| ゲームレビュー

【レビュー】マリオテニス64 [評価・感想] 誰でも楽しめるテニスゲームの新たなスタンダード!

4

2000年7月に発売されたN64「マリオテニス64」を今回はレビューします。

N64「マリオテニス64」はマリオファミリーが登場するテニスゲームのN64版です。

開発は「黄金の太陽」などで知られるキャメロットが担当。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • マリオファミリーが登場するテニスゲーム。
  • ボールが飛んでくる前にボタンを押すことで構えるようになった。
  • 構え状態の時はある程度はオートでボールを跳ね返してくれる。
初リリース日 2000年7月21日
対応ハード N64
ジャンル スポーツ
推定クリア時間 6~10時間
売上 初週21.3万本/累計97.0万本
発売元 任天堂

スポンサーリンク

良いところ

ラリーが続きやすい

テニスはラリーが続きにくい。

初心者であればあるほどそんな印象を持っていると思います。

大抵はサーブを打ち返して終了するリターンエースで終わってしまい、下手をしたらサーブを打ち返せずに終わるサービスエースで終わってしまう事も多くあるでしょう。

ところが本作の場合、画期的なシステムによってラリーが長く続くようになっていました!

画期的なシステムとは、アシスト機能の事です。

ボールが飛んでくる前にボタンを押すと操作キャラがラケットを構え、ボールが打ち返せる範囲まで近づくと自動的に打ってくれるんですね。

それまでのテニスゲームはボールが飛んできた瞬間にタイミング良くボタンを押さないと打ち返せなかっただけに、このシステムは発明品だと思います。

簡単操作で取っ付きやすい

本作で使用するボタンは基本的にA・Bボタンだけなので、初心者でも簡単に楽しむ事が出来ます。

でも、使用するボタンが2つだけでは奥が浅そうですよね?

しかし、そこは万人向けのマリオシリーズ。

使用するボタンが2つだけでも組み合わせによって沢山のショットを打ち分けられるので、初心者は気軽に楽しめ、上級者はショットの研究が出来るようになっています。

以下、本作で打てるショットリストです。

  • A→A トップスピン
  • A→B ロブ
  • B→B スライススピン
  • B→A ドロップショット
  • A+B フラットショット
  • 高く飛んだボールに向かってA+B スマッシュ

たった2つのボタンを組み合わせるだけでここまで多彩なショットを打てるとは!?

それぞれ相手の立ち位置によっては一気に不利な状況へ持っていけるので、短時間のプレイでも非常に濃い駆け引きを楽しむ事が出来ます。

僕の友達も本作はとても気に入られていて、発売当時は本作で対戦するため毎日のように僕の家へ遊びに来てくれました。

周りのウケは本作の前年に発売されたN64「大乱闘スマッシュブラザーズ」に匹敵するほど良かったです。

N64ソフトらしく最大4人同時プレイが可能なので、4人でダブルスをしたら盛り上がること間違いなし!

マリオならではのゲームモードを収録

本作にはマリオならではのゲームモードもいくつか収録されています。

メインとなるのは練習試合が楽しめる「エキシビション」。コンピューターと連続で戦っていく「トーナメント」ですが、他にも「リングショット」「パックンチャレンジ」「クッパステージ」といったマリオシリーズならではのモードも収録されているんです!

「リングショット」はコート上に出現したリングにボールを入れていくのが目標のモード。

2種類のルールが用意されていますが、いずれもパートナーと息を合わせなければボールをリングに入れる事が出来ないのでマリオゲームならではの協力プレイが楽しめます。

普段はフェンス上のライバルとはガチな打ち合いをするものですが、本モードの場合は決まった方向にボールを打ち返さないといけないからトレーニングにもなるんですね。

「パックンチャレンジ」は3体のパックフラワーが吐き出す50球すべてを打ち返すのが目標のモード。

非常にシンプルでミニゲームのような物ですが、後半になってくると意地悪な方向へ吐き出すのでパーフェクトクリアするのはそこそこ難しいです。

そして本作でも最もユニークなモードが「クッパステージ」!

コートがグラグラと傾き、しかも「マリオカート」でお馴染みのアイテムBOXがコート上に設置されるんです!

全体的にパーティゲーム色が強く、マリオならではのテニスを楽しみたい人にはおすすめのモード。個人的には苦手ですがw

豊富な隠し要素

え?こんなにも隠し要素があったの!?

本作をやり込んで行くと予想以上に沢山の新要素が追加されました!

隠しキャラ、隠しコート、そして「トーナメント」モードをすべてクリアすると・・・。

2000年に発売された作品にしてはご褒美が多く、1人でも隠し要素をアンロックする楽しさがあります。

GB版との連動

なんと本作、別売りの64GBパックを使用する事で「マリオテニスGB」とデータのやり取りが出来るんです!

「マリオテニスGB」で育てたキャラクターを持ってくる事が可能なので、N64「マリオゴルフ64」とGB「マリオゴルフGB」を組み合わせたデータ連動システムに近い楽しみ方が出来るんですね。

データリンクによってN64版に隠しコートが出現する事もあるので、GB「マリオテニスGB」を持っていると楽しさがさらに拡張します♪

ワルイージが初登場!

