| ゲームレビュー

【レビュー】ベヨネッタ [評価・感想] 魔女のお姉さんは意外と粗削りだった!


ベヨネッタ/Switch / PS3 / Xbox 360

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

今回は「ベヨネッタ」のレビューをしていきます。

この作品、アクションゲームとして高く評価されていますが、個人的にはあまり楽しめませんでした。

ベヨネッタのセクシーさは大きな評価ポイントだとは思ったんですけどね。

テンションを下げるようなぶつ切り要素が多いので、粗削りな印象を持ちました。

ここからはそんな「ベヨネッタ」の良いと思った点から語っていきます。

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • ステージクリア型のアクションゲーム。
  • 主人公は魔女のベヨネッタ。
  • 敵の攻撃をギリギリで避けると周囲の時の流れが遅くなる「ウィッチタイム」が発動。
初リリース日 2009年10月29日
対応ハード PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/Switch/Wii U
ジャンル アクション
売上 初週20万本/累計30.8万本 (PS3/Xbox 360)
推定クリア時間 8~12時間
発売元 セガ/任天堂

スポンサーリンク

良いところ

ベヨネッタがセクシーすぎる

本作で特筆したいのが、主人公ベヨネッタのセクシーさです。

抜群のプロポーション、整った顔立ち、口元のホクロ、そしてメガネ。

セクシーな女性に必要な要素をすべて金揃えていて、非の打ち所がないほど人として完成されています。

ムービーシーンでも決まりすぎていて、何をするにしてもカッコよく、美しく見えてしまいます。

このようなキャラクターが主人公のアクションゲームは意外となかったので、彼女を初めてみた時は「こう来たか!?」と驚きました。

お色気要素も満載で、戦闘中は彼女の肌色を存分に堪能することができます。

というのも、彼女の服は自身の髪の毛で作られていまして、敵にトドメをさす時は髪を依り代にして魔神や魔獣を召喚してスッポンポンになるんですよw

もちろん大切なところは隠していますが、ほとんどの部分は見えてしまっているので、なんてセクシーなゲームだと思いました。

イベントシーンもベヨネッタのセクシーさを強調するのがお約束となっていて、お尻や胸をドアップで映したり、男性との交尾を思わせるようなアクションを取ることがありますw

CEROはDですが、子供がプレイするには刺激が強すぎるので、遊ぶのは大人になってからのほうが良いでしょうねw

ゲームをクリアするとベヨネッタが好きな人にはたまらない”おまけ“が出現するぞ

攻撃を華麗に避ける楽しさ

ここまでベヨネッタのキャラクター性を中心に語っていきました。

じゃあ肝心のゲーム部分はといいますと、オーソドックスなアクションゲームとなっています。

基本的にはストーリーに沿って道なりに進んでいく感じで、ゲームプレイの7割は戦闘で構成。

残りの3割は探索やアスレチック、謎解きとなっているので、戦闘を重点に置いた作りとなっているんですね。

特徴的なのが、簡単操作でド派手な技を繰り出せることです。

ボタンを連打するだけでパンチやキックを流れるように繰り出し、締めには魔獣を召喚しての大技を繰り出すので、コンボがバンバン決まります。

また、敵の攻撃をギリギリで避けるとウィッチタイムが発生。

周囲がスローモーションになり、敵に大きなスキが生まれます。

これらシステムによって敵の攻撃を避ける楽しさ、ベヨネッタのカッコ良さが強調されている印象で、彼女のキャラクター性とぴったりハマっていると思いました。

道中ではウィッチタイムを活かした仕掛けも存在。

周囲の時の流れを遅くして普段は通れない場所を強引に突破することもあるので、同じ神谷さんが手掛けたGC「ビューティフルジョー」を彷彿としました。

ロード時間中には技の練習が可能。

技を発動することでコマンドが出て来るので、次のステージへ行くまでに色んな技を覚えることができます。

例えば2~3回ボタンを押してからワンテンポ遅らせて押すと別の技が発動するとか。

最初の頃は1つのボタンを連打してしまいがちですが、ロード時間中のコマンド技を見ていると想像以上に技の種類が多く感じられるでしょう。

初心者への配慮はそれ以外にもいくつかあります。

難易度「イージー」や「ベリーイージー」が用意されていたり、オートマチック機能というボタン1つだけで様々なアクションを出せる機能が搭載されていたり。

ゲームの難易度を劇的に下げる要素が揃っているので、アクションゲームが苦手な方でもクリアできるようになっています。

まあ、オートマチック機能に頼りすぎていると自分自身が操作をしている感覚を味わえず、やっていて面白くないと感じてしまうかもしれませんけどね。

初心者へのハードルを下げる要素としては良いのではないでしょうか?

