2018/07/13/12:00 | ゲームレビュー

オクトパストラベラー【速報レビュー・評価】レトロ風RPGの皮を被ったオープンワールドゲームの予感!?


オクトパストラベラー/Switch

2018年7月に発売されたSwitch「OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)」。

スクウェア・エニックスが贈る新規のファンタジーRPGですが、今回の記事では本作の速報レビューをしていきます。

クリアしたら大幅加筆して総評をまとめていく予定です。

ストーリー重視のRPGかと思いきや・・・

ゲームを始めると8人居る主人公のうち1人を選択する事になります。

選択した後はイベントシーンが始まるんですが、そこで展開されるストーリーがかなり面白い!

旅立つまでの動機付けなんてレベルに収まっているのではなく、主人公の生い立ち、境遇、人間関係を丁寧に描き、「この先どうなってしまうんだろう?」とプレイヤーが感情移入出来るように作られていて世界に入り込んでしまいます。

しかし、読んでいるだけの時間がかなり長く、キャラクターを動かしてフィールドの探索や敵との戦闘を楽しむまでの時間がレトロ風RPGにしてはかなり長いです。

そのため第一印象はRPGと言うよりアドベンチャーゲームでした。

イベントシーンはボイス付きで展開されるし、このゲームはストーリーを楽しむタイプのRPGなんだなぁ。

そう納得していたところ・・・

街を出てから壮大なオープンワールドゲームに変貌!

な、なんだこの広い世界は!?

街を出てみるとそれまでのレール式RPGから一変。まるでオープンワールドRPGのように広大な世界が広がっていたんです。

エリア毎に区切られているので個々のフィールドを見たら広く感じないけど、体験版とは違って通行止めのエリアは存在せず、東西南北どこへ行っても良いので行動面の自由度は非常に高く感じました。

しかも道中でのイベントシーンはほとんど発生せず、ストーリーに縛られる事なく自由に各地を探索出来たんです。

プロローグで発生した怒涛のイベントシーンラッシュは一体何だったのかw

面白いのが、強敵が潜むエリアへいきなり潜入出来る事。

例えばレベル11の段階で危険度レベル31のエリアへ訪れる事も出来るんですよ!

当然、そのようなエリアの敵と戦ったら大苦戦しますが、もし勝てた場合は膨大な経験値が貰えるので一気にレベルを上げる事が出来ます。

個人的にRPGでは沢山の経験値を入手出来る強敵を倒して一気にレベルを上げる遊びが好きなので、そういう楽しみ方が出来るのは嬉しいですね♪

体験版では強敵が潜むエリアへ行くことは出来なかったので、これは製品版で初めて味わえた事です。

この雰囲気、好きだ!

わぁ・・・懐かしいなぁ

本作のグラフィックは古き良きRPGを意識した温かみのあるものでした。

でも、この手の表現ってレトロゲームブームによって最近は珍しくなくなってきましたよね?

それでも本作の映像表現には唯一無二の魅力を感じます!

まず、ドット絵に見せかけてポリゴンで処理されているのが面白い!

おかげでドット絵”風”のキャラクターも光源処理に影響されて地形によって色が変化するので、フィールドの空気感が増しています。

背景のオブジェクトも落とし所が上手いですね。

こちらはフォトリアル寄りの映像表現となっていて、例えば水面の表現は本物そっくりに描かれています。

16bitとフォトリアルの映像表現を融合するとこんなテイストになるのか!?

ありそうでなかった映像表現にまずは魅了されてしまいます。

戦闘が戦略性あって面白い!

RPGと言えば戦闘!

ここの面白さによって印象が大きく変わってくるものですが、本作の戦闘は好印象でした。

戦闘システムはオーソドックスなコマンドバトルで、取っ付き易いものとなっています。

もちろん、単なるコマンドバトルではありません。

「ブースト」「ブレイク」という2大システムによってシンプルなコマンドバトルをより奥深いものにしていました!

「ブースト」は技を強化するシステム。重ねがけが可能で、使用する際に必要なポイントは1ターンに1個ずつ増えていきます。

一方、「ブレイク」は敵に存在するステータスポイント。

弱点を突くと1個減らせ、ポイントが0になると体勢を崩してしまい、大ダメージを与えられます。

これらの2大システムが非常に上手く絡み合っていて戦闘をより面白くしていました!

