| ゲームレビュー

【レビュー】マリオストーリー [評価・感想] 2Dキャラクターを紙であると割り切った意欲作!

1
マリオストーリー/N64

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2000年8月に発売されたN64「マリオストーリー」のレビューをしていきます。

本作はペラペラなマリオが主人公のアクションRPGですが、2Dキャラクターを紙であると割り切った意欲作でした!

時は遡ること2000年。

当時はゲーム機の性能に限界があったため、フィールド、キャラクター共に3Dで描くのは困難でした。

その打開策の1つとして背景を3Dポリゴンで描き、キャラクターを2Dのスプライトで描く手法を取り入れるゲームが増えていきます。

そして、多くのゲームでは2Dのスプライトが立体的に見えるよう数パターンのアニメーションを用意し、ペラペラな紙であることはタブー視されていたんです。

一方、今回レビューするN64「マリオストーリー」は真逆のスタンスを取り、2Dのスプライトで作られたキャラクターをあえて紙であることを強調します。

その影響で独特な温かみを醸し出すことに成功し、シリーズの新境地を確立しました!

独特な雰囲気によって子供っぽくなってしまったのは否めませんが、ゲーム自体は丁寧に作られており、N64の名作として挙げても良い作品です。

ここからはそんなN64「マリオストーリー」について詳しく書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • ペラペラなマリオが主人公のアクションRPG。
  • 様々な仲間と共に冒険していく。
  • 戦闘システムはアクション性を盛り込んだターン制コマンド式を採用。
初リリース日 2000年8月11日
対応ハード N64
ジャンル アクションRPG
売上 54万本
推定クリア時間 25~35時間
発売元 任天堂

スポンサーリンク

良いところ

優しい世界観

2

2000年当時、3Dが正義のような風潮があり、何でもかんでも3D化していました。

そんな中、本作のキャラクターはあえて2Dであることを強調しており、時折、ペラペラと回転するなど紙のような演出を取り入れています。

他のゲームでは例え2Dで描かれているキャラクターでも立体的に見えるよう努力しているのに、逆にペラペラであることを強調するとは恐れ入りましたw

しかも3Dで作られたフィールドは別のエリアへ移動する時にパカパカと壁や床が組み立てられるような演出が挿入されます。

ペラペラなキャラクター、組み立てられていくフィールド。

これらの演出が組み合わさることで絵本の世界を冒険しているかのような感覚を味わえました。

マリオの目は点々になっていますし、なんだかプレイしているとホッコリします。

王道ながらも深みがあるストーリー

今作のストーリーは「スーパーマリオ」シリーズ全体から見ても王道の部類です。

クッパがピーチ姫をさらい、マリオが助けに向かう。

その辺りはいつも通りですが、ゲームジャンルがRPGである関係上、過程を丁寧に描いています。

特筆したいのが、膨大なテキストによってキャラクターの個性を強調していることです。

マリオは様々な地を訪れて何十ものキャラクターと関わっていきます。

そこで出会うキャラクターの多くは従来のシリーズ作品で見られた敵キャラクターをモチーフにしていますが、それぞれ一人称、語尾、性格に個性を持たせているので感情移入してしまいました。

お馴染みの敵キャラクターでも日本語を喋るだけでこんなにも印象が変わるとは!?

