2018/12/10/20:00 | ゲームレビュー

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(スマブラSP)【レビュー・評価】無駄な部分は削ぎ落として必要な部分は作り込んだ絶品のスマブラ!


大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL/Switch

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2018年12月に発売されたSwitch「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」のレビューをしていきます。

本作は人気対戦アクションゲームシリーズの最新作ですが、スマブラファンとしては最高の作品でした!

前作で感じていた無駄な部分は削ぎ落とされ、それでいて必要な部分は作り込んでいます。

やや玄人向けにはなりましたが、ターゲット層に当てはまる場合は最高に楽しめることでしょう!

そんなSwitch「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」の良いと思った点からまずは書いていきます。

▼このゲームを3行で説明すると?

・任天堂を始めとする人気キャラクターが集結した対戦アクションゲーム。
・相手を攻撃して吹っ飛び率を蓄積させて場外へリングアウトさせるのが目的。
・今作では過去作品のリストラ組を含めた70体以上のプレイアブルキャラクターが登場。

良いところ

歴代シリーズのキャラクターやステージが集結!

20年近くの歴史を誇る「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズ。

この20年間のうちに数多くのシリーズ作品が発売されてプレイアブルキャラクターやステージがどんどん増えていきました。

しかし、新作が発売される度にリストラされるプレイアブルキャラクターやステージがあったんです。

普通の新作なら問題ないかも知れませんが、スマブラは人気者が集結した特殊なシリーズなので反発が多くありました。

そんな中で発売された今作は過去作品でリストラされたプレイアブルキャラクターやステージが復活したんです!

そのうえ新規のプレイアブルキャラクターやステージも追加され、まさに全員集合と言えるような作品となりました。

個人的に嬉しかったのが、「スプラトゥーン」のインクリングが参戦したこと。

前作から今作までの4年間。任天堂関連で最大のトピックは「スプラトゥーン」の大ヒットなので妥当ではありますが、それでも嬉しく思いました。

インクリングを操作して驚いたのが、各キャラクターを放ったインクで塗りつぶせること。

原作の再現とは言えここまで作り込むとは!?

膨大な素材をフル活用した灯火の星

ではここで本作に収録されている素材をご覧ください。

・70体以上のプレイアブルキャラクター
・100種類以上の対戦ステージ
・90種類以上のアイテム
・50種類以上のアシストフィギュア
・50種類以上のポケモン
・900曲以上のBGM

明らかに普通のゲームよりも多いとは思いますが、ソロプレイメインだと

そんなに要らないよ

と感じることはないでしょうか?

実際、過去作品もソロプレイメインだと膨大な素材の恩恵を受けにくく感じました。

特に前作は1人用モードがどれも小粒で長く楽しむには工夫が必要でしたからね。

ところが今作の場合、新モードの「灯火の星」によってソロプレイメインでも恩恵を受けるようになったんです!

新モードの「灯火の星」はステージクリア型の1人用モードですが、上記の素材を組み合わせたステージが大量に用意されています。

数で表すと600以上!

これだけ多いと途中で飽きてきそうですが、素材が膨大なおかげでほとんど飽きませんでした!

あまりにも組み合わせが膨大過ぎるので、ステージを600以上用意しても差別化を図ることに成功しています。

任天堂ファンならニヤリとしまくるパロディネタが満載!

600以上のステージを強調させているのがパロディネタ!

各ステージでは任天堂を始めとする各社ゲームキャラクターのイラストが挿入されます。

なんと、各ステージのシチュエーションはここで挿入されたイラストのキャラクターをモチーフにしているんです!

「ピクミン」シリーズのオオガネモチをモチーフにしたステージを例にしていきましょう。

原作のオオガネモチはプレイヤーを見つけたら逃げ回るはぐれメタルみたいな生物でした。

一方、本作のオオガネモチステージでは逃げ回る金色ゼニガメを制限時間以内に倒すというルールになっているんです!