「マリオパーティ」シリーズや「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズなどでお馴染みのワルイージ。

実は本作がデビュー作だったりします。

未だに彼が主役のゲームは発売になっておらず、マリオファミリーの中ではルイージ以上に影が薄いですが、ワリオとのコンビネーションは魅力的で油断してはいけません。

ちなみに初登場ではありませんが、デイジー姫は本作で久しぶりに復活を遂げました。

こちらも存在感が薄いけど、一時期はマリオの歴史上から抹消される恐れもあっただけに本作で首の皮が繋がって本当に良かった・・・。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

単調な1人用モード

1人でプレイすると単調に感じました。

1人プレイのやり込みは主に「トーナメント」モードの攻略になりますが、基本的にはコンピューターとひたすら試合を行うだけなんですよね。

ストーリー要素を盛り込んだり、「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのシンプルモードみたいに対戦の合間に「ターゲットを壊せ!」などのミニゲームを挿入し、スコアアタック制にしたらリプレイ性が増して良かったんですが。

本当にコンピューターとひたすら戦うだけなので、最後の方はネットプレーをやりまくって少しでも早く試合を終わらせようとしていましたw

もっとマリオ要素が欲しかった

本作は初心者から上級者まで楽しめるマリオシリーズらしい作品です。

しかし、マリオならではのギミックはあまり登場しない印象です。

確かに「リングショット」「パックンチャレンジ」「クッパステージ」はマリオらしいと言えばらしいけど、コートを変えても絵柄と背景が変わるだけで芸がないし、もっと色々出来たんじゃないかと思ってしまいます。

目次へ戻る

全体のまとめ


開発期間が10ヵ月と非常に短いためマリオならではの要素が少なく、派手さもあまり感じられない作品ですが、間口の広さが素晴らしくて今でも楽しめると思います。

発売当時はN64「大乱闘スマッシュブラザーズ」とセットで友達とワイワイ楽しんだ物です。また、あいつ等と一緒に対戦したいな。

誰でも楽しめるテニスゲームの新たなスタンダード!

こんな人には特におススメ。
・対戦できる機会に恵まれている人。
・気軽に楽しめるテニスゲームを求めている人。

こんな人にはおススメできない。
・対戦できる機会に恵まれていない人。
・マリオらしいテニスゲームを求めている人。

マリオテニス64/お気に入り度【80/100%】
プレイした時間・・・約40時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(2)

  1. ホンマ?トモフミ より:

    マリオテニスがあの当時の初代「スマブラ」に匹敵するほど、売れたとはドンピシャじゃない自分には信じられないですよ。

    スポーツゲームとしては「みんゴル」と対をなす感じだったのかな。

    「Γ」くんはおいといてwww
    (でも配色は好き(^^)スマブラの「Γ」カラーマリオとかwww)
    デイジー?が今作から復活して、以後マリオのパーティ系ゲームなどで活躍されるようになったのは嬉しいです(*≧∀≦*)
    弟はロゼッタファンですが、僕はロゼッタ以上にデイジー?が好きです!
    あの当時はまだサラサランド出身ってことで公式などで少し褐色がかってるのがまたたまらないです。
    マリパ4から白人的になっちゃったんだよな(´・ω・)

    • kentworld より:

      当時はスマブラに匹敵するほど周りの盛り上がりが凄かったんですよね~。当時はここまで売れるとは思っていませんでした。

      アシストシステムの優秀さはもちろん、ワルイージ、デイジーの参戦も後押しになったかな?本作が後の作品に与えた影響はかなり大きいと思います。

      デイジーのキャラ描写はあまり関心が行っていませんでした・・・そんな変化があるようだと、ピーチ姫との差別化がw

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】星のカービィ 20周年スペシャルコレクション [評価・感想] あまりにもお買い得過ぎるシリーズファン必見の神コレクション
【レビュー】ドンキーコング リターンズ [評価・感想] 時代の流れに逆らいながら帰ってきた高難易度な任天堂製2Dアクションゲーム!
【レビュー】街へ行こうよ どうぶつの森(街森) [評価・感想] マンネリの極みだがボイチャの楽しさを教えてくれた!
【レビュー】RAGE(レイジ) [評価・感想] クエスト要素が足枷にもなってしまったアグレッシヴなバランスのFPS!
【レビュー】パズドラZ [評価・感想] アレンジされているが、コンシューマーゲームとしてはまだまだ足りない
【レビュー】ゼルダの伝説 夢をみる島 リメイク(Switch) [評価・感想] 懐かしさと新鮮さを両立させた理想的なリメイク作!
【レビュー】ピクミン [評価・感想] 癒されるCMソングとは対象的に人を選びすぎた良作!
【レビュー】ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム [評価・感想] もっとアルカディア・ベイに浸っていたい人向けのファンディスク!
【レビュー】レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア(RDR UN) [評価・感想] 西部劇×ゾンビの組み合わせが斬新な爽快TPS!
【レビュー】Wiiでウルトラハンド [評価・感想] 気軽に遊べるおまけゲーム