隠し要素が多い

実は本作、隠し要素が多いです。

難易度は色々と用意されていますが、それぞれにご褒美が存在しますし、特定のコマンドを入力したり、普通は行かなような場所へ行くことで意外な秘密が見つかったりします。

1周のプレイタイムこそ短めですが、完全クリアを目指そうと思ったらかなりの時間がかかるのではないでしょうか?

やり込み要素も多く、お金を貯めてアイテムや技を購入したり、各チャプターのVerseで高ランクを目指そうと思ったらプレイタイムは軽く倍増することでしょう。

高難易度モードで上手いプレイをすればするほど多くのお金を貰えるので、2周目以降は難易度を上げてみると良いかも!?

任天堂ネタが最高(Switch/Wii U版限定)

Switch/Wii U版には任天堂ゲームをモチーフにしたコスチュームが収録されています。

用意されているのはピーチ姫、デイジー姫、サムス、リンクの4種類。

どのコスチュームも世界観をぶっ壊すほどぶっ飛んでいて、着替えると一気にバカゲー感が増しますw

驚いたのが、エフェクトまで変化することです。

例えばピーチ姫のコスチュームにすると通貨がヘイロウからコインに変わり、召喚する魔獣がクッパの手足に変わります。

コインを入手した時の効果音もマリオ仕様に変わるので、同作が好きなぼくとしてはちょっとだけ楽しさが増しました。

変更したコスチュームはイベントシーンでも反映。

カッコイイシーンでもコスチューム次第ではダサくなるので、2倍楽しめますw

というか、ベヨ姐さんが着ているピーチ姫のドレス、裾が短すぎませんかね?w

あまりにも短いので、パンツがしょちゅう見えてしまいます。

イベントシーンによってはパンツがドアップで映るので、目のやり場に困りましたw

腰にマリオやルイージのストラップを付けているのも良いよな

スポンサーリンク

目次へ戻る

惜しいところ

ぶつ切り要素が多い

せっかくアクションが爽快なのに、ゲームプレイを遮る要素が多く感じます。

代表的なのがクイックタイムイベントです。

クイックタイムイベントは画面に表示されたボタンを一定時間内に押すというシステムなんですが、ムービーシーンでやたらと発生するんですよ。

問題なのが、少しでもボタンを押すのが遅れたらゲームオーバーになってしまうことです。

とあるシーンでは5回くらい入力が遅れてゲームオーバーになったので「なんじゃこりゃ!?」と思いました。

テンポを崩すような要素はそれ以外にも数多くあります。

収集アイテムを拾う度に解説画面が挿入されたり、回復アイテムが少なくなってきたら道中にある「ゲイツオブヘル」というお店で買い物をしないといけなかったり。

巨大なモンスターが登場した時は逃げるべきなのか戦うべきなのかわかりにくかったり、ロード時間が長かったり(PS3/Xbox 360版)。

テンションが上がってきたと思ったら遮られてしまうので、勿体なく感じました。

もう少しサクサク進めるようにしてくれたら印象がグッと良くなると思うんですけどねぇ。

目次へ戻る

ベヨネッタ1のレビューまとめ

ベヨネッタのセクシーさとアクションゲームの要素が美しく調和した作品。

大人のお姉さんが好みでしたらそれだけで+150点は加算できると思います。

まあ、個人的にはロリコンなのでそんなに加算できませんでしたがw

それよりはぶつ切り要素の多さが気になってしまいました。

迫力あるシーンは多いのでテンションが上がることもあったんですが、クイックタイムイベントを始めとする要素によって何度テンションが下がったことかw

最初にプレイしたのはXbox 360版。

その10年後にロード時間が短縮され、任天堂ネタが追加されたSwitch版をプレイしましたが、個人的にはあまり楽しめませんでした。

こんな人には特におススメ。
・ベヨネッタに魅力を感じる人。
・戦闘を重視したアクションゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・せっかちな人。
・ロリコン。

お気に入り度【60/100%】

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

,

 

Sponsored Link


  1. 狛犬 より:

    常にクライマックスだとお腹いっぱいになる好例でしたね。
    あと、オートマチックならキャラクターの360度向き補正が効き過ぎで…パンチ連打してるだけで敵を追尾しながら画面を動き回ったり大技出たりでは操作感も何もなかったり。
    連打しながら他人のプレイを見てるようで。
    マニュアルでも遊びの幅が狭く1周で飽きてしまい、随分コストパフォーマンスの低い出会いとなりました。

  2. to より:

    わたしは、ノーマルで挑戦してるのですが、
    なかなかに難しく、一戦するごとに死んでますw
    常に有利なポジションどりを考えたり、
    攻撃のパターンを読んだり、
    結局避けてチャンスを作らないと攻撃ができないので
    毎回大変な戦闘を繰り返すので、
    ムービーとお金で買える技なんかが
    モチベーションになってますw
    まだ、ドライブステージにも届いてないので
    楽しみです
    あっイベントスキップですが、
    R2+セレクト若しくはRトリガーにバックで
    メニュー開かずにスキップできますよ
    (しかし、wikiでも見ないと分からないという、、

  3. kentworld より:

    >狛犬さん
    オートマチックは自分も操作している感じがせず
    イマイチだったんですが、
    一番肝心なのはゲームが苦手な人がコレを使ってどう思うかですね。
    苦手な人がオートマチックでも楽しめているのなら・・・
    僕はあって良かったと思います。
    どうも僕は常にボスと戦うようなゲームは合わないみたいです^^;
    ゴッド・オブ・ウォーは合い間にアクションやパズル要素が強い
    ステージがあったから良かった(>_<)

  4. kentworld より:

    >toさん
    このゲームはノーマルでも難しいですね^^;
    僕も初回プレイはノーマルでやって
    死にまくってしまいましたw
    ハードモードなんてまったく無理です。
    ノーマルだと特に後半は本当に1チャプターだけで
    2、30分かかってしまい大変だと思いますが頑張ってくださいー。
    イベントスキップはそんな技が・・・。
    全く知りませんでした。
    もう少し分かりやすくして欲しかったなー( ゜∋゜)

  5. ナギ より:

    常にクライマックス‥他のゲームでもきいたことあるようなコトバですね~
    QTEやレースゲーム(リザルト評価一気に下がる)は苦手なので全体的に僕には厳しいゲームだとは思いますがアホ(ほめてます)な洋画のオヤクソクをやってるのは好きです(うっかり破壊とか例のセクシィ対決とか)
    そういうトコはDMCの血かなぁと思いました
    余談ですがネット内でベヨネッタの年齢(?)ネタが多いのを見るとなんだかなぁと思ったり。洋ゲー売れにくい理由の1つって女性キャラの年齢??

  6. ぷにぷに より:

    人によって好みは様々というのはもちろん承知しておりますが、このゲームはハマる人はとことんハマると思いますよ!個人的にはアクションゲームの最高峰と言っても過言ではないです!
    実績の中に「ダッヂオフセットでコンボを繋ぐ」という記述がありますが、このダッヂオフセットというテクニックを駆使することで、このゲームはただ避けて殴るだけのゲームから、華麗にコンボを繋ぐゲームへと変貌します。
    もともと自分はコマンドなんていちいち覚えるのが面倒だと感じるタイプの人間でしたが、このゲームは頭で覚えることは非常に少なく、体で覚えるタイプのゲームなのでハマることができました。これは俗に言う死んで覚えるタイプのゲームと通ずるものがあると思います。
    簡単な操作、いつでも中断可能という気軽さ、何より華麗に戦闘を行えたときのあの快感、このアクションゲームは本当に素晴らしいです!
    くどいようですが、人それぞれ好みがあるというのは十分承知しておりますのであしからずw

  7. kentworld より:

    >ナギさん
    プラチナゲームズの作品は、
    必ずと言って良いほど評価システムを入れていますね。
    あれ、アクション苦手な人にとっては逆に邪魔なシステムに感じます。
    映画のパロディはそこらかしこにあると思いましたよw
    その辺はちょっと開発者の自己満足に捉えてしまいましたが。
    年齢ネタ、そんなにあったんですか?
    まあ、気になる年頃ではあると思います。

  8. kentworld より:

    >ぷにぷにさん
    いえいえ、わざわざありがとうございます。
    コンボを繋げるのは好きなんですけどねー。
    なんか、そう言う楽しさを知る前に終わってしまいました。
    プラチナゲームズの作品って、
    プレイヤーのナビゲートが上手くないと思います。
    本当に伝えたい面白さをユーザーに
    気が付かせる努力が足りていないというか。

  9. 勉助 より:

     私はプラチナゲームは、駄目ですね。
     ベヨネッタ・ヴァンキッシュ・METAL GEAR RISING: REVENGEANCE
    の3本をプレイしましたが、メタルギア以外は
    途中でどちらも投げました。
     ベヨネッタは、魔女の行動・セリフすべてが
    空々しくて、ムービーを見るのがきつかったです。
    (これは私の趣味には合わなかっただけの話です。
    個性が強くなればなるほど、好き嫌いも大きくなる
    ものですから。)
     
     ケントさんの言うとおりプレイヤーのナビゲートが
    下手糞すぎて、どうすればいいのかさっぱり
    わからないんですよね。
     ヴァンキッシュなんて2面でいきなり超巨大な
    ボス敵がでてくるのはいいけど、どこに攻撃を
    すればいいのか分からないし、途中で弾切れを
    起こしてしまい、どうする事もできなくなるわで、
    もうこの時点でやる気がなくなりました。
     巨大なボスを出すのはいいけれど、ゴッド・オブ・ウォー
    みたいな爽快感はなくて、どうすればいいのか
    分からないままゲームオーバーになる事が多くて
    萎えましたね。
     まぁ繰り返しプレイして、上達する事にゲームの
    面白さを見出せる人向けのメーカーだと思います。
     私みたいな1週間に3時間程度しかゲームを
    プレイしない人は手を出さない方がいいですね。

  10. kentworld より:

    >勉助さん
    ベヨネッタは10代の美少女キャラクターが有り触れている中、
    大人の女性の魅力を描こうとしたのは良かったと思います。
    ただ、ムービーがプロモーションPV状態になっているのはねw
    開発者の自己満足を感じてしまいました。
    プラチナゲームズの作品は本当に取っつきが悪いです。
    面白さをプレイヤー自身に探してもらいたいと思っているのでしょうか?
    大抵の方は1周クリアで満足してしまいますので、
    それまでに面白さを理解出来るような作りにしないとダメだと思います。
    いくらその作品にとんでもない面白さが隠されていたとしても、
    1周クリアする時点で見つかるようにしないとね。
    そうしないと2周目もやる気になれませんし。
    一応、僕は2周やったんですけどねw

  11. ルノス より:

    やはりプラチナゲームズの作品は非常に賛否が分かれやすい、
    というのがこちらのコメント欄を見るだけでもよく分かりますね…
    この作品やVANQUISH、The Wonderful 101等は決して手放しでほめられるものではありませんでしたが、
    非常に自由度の高い操作性、プレイスキルの上達が実感できる難易度設定、ド派手な演出による大迫力の戦闘シーン、
    何よりもウィッチタイムやARモードなどを使った「こんなかっこいいプレイができる自分自身が最高にかっこいい」と思わせてくれるゲームデザインと、
    私がアクションゲームに求めていた要素がほぼ完璧に詰まっていた作品達だったので、
    そういった要素を不満・不親切に感じるといった人たちが決して少なからずいることにとても驚いた記憶があります。
    (決してそれらのゲームが合わなかったという方々を批判したいわけではないのですが、
    そう聞こえてしまっていたら申し訳ございません…)
    色眼鏡を抜きにしてみても十分にレベルの高い作品を作っている会社であることは確かなだけに、
    それらの作品が一部を除いて高い評価を受けていない(そしておそらくこれからも受けることがないであろう)ことは、
    今まで非常に楽しませてもらった身からすると残念でなりませんね…

  12. kentworld より:

    >ルノスさん
    すみません・・・プラチナゲームズの作品は、
    個人的には合ったり合わなかったりですねー。
    完全否定はしませんが、いずれも癖が強く感じます。
    個人的には非常に自由度の高い操作性、
    プレイスキルの上達が実感できる難易度設定、
    ウィッチタイムやARモードなどは文句ないんですが、
    全体的に冗長な戦闘をやらされてしまうところがイマイチでした。
    あとはムービーの長さと爽快感。
    ここが合っていたらまた印象が変わっていたんですけどね。
    ちなみに近いうちにワンダフルワンオーワンの感想も書きます。
    ベヨネッタとはまた違った感想になりますので、期待していてくださいw

  13. トモフミ より:

    以前はベヨネッタ2を購入するときに参考にさせていただきました(^^)ベヨ姐さんは最初はxbox360でその続編がWiiU単独ってなかなか壮絶な経緯を持ってますよね。販売元もセガ→任天堂に変わりましたよね、確か。
    この1のベヨ様のデザインも悪くはないですよね、2が良すぎるからで。こっちのデザインがより某ラノベのマージョリーに似てる(笑)