しかも舞台は「ピクミン」のステージで、ルールは体力制。

どうでしょう?それっぽい設定で面白いですよね?

個人的にはパロディネタとして楽しむことが出来ました!

ただでさえステージにバリエーションを持たせているのにパロディネタと絡ませてくるとはw

元ネタを知っていればいるほどニヤリと出来るので、特に任天堂マニアは楽しさ倍増だと思います。

広大で仕掛け満載のワールドマップ

とは言え600以上のステージを淡々とクリアするだけでは飽きそうですよね?

本作の場合、ワールドマップの移動システムによって単調さをさらに緩和させていました!

ポイントなのが、ワールドマップには無数の分岐ルートが存在すること。

そのため攻略の自由度が高まっており、好きな順番から攻略したり、ステージをスキップすることも出来るんですね。

さらに驚いたのが、ワールドマップには様々な仕掛けが用意されていること。

スイッチを作動させて新しいルートが解放されるのは序の口。

なんと、ゲームを進めていくとパズルやクイズ、謎解きをワールドマップ上で行うことになるんです!

ただでさえ多彩なステージを用意しているのにここまで趣向を凝らしてくるとは驚きました。

エリアによっては任天堂ゲームを始めとするオマージュが満載ですし、「灯火の星」は任天堂ファンであればあるほど楽しめます。

作業感が軽減されたシンプルモード

対戦格闘ゲームではお馴染みのアーケードモード。

コンピュータと対戦のみを繰り返していく対戦格闘ゲームでは伝統的なモードですが、スマブラでもシンプルモードとして毎回収録されています。

でも、ステージのバリエーションが少ないので何周もしていると飽きてくるんですよね。

ところが今作の場合、飽きさせないように刷新されていました!

今作では「勝ちあがり乱闘」という名前で収録されていますが、なんと用意されているバトルがキャラクター毎に異なるんです!

しかも単にバリエーションを持たせているわけではありません。

各プレイアブルキャラクターにちなんだシチュエーションのバトルが用意されているんです!

こうして書くと「灯火の星」のステージみたいですが、ちょっと違います。

というのも「勝ちあがり乱闘」は連戦形式のため専用のストーリーを描けるからです。

イベントシーンこそ挿入されませんが、連戦をこなしていくとちょっとしたストーリー性が生まれてくるので原作を知っていたらニヤリとします。

よりパーティ色が強まった大乱闘モード

スマブラと言えば大乱闘モードでの対戦!

そんな方も多いと思いますが、今作ではパーティ色をより強める新システムがいくつか追加されました!

特に印象的なのが、チャージ切り札の追加。

今作ではダメージを与えたり受けたりするとゲージが溜まり、スマッシュボールによる「最後の切り札」に似た大技を発動出来るんです!

おかげで頻繁に派手なシーンが挿入されるのでパーティゲームとして楽しむ分には良い要素だと思います。

それ以外に印象的なのが、ステージの切り替わり機能。

対戦の途中で全く別のステージに切り替わる機能が搭載されているので、よりハプニングを味わえるようになりました。

これらの機能が追加されたことで少ない対戦回数でも膨大な素材を堪能しやすくなったのも嬉しいですね!

※もちろんOFFにして実力重視のバトルも楽しめます。

レートシステムによって中毒性が高まったオンラインモード

そしてオンラインモードでは待望のレートシステムが搭載されました!

レートシステムは世界戦闘力という形で表記されており、対戦で勝てば勝つほど増えていきます。

おかげで世界戦闘力を増やすという目的が生まれたので中毒性がヤバイのなんのw

世界戦闘力は対戦で負けると減ってしまうので、そんな時は悔しくなってリベンジを果たしたくなります。

今更感はありますが、レートシステムのおかげで中毒性が高まっているのは確かです。

そんな中毒性をさらに高めてくれるのがVIPマッチ!

