| ゲームレビュー

【レビュー】レイトン ミステリージャーニー [評価・感想] 皮を中心にむき始めてきた新世代のレイトン!

3.5


レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀/3DS / Switch

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2017年7月に発売された3DS「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」のレビューをしていきます。

本作は謎解きアドベンチャー「レイトン」シリーズの7作目になりますが、皮を中心にむき始めてきた新世代のレイトンでした!

これまでに6作品が発売されてきた「レイトン教授」シリーズですが、1つの区切りを迎えてしまいます。

そんな中で発売されたのが今回レビューする3DS「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」。

本作は主人公やストーリーが一新され、シリーズに新たな風を吹かせようとします。

その一方でスマホとのマルチタイトルになり3DSソフトならではの機能はカットされてしまいました。

ここからはそんな3DS「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」について詳しく書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • ストーリーに沿ってナゾを解いていく。
  • 複数の一話完結型ストーリーを収録している。
  • 3種類のスペシャルミニゲームも収録。
初リリース日 2017年7月20日
対応ハード 3DS/Switch
ジャンル アドベンチャー
推定クリア時間 15~25時間
売上 初週7.1万本/累計12.0万本
発売元 レベルファイブ

スポンサーリンク

良いところ

ナゾを解く快感

「ナゾ解明!」

「レイトン」シリーズと言えばナゾ!今作でも数多くのナゾがフィールドに隠されていて、ストーリーを進めながら解き明かしていきます。

ナゾはどれもこれも捻ったもので発想の転換が必要だけど、その分だけ解けた時の達成感が大きいです!

考えに考え、数十分間の末にクリアした時の気持ち良さと来たらね!

まるで「ゼルダの伝説」シリーズのむずかし~い謎解きを突破した時のような快感で気持ちぃぃぃぃ~んです。

個人的に好きなナゾは、タッチパネルを使って解いていくパズルタイプ

ゲームって動かしてナンボだと思っているので、頭を使いながらガチャガチャ弄って解けるようなナゾが好きです。

ストーリーが大きなセールスポイントとなっていますが、個人的にはストーリー見たさというよりは新しいナゾ見たさで進めていました。

カトリーが可愛い

今作から主人公が一新され、若い女性キャラクター(カトリー)になりました!

彼女はレイトン教授の娘なんですが、非常に可愛くドツボです。

おてんばで天然なところがあるんだけど、やる時はやる。

そんな感じの子で、非常に上手い落とし所に感じました。

それでいて男性に媚びておらず、女性にも好かれそうなルックスで何から何まで完璧!

おまけとしてコスチューム要素があるけど、これは色々試したくなりますよ!

3DS版の場合は多くのコスチュームが最初から収録されているけど、予想以上に魅力的なプラス要素に感じました。

あとは声が!声がもう少し可愛くて感情が篭っていれば!

大人も子供も安心のストーリー

今作は一話完結型のショートストーリーで構成されています。

それぞれに緩い繋がりはあるものの一話ごとに完結するようになっていて、気軽に楽しむことが出来ました。

ストーリーの面白さはそれなり。

それぞれに意外性はあるものの刺激を求めている人は「な~んだ」と言いたくなるような展開ばかりで、大人向けではありません。

逆に言えば子供も安心して楽しめるような作りになっていて、万人向けだと思いました。

ちなみにストーリーの補完をするためのフリートークというおまけ要素も存在します。

こちらをチェックしたら本編で消化不良なところも気にならなくなるかも!?

寄り道要素が満載!

寄り道要素は相変わらず数多く用意されています。

例えば各エリアを探索することで本編とは関係のないナゾやヒントを知る時に必要な「ひらめきコイン」やコレクションアイテムが見つかるんですよ。

それぞれ「もっとナゾを解きたい!」「ヒントが欲しい!」「とにかく探索してアイテムを見つけたい!」という欲求に応えてくれて毎度のことながらも有り難い要素に感じます。

「ひらめきコイン、10枚も発見したぜぇぇぇぇぇ~!!!!」

↑探索をしていると、こんな嬉しい展開が待っているかも!?

