| ゲームレビュー

【レビュー】バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ [評価・感想] ガンシューティングでも侮れない!


バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ/Wii

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2007年11月に発売されたWii「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」のレビューをしていきます。

Wii「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」バイオハザードを題材にしたガンシューティングゲームです。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

良いところ

過去作品の物語を体験出来る

507f41a4.jpg

本作は「バイオハザード」シリーズのストーリーをガンシューティングゲームという形で追体験出来ます。

追体験出来るのは「0」「1」「3」。

ガンシューティングゲームである関係上、一人称視点で物語が進行します。

そのため本編を既にプレイしている場合でも違った一面も見られ、一方では懐かしさも感じられるので、シリーズのファンだったら2倍楽しめるかも!?

ステージ選択式で何回も遊べる!

7725e1ff.jpg

本作はステージ選択式で何回も遊べるように作られています。

その影響で従来のシリーズ作品よりもストーリー展開を覚えやすく感じました。

一方、高スコアを獲得して高いランクでクリアすると言う遊びも用意されているので、ガンシューティング重視の方でも何回も遊べます。

爽快感がある

3356e7bb.jpg

ガンシューティングでは重要な爽快感は、クリティカルヒットが決まった時に凄く感じられました。

最初はなかなか決めるのが難しいクリティカルヒットだけど、コツをつかめばいつかは連続で出せるようになります。

ゾンビの頭を狙え!

長く遊べる

66aa75f8.jpg

ある条件を満たすと出現する隠しステージは10種類以上存在します。

その他にもオリジナルストーリーやおまけモードが収録されており、武器の改造要素もあるので、ボリューム・やり込み要素共に多く感じました。

フルプライスでの発売でしたが、その価値は十分にありましたね。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

初心者お断りの難易度の高さ

c633e398.jpg

イージーモードでも難易度が高く、ちょっとでも攻撃に当たるとゲームオーバーになってしまいます。

Wiiのライトユーザーに向けて開発したのでしたら、イージーモードはもう少し簡単にしても良かったと思う。

「バイオハザード」のストーリーだけを楽しみたいって人もいると思うし。

グラフィックが若干粗い

07741e5f.jpg

「バイオハザード」と言えばグラフィックに定評がありますが、本作はフルポリゴンで作られているためかやや粗い部分がありました。

Wiiソフトであることを考慮に入れても、「バイオハザード」ブランドで売るからにはもう少し頑張ってほしかった。

1プレイごとにタイトル画面へ

c60c1979.jpg

ゲームオーバーになるたびにタイトル画面へ行ってセーブファイルを選ぶ事になるのですが、せめてステージ選択メニューからやり直しできるようにしてほしかった。

何度もやられていると少し面倒になって来ます。

自由に動かせない

8ec630fd.jpg

ガンシューティングなので仕方がありませんが、本家とは違ってキャラクターを自由に動かす事が出来ません。

これはガンシューティングのゲーム性に繋がる事ですが、自由に動かせないのを嫌う人は気を付けてください。

目次へ戻る

全体のまとめ

「バイオハザード」の世界観・テイストを上手くガンシューティングに落とし込んだ作品。

おかげでバイオハザードファンはもちろん、ガンシューティングゲームファンでも楽しめるようになっています。

意外と長く遊べますし、侮れない作品です。

こんな人には特におススメ。
・バイオハザードファン。
・ガンシューティング好き。

こんな人にはおススメできない。
・難しいゲームが苦手な人。
・キャラクターを自由に動かすゲームが好きな人。

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ/お気に入り度【80/100%】
プレイした時間・・・約30時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, , , ,

 

おすすめ記事

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(4)

  1. Ryou より:

    ■自由に動かせない
    自由に動かせたらそれこそFPSになりますよね。
    ■初心者お断りの難易度の高さ
    まず初見クリアは不可能ですよね。イージーですらイージーでないのはなぁ。
    エイダステージやウェスカーステージのタイラント戦?とか泣きそうになりました。イージーなのに。
    ■グラフィックが若干荒い
    当時はこんなものかなと割り切ってましたが、続編の
    ダークロやってからだと気になる部分ではあるかな。
    ■長く遊べる
    改造の面白さはある意味本編以上に感じました。
    コレのお陰でクリアするモチベを維持できたと思う。

  2. totomaru より:

    借りて遊んだ記憶がありますが、確かに難易度が意外なくらい高かったですね。Wiiだしお祭りソフト的なイメージだった(キャーキャー言い合いながら楽しめる)ので、実際にやったときは「えっ?」という感じでした。バイオ4が操作性の良かったしバランスも良かったので(ジャンルは違うけど)一層そういう感じがしたのかも。
    Wiiザッパー懐かしいなぁ。

  3. kentworld より:

    >Ryouさん
    >■自由に動かせない
    自由に動かせないからこそ独特の面白さがあるんですが、
    動かせない事に不快感を持つ人も意外と多いんですよ。
    >■初心者お断りの難易度の高さ
    難易度の高さには驚きましたよw
    カプコンらしいゲームだった^^;
    >■グラフィックが若干荒い
    大きなテレビでやると結構粗いですよこれは。
    ゲームキューブで発売された作品よりも劣っているのはいただけません。
    >■長く遊べる
    改造システムによってただの
    ガンシューティングでは無くなりました。
    難しいけど良く出来たゲームでしたよね。

  4. kentworld より:

    >totomaruさん
    Wii向けだからと侮っていたら
    痛い目に遭うゲームでした。
    どちらかというとコアなバイオファンに
    おススメの作品でしょうね。
    Wiiザッパーが出てからもう5年近く。
    最近は全く使用していない^^;

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】ウォーキング・デッド [評価・感想] 生死について考えさせる重苦しくも夢中で楽しめるインタラクティブドラマ
【レビュー】キャッチ!タッチ!ヨッシー! [評価・感想] スコアアタックに特化したDS黎明期の意欲作!
【レビュー】クリプト・オブ・ネクロダンサー [評価・感想] ローグライク×リズムアクションの化学反応で生まれた傑作!
【レビュー】聖剣伝説3 [評価・感想] マルチストーリーを採用したSFC後期の力作
【レビュー】エグリア〜赤いぼうしの伝説〜 [評価・感想] 課金要素なしの有料ソーシャルゲーム
【レビュー】ぐるっとスプラッシュ! [評価・感想] ありそうであまり無かった回転謎解きゲーム!
【レビュー】A Hat in Time(ハット イン タイム) [評価・感想] 懐かしいだけでは終わっていない20年越しのN64ソフト!
【レビュー】アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝 [評価・感想] 新鮮味はほとんど無いが高品質な作品!
【レビュー】マリオ&ルイージRPG3!!! [評価・感想] DSの機能を活かしまくったシリーズ最高傑作!
【レビュー】新・光神話 パルテナの鏡 [評価・感想] 3DSらしさと気配りが行き届いた傑作!