VIPマッチは世界戦闘力が上位になると解放されるんですが、そこはツワモノの集まりだったりします。

この場で高い勝率を維持出来るのであればスマブラ名人と名乗っても良いでしょうね。

ぼくの場合、短い期間ながらもVIPマッチプレイヤーになれたので優越感に浸れました♪

過去作品の良いとこ取りをして改良もされたゲームバランス

シリーズを重ねる毎にゲームバランスもコロコロ変わっているスマブラシリーズ。

今作では過去作品の良いとこ取りをしつつ改良もされた素晴らしい調整になっていました!

個人的に嬉しかったのが、爽快感の向上。

今作では吹っ飛び率を蓄積させた後に大技で相手をふっ飛ばしてリングアウトさせた時の演出がさらに強化されています。

なんと、場外へリングアウト出来るような技を決めるとクローズアップ&ヒットストップの演出が追加されたんです!

ただでさえ前作でエフェクトが強化されて気持ち良くなったのにまだ爽快感を上げてくるとはw

リアル志向のゲームに慣れていると大袈裟過ぎるかも知れませんが、個人的にはこのくらい派手な方が好きです♪

それ以外に気に入ったのが、前作よりもゲームスピードが早くなったこと。

空中回避中に移動が出来るようになりましたし、全体的にシリーズ最高傑作と名高い「DX」に寄せたバランスになっていると思いました。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

癖が強いオンラインモードの仕様

オンラインモードの仕様は癖が強く、人によっては合わない可能性があります。

何故なら完全同期型の通信方式を採用しているからです。

そのため相手の通信環境の影響を受けやすくなるので、もし対戦相手の誰か一人でも劣悪な通信環境でプレイしていたらラグだらけになります。

ここで問題になってくるのが、Switchの仕様です。

Switchは据え置き機だけではなく携帯機としても使用出来るので、理論上は携帯モードによる無線通信プレイも出来ます(推奨はされていませんが)。

そのためエンジョイ勢は不安定な回線のユーザーと出会ってしまいがちです。

一方、世界戦闘力やVIP部屋のシステムによってガチ勢の場合は問題には感じられないと思います。

何故ならガチ勢であればあるほどネット環境を整えるからです。

実際、ガチ勢寄りのぼくはラグに苦しめられることはほとんどありませんでした。

これも世界戦闘力を意識して上げてガチ勢と対戦する機会が多いからなのでしょう。

ただ、この仕様だと被害を受ける人が居るのも確かで、エンジョイ勢には優しくありません。

もうひとつ気になったのが、優先ルールで2人対戦希望をしたのに4人対戦希望の人とマッチングする場合があること(どうやら近くの人とのマッチングを優先しているらしい)。

ガチ勢であればあるほど2人対戦を希望する傾向にあるのでそちらは良いとしてエンジョイ勢の場合は希望にそぐわない対戦を強いられるかも知れません。

全体的にオンラインモードの仕様はアナログ感が強く感じられました。

これは柔軟なプレイスタイルで楽しめるSwitchに合わせているんだと思いますが、前作にあった「エンジョイ部屋」「ガチ部屋」のようにもう少しきっかり分けても良い気が。

整理されたゲームモード

WiiU_screenshot_TV_0110E

スマブラシリーズは新作が発売される毎に1人用の新モードが追加されていきました。

1作目はシンプル、トレーニング、プラクティスのみだったのが以下のようなモードが追加されていったんです。

・アドベンチャー
・オールスター
・イベント戦
・組み手
・ホームランコンテスト
・亜空の使者
・ワールドスマッシュ
・フィールドスマッシュ
・スマッシュボンバー
・オーダー

それ以外にもフィギュア名鑑、ステージ作り、名作トライアルなど資料やツール的なモードが次から次へと追加されていきました。

ところが今作の場合、ここまで挙げたほとんどのモードがカットされているんです!