より多くのダメージを与えたい場合、敵を「ブレイク」させてありったけの「ブースト」ポイントを使って攻撃をするというセオリーを生み出していますからね。

ブレイク×ブースト×弱点攻撃のコンボを組み合わせたら与えられるダメージ量は飛躍的に増すので、決まった時はめちゃくちゃ気持ち良いです!

この感覚、まるでアクションゲームみたい♪

全体的には「ペルソナ」や「ブレイブリーデフォルト」の戦闘システムを良いとこ取りしている印象で、個人的に好みのバランス調整です♪

これだったらボタン連打では勝てず、よーく考えてコマンド選択をする必要がありますからね。

ダメージ数は序盤でも3桁、4桁が当たり前でインフレ化していますが、終盤になったらどうなるんだろう?

え?住人と戦ったり、仲間に出来るの!?

なんと、本作では住人と戦ったり、仲間にする事が出来るんです!

パーティメンバーはそれぞれ独自のフィールドコマンドを持っていて、体験版では住人と戦ったり、仲間にする事が出来ました。

それぞれ強さや特技が異なるので、色々と試したくなりますね。

僕の場合、新しい街に訪れたら各キャラクターのフィールドコマンドを片っ端から使っていますw

ここまで何でもありのRPGって国産では珍しいですね。

主人公はなんと8人!それぞれに独自のストーリーが存在する!

そして本作最大の特徴と言えるのが、8人の主人公!

ゲーム開始時に8人の主人公を選ぶ事が可能で、それぞれ職業や生い立ち、ストーリーが異なります。

こうして書くと8本のRPGが収録されているような気がしますが、本作が凄いのは全員を仲間にして1周ですべてのストーリーを楽しめる事!

まずは好きなキャラクターでプロローグを体験する事になります。

そして各地へ旅立てるようになり、様々な街へ訪れてみると別の主人公を仲間にする事が出来るんですね。

仲間にする時にはその主人公のあらすじを確認する事が出来るので、1周でそれぞれのストーリーを楽しむ事が出来ます。

複数の主人公が存在する作品はこれまで沢山発売になっていたけど、1周ですべてを体験出来るRPGは珍しいですね!

ちょっと気になった事

体験版と合わせて6時間ほどプレイしてみたところ、本作にストーリーの面白さはあまり求めない方が良いかなぁと思いました。

確かに旅立ちまでの描写は細かく、それぞれのキャラクター設定も魅力的なんですが、それ以降は探索と戦闘、育成を淡々と繰り返していくだけなんですよね。

また、フィールドやダンジョンにギミックは全くと言って良い程存在せず、どの主人公のプロローグも作り込まれてはいるものの”旅立ち”という結末が共通している関係でマンネリ化しやすく感じました。

RPGは大きく分けてストーリー重視型と戦闘重視型が存在すると思いますが、本作の場合は後者に分類されると思います。

各主人公のフィールドコマンドを活用して戦闘を有利に進めたり、JPを稼いで好きな技をアンロックしたり。

本作はその辺りに面白さの比重が大きく置かれていると思いました。

フリーシナリオのうえにフィールドコマンドを使って色んな事が出来てしまうので、どこから進んでも良いように凝った仕掛けを盛り込まなかったんでしょうね。

スポンサーリンク

全体のまとめ

全体的にはレトロ風RPGの皮を被ったオープンワールドゲームに感じました!

長所、短所ともに良くも悪くもオープンワールドゲームのDNAを受け継いでいるのでRPG好きでも好みは分かれると思いますが、中毒性は高く感じます。

すべてのキャラクターを仲間にするだけでも時間が掛かるのでなかなか二章へ進めませんが、そこからどう変わっていくのか楽しみです!


