2018/09/19/12:00 | ゲームレビュー

Downwell(ダウンウェル)【レビュー・評価】僕の3連休を丸々潰すほどの中毒性を持った古典的なファミコンゲーム!

2016年5月に配信されたPS4/PSVITA「Downwell(ダウンウェル)」を今回はレビューします。

PS4/PSVITA「Downwell(ダウンウェル)」は井戸の中を下っていく2Dアクションシューティングゲームです。

ダウンロード専売で、価格は約500円。

良いところ

連続で敵を踏み潰していく気持ち良さ

プチッ!プチッ!プチッ!

みなさんは2Dマリオでパタパタなどの敵を次から次へと踏み潰していく気持ち良さを味わったことはありますか?

敵を踏み潰すことで高く飛び上がり、その反動を活かして隣にいる敵を次から次へと連続で潰していくのは爽快ですよね♪

今回レビューする「Downwell(ダウンウェル)」ではそんな気持ち良さを存分に味わえるんです!

何故かと言うとステージ構成が下へ下へと下っていく形式になっているから。

上手く行けば10体、20体。いや、100体以上を着地せず連続で倒すことが出来ます。

ガンブーツによって現実的になった100体以上の敵を着地せず倒す快感

Downwell_20160528011844

え?100体以上の敵を着地せず踏み潰せるの?

2Dマリオの感覚で見ると懐疑的に感じてしまう人も居るでしょう。

しかし、ガンブーツというアイテムによって不可能ではなくなりました!

ガンブーツを使用すると弾を発射し、衝撃で少しだけ浮き上がります。

そのため操作キャラの下に居る敵を倒すことが出来るうえ、落下速度を緩めることが出来るんですね。

本作ではこのガンブーツの特性を駆使して下へ下へと下っていき、着地せずどれだけ敵を倒せるのかに面白さが集約されていると思いました!

何故なら着地せず連続で敵を倒すことで以下のようなボーナスが入るから。

▼コンボを決めることで貰えるボーナス一覧

コンボ数 ボーナス
8コンボ 100ジェム
15コンボ 100ジェム+ガンブーツの電力1UP
25コンボ 100ジェム+ガンブーツの電力1UP+HP1回復

 
特に有り難いのが、ガンブーツの電力とHP。

ガンブーツには制限があり、電力が0になると弾を発射出来なくなるんです。

電力を供給するには着地するか敵を踏み潰さなければなりません。

そのため電力の最大値が多いほど制限なく弾を発射出来るので便利なんですね。

ですので、コンボで最大値を増やせるのはとても助かります。

HPに関してはもっと重要で、なんと、0になると1-1からやり直しになってしまうんです!

それでいて回復出来る機会は限られているので、コンボで1回復する有り難みは非常に大きく感じます。

細かいテクニックによって奥深くなったコンボシステム

Downwell_20160527182736

ガンブーツがあるからといって着地せず100体の敵を倒すって無理でしょ!w

そう感じられる方もいると思いますが、細かいテクニックを使えば不可能ではありません。

例えばステージの到るところで見られる小さなオブジェクト。

これらを踏み潰すことで少しだけ浮遊し、ガンブーツの電力も供給出来るので、周辺に踏み潰せる敵が居ない場合は重宝するんですね。

横穴の入り口にあるバリアもコンボを継続するうえではとても重宝します。

何故かと言うとバリア内では着地してもコンボが継続されるからです。

これらの細かいテクニックによって100コンボが現実的な物となり、ボーナス目当てで狙いたくなります。

敵を狙い撃つ楽しさ

ここまで敵を踏みつけることばかりにスポットを当てていましたが、一方で狙い撃つ楽しさもしっかりあります!

