| ゲームレビュー

【レビュー】スーパーマリオストライカーズ [評価・感想] ゲームキューブ末期に発売されたコア向けのマリオゲーム!


スーパーマリオストライカーズ/GC

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

マリオといえば仕事を選ばないキャラクターとして知られていますよね?

冒険家、テニスやボクシングの審判、ゴルファー、大工、医者、配管工などなど。

なんでもできるオールマイティなキャラクターであることから彼を主人公にしたあらゆるスポーツゲームが発売されました。

ゴルフを始めたのかと思ったらテニスや野球をするようになったり。

2005年に入ってからはスノボゲームの「SSX」、バスケットゲームの「NBA」にゲスト出演したりと、その勢いは留まることは知りません。

そんなマリオですが、今回レビューするGC「スーパーマリオストライカーズ」ではサッカーに挑戦しています。

サッカーと言えば野球に次ぐ人気スポーツですから、今作で定番どころを制覇してしまいましたw

肝心の内容に関してなんですが、基本的な部分はよくできています。

パスやシュートを繰り返して相手とボールを奪い合う駆け引きとか、キーパーのスキを突いてボールをゴールに入れる快感とか。

同じくらいの腕前の人と対戦したらめちゃくちゃ盛り上がるので、サッカーゲームとしては一定の水準に達しているかなと思いました。

ただ、マリオのゲームにしては妙に難しかったり、洋ゲー特有の地味な部分が散見されたりして、人を選ぶ作りとなっています。

ここからはそんなGC「スーパーマリオストライカーズ」について詳しく語っていきますので、良かったら最後までご覧ください。

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • マリオたちが試合を繰り広げるサッカーゲーム。
  • 相手をタックルで妨害したりアイテムを使ってお邪魔できる。
  • キャプテンはスーパーストライクという必殺シュートを発動できる。
初リリース日 2006年1月19日
対応ハード GC
ジャンル スポーツ
売上 初週7.0万本/累計19.4万本
推定クリア時間 3~4時間
発売元 任天堂

スポンサーリンク

良いところ

ボールの奪い合いが楽しい

本作で特に楽しいと思ったのが、対戦相手との駆け引きです。

サッカーと言えば2つのチームがひとつのボールを蹴って互いのゴールに入れていくのが目的のスポーツですよね?

で、試合中は激しいボールの奪い合いが起こるわけですが、その時の駆け引きは今作でもしっかりと再現されています。

例えばボールを蹴っている時にAボタンを押すと近くに味方にパスできるんですよ。

その時にタイミング良くAボタンを押すとダイレクトパスが発動。

ドリブルせずに直接パスができるので、相手を惑わすことができるんですね。

さらにパスを受け取る瞬間にBボタンを押すとダイレクトシュートが発動。

ゴールにめがけて強力なシュートをお見舞いできるので、上手く決まった時はガッツポーズをしたくなります。

このように本作には様々なテクニックが存在するので、スポーツゲームらしい上達する楽しさを感じました。

CPUが操作するゴールキーパーは賢いので、最初はボールをゴールに入れることすらも苦戦すると思いますが、慣れてくるとすんなり入ります。

そんな時、自分は上達しているんだなと実感しましたね。

ゲーム内にはトレーニングモードが収録されています。

ここでは操作方法の説明文を確認できるほか、わかりやすくまとめたムービーを視聴したり、実際に練習できるので、初めてプレイされる方はトレーニングモードに触れておくのが良いと思いました。

面倒なのは否めませんが、キャラクターを選択した後は

  • 説明文を確認するのか?
  • ムービーを視聴するのか?
  • 実際に練習するのか?

をボタン1つで選択できるので、自分の好きなスタイルで学ぶことができます。

マリオらしいギミック

本作はマリオのゲームになるので、ただのサッカーゲームではありませんw

実際のサッカーではやってはいけないこともできるので、マリオらしいユーモアを感じました。

例えば相手チームのキャラクターをタックルでひるませてボールを奪うこともできるんですよ。

乱暴ではありますが、ボールを楽に奪えるので、上手く行ったら気持ち良いです♪

他にもアイテムを使ってお邪魔をしたり、試合中にクッパが現れて邪魔してくることもあるので、自分は何のゲームをやっているのかわからなくなってきましたw

極めつけは、スーパーストライクです。

スーパーストライクはチーム内のキャプテンだけが使える必殺シュートで、相手の陣地でBボタンを押し続けると発動します。

すると、振り子のようなメーターが出現。

白い針を緑のエリアに入るようにBボタンを押すことで強力なシュートを放つことが可能で、ゴールに入ったら2点を獲得できます。

どうでしょう?漫画のようにぶっ飛んでいますよね?w

忠実なサッカーを期待しているとコレジャナイと感じそうですが、ぼくとしては自由な発想で作られている感じがして気に入りました。

1人用のやり込みが熱い!

