| ゲームレビュー

【レビュー】Wii Sports Club [評価・感想] 時代の波に乗れなかった不遇な作品


Wii Sports Club/Wii U

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

今回はWii U「Wii Sports Club (ウィースポーツクラブ)」のレビューをしていきます。

本作はWiiで大ヒットした「Wii Sports」のリメイク作ですが、時代の波に乗れず過小評価されてしまいました。

ゲームとしての完成度はオリジナル版よりも良くなっているんですが、

  • Wii Uが売れなかった
  • 販売方式が特殊だった
  • リメイクする時期が中途半端

の3点が足を引っ張っているように感じます。

また、前作であるWii「Wii Sports Resort」ほどのボリュームはないので、決定版にも感じませんでした。

ここからはそんなWii U「Wii Sports Club」の良いと思った点から語っていきます。

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • Wiiリモコンプラスを振って遊ぶスポーツゲーム。
  • 「Wii Sports」に収録されていた5種目をリメイクして収録。
  • オンライン対戦に対応。
初リリース日 2013年10月30日
対応ハード Wii U
ジャンル スポーツ
売上 初週0.4万本
推定クリア時間 1プレイ5〜10分
発売元 任天堂

スポンサーリンク

良いところ

Wiiの代表作がリメイク!

本作は2006年にWiiで発売された「Wii Sports」をリメイクした作品です。

リメイクされたことでグラフィックはもちろん、操作性もパワーアップ。

Wiiリモコンプラス専用になったことでより細かな操作が可能になり、Wii Uゲームパッドを活かした遊びが追加されました。

個人的に一番「お!」と思ったのが、Wii Uゲームパッドを活かした「ゴルフ」です。

ゴルフをプレイする際にはWii Uゲームパッドを床に置くことになります。

そして、立ちながらWiiリモコンプラスをスイングすることになるんですが、遊んでいる時のリアリティが凄いんですよ。

Wii Uゲームパッドの画面にはゴルフボールが映し出されており、素振りをすると力加減のゲージが表示されます。

そして、ボタンを押しながらスイングするとゴルフボールが飛翔。

TV画面にはボールが飛んでいく様子が映し出されます。

この感覚が本物のゴルフに近いので感動しました!

実際に「ゴルフ」を経験済みの方はわかると思いますが、ボールを打つ時ってまずは下をみるんですよ。

パッと見は地味ですが、実際のプレイした時のインパクトが凄く、Wii Uたからこその遊びを提供しています。

「Wii Sports Resort」に収録されていたコースが追加されていますし、本作の「ゴルフ」はあらゆる面がパワーアップしていると思いました。

ストレス解消に最適!