個人的に大きいのが、弾を発射する時の「バババババッ!」という効果音。

非常に爽快なので、例え敵に当たらなくても空撃ちしたくなるくらい(電力が無くなるのでむやみに使用出来ませんが)。

そんなガンブーツの弾はアイテムによって軌道を変化させることが出来ます。

強力なタイプほど電力を大量に消費するため一長一短なので、状況に応じて使い分けなければいけません。

このように本作は2Dシューティングの色も実は強かったりします。

けっして屁をこいて飛んでいる訳じゃないんだからね///

踏むか撃つかを瞬時に考える面白さ

2Dアクションゲームのように敵を踏み潰して倒しても良いし、2Dシューティングのように弾を発射して倒しても良い。

このように本作で敵を倒すには大きく分けて2通りの方法が存在します。

しかし、それぞれに存在するデメリットによって片方だけで攻略することは不可能なんです。

撃って倒す場合
⇒遠くの敵を倒せるけど、電力によって無限に撃てない。

踏んで倒す場合
⇒踏むことでガンブーツの電力を供給出来るけど、狙いにくい。

このようなメリット・デメリットが混在するうえ敵によっては片方の攻撃しか通用しない場合もあるので、どのような方法で敵を倒すのか臨機応変に対応しないといけないんです(もちろん逃げるという手もあり)。

今は撃つべきか?それとも踏むべきか?

このような駆け引きが楽しめることでより奥深い作品になっていると思いました!

適度に存在するランダム要素

実は本作のステージはランダム生成だったりします。

そのためプレイする度に地形が変わるので、ステージ構成を暗記するという攻略法は通用しません。

また、ステージクリア時に入手出来るボーナスアイテムや横穴の内部もランダムで決められるので、全体的にローグライクゲームのような運の要素も含まれていると思いました。

運が悪いとゲーム難易度が大きく上がってしまいますが、逆に下がることもあり、それが希望に繋がってリトライの意欲が高まることもあります。

超ストイックなゲームオーバー時のペナルティ

1周クリアに掛かる時間は15~20分程度。

しかし、残り人数は1人固定のうえ、ゲームオーバーになったら最初からやり直しなんです!

そのためラスボス戦でゲームオーバーになろうが容赦なく1-1からやり直しになります。

15~20分程度とは言え、それまでに3×4の12ステージを攻略することになるだけにこれは痛い!

ですが、個人的にはこのストイックなゲームデザインに惹かれました!

ゲームオーバーになったら容赦なく1-1からやり直しになるからこそ終盤のステージでは緊張感が生まれますし、回復アイテムなども重宝するようになりますからね。

思えばファミコン時代はこんなゲームばかりでした。

「今日こそクリアするぞ!」と思ってもゲームオーバーになって1-1まで戻されて心が折れ、次の日にリベンジしたものです。

そんなアーケードスタイルのファミコン風ゲームが2016年になっても楽しめるとは感激しました!

クリア時の達成感が半端ないハードモード

ラスボスを倒してゲームをクリアすることで大きな達成感を味わえるでしょう。

しかし、本作の本番はここからで、新たにハードモードが出現するんです!

内容の方はノーマルモードをベースに難易度を上げたような感じ。

敵の出現率が上がり、新たな強敵が出現するようになります。

普通のゲームだったらさほど惹かれませんが、本作の場合はハードモードをプレイすることでさらに魅力が際立ちました!

一番大きいのが、敵の出現率が上がってコンボが繋がりやすくなったこと。

上手く行けばノーマルモードでは考えられないくらいコンボが決まるので、大量のボーナスを入手出来て爽快なんです!

しかし、敵の攻撃は激しいのでそう簡単には行きません。下手にコンボを決めようとしたら返り討ちに遭うでしょう。

いかにして敵の攻撃をかいくぐり、着地せず連続で敵を倒せるのか?

これを徹底するには高い反射神経と学習能力が求められ、相当な練習が必要になります。

だからこそラスボスを倒した時の達成感がとてつもなく大きかった!

その大きさは計り知れないもので、思わず嬉し泣きをしてしまうくらい。

僕がゲームでこんなに泣いたのは初めてですよ!w

ダウンウェルは泣きゲーだった!?

現代的なアンロック要素

ゲームオーバーになったら1-1からやり直しなのかよ!?

現代のゲームに慣れているとそんな拒否反応を持たれるかも知れません。

確かにデスペナルティは厳しいですが、アンロック要素によってある程度のモチベーションを維持出来るようになっていました。

本作ではゲームオーバーになると成績に応じてポイントが溜まり、一定数溜まると様々な要素がアンロックされます。

多くはゲーム表示(パレット)を変えるオプション機能的なものですが、パワーアップアイテムもアンロックされることもあるのでプレイすればするほど有利になっていくんです!