    • kentworld より:

      この記事の原型を参考にされたようですね。
      基本的な評価は変えておらず、読みやすくして見ました。
      1のデザインも悪くはないけど、特別好きにはなれなかった。

  14. つぐみ より:

    QTEは要らんかったですね。
    ベヨネッタは体験会で惚れてps3と箱丸本体買いましたがムービーはほとんどスキップしてました。
    2もムービー長くて辛かったですね。
    ベヨネッタはウィッチタイム決めてプラチナトロフィー(ゲーム内の評価で実績ではない方の)狙うのが楽しかったです。
    途中のシューティングステージとかは確かに要らんかったですねぇ

    とにかくウィッチタイム決めるのが楽しいゲームでした。
    ウィッチタイムのことを考えず、ただストーリー進めるだけなら、あまり醍醐味は感じられないゲームかな、とベヨネッタファンでも思います。

    • kentworld より:

      つぐみさんはベヨネッタの熱狂的なファンですよね!w
      このゲームのために本体を買ったというのだから凄いと思います。
      そんなゲームを厳し目に評価してすみません!w

      でも、2は楽しめたんですよー。
      3が出たら買いたいなぁ。

      • つぐみ より:

        ファンじゃない人の意見を聞けなくなったファンはただの狂信者ですからね
        みんな違ってみんな良いと思います(笑

        3が出るなら、ムービー少な目でよりアクションに重点を置いて欲しいですね
        ファンとしてはあんまりダラダラ続けて駄作になるのは見たくないので2で完結でも良いかなっと

        • kentworld より:

          ネット上には狂信者ばかりなので、安心しましたw

          ムービーの比率は気を配って欲しいですね。
          まだまだ改善の余地があるシリーズだと思います。

  15. Kiyoppy より:

    ロリコンな僕は楽しめないですね、BBAに興奮できないのでゲーム中は苦行だと考えるしかありませんね。カグラの未来ちゃんなら速攻で買っていたのに。

  16. ブルー より:

    ムービーゲームでお腹が一杯になるのはスクエニだけで、えぇんやでって感じさせられる一本(どんなだw)
    任天堂のゲーム機で、これが出来たのには当時驚きましたw
    爽快感は派手さに比べないものの、自分は癖になりましたね。
    しかし、Kentさんホライゾン、ゼルダやってるなかでベヨ1、2までやるとか凄すぎませんかねw

    • kentworld より:

      任天堂のゲーム機でベヨネッタは刺激が強かったですねw
      ベヨネッタ1は6年前にプレイしたんですよ。
      ベヨネッタ2は最近ですが、2日くらいでクリアしてしまいました。

  17. ベヨファン より:

    もしまたやる機会があるならばぷにぷにさんも言っているダッヂオフセットを是非使ってほしいです。
    感想がガラッと変わると思いますよ。
    戦闘に関してこれほどテンポが良くて爽快感のあるアクションゲームは他にないと思うほどなので真逆の意見見てついコメントしてしまいましたw

関連記事

【レビュー】立体ピクロス [評価・感想] DSの特性にピッタリとハマった傑作パズルゲーム!
【レビュー】スナックワールドトレジャラーズ ゴールド [評価・感想] ハクスラの面白さを子供たちに伝えようとしたお手軽アクションRPG!
【PS4/PS3/PSVITA】プレイステーションハードで発売されたゲームのレビュー記事一覧【PS2/PSP/PS】
【レビュー】バンジョーとカズーイの大冒険(バンカズ1) [評価・感想] 強烈な個性でマリオ64との差別化を図った名作!
【レビュー】Deadly Days (デッドリーデイズ) [評価・感想] ゾンビとローグライクを融合させた中毒性抜群の良作!
【レビュー】星のカービィ トリプルデラックス [評価・感想] Wii版をベースにギミックを強化した良作!
【レビュー】Layers of Fear(レイヤーズ オブ フィアー) [評価・感想] 一人称視点だからこそ実現した不思議な体験を味わえる家庭用お化け屋敷
【レビュー】任天堂っ子がメガドライブ ミニを触ってみた感想&評価。濃いゲームばかりでカルチャーショック!
【レビュー】AKB48+Me [評価・感想] AKB48チャンポケットにはなれなかった…
【レビュー】Switchの「アスファルト9:Legends」が基本プレイ無料で楽しめるのに完成度が高すぎる件について