直感的に遊べるゲームなので、本作もストレス解消に最適です。

特におすすめなのが、「ベースボール」と「ボクシング」です。

「ベースボール」ではリモコンを思いっきり振ってホームランを決めた時が。

「ボクシング」ではリモコンを前に倒してパンチを決めた時の爽快感が格別で、嫌なことがあった時にプレイするとスッキリします。

オリジナル版にも言えることなんですが、体を動かして遊ぶ点、Wiiリモコンプラスが振動する点、スピーカーから音が鳴る点。

この3連コンボがボタン操作のゲームにはない爽快感を生み出していて、ストレス解消に最適だと思いました。

オンライン対戦に対応

本作ではシリーズ初となるオンライン対戦に対応しています。

対戦で遊べるルールは限られていますが、これまでは身近な人としか楽しめなかったので、これは嬉しい機能だと思いました。

オンライン対戦で凄いと思ったのが、マッチング時の遊び要素です。

マッチング中はスポーツの練習ができるようになっているので、ちょっとくらい待たされても退屈しません。

オンライン対戦にしても人間プレイヤーによる不規則な動きが面白く、CPU戦にはない良さがあります。

例えばテニスでは、こちらが間違ってコース外にボールを飛ばしても跳ね返してくることがあったんですよ。

そんなこと、CPU戦では見られなかったので、当時は「あぁ、今は人間プレイヤーと戦っているのか!」と実感しました。

オンライン対戦での意思疎通は「Miiverse」を使用。

メッセージや絵を使ってやり取りを行います。

ボイスチャットはできませんが、「Miiverse」を使ってのコミュケーションは独特な魅力を感じました。

また、インターネットに接続した状態ですと、1人でプレイしている時もそのシーンに合った「Miiverse」の書き込みが挿入されるようになってます。

例えば「ベースボール」で三振になった時に「三振バッターアウト!」と書かれた「Miiverse」の投稿が表示されるとか。

どのような判断で表示させているのかはわかりませんが、面白い仕組みですよね。

オンライン対戦のことばかり書いてしまいましたが、従来の作品と同じく、1~4人でのオフラインプレイにも対応。

4人プレイですと狭い部屋ではプレイできませんが、Wii版のように同じ空間で誰かと遊ぶ楽しさを再確認しました。

注意

「Miiverse」は2017年11月8日にサービス終了しています。

ユニークなトレーニングを収録

本作には1種目ごとに3種類のトレーニングが収録されています。

この点はWii版と共通していますが、トレーニングの内容がユニークなものに刷新されました!

簡単に言うと、ミニゲーム感が増したといったところでしょうか。

テニスでモグラたたきをやったり、ゴルフでビンゴゲームをやったり、ベースボールで宙に浮かんだ箱にボールを当てたり。

ボクシングに至っては球を避けつつスイッチをパンチするというぶっ飛んだ物になっていて、良い意味で任天堂のゲームっぽく感じました。

こんなにもユニークな内容にするのであれば、いっそのこと「ミニゲーム」と表記したら良かったのに。

ほら、トレーニングだとチュートリアルモードみたいで中級者以上はやる気がしないじゃないですか!

スポンサーリンク

目次へ戻る

惜しいところ

Wiiリモコンプラス専用によってハードルが上がった

本作は「Wii Sports Resort」に続いてWiiリモコンプラス。

もしくはWiiモーションプラスを接続したWiiリモコン専用タイトルとなっており、普通のWiiリモコンだけではプレイすることができません。

普及率的には普通のWiiリモコンの方が高いので、ハードルが高くなった感じがします。

Wii Uの通常版にはWiiリモコンが同梱されていませんしね。

個人的にWiiリモコンプラス専用になって残念だったのは、「ボクシング」です。

1本のWiiリモコンプラスでもプレイできますが、両手で楽しむには1人でも2本のWiiリモコンプラスが必要になりますし、対戦プレイでは最低でも2本必要になって来ます。

そうなってくると殴りたい顔のMiiを使っての対戦がしにくくなってしまうんですよー!w

結構ストレス解消になるだけに、これは残念です。

ただ、Wiiリモコンプラスでテニスを遊べる恩恵は大きく感じました。

今作のテニスは感度が細かくなっていて、ラケットとWiiリモコンプラスとの一体感が増しているのに加え、ショットの打ち分けがしやすくなっています。

例えば左打ちと右打ちをゲーム側が正確に認識してくれるとか。

Wii版の時に感じた細かい違和感がなくなっているので、より本物に近い感覚で楽しめました。

特殊な販売方式

「『Wii Sports Club』なんてゲームあったんだ!?」

そんな声をちょくちょく耳にしますが、無理もありません。

本作は販売方式が特殊だったので、商機を逃してしまいましたからね。

具体的に言うと、本作はまずダウンロード専売にして各種目をバラ売りしていました。

テニスとボウリングは2013年10月に。

ゴルフは2013年12月に。ベースボールとボクシングは2014年6月に配信されました。

販売価格は初回起動から24時間は無料。

以降は24時間で各200円。買い切りで各1,000円(ベースボールとボクシングはセット販売)。

その後、2014年7月には全ての種目をセットにしたパッケージ版が発売されましたが、どうでしょうか?

ライトユーザーが混乱するような売り方ですよね?