残ったのはシンプル(勝ちあがり乱闘)、トレーニング、組み手くらい。

あとは灯火の星、オンライン対戦くらいしか1人で楽しむモードがありません。

しかし、シンプルと灯火の星の作り込みが半端ないので言うほど気になりませんでした!

特に「灯火の星」は亜空の使者、アドベンチャー、イベント戦、フィギュア名鑑など過去作品の大型モードにあったエッセンスを融合させたような作りなので、このモードだけでお腹いっぱいになってしまいます。

Wii U版辺りは小粒なモードが多過ぎてごちゃごちゃしている印象だったので、今作で再構築したかったんでしょうね。

全体的に玄人向けで初心者にはやや厳しい

全体的に今作は玄人向けで初心者にはやや厳しいと思いました。

ゲームスピードがやや速くなっていますし、チュートリアルが簡素になってしまいましたからね。

一応、新たに技表などのマニュアルが追加されましたが、操作の基本はゲーム中ではほとんど触れられないので能動的に覚えていかないと厳しく感じます。

さらに問題なのが、今作で追加された「灯火の星」のゲームバランス。

「灯火の星」はスマブラのゲームシステムをベースにRPG的な要素を加えたようなモードなので、初心者は覚えることが非常に多いんです。

各プレイアブルキャラクターのモーションを覚えることはもちろん、スマホRPGのような育成要素も覚えなくてはなりません。

個人的にはスマホRPGのような育成要素は苦手ですが、各ステージのパロディネタによって楽しめました。

が、これも任天堂を始めとする人気シリーズをプレイしていることが前提としてあるので、

スマブラどころか任天堂のゲームもほとんどやっていません!

と仰るような方にはかなりハードルが高い作品だと思います。

全体のまとめ

核となるバトル部分は深化させつつゲームモードを刷新したチャレンジ精神溢れる作品。

これまでの作品はゲームモードがどんどん増えてごちゃごちゃしたような作りでした。

ところが今作の場合、リソースを「灯火の星」などに集中させてスッキリさせていたんです!

そのため前作で感じていたマンネリ感が無くなって新鮮に楽しむことが出来ました!

プログラムも整理させたのかロード時間も前作より早くなっていますし、全体的に無駄のない作りになっています。

惜しいのが、全体的に玄人向けの作りになっていること。

それ故に任天堂に疎かったりスマブラ初心者だとハードルが高く感じてしまう恐れがあります。

個人的にはスマブラ世代のうえに任天堂マニアなので本作はターゲット層のど真ん中ストライクでした!

爽快感とスピード感が上がったゲームバランス。任天堂マニアには溜まらない1人用モード。

レートシステムによって中毒性が上がったオンラインモード。

よりお祭りゲーとして楽しめるようになった大乱闘モード。

どれを取っても最高で、ハマりすぎて購入直後は寝不足の日々が続きましたw

任天堂が好きでよかった。

思わずそう言いたくなってしまうほど楽しめています。

無駄な部分は削ぎ落として必要な部分は作り込んだ絶品のスマブラ!

こんな人には特におススメ。
・スマブラ好き。

こんな人にはおススメできない。
・スマブラや任天堂に疎い人。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL/お気に入り度【100/100%】
プレイした時間・・・約30時間

, ,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(32)

  1. kou より:

    確かに、今回の一人用モードは今まで以上に、ファイター含めキャラの個性を強調しているように感じました。多分こう言うところもフィギュア含めモードの整理があってこそ出来た事なんでしょうね。
    身動きしなかったり、一芸特化だったり、各スピリット毎にここまで個性的な連中に仕立て上げるのは結構大変でしょうね…w

    • kentworld より:

      キャラクターの個性を強調しているのはスマブラの方向性としては正しいと思います。

      灯火の星の仕掛けはキャラクターの個性を活かしているのでニヤリとしますよw

  2. KA より:

    もうファーストインプレッションを書けるところまでプレイしたのですか。ということはDL版にしたようですね。自分はパッケージ版を購入しますのでプレイ開始は遅れそうです。

