2018/09/07/12:00 | ゲームレビュー

ライズ オブ ザ トゥームレイダー【レビュー・評価】サプライズ性は低いが、前作から順当に進化!

283681
ライズ オブ ザ トゥームレイダー/XboxOne /PS4 / Xbox360(Z指定)

2015年11月に発売されたXboxOne/Xbox360「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」を今回はレビューします。

XboxOne/Xbox360「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」はララ・クロフトが主人公のアクションアドベンチャーゲームです。

2016年10月には追加要素を収録したPS4版が発売。

良いところ

雪山などを大冒険出来る!

408

前回、孤島から生還したララ・クロフト。

しかし、彼女の冒険はこれでおしまいではなく、まだ続きがあったんです!

今作の舞台となるのは極寒の地。そのため雪で覆われたエリアを探索することが多く、前作では見られなかったロケーションが満載なんです。

410

もちろん、雪エリアばかりではありません。

それ以外にも遺跡、洞窟などいくつかのロケーションが用意されているので、今回も変化に富んだ冒険を楽しめました!

相変わらずの没入感

うわぁぁぁぁ~!助けてぇぇぇ~!!!!!

「トゥームレイダー」と言えば冒険ですが、今作でも本当に冒険しているかのような気配りを随所で感じられました。

682 (2)

まず目に入ったのが、前作以上に美しいグラフィックとゲーム的な表示が極力排除されたHUD。

グラフィックのクオリティは縦マルチとは思えないほど前作からパワーアップしており、映像の描き込み具合やスケール感が前作以上に増しています。

どこを切り取っても絵になるレベルで、あまりの美しさに思わずため息が出てしまうくらい。

環境破壊描写もパワーアップしているので、物語の山場となるシーンは必見です!

495

そしてHUD表示!

今作でもゲーム的な表示はボタンを押さない限りは一切されず、字幕もデフォルトではOFFになっています。

そのためボタンを押さない限りゲームらしいステータスは全く表示されません。

これらの拘りによって映画のキャラクターを実際に操作しているかのような没入感を味わえるようになり、良い意味でゲームっぽく感じませんでした。

近年のトレンドを追及しているだけですが、やっぱり素晴らしいです!

ちなみに音声は日本語。なので、日本語音声だからこそ感じられる臨場感は今回も健在です。

随所で存在するオープンワールド的な遊び

ここまで読んだ感じだとリニア式のゲームに捉えられるかも知れません。

しかし、今作でもゲームを進めていくといくつかの小規模なオープンワールドマップを探索することになるんです!

685

本格的なオープンワールドゲームと比較したら狭いですが、この手のエリアにはいくつかのサブミッションが用意されており、ミニダンジョンも隠されています。

アトラクション重視でリニア式のエリアも面白いですが、個人的にはオープンワールド的なマップを攻略している時が一番楽しめました!

沢山の収集アイテムを集め、隠されたミニダンジョンを探して謎解きするのが冒険家みたいで溜まりません♪

もちろん、ある程度ゲームを進めたら探索し損ねたフィールドまでファストトラベル(ワープ)で戻ることだって出来ます。

前作でも感じましたが、リニア式と探索式の要素を融合させた独特なゲームデザインは見事としか言いようがありません!

ボリュームアップしたミニダンジョン

683

各地を探索していると、ゲームクリアには直接関係のないミニダンジョン(トゥーム)を発見することがあります。

この点は前作と変わりませんが、全体的にボリュームアップしているのが嬉しかったです♪

単純にミニダンジョンの数も増えていますし、全体のスケール感も増していました。

もちろん、前作で素晴らしかった物理演算処理を駆使したリアルで芸術的な謎解きも健在で、最下層へ行くには頭を使う必要があります。

この謎解き要素が実に素晴らしく、没入感を高めてくれる映像美と相まって本当に冒険しているかのような感じを味わえました。

そんな謎解き要素が前作よりも少しだけ増しているのだから嬉しいですね♪

嬉しいリプレイ機能

684

前作はリプレイ機能がなく、一度クリアしたら以前のような状況でのプレイは出来ませんでした。

どうしても以前のような状況に戻したい場合、ゲーム自体を最初からやりなおす必要があります。

その点、今作ではリプレイ機能によってお気に入りのシーンからいつでも再開出来るようになったんです!

しかも細かく条件を決めて自分だけのオリジナルミッションを作成することも可能で、遊びの幅が広がっています。

このような機能が追加された一方で前作にあったマルチプレイモードが廃止されてしまいましたが、個人的に「トゥームレイダー」では求めていない要素だったので良い変更点だと思いました。

ララ・クロフトが可愛い

411

「トゥームレイダー」と言えばララ・クロフトさん!

彼女の可愛さが本シリーズの大きな魅力だと思いますが、今作ではより大人の女性に成長していました!