それでもクリアは困難ですが、良い塩梅になっていると思いました。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

人を選ぶデスペナルティ

ハッキリ言いましょう。

個人的に本作で気に入らないところはありません!

シンプルにまとまっているからこそスキがなく、完璧と言っても良いほどの内容です。

ただ、人によってはアーケードスタイルなのが合わないと思います。

ゲームオーバーになったら1-1からやり直しなのは苦痛に感じる人も居るでしょうし、そもそも8bitのグラフィック・BGMがチープに感じるかも知れない。

ストーリー性も皆無に等しいので、アンロック要素があるとは言えモチベーションを保てないかも知れない。

個人的にはストイックなファミコンゲームから入った人間なので、本作をプレイしていると当時ハマっていた頃を思い出しましたが。

全体のまとめ

ストイックなデスペナルティ。適度なランダム・アンロック要素。そして癖になるガンブーツアクション!

いずれの要素も上手く調和していて、シンプルながらも完成度が非常に高い作品。

2016年5月配信当時もハマってノーマルモードをクリアしましたが、2018年9月の3連休にプラチナトロフィー狙いでやり込んだらまたハマってしまいましたw

そのハマり方は尋常ではなく、3連休を丸々本作に費やしてしまったくらいですw

おかげで購入したばかりの新作ゲームをプレイする暇がありませんでした!w

余談ですが、本作を制作したのはもっぴん氏ただ1人なんですよね(しかも製作時は学生だったらしい)。

まさか、たった1人の学生によって作られたワンコインゲームに僕の3連休が潰されるとは!?

もっぴん氏、どうしてくれるんだぁ~!w

彼は先日任天堂に入社したようなので、今後の活躍が楽しみです♪

僕の3連休を丸々潰すほどの中毒性を持った古典的なファミコンゲーム!

こんな人には特におススメ。
・ファミコンゲーム好き。
・アーケードスタイルのゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・デスペナルティが厳しいのに絶えられない人。

Downwell(ダウンウェル)/お気に入り度【100/100%】
プレイした時間・・・約25時間

, , , , ,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(20)

  1. ホンマ?トモフミ より:

    僕はゲームとの出会いって人間関係とか彼女作りに置き換えて妄想することもあるんですけど、ケントさんにとってダウンウェルくんは親友のような相性の良さですね(笑)

    確かにこのストイックな作りとランダム生成のステージは2Dアクション版「風来のシレン」といっても過言ではないですね。ケントさんはシレン(不思議のダンジョン系)も好きって言ってたのでそこも相性抜群です。

    • kentworld より:

      本当に相性抜群でした!

      言われてみると仰る通りで、シレンに近い中毒性があるんですよー。

      それでいてダークソウルのような困難を乗り越える楽しさもありますし、相性抜群ですね!

      本作にハマった関係でローグライクゲームの魅力を語ってみたくなりましたw

  2. シロマ より:

    以前のレビューより評価が上がって満点になってる。
    プラチナトロフィー獲得するほど熱中していましたし納得ですね。
    僕もハードモードのボスを倒したらプラチナトロフィーなので目指そうかな。

    • kentworld より:

      はい!あれだけハマって文句の付けようがないので満点にしてしまいましたw

      満点は滅多に付けないので、それだけ気に入ったってことですね~。

      シロマさんも取るしかないですよこれは!w

  3. 隣の飼いケルベロス より:

    これはたしかにkentさんが好きそうなゲームですね…w
    僕は一からやり直しさせられるのは嫌なタイプなので、三連休潰してしまうことはなさそうです!

  4. ナスタ より:

    プラチナとったら細かく感想書こうと思いますが、とりあえず現時点で滅茶苦茶面白いです!
    kentさんとチキさんにしてやられました笑

    • kentworld より:

      おお!予想通り好感触ですね!プラチナトロフィーを獲得する頃には沼にハマりまくっていますよ!w

      プラチナトロフィーを獲得した時には達成感を一緒に感じ合いましょう!

  5. がは より:

    地味なグラフィックから食わず嫌いしてた。けど、記事を読んで、遊んでみようかなって気分になりました。

    • kentworld より:

      それは嬉しいです!