ちなみにオブジェクトの中にはタッチをすることでちょっとしたリアクションを見せてくれるのもあるので、クリックアドベンチャーのような楽しさがあります。

ある程度進めると楽しめる3種類のスペシャルミニゲームも面白い!

スペシャルミニゲームは「ティナー」「ショップ」「めいろ」になりますが、それぞれ8~10種類のステージが用意されており、頭を使うので本編の息抜きに最適です♪

これらを楽しみながらストーリーを進めていくとまるでテーマパークを楽しんでいるかのような充実感を味わえます。

お楽しみ要素が満載!

さらにさらに!

思わず嬉しくなってしまうようなお楽しみ要素も満載です!

最大の目玉は日刊ナゾ通信。新しいナゾが1年間、1日ごとに配信され、なんと最終的には365問ものナゾが追加されるんです!

日刊ナゾ通信に用意されているタイプのナゾは18種類でその中から新しい問題が追加されるという形式ですが、それでも膨大な量に感じました。

日刊ナゾ通信のナゾを解いていくと専用のポイントが貰え、それを使って過去作品の展示品を鑑賞出来るんだからファンには溜まりません!

そして、ある条件を満たすと高難易度なナゾが挑戦状として追加されていきます。

いずれも本編とは比べ物にならないくらいの難易度を誇るので、ひらめき度に自信がある方は注目ですぞ!

このようにお楽しみ要素は見逃すと勿体無いくらいのボリュームを誇ります。

日刊ナゾ通信や挑戦状のナゾを含めると、収録されているナゾはなんと500問以上!

過去作品でも同じくらい収録されていますが、今作のほうが僅かに多くなっています。

ユーザーに優しい作り

「レベルファイブは良い子の味方!」

という訳で今作もユーザーに優しい作りになっていて、様々な配慮を感じられました。

これまで通り漢字にはふりがなを打っていますし、ナゾには4段階のヒントが用意されていますからね。

さらにストーリーを進めることで挑戦する事になるナゾの一部はスキップする事も可能で、ゲームクリアまでの難易度は低く感じられます。

その一方で数多くのやりこみ要素を用意しているので、間口が広く、奥が深い作品に感じられました。

クリアだけなら20時間未満だけど、やり込むと倍以上楽しめますよ~。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

細かく分割されたストーリー

これまでの作品とは違って今作は複数の短いストーリーで構成されています。

どれもそれなりに面白く感じましたが、一話完結する毎に満足してしまい、続けてプレイする気になれません。

コミックでもそうですが、これ、一話完結型の欠点です。

もちろん、一話完結型のおかげで気軽に楽しむ事は出来るけど、過去作品のような壮大さ、大作感を期待したら肩透かしを喰らいます。

考えるのが面倒でやる気が出ないテキスト系のナゾ

これは完全に好みの問題ですが、考えるのが面倒でやる気が出ないナゾが目立ちました。

例えば写真のナゾ。テキストと簡単な一枚絵を見て答えを当てていく物なんですが、ゲームならではのインタラクティブ性に欠けていて勉強をしているかのようです。

もちろん、答えは計算問題を解くようなものではなく、多くはひらめきが重視されたもので面白いんですけどね。

あと、ナゾの説得力はこれまでよりもやや落ちている気がしました。

一部のナゾが解けた時は達成感よりも疑問のほうが残ったりしましたから。

ナゾを解いている時は考えるのが面倒で何度か寝落ちをしてしまった。

目次へ戻る

全体のまとめ

主人公が一新され、新シリーズに突入しましたが、面白さの本質は変わっていません。

ゲーム性自体はいつものレイトンで、安心感があります。

その一方でスマホ版がベースになっているのか裸眼立体視やすれ違い通信は非対応になり、一話完結型の細かく分割された構成に変わって皮を中心に剥き始めている印象です。

レイトンシリーズも生誕10周年を迎えて成熟してきたので、皮を剥こうと大人の階段を登ろうとしているのかもしれません。

皮を中心にむき始めてきた新世代のレイトン!