前作では頼りない描写もありましたが、今作では頼もしいシーンが多く、新たな魅力を醸し出しています。

409

極寒地域に訪れることもあって前作では見られなかった厚着を披露してくれるのも嬉しかった!

前作の頼りない描写も好きでしたが、今作もララ・クロフトさんも好きです♪

彼女が可愛く映るようなアングルになったら欠かさずスクリーンショットボタンを押していました

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

前作との区別が難しい

70

2013年に発売されたPS3/Xbox360「トゥームレイダー」。

今回レビューしたPS4/XboxOne/Xbox360「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」はその続編にあたりますが、前作との区別を付けるのはやや難しく感じました。

というのも「良いところ」で挙げた美麗グラフィック、没入感、セミオープンワールドマップ、ミニダンジョン、ララ・クロフトの可愛さは前作にも備わっていたからです。

もちろん、細かいところを見ていくとお金の概念やサブミッションの追加など色々変わっていますが、いずれもゲームプレイに大きな影響を与えるほど本編には関わって来ないのでサプライズ性には欠けます。

前作を踏襲している分、完成度は高めですが、もう少し前作との区別を付けてくれたらさらに良かったと思います。

個人的に前作はかなりツボだったので、色々踏襲してくれて嬉しかった部分もあるんですけどね。

“ライズ”オブ ザ トゥームレイダーなのにサプ”ライズ”性が低いとは

素材や収集アイテムが濃すぎてやや面倒に

494

フィールドの密度は前作以上に増しています。

ちょっと歩くだけで大量の素材や収集アイテムが隠されていて、全部探そうと思ったら全然先に進めないくらい。

オープンワールド系のゲームで密度が濃いのは理想的だと思いますが、その一方で面倒に感じてしまう事もありました。

というのも他のゲームでいう弾薬や装備を分割しているようなものだからです。

他のゲームでは弾薬を拾って解決するような事をこのゲームでは2~3種類の素材アイテムを見つけて作成しないといけないので、サバイバルゲームとは言え最近の快適なゲームと比べたら面倒に感じてしまうところはあります。

これがストイックなゲームだったらまだ良かったんですが、難易度ノーマルだとそこまで難しくはないので、だらだらと素材アイテムを集めている印象が強かったです(もしかしたら難易度ハード以上でプレイすると印象が変わるかも)。

収集アイテムが多過ぎるのも問題に感じました。

入手するだけだったらまだしも、どの収集アイテムもご丁寧にボイス付きのメッセージが用意されているので、ストーリーを進めながら集めているとメッセージを読みまくる事になってテンポが悪いんですよ。

前作でも同じような要素はありましたが、今作では肥大化していると思いました。

スティックを押しまくらないといけない

686

探索時に役立つのが右スティック押し込みによるナビゲート機能!

この機能を使うことで目的地が表示されるほか、反応するオブジェクトが黄色く光るので探索や謎解きの良いヒントになっているんです!

しかし、頻繁に使用することになるので指が疲れましたw

前作でも同様の機能はありましたが、右スティック押し込みではなく普通のボタン操作だっただけに「何故変えた!?」って感じですw

せめて右スティックを押し込んだらずーっとナビゲートされたままの仕様だったら良かったんですけどね。

すぐに元の画面に戻るので、頻繁に右スティックを押し込む必要があります。ちなみにコンフィグ機能もついていません。

全体のまとめ

前作の流れを踏襲した続編らしい続編。

前作を踏襲しすぎている分、サプライズ性に欠けますが、順当に進化しているのは確かなので、冒険好きは買って損することはありません。

個人的にも前作が好きなので、今作も非常に楽しめました!

サプライズ性は低いが、前作から順当に進化!

こんな人には特におススメ。
・冒険好き。

こんな人にはおススメできない。
・過激な表現が苦手な人。
・アクションシューティングが苦手な人。

ライズ オブ ザ トゥームレイダー/お気に入り度【85/100%】
プレイした時間・・・約15時間


A52

, , ,

 

おすすめ記事


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(20)

  1. 黒詩★紅月 より:

    前作はせっかくの成長要素を引き継げないが惜しかったです
    今回はどうでしょうね?
    やっとPS4にも出ることで、買いますよ
    ってか、延期しまくったから、9~10月は『ペルソナ5』とこれしか買わないですw
    12月と1月マジ怖いですけど…

  2. ウユニ より:

    冒険感を味わうという目的では大安定の続編っぽいですね!
    演出面ではアンチャーテッドに軍配上がる気がしますが探索感ではこっちのが上な気がします。
    進化は感じられないかもしれませんがこれ以上ない安パイだと思うんで買います!
    VR対応コンテンツがどんなのかも楽しみ!

