2018/09/18/7:00 | ゲームレビュー

インファマス ファーストライト【レビュー・評価】初心者も上級者も楽しめる超お買得な低価格オープンワールドゲーム!

4

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2014年9月に配信されたPS4「inFAMOUS First Light(インファマス ファーストライト)」のレビューをしていきます。

本作はオープンワールドアクションゲームPS4「inFAMOUS Second Son(インファマス セカンド サン)」の前日譚となる作品ですが、上級者だけではなく初心者にもおすすめしたい手軽な作品でした!

まずは良いと思った点から書いていきます。

※本作は約1,600円のダウンロード専売タイトルになります。

▼このゲームを3行で説明すると?

・フェッチとなって中規模マップでミッションをこなしていく。
・ネオンの能力を使って街中をハイスピードで移動することが出来る。
・スコアアタック形式のアリーナモードも収録。

良いところ

インファマスセカンドサンを掘り下げたストーリー

48

2014年5月に発売され、全世界で大ヒットしたPS4「インファマス セカンドサン」。

今回レビューする「インファマス ファーストライト」は「インファマス セカンドサン」の前日譚となります。

舞台は「インファマス セカンドサン」と同じシアトル。

マップの構造も同じですが、半分以上は侵入出来なくなっています(本編よりも価格が安いのでこの点は致し方なし)。

ここまで読んで勘付いている方もいると思いますが、「インファマス ファーストライト」は実質「インファマス セカンドサン」の大型ダウンロードコンテンツなんですよね。

「インファマス セカンドサン」本編を持っていなくてもプレイ出来るので、いわゆるスタンドアローンとなります。

前日譚なので、本作からプレイしても問題ありません。

可愛いキャラクターで大暴れ出来る!

inFAMOUS™ First Light_20150110145424

本作最大の特徴は、主人公がヒロインのフェッチであること!

彼女は本編にも登場したキャラクターなんですが、ネオンの能力を使って街中をハイスピードで移動することが出来るんです!

いやっふううう~!!!!!

可愛い女性キャラクターで縦横無尽に街中を飛び回れるって最高だぁ!

嬉しいのが、本編のデルシン・ロウよりも全体的にステータスが高いこと。

使用出来る能力こそネオンしかありませんが、攻撃技をバンバン使っても使用ゲージはなかなか減らず、移動能力も高いので快適に移動することが出来ます♪

可愛いうえにスペックまで高いとは!?

ハイスピードレースのような楽しさも詰まった寄り道要素

ビュ~~~ン気持ちぃぃぃ~!!!

本作もオープンワールドを舞台にしているということでサブ要素もいくつか用意されています。

用意されているサブ要素は光の玉を捕まえるレール、ネオンを使って描く落書き、収集アイテム集め、ドローン探しなど。

これらの要素をメインミッションと並行して楽しめるんですが、移動能力が極めて高いだけあって超面白いんです!

そんな面白さをさらに強めているのが、各地に設置されたブーストゲート。

このブーストゲートはネオンの能力を使ってダッシュしている状態でくぐるとスピードアップするんです!

光の玉を捕まえるレースではブーストゲートをくぐるらなければクリア出来ないようになっているので、ハイスピードレースのような楽しさが詰まっているんですね。

inFAMOUS™ First Light_20150110153109

取りにくい位置に設置されたアイテム集めも楽しかった!

多くのアイテムは非常に高い場所に浮いているため、どのようにして入手するのか考える必要があるんですね。

ダッシュジャンプで取るのか?それとも高層ビルの屋上まで行ってホバリングやダッシュで取りに行くのか?

こんな感じで試行錯誤する楽しさを味わえるので、N64「スーパーマリオ64」にハマっていた頃を彷彿します。この感覚、懐かしいぃ!

フィールドに存在するアイテムの設置数はさほど多くないのであっという間にコンプリートしてしまうと思いますが、アイテムを集めている時は最高に楽しかった!