    モードは大分削られてますが灯火の星の作り込みが半端じゃないようですね、それでもやっぱり3DS版で気に入ったフィールドスマッシュが削られたのが残念。
    大乱闘の方は8人対戦や3DS版の倍以上のステージ数、アイテムの出現率の調整が再び可能になってたりと大乱闘モードも3DS版以上に楽しめそうです。

    キャラのアンロック解除はかなり早く出来そうですね、調べてみたら自分の持ちキャラも早い段階で解放されそうなので
    最初から選べるファイターが少ないのは気ににはならないようです。

    • kentworld より:

      はい!ダウンロード版にしました!

      とは言えパッケージ版も魅力的なので、マイニンテンドーストアのパッケージ+ダウンロードコードでの注文にしました。

      スマブラはこれまで雪だるま式で展開されていきましたが、今作はモード面に関しては刷新しています。

      そのためシングルプレイとしての新鮮味があって予想以上に攻めていますね~。

      キャラのアンロックはコツを掴めばあっという間に解禁されます。

  3. ボブ より:

    3dsのように持ち運びながら音楽聴けるのが最高

  4. むぐお より:

    俺も買いました!
    なんと店頭には並んでませんでしたよ
    予約しといてよかったです
    3ds版はどうも肌に合わずすぐ売ってしまったんですが今作は手触りがよくて1人でプレイしてても面白いですね
    いまいちいままではスマブラって続けられなかったんですが今回はやり込んでみようかなーとおもいます
    久々にスイッチ起動しました笑

    • kentworld より:

      潤沢な出荷がある中でそれは凄いですね~

      これはかなりの売上が期待出来そうです。

      今も楽しまれているでしょうか?手触り感は確実に前作よりも良くなっていますね。

      って久しぶりにSwitchを起動されましたかw

  5. 匿名 より:

    オンラインでタイマン希望してるのに大乱闘になったりするのは仕様なんですかね
    もうちょいルールで分けてくれても良いと思うのですけど…

  6. ホンマ?トモフミ より:

    スマブラって初代から雪だるま式に要素が膨れ上がっていく一方でしたが、今作はバージョンアップではなく現代風にリブートしてる感じでなかなか好印象です(^^)

    とにかくもうすげぇおもしろいのなんの!今日の深夜は徹夜になる寸前まで没頭しました!
    全キャラ解放を弟としましたよ!
    親が海外出張なのをいいことに今日は14時間以上も遊んでしまいました。

    それでも「灯火の星」まだスタートしたばっかりなので遊び足りないですよ(笑)
    桜井さんをはじめとした開発陣にとても感謝したいです。生きててよかった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    • kentworld より:

      なんと!14時間もプレイされましたか!w

      ぼくよりも勢い良くプレイされていますね~!

      これまでの作品はアーケードスタイルの細々したモードを色々盛り込んでいた印象ですが、今作は壮大なストーリーが楽しめる大型モードにリソースを集中していますね。

      こちらの方が現代にマッチしていると思います。灯火の星は予想以上のボリュームで驚いていますよ。

  7. 雪月あきら より:

    灯火の星は想像していた以上にボリュームがありそうですね!
    あまりオンラインプレイをやらない僕でも今回のスマブラは楽しめそうです♪
    ゲーム音楽好きとしては豪華な作曲陣によるBGMも気になっているので、灯火の星と音楽目当てで購入したいです!
    積んでいるゲームをクリアしてからになりそうですが(汗)

    • kentworld より:

