| ゲームレビュー

【レビュー】テトリスDS [評価・感想] ミリオンヒットも納得!最大10人対戦可能な任天堂製テトリス!

4


テトリスDS/DS

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2006年4月に発売されたDS「テトリスDS」のレビューをしていきます。

本作は任天堂がDS向けに発売した人気落ち物パズルゲームですが、ミリオンヒットも納得してしまうほど対戦ゲームとして優れていました!

まずは良いと思った点から書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 落ちてくるブロックを1ライン埋めるのが目的の落ち物パズルゲーム。
  • 6種類のゲームモードを収録。
  • DSカード1枚で最大10人対戦が可能。
初リリース日 2006年3月20日
対応ハード DS
ジャンル パズル
推定クリア時間 1プレイ5~30分
売上 万本
発売元 任天堂

スポンサーリンク

良いところ

多彩なゲームモード

数あるゲームソフトの中でも特に売上本数が多い「テトリス」シリーズ。

しかし、それ故にゲーマーの間では陳腐に思われがちなのも確かです。

そんな中で発売された本作は多彩なゲームモードで上手く価値を生み出していました!

以下、本作に収録されているゲームモードです。

  • オーソドックスなルールで楽しめる「スタンダード」
  • DSの2画面を活かしてコンピュータと戦う「プッシュ」
  • 下画面のブロックをタッチペンで操作していく「タッチ」
  • 1手ずつテトリミノと向きを選んでいく「パズル」
  • 次々と問題を解いていく「ミッション」
  • 落ちてくるテトリミノをくっつけて4×4以上の塊を作る「キャッチ」

このように本作は大きく分けて6種類のゲームモードが収録されています。

6種類は近年発売された「テトリス」の中では少ない方ですが、本作の場合はそれぞれ別物なので単純な比較は出来ません。

収録されている6種類のゲームモードはいずれもユーザーインターフェースやゲーム性が全く異なっており、アレンジの域を出ていました。

しかもモードによってはステージやレベルの指定も可能なので、色んな楽しみ方が出来るんですね。

嬉しいのが、サクサク動くこと。

任天堂のゲームらしく快適性が重視された作りになっていて、プレイしていてストレスを感じることはほぼありません。

マリオの演出が熱いスタンダードモード

最もオーソドックスなルールのスタンダードモードはマリオの演出が熱かった!

このモードのBGMは「スーパーマリオブラザーズ」をモチーフにしていて、上画面には同作品に似せた映像が映し出されます。

しかも一定数のラインを消すことでマリオが動き出し、ステージも地上→地下と変化するようになっているんです!

おかげでラインを消すモチベーションが上がり、「スタンダード」モード内の「マラソン」では最終目的となる200ラインを目指したくなりました!

ちなみに任天堂のBGMはマリオ以外にも「ゼルダの伝説」「メトロイド」「ドンキーコング」「バルーンファイト」などが用意されています。

ですので、本作は任天堂らしさが満載なんですね。

サウンドテストモードも収録されていますぞ

DSの2画面を活かしているプッシュモード

プッシュモードはDSの2画面を活かした遊びが面白かった!

このモードでは縦に長いフィールドの上画面を使い、下画面を操作しているコンピュータをプッシュしていきます。

プッシュの方法は簡単。一度に2ライン以上を消して行くだけです。

プッシュが成功すると1ライン押し出すことが可能で、一定ラインまで押し込めば勝利となります。

やっていることは「スタンダード」の「VS COM」と大差ありませんが、表現方法が斬新だと思いました。

問題集として楽しめる「タッチパズル」と「パズル」

短時間でサクッと楽しみたい!

そんな人に向けて本作には以下のような2種類の問題集が用意されていました。

  • タッチペンでブロックを動かして指定の条件をクリアしていく「タッチパズル」
  • 1手ずつテトリミノと向きを選んでいく「パズル」

「タッチパズル」は全50問。「パズル」は全200問用意されているので、これだけでも遊び応えは十分です!

ちなみに用意されている問題は好きな順番から挑戦することが出来ます。

終盤の問題は非常に難しいですよ~。

斬新なルールのキャッチ

そして一番ハマったのがキャッチ!

このルールではテトリミノの塊を作っていくのが目的となっています。

他のルールと違うのが、降ってくるテトリミノではなく塊の向きしか変えれないこと。

あんまり大きくなると降ってくる「メトロイド」にぶつかってしまい、大ダメージを受けてゲームオーバーになってしまいます。

そこで重要になるのが4×4以上の塊を作ることです。

すると塊を爆破させることが可能になり、スコアが加算されていきます。

これを繰り返してハイスコアを更新するのが目的となっていますが、メトロイドらしい演出と相まってハマりました!

対戦ツールとして優秀

なんと本作、DSカード1枚で最大10人対戦が出来るんです!

DSソフトで最大10人対戦出来る出来るタイトルはほとんどないだけにこれは有り難い!

しかも単に対戦出来るだけではありません。

6種類のアイテムを使って相手のお邪魔が出来るんです!

中にはテトリミノの消滅、ブロックの入れ替えなど「マリオカート」みたいなぶっ飛んだ効果のアイテムもあるのでパーティゲーム色が強まっていました。

他にもハンデやチームの設定も可能で色んな楽しみ方が出来ます!