さらに今作、さらわれたピーチ姫サイドも用意されています。

あくまでもサブ的な存在ではありますが、群像劇的な側面を持たせることでストーリーの深みがさらに増している印象です。

本作の前身となるSFC「スーパーマリオRPG」(以下、前作)のストーリーはイレギュラーなものでした。

普段は敵であるハズのクッパが味方してくれましたし、ピーチ姫も猛威を振るいましたからw

その一方で今作のストーリーはいつものようにさらわれたピーチ姫を救うのが目的となっていますが、過程に深みを持たせており、差別化を図っています。

良いアクセントになっているアクション要素

6

本作はRPGなので、戦闘システムはターン制のコマンド式を採用しています。

が、単なるターン制のコマンド式ではなく、マリオらしいアクション要素を取り入れているんです。

例えばタイミング良くボタンを押すことで攻撃時にはより大きなダメージを与えたり、防御時には受けるダメージを少なくすることが出来ますから。

この辺りは前作を継承していますが、今作の場合、ボタンだけではなくスティックを使用する場合もあります。

その影響でアクション性がさらに増しており、アクションRPGと言えるレベルになってきました。

強敵を倒す場合、適切な行動を取るだけではなく、タイミング良くボタンを押すなどしてコマンドアクションを成功させなければいけません。

このように本作の戦闘システムはアクション要素が強くなっていますが、フィールドやダンジョンもマリオらしいアクション要素が多数盛り込まれています。

例えばジャンプして高いところに飛んで崖を飛び越えたり、宙に浮かぶブロックをジャンプで叩いたり。

落下してもゲームオーバーなどのペナルティは発生しませんが、スーパーマリオ本編のような感覚でキャラクターを動かせます。

探索が楽しい

4

今作がSFC「スーパーマリオRPG」よりも決定的に勝っている点。

それは、探索や収集の楽しさです。

今作ではフィールドに生えている草むらを調べたりハンマーでブロックを壊すことができます。

すると、アイテムが出てくる場合があるので、ついついフィールドに生えている草むらを隅から隅まで調べたくなってしまうんです。

また、収集要素も充実しており、

  • 集めることでレアアイテムと交換ができる「星のかけら」
  • 装備することで様々な追加能力をゲットできる「バッジ」
  • 1個、または2個のアイテムを料理してリストを埋めていく「レシピ」

などが存在します。

いずれも数十種類以上存在し、「バッジ」や「レシピ」はリストからも確認できるので、収集好きには溜まりません!

当時は「ポケットモンスター」シリーズなどの育成RPGが人気になってきたので収集要素を盛り込んだのでしょうか?

徐々に広がる行動範囲

3

今作のゲームデザインで印象的なのが、徐々に行動範囲が広がっていく感覚を味わえることです。

フィールド内では特定の仲間を連れ歩くことができます。

さらに連れ歩いている仲間の専用アクションを使うことで今まで行けなかった場所にも行くことができるんです!

例えばピンクボムへいの女の子「ピンキー」を連れていると、ヒビがはえた壁を破壊して先に進めます。

このように本作の仲間は「ゼルダの伝説」シリーズに登場するアイテムのような役割を果たすので、同シリーズのように少しずつ行動範囲が広がっていく楽しさを感じられました。

一度クリアしたフィールドも新しい仲間を連れて戻って来ると新たな発見があるかも!?

キノコタウンの寄り道が楽しい

8

ゲームの拠点として存在するキノコタウン。

シリーズではお馴染みの街ですが、今作ではかなり作り込まれています!

当初は行動範囲が限られている関係上、利用できる施設は少ないんですが、ゲームを進めていくと徐々に増えて行き、

  • ミニゲーム
  • ガチャガチャ
  • お店
  • サブイベント

などを楽しむことができます。

おかげでダンジョン攻略などで疲れた時の息抜きとして重宝しました。

住人との会話時に決めるメッセージも充実していますし、本筋から逸れた部分も作り込んでいる印象です。

どこかで緑の人気者が好きな人がニヤリとするネタが隠されているかも

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

若年層向けの印象が強い

7

見た目から想像が付いていましたが、今作は前作よりも若年層にターゲットを絞って作られている印象です。

ぼくがそう感じてしまった理由としては数値の低さがあります。

序盤は与えられるダメージが1~2程度。

ゲームを進めてもせいぜい20で、体力も多くて100程度です。

おかげで小学校低学年でも計算しやすくはなっていますが、大きくなってくるともう少し桁を増やしてほしいと思ってしまいました。

前作がCG調のグラフィックで大人っぽかったうえにダメージの数値も2~3桁だっただけに尚更。

ちなみに難易度はそこまで低くはなく、標準レベルとなっています。

ですので、完全な若年層向けかと言われるとそんなことはありません。

紙の設定をもっとゲームに活かしてほしい

5

キャラクターが紙である設定は面白いと思います。

しかし、ゲーム面ではあまり活かされていないのが勿体なく感じました。

紙芝居の雰囲気を出すためかどのフィールドも平面的であまり奥へは進めなくなっていますし、ゲーム的にはクォータービューだった前作から退化している部分も見受けられます。

エンドコンテンツが弱い

星のかけら、バッジ、レシピ。

今作にはこのような収集要素が存在します。

しかし、エンドコンテンツが弱い関係で集めても恩恵を感じられにくいのが残念です。

超強い隠しボスが潜む高難易度ダンジョンに挑めたら良かったのですが・・・。

目次へ戻る

マリオストーリーのレビューまとめ

マリオのRPGシリーズ2作目にして新境地を開拓した作品。

前作よりもマイルドになっており、絵本のようなグラフィックはゲーム性の面ではさほど活かされていませんが、丁寧に作られています。

ですので、RPGの入門。もしくはアクセントを加えたRPGとしておすすめしたい作品です。

ぼくがSFC「スーパーマリオRPG」からRPGデビューしたように今作でデビューした人も多いのではないでしょうか?

2Dキャラクターを紙であると割り切った意欲作!