      亜空の使者と比べてもボリュームがあります。

      オンラインプレイや対戦プレイを抜きにしてもこのモードとサントラだけで雪月さんも買う価値があると思いますよ~♪

      年末は魅力的なゲームが色々出るから誘惑に負けないようにしてくださいw

  8. A・T より:

    集大成とだけあってここまで豪華に作りこまれているとは!ゲームデザインを見直しつつ、新たな要素を取り入れ再構築された今作は今まで以上に楽しめそうですね!
    先月思わぬ出費(自室のテーブルやマットレス交換)の影響でなかなか購入できず、すぐにプレイできない状況なのが歯がゆいですよ(笑
    できれば月末当たりまでに購入したいですね~。

    • kentworld より:

      灯火の星だけで豪華さが伝わってくるくらい詰め込まれていますw

      ここまで贅沢なゲームはなかなかありません。

      今は盛り上がりのピークなので歯がゆいところはあると思いますが、人気は長く続きすると思うので月末に買うのも遅くはないと思います。

  9. 読者 より:

    わかります、肥大化した細々した要素を思い切ってそぎ落としてスマートに再構成してあるという印象が一致して嬉しいです!(笑)
    for WiiUでは大きな柱を作る時間が無く、既存の要素を組み合わせて少しでもモードを多くしようとしてるのが見えました。オーダーとかスマッシュボンバーとかフィギュアラッシュとかワールドスマッシュとか、まぁ面白いんだけど「これだ!」と言える様な3DS版のフィールドスマッシュにあたるものが無かった気がします。

    それを今回はスピリッツと勝ち上がり乱闘を作り込む事で、他の要素は思い切ってオミットしてきましたね!そのぶん灯火は予想以上の大ボリューム、勝ち上がり乱闘も新規でボスを製作してたり超手間かかってます。思い切って今回リソースをここに割きました!というのが伝わってくるくらいです。けど灯火もスピリッツボードも1戦1戦はすぐ終わるので、亜空みたいに時間かけてステージを進まなくていいのでサクサク次行けますね。横スクロールもあれば欲しいけどw

    イベント戦、カスタマイズ、シールの過去作要素を合わせてスピリッツとしてひとつにまとめた発想はすごいです。WiiUからの移植作がDXとして次々Switch移植されてますけど、これはそれらとは一線を画しますね。確かにファイターやステージに関しては過去作の蓄積を活用してます、でもひとり用モードに関してはどこにfor WiiUの面影があるでしょう?ぐらい別モノですw
    集大成ではもちろんあるんだけど、それ以上に「完全新作」としての新しさの方に目が行くなんて理想的な作りですよね…!

    • kentworld より:

      おお!意見が一致してよかったぁ♪

      でも、過去作品をプレイされていたら今作の刷新ぶりは実感出来ますよね~♪

      前作までは過去にあったゲームモードをすべて入れないといけないような呪縛に掛けられていたと思います。

      今作は灯火の星を作り込んでいたのもありますが、綺麗にまとめてきましたよね。

      亜空の使者は2Dアクションライクなステージもありましたが、スマブラDXのアドベンチャーといい、スマブラの挙動にマッチしているようには感じませんでした。

      それもあって今回は2Dアクションステージをバッサリカットしているのかも知れませんね。

      今作をプレイしているとシングルプレイはプリセットの活かし方次第で面白さのテイストが大きく変わってくるんだなぁと実感しました。

  10. nicond より:

    次から次へとアンロックされていくのは気持ちいいですよね。
    次はどのキャラが来るのか、スピリッツは一体どれだけあるのか、想像するだけでも楽しいです。

    スマブラはX以来ですが、前作プレイヤーからしても大幅に変更されているんですか。桜井さんの意地を感じますねw

    • kentworld より:

      あまりにも要素が膨大なので、ちょっとプレイするだけで次から次へとアンロックされていきますよね!

