| ゲームレビュー

【体験版レビュー】仁王2 [評価・感想] 妖怪要素の強化によって独自の進化を遂げた続編!


仁王2/PS4

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2020年3月に発売されるPS4「仁王2」のβテストレビューをしていきます。

本作は和風の世界が舞台の高難易度アクションRPGですが、妖怪要素を強化することで独自の進化を遂げていました!

2017年に発売され、全世界で大ヒットを記録したPS4「仁王」。

DARK SOULS(ダークソウル)」シリーズをベースにアクションやハクスラ要素を強化することで好評を博しました。

関連作のレビュー記事

今回レビューするPS4「仁王2」はその正当な続編になりますが、なるほど、こう来ましたか。

前作の敵として登場した妖怪周りの要素を強化することで「ダークソウル」とは別路線の進化を歩んでいます。

足し算の要領で作られているのでややこしさは増していますが、同時に奥深さも増している印象です。

ここからはそんなPS4「仁王2」のβテストをプレイして思ったことを書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 戦国時代を舞台にした高難易度アクションRPG。
  • 3Dステージには様々な仕掛けや強敵が潜んでいる。
  • ステージの奥に潜むボスを倒したらミッションクリア。
初リリース日 2020年3月12日
対応ハード PS4
ジャンル アクションRPG
発売元 コーエーテクモ

大安定の面白さ!

結論から言わせていただきますと、今回も大安定の面白さでした!

βテストだと言うのに気が付けば3時間以上もプレイしてしまいましたからw

何が面白いのかと言うと、トライ&エラーとハック&スラッシュ要素です。

例によって今作も非常に難易度が高く、最初のステージから手加減しませんw

主人公の体力が低いので油断しているとあっと言う間にやられてしまいますし、敵も的確に攻撃を当ててきます。

ですが、決して理不尽ではなく、対策を練ったら勝てるように作られているんですよ。

その辺りのレベルデザインは良い感じに前作を踏襲してきました。

加えて前作で好評だったハック&スラッシュ要素も踏襲。

敵を倒すと装備アイテムをジャラジャラと落とすので、それらを集めていく楽しさがあります。

集めた装備アイテムは奉納・売却することで経験値・お金に変えられるので、拾っても何一つ無駄にはなりません。

パフォーマンスの高さ、ロード時間の速さも前作を踏襲。

動作はサクサクでリトライ時のロード時間も爆速なので中毒性が凄い!

このように本作は前作の良いところを踏襲していますが、逆に言えば変化がないとも言えます。

グラフィックのエンジンやユーザーインターフェース、ゲームシステムは前作のものを流用している印象で、パッと見は同じような感じです。

この辺りは良くも悪くもコーエーテクモの続編ものに感じます。

目次へ戻る

敵を一網打尽する楽しさがアップ!

もちろん、前作からパワーアップしている点もしっかり存在します。

特に印象的だったのが、アムリタゲージのパワーアップ。

アムリタゲージは敵を倒したりすると溜まっていくんですが、今作では最大まで溜めると鬼に変身することが出来るようになりました!

しかも敵が使う大技を放つことも可能なので、前作で使えた九十九武器よりも派手になったんです!

おかげで敵を一網打尽する楽しさが増しました。

「真・三國無双」シリーズにも無双ゲージという最大まで溜めると強力な技を放てるシステムが存在しますが、あれを使って敵を一網打尽するのが醍醐味だと思うんですよ。

その楽しさを「仁王2」にも上手く輸入してきたなぁと思いました。

特技によって妖怪も楽に倒せるように!?

妖怪はフィールドに至るところに潜んでいます。

その多くは人間タイプの敵と比べて戦闘能力が高く、まるで中ボスと戦っているかのよう。

ですが、「特技」を使えば楽に戦えるんです!

「特技」とは一時的に妖怪の姿になれる技で、敵の大技を発動前に阻止出来ます(ただし妖怪ゲージを1消費する)。

成功すると大きな気力ダメージを与えられ、デッカイ妖怪が怯んでしまうのですよ。

そのスキに攻撃を加えたら大ダメージを与えられるので駆け引きが増しました。

目次へ戻る

アバター制によって主人公の魅力がアップ?

それ以外に「お!」と思ったのが、主人公がアバター制になったこと。

前作の主人公は「ウィッチャー」シリーズで知られるゲラルトさんの生き別れになった双子みたいな外見をしたウィリアムでした。

一方、今作ではプレイヤー自らが主人公の外見をカスタマイズ出来るようになったんです!

もちろん、イケメン男子だけではなく美女にも出来ますよ。

プリセットとして用意されたデータの多くは素敵なデザインでした!

さすがCGの美女を描くことに定評のあるコーエーテクモですw

素晴らしいのが、各ステージのどこかに隠されている温泉に入る時は女子もふんどし姿になること。

すべての装備品を外しても見れるので、敵にやられてばかりでしんどい時は服を脱ぐという息抜きが出来るようになりましたw

このように本作はアバター制になったことでキャラゲー的な魅力が増しています。

気になるのは、アバター制になったことでストーリーにどう影響を与えるのかです。

ボス戦前に挿入されるイベントシーンではアバターの外見が反映されていましたが、喋ることはありませんでした。

敵キャラクターの多くは一新!

