| ゲームレビュー

【レビュー】Super Beat Sports(スーパービートスポーツ) [評価・感想] 幅広い層におすすめ!多人数で楽しめるスポーツゲーム風のリズム天国!

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2017年10月に配信されたSwitch「Super Beat Sports(スーパービートスポーツ)」のレビューをしていきます。

本作は5種類のミニゲームが収録されたパーティゲームですが、多人数で楽しめるスポーツゲーム風の「リズム天国」でした!

リズムに合わせてスポーツを楽しめるうえに簡単なので幅広い層におすすめしたい作品です。

そんなSwitch「Super Beat Sports」の良いと思った点からまずは書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 5種類のスポーツを収録したリズムアクションゲーム。
  • リズムに乗ってボタンを押してボールを打ち返していく。
  • 2~4人の協力・対戦プレイにも対応。
初リリース日 2017年11月2日
対応ハード Switch
ジャンル リズムアクション
推定クリア時間 4~6時間
価格 1,600円(税込)
発売元 Harmonix

スポンサーリンク

良いところ

リズムアクションゲームをスポーツで表現したゲームデザイン

一見するとスポーツゲームのように見えるSwitch「Super Beat Sports(スーパービートスポーツ)」。

しかし、実際にはリズムに合わせてボールを打ち返して行くリズムアクションゲームでした!

そう感じてしまう大きな要因が、ボールを打ち返せるタイミングが決まっていること。

そのうえタイミング良くボタンを押し続けるとビートを刻んでいるような感覚を味わえるので、本質はリズムアクションゲームなんだと思いました。

例えで言うなら任天堂の「リズム天国」みたいな感じ。

難易度は「リズム天国」よりも低いので、本作の方が初心者はとっつきが良いと思います。

関連作のレビュー記事

任天堂ゲームを上手く研究している手触り感

あ・・・これ、任天堂のゲームっぽい。

ゲームを開始してから5分後、ぼくは真っ先にこう感じました。

何故かと言うと手触り感を良くするためのコダワリが半端ないからです。

前述の通り本作はリズムに乗ってスポーツを楽しむゲームなんですが、リズムが合った時の心地良さが素晴らしいんですよ!

まず大きいのが効果音

リズムが合った時の効果音は「ポン!ポン!ポン!」と楽器を叩いた時のような爽快感があるんです!

そんな爽快感をさらに強調させてくれるのが楽しげな演出!

タイミング良くボタンを押すと派手な星が飛び散り、周りのオブジェクトも連動して動くんです。

一瞬の出来事ではありますが、本作はタイミング良くボタンを押すことを繰り返していくゲームなのでこの点を抑えてくれると印象が良くなります。

多人数プレイが楽しめる5種類のスポーツを収録

本作には以下のスポーツが収録されています。

  • ワッキーバット(1~2人用)
  • ネットボール(1~2人用)
  • ゴブルゴルフ(1~2人用)
  • バディボール(1~4人用)
  • リズムラケット(1~4人用)

いずれも多人数プレイに対応しているんですが、何気にボリュームが凄い!

例えば「ワッキーバット」では30ステージ近くも用意されているんです!

そのうえプロモードという高難易度モードも用意されており、マルチプレイ専用のステージも存在します。

流れるBGMも異なりますし、1種目辺りのボリュームは割と多いです。

価格は約1,600円ですが、それに見合った満足感を味わえます。

多人数プレイが盛り上がる!

何度か本作の多人数プレイを楽しみましたが、1人用よりもずっと面白いです!

多人数プレイで特におすすめなのが、「バディボール」と「リズムラケット」

いずれも対戦形式となっており、ボールの打ち返しを続けて行くんですが、テクニックとランダム要素のバランスが絶妙なんです!

例えば「リズムラケット」の場合、タイミング良くボタンを押すとパワーショットを放つことが出来ます。

これが決まると相手はボールを打ち返しにくくなるんですよね。

一方、アイテムの存在によってランダム要素を生み出しているので予期せぬ展開が起こることもあります。

前述の通り本作は手触り感が良いので、これらのスポーツを4人でプレイしたら楽しいのなんの!