中毒性抜群のアリーナモードを収録!

inFAMOUS™ First Light_20150111125329

本編のボリューム感は低価格ということもあって「インファマス セカンドサン」の半分以下になります。

そのため5時間もあればクリア出来てしまいますが、実は本番となるのはここからなんです!

というのも本作には本編と独立したアリーナモードが収録されているから!

アリーナモードでは様々なルールでスコアアタックを楽しむことになるんですが、やりこみ要素が非常に多く、ハマりだすと累計プレイタイムが3倍以上になります!

かくいう僕もプラチナトロフィーを狙っていたらアリーナモードをやり込むことになり、プレイタイムが大幅に増えました!w

アリーナモードの楽しさを高めている大きな要因が、スコアの倍率システム。

テンポ良く敵を倒すとスコアの倍率が上がって高得点を狙いやすくなる一方、途切れると倍率がどんどん下がっていくので意識するとめちゃくちゃ忙しくなるんです!

しかも無双出来るようなバランス調整ではなく、敵も本気で攻撃をしてくるため遠距離と近距離の攻撃を使い分けなければならず、非常に戦略性の高いバトルが楽しめます。

ただでさえ主人公の運動能力が高くて爽快なのに、スコアアタックの面白さを持ってこられると鬼に金棒ですw

アリーナモードに用意されているチャレンジは非常に多く、プラチナトロフィーを入手するにはコンプリート必須なので、ハマりだすと何十、何百回もプレイすることになるでしょう。

正直、「インファマス」の戦闘システムを使ったスコアアタックゲームがここまで楽しいとは意外でした!

アリーナモード限定で本編の主人公であるデルシン・ロウも使えますぞ!

フォトモードもしっかり搭載!

「インファマス セカンドサン」に収録されていたフォトモードは本作にもしっかり搭載されています!

ということは可愛いフェッチを様々な角度から撮影出来るじゃないですか!?

「インファマス セカンドサン」の機能をそのまま取り入れているだけとは言え、これは嬉しい!

こちらは正面から見たフェッチ。正直、正面からだとそこまでのインパクトはありません。

でも、斜めからのアングルだと顔が整っているように見えるんですよね。

メインイラストもそうですが、彼女は斜めからのアングルで化ける顔付きだと思います。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

もう少し効果音に爽快感が欲しかった

これは「インファマス セカンドサン」でも感じたことですが、相変わらず効果音の主張は弱いです。

せっかくネオンの玉をバンバン放ったり近距離攻撃でバンバン敵をぶっ飛ばせるのに、バキッ!ボコッ!ドカーン!という音はほとんど聞こえません。

見た目がフォトリアルのためコミカルな音を出しにくいんだと思いますが、アクションが軽快なだけに何だか勿体無い。

この点がしっかりしていたら個人的には神ゲー扱いしていたかも知れないのに。

全体のまとめ

コンパクトだった「インファマス セカンドサン」以上に内容を凝縮した作品。

前日譚のため本作から入るのも問題はないので、超初心者向けのオープンワールドゲームとしてもおすすめです。

一方、前作プレイヤーはアリーナモードでのやり込みが熱く、スコアアタックや大量のアンロック&チャレンジ要素によってあの軽快なアクションを思う存分楽しめます。

全体的には約1,600円とは思えないほど中身が詰まっており、個人的な満足度は本編以上です。

初心者も上級者も楽しめる超お買得な低価格オープンワールドゲーム!