  3. げむおた街道をゆく より:

    kentさん、こんばんは。
    >こんな人にはおススメできない。
    >・過激な表現が苦手な人。
    前作をプレイしていて、思いました。
    ララさんは、あんなに人を殺して平気なのかと。
    普通なら考えられませんが、ゲームならOKなのかな?
    最近、あまりに非現実的なゲームは受け付けなくなった自分なのでしたー。
    ごきげんよう!

  4. kentworld より:

    >黒詩★紅月さん
    2周目以降に強さを引き継ぐって事かな?
    今回も引き継ぎはないんですよぉ。
    10月はこれしか買わないんですか!?
    意外でした。ゲーム自体は手堅い作りでおススメです!

  5. kentworld より:

    >ウユニさん
    大安パイな作品ですよ!w
    僕は2年半開けてのプレイでこういう印象になったので、
    1年もしないうちに続けてプレイするウユニさんが
    どう感じるのかは気になりますが・・・。
    VR対応コンテンツは感想をお待ちしております!

  6. kentworld より:

    >げむおた街道をゆくさん
    あんなに可愛い女性が殺人鬼になっていますもんね。
    そう言う意味で今作もちょっと無理のある描写になっています。
    前作ほどストーリーはぶっ飛んでいませんがw

  7. 代々 より:

    2015年のマイベストです。
    一本道ならではのテンポの良さは前作からやや削がれているものの、オープンワールド風マップの作り込みはそれを補って余りある完成度でした。
    ダレずに散策できたオープンワールドって初めてだったのでよく出来ていたんじゃないかなあと。
    地熱の谷は本当によかったなあ……
    個人的には毒矢ゲーというイメージですね。
    対人間の有用性に気づいてからは首っぴきでした。そら数を持てないはずだわ。
    素材の無駄な種類の多さは同意見ですが、クラフト周りの操作やバランス調整は割とよく出来ていたので頭ごなしに否定できないのが悩ましいところです。
    まあ、クラフト周りは一切活用しなくても十分クリアできるんですケド……

  8. kentworld より:

    >代々さん
    2015年のマイベストゲームになりますか!?
    これまた意外なチョイスですなぁ!笑
    オープンワールドの要素をコンパクトにまとめていますよね。
    本格的なものが苦手な人には丁度良いくらいの広さ。
    確かに毒矢は強く、クマさんの退治をした記憶が。
    強い敵を倒すため毒矢を作成するというシチュエーションは
    前作では見られなかったので、
    もう少しその辺りを凝ったら前作と差別化出来たかもなぁ。

  9. ウユニ より:

    とりあえず本編はクリアしてきましたぜぃ!
    予想通り安定の面白さ!★8!!
    …どうしようこれだけで言いたいこと8割くらい言っちゃった感が^^;

    確かに冒険してる感とか派手な演出は良かったですけどまぁ新鮮味はないですね笑
    まぁ丸1年で前作だけじゃなくアンチャも4本やってるからなぁ。
    アンチャ4は探索面でのバリエーションが若干肩透かしだったんで
    トゥームや謎解き含めるとこっちの方が良かったです。
    ゼルダの謎解きを進化させた感もあってこいつもゼルダのハードル上げて来ました笑
    ただオブジェクト探しはどうしても作業感強かったし素材まで集めては疲れましたねー。
    狩りが難しいから皮不足に陥ってました。

    ストーリーは流石にアンチャの圧勝だったなー
    前作もでしたが超展開が過ぎるよ笑
    VRコンテンツはまだやれてないんでそっちもクリアし次第どうだったかお聞かせしますね!

    • kentworld より:

      マンネリだと感想を言うのに困ってしまいますよねw
      レビュー記事も差別化を持たすのが大変です。

      一年でそれだけ冒険ゲームをやったら胃もたれするのも無理はありませんw
      僕が体験した7年間を1年に凝縮したような感じですからw
      2年、3年経つとまたやりたくなってくると思います。

      謎解きは今回も良かったですよね!トゥームやりたさに進めていたところがあります。

      ストーリーは急展開ですし、今回は3部作の2作目とも言われていますので中途半端ですね。

      VRコンテンツも感想もお待ちしております!

  10. ウユニ より:

    VRコンテンツもやりましたよ!
    1時間ちょいのおまけですが主観視点での探索&謎解きという感じでした。
    移動は移動したいところを指定してワープする形式でしたね。
    普通の移動モードにしたら一瞬で酔いそうだったんでやめました笑
    うーん中々VR酔い対策って難しい。
    実際に周囲見回して手がかり探して謎解きってのはかなり面白かったです!
    機会があれば持って行きますんで是非やってみてください。

    • kentworld より:

      簡単な感想をありがとうございます。やはり、クリック形式のゲームなのかな?
      普通の移動モードもあるようだけど、そちらでやると酔ってしまうのか。
      自由に移動出来るようになると途端にハードルが上がりますね。
      臨場感を高めるためには自由に移動出来るようにするべきなんだけど。