実力差が出てくるのである程度のルールを理解する必要はありますが、腕前が同じくらいの人と対戦したらスポーツのような熱さを感じられます。

協力プレイも楽しめる!

対戦プレイよりも協力プレイが良い!

そんな方に向けて本作は協力プレイにも対応しています。

協力プレイで面白いのが、プレイヤー毎に打ち返せる弾が決まっていること。

例えばボールが赤くなったら1Pしか打ち返せないんです!

そのため役割分担をしなければならないんですね。

ちなみに協力プレイ対応のスポーツは「ワッキーバット」「ネットボール」「ゴブルゴルフ」になります。

「ネットボール」はボタン1つでプレイできるうえにおすそ分けプレイ対応なので1人2役でプレイするのも良いですぞ!

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

開始前のロード時間が長い

各スポーツを始める前には約25秒のロード時間が発生します。

1プレイが5分程度であることを考えるとちょっと長いですね。

ロード時間中は落書きのようなイラストとTIPSを眺めるなんとも言えない時間になるので、友達とプレイする時は困りましたw

単調な1人プレイ

1人プレイの場合、用意されたステージを淡々とこなしてスコアを更新していくことになります。

しかし、ステージの変化に乏しいので単調に感じてしまいました。

曲ごとにシチュエーションが変わったら良かったんですが、さすがにそこまで力を入れられなかったみたい。

目次へ戻る

全体のまとめ

「リズム天国」でプレイするステージの題材をスポーツに特化してマイルドにしたような作品。

題材が特化している故に1人でプレイすると単調に感じてしまいますが、「リズム天国」よりも難易度が低いおかげで幅広い層が楽しめます。

そのうえ手触り感の良さも「リズム天国」に負けておらず、多人数プレイのゲームとして楽しむ場合はおすすめです。

幅広い層におすすめ!多人数で楽しめるスポーツゲーム風のリズム天国!

こんな人には特におススメ。
・リズムアクション好き。
・パーティゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・1人で楽しみたい人。

Super Beat Sports(スーパービートスポーツ)/お気に入り度【75/100%】
プレイした時間・・・約3時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(2)

  1. エンタメ最高マン より:

    スーパービートスポーツのレビューきましたね!
    おっしゃる通り、リズム天国のようなレスポンスの気持ちよさが本作の魅力だと思います♪

    リズムラケットはシンプルながら白熱して楽しめますし、またどこかでプレイする機会があれば嬉しいです!

    • kentworld より:

      記事の執筆がズルズルと延びたら年末になってしまいましたw

      でも、2018年に間に合ってよかったです♪

      この爽快感は侮れませんね。かなり研究されたんじゃないでしょうか?

      エンタメさんとのガチバトルは是非やってみたい!来年の目標にしましょう!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】パンドラの塔 君のもとへ帰るまで [評価・感想] ギャルゲーとゼルダ要素を上手く融合した良作!
【レビュー】LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア- [評価・感想] 可愛い見た目に反してストイックで人を選ぶホラーゲーム
【レビュー】Until Dawn – 惨劇の山荘 –  [評価・感想] 雑過ぎる規制(暗転ドーン)によって過小評価されてしまった冬のホラーゲーム
【レビュー】カービィ バトルデラックス! [評価・感想] 気軽に対戦したいライト層に向けたサブゲーム出張編!
【レビュー】ことばのパズル もじぴったん [評価・感想] 発売から時間が経過する毎にジレンマが生まれる無茶過ぎるゲーム!
【レビュー】HUE(Switch) [評価・感想] 背景の色を変えることで道が開かれる新感覚パズル!
【レビュー】タッチ!カービィ スーパーレインボー [評価・感想] ミドルプライスという縛りの中で無難に作られた作品
【レビュー】勇者のくせにこなまいきだDASH!(勇こな) [評価・感想] 来るべくして此処にきた最強のパズドラフォロワー!
【レビュー】星のカービィ64 [評価・感想] 3D映像によってアトラクション化を果たしたカービィのフルコース!
【レビュー】スパイロ・ザ・ドラゴン [評価・感想] 四足歩行のドラゴンがダイヤを淡々と集めていく滑空3Dアクション!