こんな人には特におススメ。
・アクションRPG好き。
・探索好き。

こんな人にはおススメできない。
・思春期の子。

お気に入り度【85/100%】

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

, , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(18)

  1. KA より:

    このレビューを載せる前日にクリアしました。
    今までプレイしてきたマリオRPGの中でもっとも本家マリオに近い感じでした、ただ本家マリオで登場する敵キャラが町の住人になっているのもいて、中には仲間になって一緒に戦ってくれるので、ペパマリシリーズは今のところペパスシしかプレイしたことないから新鮮に感じました。
    HPや攻撃力の小ささは開発を担当した所から見るとFEを彷彿させますね、受けたり与えたりするダメージもムラが無く計算しやすいので戦略を立てやすいです、HPが普通に3桁以上あるマリオRPGやマリルイシリーズとはまた違った感覚で楽しめました。
    今思えばマリオストーリーではなくスーパーマリオRPG2で出ないで良かったと思いました、マリオRPGの正当な続編としてみるとキャラデザといいシステムといいコレジャナイって感じですけど別系統として見たらこれもありって思いました

  2. JINO より:

    ペーパーマリオシリーズでは一番安定感のある作品だと思いますね
    後続の作品の方がやり込みなどで進歩した部分があるのでしょうけど
    テンポが悪かったり癖が強かったりで人を選ぶ部分も強くなってしまった感があります

  3. ザイガス より:

    小学生だった当時、
    何週もするほど遊んでいて、
    個人的に思い出深い作品の一つですね。
    最近になってWiiUのVCでダウンロードして、
    久しぶりに遊んでみたのですが、
    当時に比べるとやはり簡単に感じて、
    サクサク進めすぎるところはあるなと思いましたが、
    それでもやっぱり面白いです。
    成長過程を自分で調節したり、
    バッジを付け替えることによって、
    自分だけのマリオを作ることが出来るシステムがとても楽しかったですね。
    特に当時はピーチ姫をまさか操作することが出来るなんて!
    と感動があったことも覚えています。
    続編もプレイしていますが、
    やっぱりペーパーマリオシリーズでは、
    これが一番安定して面白い作品なのではないかなと思います。

  4. 街毛 より:

    うわあ懐かしい笑
    5週はしたかな。64でマリオでRPGっていうのは当時としては斬新でしたね。謎解きのバランスもいいし、毎章で星を助けるっていう分かりやすい目標があるし、キャラクターも親しみが持てるのが多いんですね。
    まだそんなに黒くなかった頃のペーパーマリオって感じです。

  5. MGMの名無し より:

    バトル自体はコマンドバトルがベースなのでそこが好きです、タイミングを合わせてアクションってのも分かりやすく爽快感があって良いと思います
    仲間を大勢引き連れて冒険するのもRPG感が出てて好みです
    …実はこの路線で新作を出して欲しいとずっと思っていますw

  6. ボブ より:

    マリオストーリーはマリオ64よりやり込んだ。数字は余り気にならなかったです。
    仲間が多く、みんなキャラが立っていて、敵に合わして仲間を交代していくのが面白かった。でも闘ってる時のアクションとかは苦手でした。
    次はカスタムロボとかロックマンゼロのレビュー期待してます。

  7. kentworld より:

    >KAさん
    仲間と一緒に戦うシステムは
    ペーパーマリオシリーズではお馴染みなんですよ。
    この頃は比較的王道の作りで、
    マリオRPG以上に本編マリオをRPG化したような作品でした。
    当時はそんな発想なかったけど、数値の小ささはFEのノリで作っていたのかなぁ。
    分かりやすさは良いけど、前作が前作だっただけに
    作風と言い当時はなかなか受け入れることが出来ませんでした。
    はい!当時はコレジャナイを連呼していましたよw

  8. kentworld より:

    >JINOさん
    そうですね、これが一番王道でゲームバランス、
    調整などもよくとれている印象です。
    それ以降の作品はねぇ。

  9. kentworld より:

    >ザイガスさん
    今は簡単に感じてしまいましたか!?
    まあ、攻略法を覚えているところが合ったら簡単に感じてしまうところはあるかも。
    敵には弱点というものが存在しますし。
    マリオのカスタマイズは当時としては珍しかったですよね。
    ピーチ姫の操作も良かった!
    マリオサイドだけで物語が進むわけでは無いのが珍しかったです。
    続編は色々劣化しているように感じたなぁ。

  10. kentworld より:

    >街毛さん
    5周もしましたか!?
    街毛さんにとっては直撃世代になるのかな?
    これは安定した面白さがあってなかなか気に入っています。
    ペーパーマリオは次作で黒くなるんですねw