こんな人には特におススメ。
・謎解き好き。

こんな人にはおススメできない。
・刺激的なストーリーを求めている人。
・考えるのが苦手な人。

レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀/お気に入り度【70/100%】
プレイした時間・・・約20時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(14)

  1. たこいち より:

    未プレイですが、画像みたいなテキスト系のナゾはしんどいですね・・・

    画面を見ながら試行錯誤する楽しさが感じられないのが辛いですね。

    個人的にエピソードは逆転裁判みたいな1話完結型の方が好きなので、本作は私好みかもしれません。

    • kentworld より:

      たこいちさんもテキスト系のナゾは苦手ですか・・・
      アクションゲーマーだったら、やっぱり動かしたくなりますもんねw

      一話完結型なので、綺麗にまとまっているのは確かです♪

  2. Ryou より:

    おっ!レイトンレビューですか。新シリーズという事でナゾ監修、スタッフ
    入れ替えなどが懸念点だったが、蓋を開けたら安定という言葉意外では表現
    できない1本だった。ただ、最小・最大何人といった似たようなナゾが多かっ
    たのは残念かな。次はあの締め方なら幾らでも作れそうだ。

    • kentworld より:

      少し遅れましたが、レビューしてみました~。

      少し気になるところはあるものの、4年ぶりにレイトン楽しめてよかったですよね!
      続編の発売も十分にありえますし、カトリーにはもっと頑張ってもらいたい!

  3. ☆☆☆☆☆ より:

    荷物ごとマイカーをトラックに積んで0リットルで済ませる!

    記事内のスクショの縦横比が二種類ありますが、アプリ版は都度本体を持ち替える必要があるのでしょうか?

    • kentworld より:

      ナゾ解明!

      40ピカラット入手です♪

      スクリーンショットはトリミングで2画面にしたり、1画面にしています。
      基本的には本体の向きを変える必要はありません。
      ムービーにしても縦持ちのまま視聴できますので。

  4. ほにょ より:

    そうですね~、でもレイトン教授の問題作りに協力していた多湖輝(たご・あきら)先生の問題と聞くと思い出すのはこういうテキスト形式の論理パズルですね。「常に嘘しか言わない人の村と常に本当のことしか言わない人の村、そして嘘とほんとを交互に言う人の村がありました。さて…。」という感じ。たしかにTVゲーム特有の脊髄反射的なインタラクティブ性からはかけ離れていますが、それだけに今の世の中には、この種の考え抜くタイプのパズルが足りない気がします。レイトン教授シリーズがいったん終わったのも多湖先生が亡くなられたからだろうと。もっとも多湖先生の本業は心理学者なので、考えれば考えるほどその術中にはまっていくのですが…。

    • kentworld より:

      多湖先生が亡くなられた影響はあるかもしれませんね。

      ゲームと言えばインタラクティブ性なので、
      テキスト系の問題ばかりだと「本で良いじゃん」って思ってしまいます。

      なので、その手の問題は控えめにしてくれると嬉しいかなー♪

  5. トモフミ より:

    確かに今作は謎がトンチが効いているのが多い分、ストーリーの魅力は減りましたね。
    1話完結なのは嬉しい反面、それで安心してしまって=なかなか続けてやりたいという動機づけにならないのが個人的に微妙でした。
    特に最近は続きが楽しみになる大逆転裁判2をプレイしてる分よりそう感じています。

    • kentworld より:

      僕もあまりプレイする気が起きず、クリアまでちょっと期間が空いてしまいましたw

      3DSでプレイしたらまた、印象が変わるのかなぁ?