本作は対戦メインのゲームではありますが、やり込みが熱いので、1人でもある程度は楽しめます。

1人用のメインとなるモードはカップバトル。

このモードではCPUと対戦を繰り返して各カップで総合1位を目指していきます。

しかし、難易度が高めに調整されているので、初心者ですといちばん簡単なキノコカップですらも苦戦するんですよ。

カップバトルで挑戦できるカップは4種類。

全てのカップをクリアしたあとも裏モードが出現するので、完全クリアを目指そうと思ったらそこそこ時間が掛かります。

他にもカップバトルやカップレコードのトロフィーを集めたり、隠しチーム、隠しスタジアム、隠しオプションを解禁したりとご褒美が満載なので、一緒に遊ぶ友達がいなくてもある程度は楽しめました!

ピーチとデイジーがセクシー

ちょっと変態な意見になってしまいますが、ピーチとデイジーがセクシーな格好をしているのもプラスポイントに感じます。

だって、ショートパンツにへそ出しのシャツでサッカーをするんですよ?w

「マリオストライカーズ」は本作の後にも何作か発売になりましたが、ピーチとデイジーの露出度は1作目がいちばん高かったりしますw

セクシーなピーチとデイジーを拝めたいのでしたら、ゲームキューブ版がおすすめです♪

スポンサーリンク

目次へ戻る

惜しいところ

どこか地味

一見すると派手に感じる「スーパーマリオストライカーズ」。

しかし、マリオのゲームにしては弾けきれていない感じもしました。

大きな要因となっているのが、BGMの主張が控えめであることです。

カナダの開発会社(ネクストレベルゲームズ)が手掛けているからでしょうか?

マリオらしい賑やかなBGMはほとんど収録されておらず、試合中は観客の歓声しか聞こえてきません(延長線になったら流れますが)。

メニュー画面のBGMにしても控えめで、地味な配色と相まって洋ゲーっぽく感じました。

とっつきが悪い

マリオのゲームにしてはとっつきが悪く感じます。

ぼくがそう感じた最大の要因が、操作の難しさです。

Aボタンでパスとか、Bボタンでシュートとか。

基本的な部分は簡単なんですが、CPUが操作するキーパーが賢いので、慣れないうちはボールをゴールに入れるのが大変なんですよ。

ボールをゴールに入れるには味方と連携したり、的確なタイミングでボタンを押さないといけないので、初心者ではまず入れることができません。

だからこそトレーニングモードを収録したのだと思いますが、自主的にしないといけないので、ストーリーを通じて学べるモードがあると良いなと思いました。

他にもスーパーストライクを放つ時のメーターを押すタイミングがシビアだったり、アイテムを入手した時の演出がわかりにくかったりと、任天堂のゲーム、マリオのゲームにしては不親切な部分が目立っています。

目次へ戻る

スーパーマリオストライカーズのレビューまとめ

相手との駆け引きが熱いサッカーゲーム。

マリオのゲームにしては難易度が高く、とっつきも良いとは言えないので、間違っても「マリオパーティ」のような感覚で手を出してはいけません。

ですが、同じくらいの腕前の人と対戦したらめちゃくちゃ盛り上がりますし、1人でもある程度はやり込めるので、もう少し磨けば化けるんじゃないかと思いました。

ゲームキューブ末期に発売された作品なので当初は本体の性能を活かしきった傑作になるかと思っていましたが、実際にはシリーズ1作目のプロトタイプって感じでしたね。

こんな人には特におススメ。
・ガチな対戦ゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・パーティゲーム感覚で遊びたい人。

お気に入り度【65/100%】

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

, , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

関連記事

【レビュー】Action Henk(アクションヘンク) [評価・感想] すべり台をフィーチャーしたタイムアタック重視の2Dアクションゲーム!
【レビュー】ライオットアクト2 [評価・感想] 協力プレイ推奨で作られたジャンプアクション型のTPS
【レビュー】SUPERHOT VR [評価・感想] 超粗削りでハードルも高いが、バーチャルFPSの片鱗を堪能できる意欲作!
【レビュー】ゼルダの伝説 夢をみる島 (GB) [評価・感想] 島での冒険が思い出として心に残る名作!
【レビュー】ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス [評価・感想] ぶっ飛びすぎてリアル系からコメディ系FPSに進化!?
【レビュー】アラン ウェイク [評価・感想] スランプの人気小説家を描こうと苦難した海外ドラマ風アクションアドベンチャー!
【レビュー】スーパーミートボーイ フォーエバー [評価・感想] 1,000回ミスは当たり前!前作プレイヤー向けのマゾゲー!
【レビュー】スーパーマリオ64DS [評価・感想] 大幅な追加・変更点によってN64版から別物に変貌したDS初期の力作!
【レビュー】初音ミク Project mirai 2 [評価・感想] 前作比200%どころか400%までパワーアップした3DSの定番リズムアクションゲーム!
【レビュー】パックマン&ギャラガ ディメンションズ [評価・感想] 3DSの面白さが体感できるバラエティパック!