      そうそう、見た目が地味なので敬遠されやすいんですよねw

      なので、レビュー記事ではどうやって興味ない人を振り向かせようか一生懸命考えました。

  6. 青雲スカイ より:

    満点とは相当に気に入ったみたいですね。
    なにげにkentさんにとって今年初めて満点を付けたタイトルかな?

    難しくてデスペナが厳しいとなると、今の自分がやると発狂してしまうかもw
    でもこの安さなら気軽に挑戦出来そうですね。

    • kentworld より:

      そうなんですよ!何気に今年初なんです!

      何十時間も連続でプレイして頭痛を起こしてしまうくらいハマったので、これは満点にしないとダメだと思いましたw

      ラスボスでゲームオーバーになったら肩の力が抜けてフニャフニャになりますw

  7. 天火星 より:

    成程・・・デスペナはキツめか、でもこれはやってみたいなぁ・・・!!
    今度一回やってみっか!踏みつぶしは確かに連続で決まると気持ちいいですしね、これはクリアできたら達成感凄いでしょうなぁ・・・。
    しかもこれのトロコンなんて出来たら泣いてしまう・・・!

    • kentworld より:

      踏み潰しは本当に快感なんですよ~♪

      あれを20分間ずーっと味わえるので、癖になってしまいます。

      クリア出来た時の達成感は天火星さんにも味わっていただきたい!ワンコインなので気軽にどうぞ♪

  8. Conker the Squirrel より:

    記事を見てDownwell買いました。
    クソ難いですけど、クソ面白いですね。
    スタイル、ショット、アップグレードは何にしようかなといつも迷います。
    トロコン出来るか心配です。
    22、23、24の3連休でトロコンしたいです。
    もっぴん氏が任天堂入社したとゆうことは・・・DownwellのSwitch版発売しますかね?
    発売されたら買いたいです。

    • kentworld より:

      本当ですか!?ありがとうございます!

      狙い通りなので嬉しいです♪

      果たして3連休でトロコン出来たのでしょうか?結果が気になります。

      Switch版もこの秋に発売されるそうなので、僕も買いますよー♪

      • Conker the Squirrel より:

        3連休でトロコンは、残念ながら出来ませんでした。
        ハードモードは無理ゲーです。
        でも、いつかはクリアし、トロコンしたいです。

  9. ナスタ より:

    トロコンしました!
    文句のつけようがない名作だと思います!個々の難易度だけなら他にもっと難しいゲームはあるでしょうが、死んだら問答無用で最初からのストイックなシステムが、ローグライクなゲーム性と完璧にマッチしていて恐ろしい中毒性を生み出していますね。お気に入り度は僕も100%です!
    実は今回プレイ再開する前は15分くらいしかプレイしていなかったんですよね。
    これをほぼスルーしていたのは本当にもったいなかったです。もっぴん氏の今後にも注目ですね!

    • kentworld より:

      おめでとうございます!

      さすがナスタさんです。茨の道もなんのその!

      相当な達成感を味わえたようで、お気に入り度も爆増のようですねw

      この気持ちを共有出来る人が現れたのは嬉しいです♪

      謎のダウンウェルブームでプレイタイムまで爆増して、これは今年のトピックとして欠かせないものになりましたねw

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計【レビュー・評価】ゼルダの常識をぶち破りまくったDSを代表する大作!
塊魂 ノ・ビ~タ【レビュー・評価】ダウンロードコンテンツを含めて初めて成り立つ突貫工事作品
チャリ走VR【レビュー・評価】×ボタンがクソゲー化防止となった首振り変態スコアアタックゲーム!
グランド・セフト・オートIV【レビュー・評価】クオリティは半端なものの、HD機ならではの感動が詰まった作品
ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章【レビュー・評価】2Dゼルダの原点回帰!
SUPERHOT(スーパーホット)【レビュー・評価】FPS業界に革命を起こしたイノベーションの塊!
ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 【レビュー・評価】せっかくの良作が仕様とユーザーのマナーで台無しになった残念な作品
ライオットアクト2【レビュー・評価】協力プレイ推奨で作られたジャンプアクション型のTPS
龍が如く5 夢、叶えし者【レビュー・評価】5本分のゲームが詰まった超豪華な作品!
ブラストドーザー【レビュー・評価】ありそうでなかなかない建物の破壊をメインにしたゲーム