うごく社長が訊く『Wii Sports Club』 」によるとバラ売り & 時差販売をしたのは

  • Wii U初期に遊べる環境を作りたかった
  • オンライン人口の分散を無くしたかった

といった事情があるようですが、パッケージ版の初週売上が0.4万本だったことを考えると裏目に出ている感じがします。

そもそも、本作が発売された当時は初代「Wii Sports」から7年しか経っていません。

リメイクするにはまだ早すぎたので、有り難みを感じませんでした。

色々と不遇な作品だったなぁ

目次へ戻る

Wii Sports Clubのレビューまとめ

初代「Wii Sports」を順当にリメイクしていますが、2013年に出すには早すぎた感じがします。

当時はまだ「Wii Sports Resort」の記憶が鮮明で、懐かしくも感じませんでしたからね。

みんなで遊ぶと相変わらず面白いですし、刷新されたトレーニングはユーモアあるもので気に入っていますが、なんだかモヤる作品です。

時代の波に乗れなかった不遇な作品。

こんな人には特におススメ。
・オンライン対戦をしたい人。
・ゲームパッドを活かした遊びを観たい人。
・パーティゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・1人でガッツリ遊びたい人。

お気に入り度【60/100%】

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

, ,

 

おすすめ記事

Sponsored Link


  1. 野球好き より:

    Wii Sports Clubは同じ部屋で複数人で遊んでこそ、楽しいタイトルだと思いました。
    オンラインの恩恵を感じませんでした。
    むしろニンテンドーランドにオンラインつけて欲しかった。

  2. くっぞこ より:

    こんにちは。
    ゴルフは好きですね~
    前作が中途半端だったので、ゲームパッドを使った2画面でのプレーは、
    より体感ゲームっぽくなって面白いです。
    こういう変わったゲームパッドの使い方を他のゲームでも出来ないかな?
    と思ってしまうんですが、難しいんでしょうね~

  3. kentworld より:

    >野球好きさん
    任天堂はどういった判断でオンライン対応を決めているんでしょうかね?
    ニンテンドーランドは確かに対応して欲しかった。

  4. kentworld より:

    >くっぞこさん
    このゲームのWii Uゲームパッドを使った遊びは、
    そう言えばWii Uが初公開された時の
    デモンストレーション映像の時に見かけましたw
    あそこで出て来たネタをもっと製品化して欲しいですね!

  5. 匿名 より:

    ゴルフはリモコンとWiiUゲームパッドを完璧に使いこなせていると思う。
    この中でもゴルフは別格で満足度が高かった。
    やっぱりゴルフっていうのはボール見て打つスポーツですよ。
    ピョコタンがこのゲームパッドの使い方はしょうもないとか貶しているのを見て凄く悲しい気持ちになった。
    ゲームパッドのボールが無くなるくらいならTVがファミコンの画質になった方がマシ、それくらい意味がある。
    けど一般人から見たらピョコタンみたいな感想になるんだろうな・・・・

    • kentworld より:

      >ゴルフはリモコンとWiiUゲームパッドを完璧に使いこなせていると思う。

      ユニークな使い方でしたよね。
      ゴルフのリアリティを高めていたと思います。
      何やらスイッチに関する毒舌動画が出回っているようで・・・

  6. YOXY より:

    早く遊びたい!

関連記事

【レビュー】ビッグスリー ガンシューティング [評価・感想] 様々なガンシューティングからB級FPSまで楽しめるお得な作品!
【レビュー】モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~ [評価・感想] モンハンを大作RPGに変貌させた奇跡の作品!
【レビュー】スーパーマリオ3Dワールド+フューリーワールド [評価・感想] 本格的なオープンワールドマリオが付いたお得セット!
【レビュー】40 Winks(N64) [評価・感想] 約20年ぶりに発売された正真正銘のN64向け新作ソフト!
【レビュー】がんばれゴエモンゆき姫救出絵巻 [評価・感想] 昔の日本へ旅に出かける2Dアクション!
【レビュー】Hey! ピクミン [評価・感想] カジュアルに寄せた淡々としたピクミン
【レビュー】風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス [評価・感想] 「4」を土台にパワーアップしたシリーズの集大成!
【レビュー】キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー [評価・感想] 音ゲーなのにスマホではなく据え置き機向けに発売した理由とは?
【レビュー】コール オブ デューティ ブラックオプス(COD BO) [評価・感想] 面白いけど進化はここで一旦ストップ
【レビュー】ルイージマンション3(Switch) [評価・感想] 過去作で見られた多くの問題点を解消したシリーズ最高傑作!