      今作の物量も凄いことになっているので、どんどんアンロックして感じ取ってください♪

      前作と比べても別物に感じるので、スマブラXからだと変わりすぎて浦島太郎状態になるのではないでしょうか?w

  11. より:

    MOTHERとどうぶつの森のキャラ二人ずつは全員アンロック済。電気ネズミ兄弟も。過去に共演出来なかったキャラを共演させられるのは嬉しかったですね。ピチューがDX時代より強くなっており、まともなキャラになっています(笑)自分もダメージは相変わらずですが、安定したバランス。
    カッとなった弾みで右のジョイコンをへし折ってしまい、心臓部とフレーム部分が分かれた状態に 泣 心臓部が右のソケットに付いたまま外れなくなりました…。任天堂に修理に出さなきゃ、いずれ。

    • kentworld より:

      ピチューは強くなっていますか!?

      過去作品で弱かったキャラも強化されているようで良かったー。

      ありゃ!?Joy-Conをへし折ってしまったんですか!?

      スマブラSPは熱くなりやすいですからねぇ。代わりのコントローラがあれば良いのですが。

      アンロックは気がつけば次から次へとされていきますねw

  12. 吹っ飛べ!名無しさん より:

    初見で失礼いたします。拝読させていただきました。否定的なコメをしてしまいますがお許し下さい。

    概ね好評のスピリッツが面白い人にはいいのかもしれませんが楽しめない人には代償として過去作の色んなモードが削除されているのは残念でなりません。

    ロード時間挟んで自分が不利な状況を覆すために何回もスキルをつけ直したり変にソシャゲ風味な育成などスマブラでやりたいことではないです。ダルい。ただの2D絵ですし収集する気も湧きません。DXやXにあったイベント戦とフィギュアでいいんです。

    ファイター全部入りなんてことするならミニゲームも全部入りしてほしかったです。ホムコン、ターゲットを壊せ、台を乗り継いでいけ…どれも記録更新が楽しかったし、3DSのフィールドスマッシュも楽しかった。特にソロプレイの増えた寂しい大人こそ様々なモードがあるほうが嬉しいはずです。どうだといわんばかりの他を犠牲にし過剰に力を入れた新鮮なモード1つよりもマンネリと言われようが慣れ親しんだたくさんのモードを新しいキャラ、調整で遊びたかった。
    私は1人用モードに関して言えば素直に満足!最高!とは言えないです。勝ち抜き戦は素晴らしいですが…。

    とはいえ、ファイター全員参戦はなにより対戦する上で最も重要かつ今までにない素晴らしいこと。対戦ゲーム、パーティーゲームとしてのスマブラとしては過去最高なのは間違いないと思います。

    長文失礼いたしました。

    • kentworld より:

      スピリッツは嫌いな人は嫌いなモードになるようですね。

      確かにちまちました感じはしますが、難易度に関しては脇道を通らなければ適当にカスタマイズしてもノーマルでも何とかなりますよ~。

      自分はこういった細かい成長要素は苦手なんですが、3すくみを覚えて食べ物で豪快にレベルを上げていけば大抵は解決出来ています♪

      このシリーズはゲームモードも含めて過去5作品は積み上げ式だったので、今作で刷新されて戸惑ってしまう方もいるでしょうね。

      ですが、それをやったら単なる完全版、バージョンアップ版になってしまうので、ぼくは今回の挑戦を高く評価しています。

  13. MGMの名無しさんforSwitch より:

    ヤバい!!これ時間泥棒ですわ!!
    始めたら最後、色々ぶっ飛ばしたりされたりするうちに何時間も過ぎてしまう!!

    スピリッツの中毒性が半端ないんですよね。スピリット毎に個性に溢れたバトルが楽しめますし、万が一被っていてもキャラ・ステージ・音楽が違うので水増し感が薄れるので飽きずに楽しめます!!
    1回ごとのバトルも短くサクッと出来るので次から次と止まりませんが、スピリットの種類が膨大なので全然終わる気配がありませんw