      また、東海地方に遊びに来てくれるんですね!
      早目に言ってもらえたら色々計画出来ますので、来年の早い時期とかによろしくお願いします!
      こちらも東京行く事になったら教えますので。

  11. ひまわり より:

    前作(PS3でもあるやつ)はクリア後にやる事がありませんでしたが今作はどうでしたか?(今頃すいません)

    • kentworld より:

      クリア後にやる事ですか?収集物集めはクリア後も出来ます。引継ぎは出来ません。
      自分でミッションを作成して楽しむなどの新要素は存在します。前作よりもやり込みは増えていますよー。

  12. ナギ より:

    先日クリアしましたーイージーにしてさくさくと、音声は英語にして洋画のように楽しみました

    狙って撃ってはすごーく苦手なのでこういったゲームはイージー一択です!
    そうでないと反撃くらうわ弾切れおこすわでクリア不能に陥ってしまう可能性が高くなるのですわ・・・
    あ、ある場合は近距離鈍器でボッコボコですw

    ララさんの鬼神ぶりはプレイヤーのせいとはいえ軽くひきますわー
    仲間に対する感情は繊細さとはギャップがすぎる

    これでまだ「ララ・クラフト」としては完成していないとは恐ろしい・・・次回作ではどんな風になってしまうのか・・・

    • kentworld より:

      こういう時、難易度選択があると便利ですよねー。

      イージーでも無事にクリア出来たようでよかったです。

      イージーモードでの難易度はちょうどよかった感じでしょうか?

      Z指定なので、かなり汚いところまで描いていますよねw

      日本のゲームではありえません。ララさん、あんな綺麗なのに。

  13. 天火星 より:

    そういえばトゥームレイダーは触ったことないな・・・、弟がプレイしてたのを隣で見てた程度しか知らないですね。また余裕が出来たら過去作共々やってみたいなぁ・・・、その為には積みゲーを消化しないと・・・!

    • kentworld より:

      トゥームレイダーは冒険好きには溜まりません♪

      ブレスオブザワイルドのヒントにもなった作品だと思っていますので、機会があれば是非!

  14. ナスタ より:

    この作品は前作からやや変化が乏しいと思いつつもテンポの良いアクションと豊富な収集要素、マップを見ただけではわからないチャレンジ要素などの殆どの要素がツボで個人的には2015年のNo.1ゲームですね。
    今作のララも前作と違わずに可愛いですね(声が少し野太くなったような気がするけれど)
    そんなララが体を張ってシリアスな冒険を繰り広げるのが、他の洋ゲーアクションアドベンチャーよりも等身大な感じがして好きですね〜。少し運動能力が超人すぎるのはアレですが笑

    前作から殆ど間をおかずにプレイしたからかもしれませんが、前作と大きな差はなくとも細かいところの違いを結構感じられたので、今作では個人的にマンネリ感は殆ど感じませんでした。流石に次も大差ないと厳しいですが、そうはならないと信じたい!

    • kentworld より:

      ナスタさんがお気に入りのゲームを改めてレビューしてみました!

      僕はリアルタイムでプレイしたので、前作から2年半の感覚を開けていたんですよね。

      2年半も開けていると細かい部分を忘れてしまうので、逆に続けてプレイした方が前作との細かい違いを感じられて良かったかも!?

      ララ・クロフトは僕もお気に入りです。男(それもおっさん)ばかりなのも嫌ですからね~笑

      やはり、華となるキャラクターは居たほうが良いです。

      最新作はもう少し大きな変化が欲しいところですがどうなるか!?

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

エルテイルモンスターズ【レビュー・評価】N64では本当に貴重な王道RPGだが凡作
クローズド・ナイトメア【レビュー・評価】コンパクトに美しくまとまった実写ホラーアドベンチャー!
スリーピングドッグス 香港秘密警察【レビュー・評価】龍が如くとGTAを合わせたような香港旅行ゲーム
テイルズ オブ ゼスティリア【レビュー・評価】高いハードルとヒロイン詐欺で過小評価された凡作
トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~【レビュー・評価】抜群の中毒性と自由度を併せ持った良作!
JUMP FORCE(ジャンプ フォース)【レビュー・評価】漫画とリアルの融合が長所にも短所にもなった惜しい作品
グラビティデイズ2【レビュー・評価】3を名乗っても良いくらい新要素が大幅に増した一方、パンの耳も大幅増!
ギアーズ オブ ウォー3【レビュー・評価】新鮮味はないもののシリーズの決定版!
プレイルーム【レビュー・評価】おもちゃとしてはすぐ飽きるが、配信ツールとしては可能性が無限大!
戦国BASARA3【レビュー・評価】コレをベースにしたバカゲーがやりたい!