      大逆転裁判2は引き込まれるストーリーのようなので、
      並行してレイトンをプレイすると劣って見えそうですねw

      • エルシャール=トモフミサン より:

        こちらも3年後の未来からやってきたトモフミ=ラクーンです(笑)

        レイトンシリーズの通算7作目にあたるレディレイトンことレイトンMJはコケてしまいましたね(^^;;
        正直、流行らなかったのはストーリーADVものにとって致命的なキャラの魅力のなさに問題があると思います。
        過去のレイトン(特に初期の3部作)は、レイトン、ルーク、チェルミー警部、ド=ゴールなどすんなり印象に残るキャラが多いですが、今作はキャラ名が全然覚えられない💦
        主人公カトリーエイルの時点で変な名前で印象悪いのですが、他のキャラは全然名前が出てこない(*_*) 主人公の奴隷ポジの優男と名探偵ピカチュウ的なしゃべるワンコロ、あと無駄に濃い顔してるハゲワシ刑事がいましたよねwww
        肝心の謎解きも多胡明さんがお亡くなりになってしまった影響で違うタイプの謎解きになったのですが、トンチが効き過ぎてより意地悪になったような(^_^;) いっそのことレイトンじゃなくて「一休さん」を擬似体験できるADVでよかったんじゃないかな。

        TVアニメ化もされましたけど、それをなんで全盛期のDS時代にやらなかったんだ〜!
        一応、「永遠の歌姫」をDS時代に公開しましたけどレイトンはあの絵柄も相まって、あんまり映画映えしないと思うんだよなぁ。
        「悪魔の箱」の謎解き×映画級というのは当時のDSにしては映画級だったのであって、いざ映画化したら…。

        話を戻してスマホ版は、¥1,900だったので値段の分は楽しかったです。次回作はちょっと絶望的ですね😅10年後にエルシャールの孫が出るかなwww

        • KENT より:

          レイトンシリーズはジリ貧が続いていましたからねぇ。3DS末期でしたし致し方ない部分はあるかなと思います。

          でも、TVアニメは全く話題になっていませんでしたねw 今、放送されていたことに気が付きましたよ^^;

  6. 黒詩★紅月 より:

    あら、タイトルは全話繋がってるっぽいけど、ないですか
    一話完結型は『キノの旅』が好きな人なら、そこまで支障にならないかも
    シリーズの大詰めはそんなに合理性が高い話ではなかった印象ですしw

    レイトン教授とルークが出ないことはどれほどブランドに影響するか、気になります
    レイトンのテーマソングは神でした

    レイトンと言えば、『レイトン教授VS逆転裁判』にルークが「せんせー」と言ったシーンはツボでした\(^o^)/

    そう言えば、12月は『桜花裁き 斬』と言う『逆転裁判』ライクのゲームがPSVに出ますね
    和風だし、移植するために1話分も追加するだけで『逆転裁判 蘇る逆転』と思わせる部分がニコリしたから、多分購入します

    • kentworld より:

      各ストーリーはゆるい繋がり自体はあります。
      でも、○○話へ続きみたいな展開はなく、それぞれで完結していますね。

      ルークは中の人がねぇ・・・

      逆転裁判ライクな「桜花裁き 斬」は最近知ったので、
      ゲームソフト紹介記事では注意深く触れていきますぞ!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】ドラゴンクエストI(DQI) [評価・感想] JRPGの基礎を学べる教科書!
【レビュー】クリプト・オブ・ネクロダンサー [評価・感想] ローグライク×リズムアクションの化学反応で生まれた傑作!
【レビュー】クォンタム ブレイク [評価・感想] ゲームと実写ドラマが融合したアクション”ドラマ”アドベンチャーの第一歩となる作品
【レビュー】スター・ウォーズ 帝国の影(N64) [評価・感想] 色んなジャンルの要素が詰まった映画体感ゲーム!
【レビュー】ライズ サン オブ ローマ [評価・感想] ロンチだから許された無個性な大作
【レビュー】Wiiでウルトラハンド [評価・感想] 気軽に遊べるおまけゲーム
【レビュー】Wii Party [評価・感想] 老若男女楽しめる、八方美人なパーティゲーム
【レビュー】スナックワールドトレジャラーズ ゴールド [評価・感想] ハクスラの面白さを子供たちに伝えようとしたお手軽アクションRPG!
【レビュー】世界樹と不思議のダンジョン2 [評価・感想] 育成の自由度と間口がグッと広がり煮込まれた時間泥棒ゲーム!
【レビュー】ワリオの森(FC) [評価・感想] ファミコンの最後を飾る超難しい落ち物パズル!