    また、相手によってどんなスピリットを付ければ勝てるかを考えながらカスタマイズしたり、低レベルスピリットを育てるためにあえて強敵相手にぶつけてしまう事も出来たり(それが原因で瞬殺されるのもご愛嬌w)と色々な選択肢が出来るのも良いですね。
    更にアドベンチャーではそれに加えてマップ上での仕掛けも加えられていて、遊び応えも十分!!クリアまでの道は遠いなあ(褒め言葉)。

    今の所、従来の大乱闘以上に楽しめています!!勿論スピリッツを遊びつくしても膨大なファイターとステージ、より自由度が増したカメラがあるので、今回も幾らでも大乱闘を楽しめそうです。やはりオンライン入って良かったなあ。

    • kentworld より:

      スピリッツモードは全然水増し感がないから凄いですよね!

      これもスマブラの膨大なプリセットのおかげだと思います。

      ぼくは同じようなバトルが続くと単調に感じますが、今作でそう感じたことは一度もないから凄い。

      スピリッツの育成要素は良い塩梅に感じました。強いと感じる相手もスピリッツを変えることで意外なくらいサクッと楽しめますよね。

      まずはスピリッツを楽しみ、そこから勝ちあがり乱闘やオンラインなどを楽しんでいきましょう!

  14. つぐみ より:

    とりあえず、息子と娘が楽しそうに遊んでおります。

    そして、久々に遊んだけど、格ゲーの感覚で楽しんでしまうのでやっぱり操作がわかりませんでした(笑)
    自分はスマブラ向いてないなー、と改めて思いました。
    キャラが増えたとは言え、似たようなキャラ(とくにファイアーエムブレム)ばっかりの印象なので、同じ作品で似たようなキャラじゃなくて別個性のキャラが欲しいところですなー。FEならオグマやドーガやペガサス三姉妹を出してみるとかね。あとリンクも多いw出してくれるだけありがたいとは思うけど多いw
    更に大画面TVでもキャラクター多すぎて目が痛いw
    キャラが小さくて見えなーい!ってハズキルーペが欲しくなりますね

    あと個人的にはゼルダ姫の年齢が下がってしまって残念です。
    WiiU版の美人Verが良かったなぁ
    あと、WiiFitトレーナーが太陽礼拝!って言わなくなったのが寂しいです(笑)

    とりあえず、文句を言って見ましたが、子供達は楽しそうにやってますので、良いゲームかと。

  15. マッドタダ より:

    ぼちぼちとキャラクターを解放して遊んでいます。ネット対戦は無線を有線なのでスマブラに関しては回線が弱くて中々できません。みんなプレイをしているので混んでいますしね。
    スピリッツはキャラクターをよく再現をしているなと思いますね。まさか任天堂以外のキャラも再現をしてくるとは思いませんでしたけどね。因みに灯火の星はほとんど終わっていません。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ロックマン9 野望の復活!!【レビュー・評価】2008年に生まれた久しぶりのファミコンロックマン!
ブラストドーザー【レビュー・評価】ありそうでなかなかない建物の破壊をメインにしたゲーム
Deadlight(デッドライト)【レビュー・評価】悪くは無いが、オリジナリティが薄く、ストレスが溜まる
ピンチ50連発!!【レビュー・評価】プレイヤー自らが新アクションを覚えていくマゾゲー
うつすメイド イン ワリオ【レビュー・評価】DSiのカメラ機能でメイドインワリオを作って壊してしまったバカゲー
ゼルダの伝説 神々のトライフォース【レビュー・評価】シリーズの基礎を作り上げた歴史的な名作!ただし歯ごたえは抜群!
ナイツ NiGHTS into Dreams… 【レビュー・評価】素晴らしい世界観とゲーム体験が融合した作品
ゼルダの伝説 4つの剣+【レビュー・評価】3つの遊びが詰まったオムニバスゼルダ!
ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲【レビュー・評価】前作から正統進化したシリーズ最高傑作!
ドラゴンクエストXI(PS4)【レビュー・評価】10年後の8月、また出会えるのを信じて出会えたTHE・JRPG!