こんな人には特におススメ。
・超人が主人公の3Dアクション好き。
・スコアアタック好き。

こんな人にはおススメできない。
・3Dアクションが苦手な人。

インファマス ファーストライト/お気に入り度【85/100%】
プレイした時間・・・約16時間

, ,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(12)

  1. アサヒ より:

    インファマスって別にZ指定になる要素ないような気がするんですけど、何の描写が引っかかってるんだろう?
    倫理的な面がアウトなんですかね。

  2. kentworld より:

    >アサヒさん
    同感です。
    グロい表現もないですしね。
    おそらく、住人に攻撃出来るのが問題なのでしょう。

  3. シロマ より:

    本編はプレイしてないけどハイスピードで街中を駆け回り爽快感がたまりませんね。
    宙に浮いているアイテムやレースゲームみたいなやり込み要素はそこまで多くないので作業感が無くて楽しめました。
    内容には満足したので本編の方もいずれ購入します。
    短所をあえて上げるとしたら敵の射撃攻撃がゴルゴ13かよって思うぐらいの性能なのでアリーナモードの後半は敵が大量に登場するので常に逃げ回りながら射撃攻撃を繰り返す作業になりがちですね。

    • kentworld より:

      このゲームは拡張パックではなくスタンドアローンなので本編をプレイしていなくても購入出来るのが嬉しいですね!
      フィールドは本編の一部を切り抜いたものです。
      敵の攻撃は主人公の身体能力に合わせて強化されていますw

  4. らす2 より:

    このゲームクリアしましたが、アリーナ難しすぎて挫折w

    • kentworld より:

      アリーナは僕も一時期積んでいましたが、チャレンジをクリアすることでトークンが溜まってスキルをアンロック出来るようになるんですよね。

      ですので、何度もプレイしてキャラクターを強化していくように設計されていると思いました。

  5. 天火星 より:

    この内容でスタンドアローンなのは嬉しい、ただしインファマスはmaru max君に任せているので気が向いたら触る程度になるかなあ・・・。
    しかし前日譚で女性主人公珍しい、しかもカワイイ・・・洋ゲー独特のバタ臭さがないのホント嬉しい・・・。

    • kentworld より:

      当時としてはこんな売り方もあるのか!?と思いました。

      このゲームは洋ゲーのバタ臭さが控えめなので、そういう意味でもおすすめしやすいです。前作からよく変えてきたな~と思います。

  6. hanataka より:

    楽しめ過ぎてすぐクリアしましたねぇ。トレーニングルームでの戦いはめっちゃ楽しめましたねぇ。

    • kentworld より:

      夢中でプレイするとあっという間にクリアできるコンパクトな内容ですもんね♪

      ですが、アリーナモードでやり込めるのでボリューム感も味わえました。

  7. nicond より:

    本編で一番好きな能力がネオンだったので、デルシンよりパワーアップしてて楽しかったです!

    そして何よりアリーナが最高ですよね!
    次回作があるとしたら、本編に入れてほしいレベルです。

    • kentworld より:

      ネオンが一番好きですか!?僕はビデオかな♪

      アリーナは最近トロコン狙いで頑張りましたが、nicondさんの記録が凄すぎて驚きましたw

      頑張って抜かそうと思ったけど無理だったorz

      アリーナは標準搭載しても良いくらい魅力的です。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計【レビュー・評価】ゼルダの常識をぶち破りまくったDSを代表する大作!
トゥームレイダー【レビュー・評価】典型的な洋ゲーから一皮剥けた、再始動作にふさわしいリブート一作目!
塊魂 ノ・ビ~タ【レビュー・評価】ダウンロードコンテンツを含めて初めて成り立つ突貫工事作品
The Last Guy(ラストガイ)【レビュー・評価】地味だけど中毒性は高い!
ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー【レビュー・評価】予想以上に高い完成度とボリュームで贈るFFのお祭りゲー!
レイトン ミステリージャーニー【レビュー・評価】皮を中心にむき始めてきた新世代のレイトン!
風来のシレン3~からくり屋敷の眠り姫~【レビュー・評価】大作RPG路線が裏目に出てしまった作品
biohazard【レビュー・評価】2002年最高の恐怖とグラフィックを!
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城【レビュー・評価】美しくてド派手なドラクエを楽しみたい方へ贈るハイエンドなドラクエごっこゲーム
勇者30【レビュー・評価】ちょっとした空き時間に欲しい一本!