身近に対戦出来る相手が居なくてもWi-Fiを使ってのオンライン対戦も楽しめますし、対戦ツールとして非常に優秀です。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

もっとモチベーションを高める要素が欲しかった

色んな遊びが詰まった「テトリスDS」。

確かに色々収録されていてバラエティに富んでいますが、ある程度能動的にプレイしないとすぐに飽きてしまいます。

ストーリー要素はもちろん、やり込みをすることでアンロックされる要素はほとんどありませんからね。

とりあえず色んなモードを収録したのであとはご自由にどうぞ。

そんな開発者の声が聞こえてくるかのように放り出されますw

一応、各モードのスコアは記録されますが、ランキング形式で保存されたり、やり込むことでポイントが蓄積されていくなどもうひと工夫してほしかった。

目次へ戻る

全体のまとめ

DSで発売する「テトリス」としては非常に理想的な作品。

色んなルールが収録されているのでバラエティに富んでいますし、対戦ツールとして非常に優秀です。

ただし、暇つぶしゲームとして割り切って作っているのか長時間プレイするほどのモチベーションは持ちにくく感じました。

本作が発売された2006年当時はDSが空前の大ブームだったので、時代の流れに上手く乗った作品だと思います。

国内だけで100万本以上売れるのも納得です。

ミリオンヒットも納得!最大10人対戦可能な任天堂製テトリス!

こんな人には特におススメ。
・パーティゲーム好き。
・テトリス好き。

こんな人にはおススメできない。
・ガッツリ楽しみたい人。

テトリスDS/お気に入り度【75/100%】
プレイした時間・・・約15時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(6)

  1. KAZU より:

    今でもたまにプレイします。モードがたくさんあって飽きにくいし、何より操作がサクサクなんですよね。快適です。任天堂はパズルゲームを作るのがうまいと思うので、どんどんパズルゲームを出してほしいんですよね。

    • kentworld より:

      そうそう、当たり前のようですが、テトリスの中でも手触りは良い部類だと思います。そこもレビューに追記しておこう。

  2. コルチカム より:

    このゲーム失くしてしまったんですが、学生の頃はDS持ってる友人同士で対戦しまくった思い出があります。

    テトリスって上手い人はとことん上手くてどうしても実力差が出るんですが、本作はハンデが設定できて、尚且つ2対1や3対1の対戦もできるので、複数人集まれば実力差があってもある程度互角に戦えるんですよね。

    私は比較的上手いほうだったので、1人で2人以上の相手をされられつつハンデもMAXにされてましたw
    ハンデのせいでテトリミノの落下速度がだんだんえげつなくなるんですが、最終的には残像すら見えないレベルで一瞬で落ちてきますw

    • kentworld より:

      おお!コルチカムさんの学生時代の思い出でしたか!?

      いやぁ・・・話を聞いただけで羨ましくなってきましたよw

      コルチカムさんがパーティゲーム好きなのも納得してしまうエピソードです。

      ハンデ機能は有り難いですが、それはえげつないw

      それで勝てたら最強すぎますね・・・

  3. ホンマ□トモフミ より:

    テトリスDSは僕にとっても思う入れのあるゲームですよ(^^)
    本来は母が自分で楽しむ用に買ったのですが、度々借りて遊んでました。

    僕は特にタッチパズルにすごくハマったな〜。おかげでバルーントリップの曲を聞くとパズルがやりたくなりますwww

    まぁ確かに本作はあくまでも息抜きで遊ぶためのゲームなので、がっつりやると飽きるかも(^^;)
    でもそういうスタイルのゲームが僕は一番好きなのでDL専売でこういうゲームをなんらかの形で復刻してほしいです。
    今はテトリスをやりたくなったらSwitchのぷよテトSを遊んでます。

    • kentworld より:

      お母様から借りてプレイしましたか~。

      タッチパズルは本作ならではの要素ですよね。他にもテトリスのゲームとしては唯一無二の魅力が詰まっています。

      本作でバルーンファイトのBGMが頭に残るのも面白い話ですねw

      本作はタッチジェネレーションズというシリーズで発売されましたし、脳トレなどと同じ位置付けなんだと思います。

      権利関係の問題からか生産終了しているのが残念ですね。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】塊魂 ノ・ビ~タ [評価・感想] ダウンロードコンテンツを含めて初めて成り立つ突貫工事作品
【レビュー】エスケーププラン [評価・感想] 手がもう一本欲しくなる!
【レビュー】Wii Party U [評価・感想] Wii Uの機能を活かしまくったパーティゲームの詰め合わせセット!
【レビュー】Outlast(アウトラスト)2 [評価・感想] 粗さも含めて前作から正統進化
【レビュー】スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness- [評価・感想] 次世代JRPGを目指した惜しい作品
【レビュー】Pneuma: Breath of Life [評価・感想] シックな雰囲気によって優雅な午後を過ごせる超独創的な一人称視点パズル!
【レビュー】TETRIS(テトリス)(PS3) [評価・感想] 本体を持っていたらとりあえず落としてほしいコスパ抜群の定番パズル!
【レビュー】東京クロノス [評価・感想] ノベルゲー×VRの化学反応を見せつけた良作!
【レビュー】とびだせ どうぶつの森(とび森) [評価・感想] 可愛い見た目に反して作り込みは欧米のAAA級タイトルレベル!
【レビュー】マリオパーティ3 [評価・感想] N64末期に発売されたシリーズの完成形!