タグ

おすすめ記事

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(19)

  1. C-rex より:

    スカイリムやフォールアウトの技法をコマンド式RPGにアレンジシステム、ロマサガのエッセンスが活かされた内容でもあるようですね。これは中々面白そう。
    ただ、ほしいのは山々ですが、しばらくは忙しいので、後になりそうです。

    • kentworld より:

      プレイしてみて本作はただのレトロ風RPGではないと思いました。コンセプト的にはC-rexさんが好みそうなタイプのゲームですね。

  2. 匿名 より:

    う〜ん、確かにオープンワールドっぽい仕様にしたせいで旅立ち部分の描写以外は薄くなってそうですね…

    それぞれのキャラクターのストーリークリアまでに8時間くらいみたいだし、ストーリー重視のものを求めてる自分とは合いそうに無いかなぁ
    (後々のこの辺りの詳しいレビューも期待してます)

    折角8人いるので、ドラクエ4のように1人ずつ主人公切り替えて、それぞれのキャラクターの物語が交わる群像劇物のストーリーのほうが良かった…

    • kentworld より:

      現在、二章をプレイしております!仲間キャラクターとの絡みはパーティチャット的なシーンで見られましたが、それ以外のイベントシーンは単独行動の印象ですね。

      リニア式のRPGと比べたら淡白な予感です。群像劇になる可能性は低いでしょうね・・・

  3. むぐお より:

    わ、これは俺向きのゲームかもしれませんね
    どうもストーリーとか丁寧にぬっていくお使いゲームってすぐ飽きるんで想像の部分を残しておいてほしいんですよね
    しかしオフ会でみなさまが散々体験版が面白いとか言ってたんで気になって昨日買いにいったらどこにも売ってなくてやばい!品不足だ!と駆けずり回ってたら今日普通に売ってました金曜だったのか
    まさかスーファミ時代のRPGのような目にあったかと思いましたね笑
    とりあえず購入したはいいけど、まだひらいてないのでじっくりやってみます
    サガとFF6のいいとこどりした感じかなあってのが第1印象です
    本家のサガは戦闘のロードがだいぶ早くなったのでそれまでにクリアしたいところです

    • kentworld より:

      最初はストーリー長い!と思うかもしれませんが、それ以降は探索や戦闘が中心でそういう意味ではむぐおさん向きのゲームかも知れません。

      ちょっとでも危険度レベルが高いエリアへ訪れると瞬殺されますしw

      出荷本数の方は需要の割にかなり少なく、チャンスロスが生まれないか心配です。

      未プレイですが、サガの匂いは感じますね。あと、SFC時代のFFっぽい感じもします。

  4. フラーレン より:

    Switchは買ったけど、ゼルダとゼノブレイドしかやってないから、これを買ってみようかなあ

  5. yy より:

    おお〜好感触みたいで良いですね
    ブレイブリーデフォルトが3DSベストRPGだった自分としては今作は是非プレイしたいです!

    ただペルソナ5がまだ終わってないのでこちらをクリアしたらやりたいですね
    このゲーム長過ぎるのじゃ〜

    • kentworld より:

      ブレイブリーデフォルトが3DSのベストRPGでしたか!?それでしたら本作の戦闘は楽しめると思います。

      ペルソナ5はビックリするくらい長いですよねw さすがに本作と平行プレイは厳しいかな?

  6. 田中 より:

    6時間ほどプレイしてます。メインはしっかり提示されてるけど寄り道は好きにできるくらいの自由度が大好きです。戦闘システムも育成システムも自分好みで素晴らしいです。8人いるので一人一人のストーリーの量は多くないでしょうが今の所面白いので楽しくてしかたないです。久しぶりにプレイしたアクワイア製のゲームでしたが大当たりで嬉しい限りです

    • kentworld より:

      おお!購入されましたか!本当に自由度が高い作品ですよね。街を出たらどこにでも行けるし、各キャラクターのジョブも追加出来ますから。

      そうそう、本作はアクワイア製のゲームなんですよね。アクワイアは良い仕事をしたと思います。

  7. 匿名 より:

    2

    P
    V

  8. KA より:

    5人目を仲間にしたところまで進めましたが期待通りかそれ以上の出来で特に戦闘がすごく楽しいです。

    最初は2章の推奨レベルがやけに高いなと思いましたが仲間を増やしていくうちに納得してしまいました、仲間を増やすたびに仲間にしていないキャラの1章の推奨レベルが上がっていき8人全員仲間にする頃には推奨レベルに達していそうなので8人全員を仲間にすること前提な感じですね、もちろん全員仲間にしなくても進めますし仲間なしでいきなり2章に挑むこともできるので攻略の自由度がかなり高いです。一緒に戦えるのは4人までですから誰を入れるか考えてしまいます、戦闘システムからして見ると一途に育てるのでは無く均等に育てた方がいいかなと思ってます。

