるんですよね。下手にクリアーすることにピリピリしなければこれも悪くないかも。
    さすがに今回のレビューでクリアー後ダンジョンの話を聞くと「いや〜、それはいいかな」ってなりますがねwww

    スマホ版風来のシレンに触発されて、「不思議の幻想郷TOD」の再DLや「タングルディープ」を購入しちゃいましたwww
    この両作もなんかローグライクやりたいなぁってときに遊んでいきます。

    ローグライクってジャンルに楽しさを見出すくらいスマホ版風来のシレンは好きになりました。個人的にはスマホ買い切り型ゲームで本作は「殿堂入り(トモフミ印)」しちゃいました(^^)

    シレンの新作は不透明ですが、今年の7月には「不思議の幻想郷 ロータスラビリンス」という新作がPS4&Switchで出ますので、ローグライクゲームに飢えていたら是非一緒にやりましょう!以上、ステマでしたwww

    • kentworld より:

      今回のスマホ版が初めてでしたか!?

      不思議のダンジョンって本当に色々出ていてそれぞれが異なる味付けとなっていますが、個人的には風来のシレンシリーズが基準になっています。

      チュンソフトはドラクエシリーズの開発にも携わっていましたし、BGMを手掛けている方も同じなので随所でドラクエっぽいのは偶然ではないんですよ~。

      スマホ版はDS基準なので、今回レビューしたSFC版よりもマイルドになっている部分があります。

      特にモンスターのレベルが3になった時の攻撃力255は廃止されていましたw

      って他のローグライクゲームも買ったんですか!?

      それぞれゲームシステムやゲームバランスが全く違うので覚えるのが大変そうだw

      ローグライクゲームって色々出ていて気になるものも多いんですが、なかなか気軽に手を出せません。

      とりあえず購入済のデッドセルズをやり込みたいですね~

      • ホンマ?トモフミ より:

        新規に買ったのは「タングルディープ」だけですけどね(^^)

        今年発売されるローグライクゲームだと他にも「オメガラビリンスライフ」もより気になってきましたよ!

        • kentworld より:

          ぼくはゲームのシステムを覚えるのが苦手なので、ローグライクゲームの並行プレイは難しそうですw

          いつか挙げられたゲームもプレイしてぞれぞれ楽しみたいんですけどね~♪

          タングルディープは特に気になっています!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

名探偵ピカチュウ【レビュー・評価】ポケモンを題材にした初心者向けアドベンチャーゲームの第一章!
スーパーマリオ64【レビュー・評価】箱庭3Dアクションゲームの基礎を生み出した歴史的な作品
スターフォックス ゼロ【レビュー・評価】名作の皮を被ったガチガチアクションなプラチナゲー
ロックマンDASH 鋼の冒険心【レビュー・評価】アニメの良さをゲームに落とし込む事に成功!
ゼルダの伝説 時のオカリナ3D【レビュー・評価】様々な部分を改良した時のオカリナの決定版!
流行り神 警視庁怪異事件ファイル【レビュー・評価】都市伝説についてどう感じているかで受ける印象が異なる作品
ドクターマリオ(ファミコン)【レビュー・評価】発売から30年近くが経っても色褪せない傑作!
夜廻【レビュー・評価】非常に割高だが、唯一無二の魅力があるレトロ系ホラーゲーム!
YAIBA: NINJA GAIDEN Z【レビュー・評価】バランスも世界観もやりたい放題な超ニッチゲーム
エストポリス【レビュー・評価】大味で大雑把な作りの謎解きアクションRPG