何気に感心したのが、敵キャラクターの多くが一新されていること。

「仁王」はフィールドの探索も醍醐味ではあるんですが、メインディッシュは戦闘だと思うんですよ。

それだけに敵キャラクターの多くが一新されているのは嬉しいです!

新たな敵キャラクターで印象的だったのが、濡れ女というメドゥーサみたいな外見をした敵。

動きが素早いうえ尻尾を使って主人公をギュウギュウ詰めにするのでなかなか勝てませんw

あと、スタミナゲージが切れて息切れしている仲間を吸収して凶暴化する飢鬼なんて敵も居ましたw

奴が2体同時に出現した場合、下手に相手のスタミナゲージを0にするのは危険です。

ややこしさが増した印象

足し算の要領で作られているので、今作から入るとややこしさを感じるかも知れません。

ただでさえレベル制、ハクスラ要素、構え、スキル、入り組んだマップなど覚えることが多いのに妖怪周りの要素が強化されてゲージが3ラインになりましたから。

しかも今作、スキルツリーが複雑化して強化要素が増しているんですよ。

ぼくも久しぶりにプレイして頭がこんがらがりましたw

逆に言えば攻略の糸口が数多く隠されているということでもあるので自由度の高さが増しているとも言えますが。

スポンサーリンク

目次へ戻る

全体のまとめ

全体的には前作から正当進化している印象です。

良くも悪くも前作の長所短所を継承している印象で、前作が好きな人は今作も高確率で楽しめると思います。

PS4/XboxOne「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」(以下、SEKIRO)の後にプレイしたら楽しめるのか不安でしたが、これはこれでめちゃくちゃ面白い!

「SEKIRO」は忍殺や鉤縄などのシステムによって戦闘のスピード感や立体感が凄かったけど、「仁王」はハクスラなどシステム面の中毒性が高いんですよ。

「SEKIRO」が究極のアクションゲームだとしたら「仁王2」は究極のアクションRPGという印象です。

例年、年度末はソウルライクゲームによって寝不足の日々が続くけど、来年は「仁王2」がそのポジションになりそうw

関連作のレビュー記事

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(4)

  1. 匿名 より:

    仁王2
    体験版は時間を忘れてプレイさせられます。
    でもねぇ…
    オンライン専用と言う部分が気になるかな?
    なぜ専用に拘る必要があるのかは些か疑問。
    サービス終了された時の対応とか考えるとねぇ…
    オン周りが従来通りの仕様で、この仁王2なら迷う事なく購入確定なんだけど。

    • KENT より:

      この体験版はβテストですからねぇ。オンライン専用なのは避けられません。製品版はオフラインでもプレイ出来るのではないでしょうか?

  2. 匿名 より:

    前作はDLCまでプレイして、仁王2が出るということでとても楽しみにしておりました。
    体験版をやってみた感想は個人的にはとても面白いです。
    良い点
    前作よりも武器種が豊富になった。
    スキルが増加に伴い様々なアクションを使い分ける楽しみが増えた。
    妖怪化が追加されたのは個人的に◎
    悪い点
    狭い場所での戦闘が前作よりも目立つ。
    場所が狭い所に敵を詰めて難易度を上げている節がある。
    前作に引き続き槍が猛威を振るいすぎ。(プレイヤーとNPCどっちが使っても強いです…)

    体験版ということでこれからの調整に期待して発売を待ちたいと思います。

    • KENT より:

      確かに凶悪な部分も目立っていますね。

      そこはより高まった自由度でどう乗り越えていくのかを楽しむように作られているのかな?

      βテストなので、上手く製品版では調整をしてほしいです。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】聖剣伝説3 [評価・感想] マルチストーリーを採用したSFC後期の力作
【レビュー】コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー(COD WW) [評価・感想] シリーズの新たな魅力を打ち出した日本未発売タイトル!
【レビュー】メイド イン ワリオ [評価・感想] 黒い任天堂が詰まったビックリ箱!
【レビュー】Black The Fall(Switch) [評価・感想] INSIDEに酷似しながらも意地悪な2Dパズルアクション!
【レビュー】がんばれゴエモン3 獅子重禄兵衛のからくり卍固め [評価・感想] 「スーパーゴエモンブラザーズ」から「ゴエモンの伝説」に変貌!?
【レビュー】星のカービィ スターアライズ [評価・感想] 共闘感をフレーバーにしたいつものカービィ
【レビュー】グラビティデイズ [評価・感想] 3Dアクションゲームの新たな革命児!
【レビュー】キングダム ハーツ(初代) [評価・感想] ディズニー要素を塩梅にスクウェアの持ち味を活かした意欲作!
【レビュー】ソニックアドベンチャー2 [評価・感想] 厨二心を爆発させる美味しいジャムと美味しくない耳が入り交じったでっかいパン
【レビュー】デッドアイランド リップタイド [評価・感想] 水辺でもゾンビ無双!