    同じファイルでも8人全員のストーリーを体験できるのは良いですね、主人公を8人分作らずにすみますし、ただストーリーシーンで主人公を含めた他のキャラの介入は無く仲間になるキャラのみでストーリーが進行していくのは少し違和感がありますが…

    パーティーが揃うと戦略の幅がかなり広がりますね、仲間ごとに武器や属性が異なるので最初から集中攻撃せずどの敵の弱点を付いてポイントを減らすかの駆け引きがあります、そしてブレイクしたら一斉にブーストして一気に攻めるのは気持ちが良いです。

    サブクラス解禁されるとさらに戦略性がさらに高くなりそうなので楽しみです

    • kentworld より:

      そうですね。このゲームはそれぞれのキャラクターのストーリーを好きなように進めてレベルを上げていくように設計されているんだと思います。

      まあ、僕はレベル稼ぎの穴場スポットに籠もってしまうので、あまりストーリーが進んでいませんがw

      ストーリーは少しでも別の主人公が絡むとややこしくなって開発期間が長くなるのを避けてか割り切って作られていますね。でも、1周目で全員のストーリーを楽しめるのは嬉しいです!

      戦略の幅は本当に広く感じます。ある程度進めるとサブクラスやサポートアビリティの組み合わせも意識することになりますから、どんな編成で行こうか考えるだけでも楽しいですね!

  9. 名無しの旅人 より:

    メインストーリーを追ってる時間自体はかなり短いですが、それ以外の装備集めやジョブのやりくりなどが最高に楽しいですね。レベルの高いエリアの町に行って盗みや誘惑をするのが楽しくて止め時がないくらいですw とんでもない強さの爺さん婆さんNPCがいたりと驚きの連続。

    フィールドでも道から外れると怪しい洞窟やレア装備、ボスがいたりと自由度、やりこみ要素ともに申し分ない出来で個人的にはかなり当たりです。

    ただコマンドRPGの戦闘って正直だるいからAI任せだったという人には合わないかもしれませんね。油断のできない戦闘バランスが長所でもあり短所でもある気がします

    • kentworld より:

      そうですね、本作は戦闘や育成に面白さの比重が置かれていると思います。

      8人の仲間が揃い、サブクラスが使えるようになってからめちゃくちゃ面白くなってきました!

      そうそう、住人を仲間にしてみると時々、凄い強いのが居ますよね!どこに居るのか決まっているので、一度見つけたらゲームを有利に進められます。

      戦闘は雑魚戦でも頭をフル回転するので、確かにオートでAI任せが基準の人には厳しいかも。

  10. 匿名 より:

    プレイした順とか仲間の数によってストーリー変化ではないの?

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

クレヨンしんちゃん2 大魔王の逆襲【レビュー・評価】あまりにも少ないボリューム
ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝【レビュー・評価】ワリオのイメージが確立!
勇者のくせにこなまいきだDASH!(勇こな)【レビュー・評価】来るべくして此処にきた最強のパズドラフォロワー!
テラウェイ~はがれた世界の大冒険~【レビュー・評価】PSVITAの機能をふんだんに使った紙ゲー!
グラビティデイズ2【レビュー・評価】3を名乗っても良いくらい新要素が大幅に増した一方、パンの耳も大幅増!
Submerged(サブマージド)【レビュー・評価】切なさを感じる浸水都市探索シミュレーター
マインクラフト【レビュー・評価】ツールの域を出たクリエイトゲームの歴史を変えた作品
ドンキーコングジャングルビート【レビュー・評価】最高の爽快感を実現した隠れた2Dドンキーゲーム!
バウンド:王国の欠片【レビュー・評価】謎が謎を呼び、母さんにクリアしてもらいたくなった怪作!
がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス【レビュー・評価】開発者のユーモアが詰まったシリーズ最高傑作!