  11. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    >バトル自体はコマンドバトルがベースなのでそこが好きです、タイミングを合わせてアクションってのも分かりやすく爽快感があって良いと思います
    それはありますね。コマンドバトルだとゲームバランスをしっかりさせやすいですから。

  12. kentworld より:

    >ボブさん
    そうなると、RPG系タイトルが好みな感じなのかな?
    これはこれで面白かったけど、N64ではマリオ64派かな。
    カスタムロボ、ロックマンゼロのレビュー。
    タイミングが合ったら公開したいと思います。

  13. チキ より:

    このゲーム大好きなんですよ!ニンテンドー64のソフトでマイベストゲームを挙げるならマリオストーリーかバンカズですね。
    各章でマリオらしいロケーションが出てくるので冒険してる感があってワクワクします。
    仲間の特技を使い分けながら探索するのが楽しいんですよね。
    バッジや星のかけらを夢中になって集めましたよ。
    おかしのもと欲しさに何度もヘイホーのオモチャ箱に通ったなぁ。結局キャシーさんのレシピはコンプできませんでした。
    キノコタウンの地下道は入り組んでいて隠し要素が豊富なので探索のし甲斐がありましたね。
    シンプルで優しいグラフィックは好きだし飛び出す絵本みたいな世界は面白いけど当時は何故、紙みたいにペラペラなのか腑に落ちなかった覚えがあります。
    ペーパーマリオRPGでは紙の設定を存分に活かしていただけに改めてマリオストーリーをやるとちょっと物足りないところはありますね。

  14. より:

    シリーズの原点となるこれ。このような感じでも周囲からの評価は今のペーパーより高い気がします。3DSから、格段に評価が下がった感じです。漫画っぽいを使ったこういう奥深さ、任天堂は近年出そうとしてないような気がします。とはいえもうすぐ発売の新作も楽しみです。

  15. kentworld より:

    >チキさん
    よくこのゲームを例に挙げられていたので、
    それだけ思い入れがあるのかなーと思っていました。
    各章ごとにロケーションがガラッと変わって、
    本編のワールドみたいな差別化がされていましたよね。
    仲間の特技を使っての探索は面白かったです。
    特に地下道は徐々に行動範囲が広がっていく楽しさをフルに堪能できましたよね~。
    マリオストーリーの紙設定は当時なぞでした。
    雰囲気は出ているけど、スーパーマリオRPGをプレイした後で、
    思春期だったのでなかなか受け付けませんでしたよ。

  16. kentworld より:

    >星さん
    ペーパーマリオシリーズ1作目にして最高傑作でしたね。
    近年は迷走が止まらなくて色々残念な評価になっています。

  17. 名無し より:

    自分が3番目にプレイしたゲームですが、今でもRPGの中では一番好きです。
    何周したかはもはや覚えておりません(笑)
    とにかく絵柄の親しみやすさ、ストーリーのとっつきやすさ、ゲームシステムの全てにわくわくしていました。
    同じ64ではマリオ64や時のオカリナなどもハマっていましたが、マリオストーリーは狂ったように毎日やっていました。

    • kentworld より:

      マリオストーリー、好きな人が多いなー
      確かにこの作品は良い作品ですよね。
      どうしてもマリオRPGとくらべてしまうところはあるけど、個人的にも気に入っています♪

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】Mr. Shifty(ミスターシフティ) [評価・感想] 爽快感抜群のハイスピードマゾゲー!
【レビュー】フェアルーン2 [評価・感想] 前作から大幅パワーアップしたダンジョンなしの良質な2Dゼルダライクゲーム!
【レビュー】龍が如く6 命の詩。 [評価・感想] 大幅進化した弊害で短所も目立ってしまった評価に困る作品
【レビュー】スナックワールドトレジャラーズ ゴールド [評価・感想] ハクスラの面白さを子供たちに伝えようとしたお手軽アクションRPG!
【レビュー】ロックマン クラシックス コレクション 2 [評価・感想] 冷遇されていた作品たちが集うファン待望の一本!
【速報レビュー】ルルアのアトリエ~アーランドの錬金術士4~ [評価・感想] 制限時間廃止で遊びやすくなって帰ってきたアーランド!
【レビュー】AKB48+Me [評価・感想] AKB48チャンポケットにはなれなかった…
【レビュー】スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 [評価・感想] 様々な要素が詰まったPSP末期の名作!
【レビュー】メテオス(DS) [評価・感想] 面白さの本質を理解するまでの誘導方法が貧弱な人を選ぶ良作!
【レビュー】ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー [評価・感想] 予想以上に高い完成度とボリュームで贈るFFのお祭りゲー!