2019/05/05/7:00 | ゲームレビュー

【レビュー】アニマス(Switch) [評価・感想] ハクスラ要素が強調された安価なダークソウルライクゲーム!

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2018年12月に配信されたSwitch「ANIMUS(アニマス)」のレビューをしていきます。

本作はダークファンタジーな世界を舞台にしたアクションRPGですが、ハクスラ要素が強調された安価なダークソウルライクゲームでした!

「ダークソウル」をモチーフにしつつもクエスト形式にアレンジしており、これはこれで独自の良さを醸し出しています。

短時間で楽しめるので、Switchの携帯モードとの相性が抜群でした!

そんなSwitch「アニマス」の良いと思った点からまずは書いていきます。

※本作は約1,000円のダウンロード専売タイトルになります。

▼このゲームを3行で説明すると?

・6種類の武器を駆使してステージの奥に潜むボスを倒していく。
・クエスト形式を採用。クリアする毎に報酬が貰える。
・装備品は強化することが可能。

良いところ

高品質なグラフィック

え?このグラフィックで楽しめるの!?

初めて本作を起動した時、グラフィックの美しさに驚きました。

作り込まれたオブジェクト、描き込まれたテクスチャ、60fpsによって滑らかに動く映像。

ダークファンタジーな世界観をフォトリアルで丁寧に描いている印象で、本作のベースとなっている「ダークソウル」と比べても遜色ないレベルに感じます。

ポイントなのが、本作の価格は1,000円以下であること。

それでいてここまで描き込まれたグラフィックを実現してくるとは!?

ゴリ押しが通用しないアクション

アクションゲーム初心者の場合、敵を見かけたらボタン連打のゴリ押し攻撃をしたくなるものだと思います。

ところが本作の場合、ゴリ押し戦法は通用しにくくなっているんです!

というのもスタミナゲージの概念が存在し、0になると少しの間だけ行動が出来なくなるから。

一見するともどかしく感じますが、スタミナゲージの概念が存在するからこそヒット&アウェイ戦法が強調されていると思いました。

爽快な効果音とゴア表現

アクションゲームと言えば爽快感!

その点、本作の爽快感はかなりの物でした。

まず気に入ったのが、攻撃を与えた時の効果音が大きめに調整されていること。

「ガンッ!ガンッ!」といった感じで当たった時の音が強調されているので、攻撃を与えるのが気持ちいい!

エフェクトは地味ですが、ゴア表現も散見され、アクションゲームとしての爽快感にも力を入れている印象です。

駆け引きを高める様々なゲージ

このように本作の戦闘はヒット&アウェイによる駆け引きが熱くなっています。

そんな駆け引きをさらに高めてくれるのが2つのゲージシステム!

まず紹介したいのが「致命の一撃」

戦闘を続けていると画面上に複数のボタンが表示されるんですが、表示された通りに入力すると「致命の一撃」を与えられるんです!

この一撃を与えることで普段はビクともしないボスが怯む場合があるので、戦況を有利にすることが出来ます。

続いて紹介したいのが「必殺技」

ある程度敵に攻撃を与えることで使用出来る大技で、こちらも上手く当てられたら大ダメージを与えられます。

これらの大技によって駆け引きがさらに熱くなっていると思いました。

高難易度だけど手軽に楽しめる!

「ダークソウル」をベースにしているということは難易度が高いんじゃ!?

そう感じられた人は大正解!

例によって本作の難易度が高く、クリアまでに何回もゲームオーバーになってしまいます。

ぼくの場合、1周クリアするまでに150回以上もゲームオーバーになってしまいましたw

ですが、ゲームオーバーになったからと言ってそこまで前に戻される訳ではありません。

ボス戦の前には大抵チェックポイントが用意されていますし、ステージ自体も短めなので気軽にリトライが出来ます。

ハック&スラッシュが熱い!

本作で特筆したいのが、ハック&スラッシュ要素の熱さです!

実は本作のゲームバランスは装備への依存度がかなり高かったりします。

難易度は装備品の強さによって大きく変わるので、いかに強い装備を揃えるのかが重要なんです。

そういう意味でポイントなのが、強い装備の入手方法。

本作の場合、ボスの部位を破壊することで強力な装備を入手出来るんです!

分かりやすく言うと「モンスターハンター」の部位破壊&剥ぎ取りみたいな感じ。

しかも入手出来る装備がランダムで決まると聞いたらハクスラ好きは興奮するのではないでしょうか?

もう1つ触れたいのが「強化石」

これは敵を倒すことで入手出来るアイテムで、沢山集めることで装備品を強化することが出来るんです!

これらの要素によって同じクエストでも何度もプレイしたくなりました。

実は本作はクエスト制となっていてステージが細切れになっているんですが、ハクスラ要素を強調させるためにこうしているんですね。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

ロード時間が長い

前述の通り本作はクエスト制となっています。

が、クエスト開始前のロード時間が長い!

大体、30~40秒はあります。

クエスト開始前のロードは頻繁に挟むので、ちょっと気になりました。

アクションのラグが気になる

処理が重くなった時は一瞬だけ画面が止まります。

イメージ的にはオンライン対戦時のラグみたいな感じ。

基本的には60fpsによる滑らかな映像を実現しているだけに惜しい。

大味なバランス調整

ゲームバランスは大味に感じました。

とにかく装備品のステータスありきで、ちょっとでも強化すると難易度がガラッと変わるんです。

それはともかく、後半のクエストになってくると装備品依存のバランスなのを良いことに数の暴力で襲ってくるボスが散見されたのはちょっと。

個人的にはもう少しアクション寄りのバランス調整にしてほしかった。

全体のまとめ

クエスト形式にした「ダークソウル」。

本家のような入り組んだマップデザインになっておらず、その辺りはスポイルされている感があります。

しかし、クエスト形式にしたからこそハック&スラッシュ要素が強調されている印象で、これはこれで中毒性が高まっていました!

荒削りな部分は散見されますが、「ダークソウル」と「モンスターハンター」をミックスしたようなゲームを安価で楽しみたい人にはおすすめです。

ハクスラ要素が強調された安価なダークソウルライクゲーム!

こんな人には特におススメ。
・ハクスラ好き。
・ダークファンタジー好き。

こんな人にはおススメできない。
・難しいゲームが苦手な人。

アニマス/お気に入り度【65/100%】
プレイした時間・・・約10時間

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他

 

, , ,

 

つぐみ にコメントする コメントをキャンセル

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(6)

  1. かい より:

    Switch版アニマス、自分もプレイしました。最初はスゴく夢中でプレイ出来て良かったのですが、一周目が終わった辺りからロードと荒削りな部分が気になり始めてモチベーションがガックリ下がってしまいましたね
    それでも安価で、なかなか楽しめましたので満足でした!

    • kentworld より:

      かいさんのツイートがきっかけで購入したので、ようやくプレイしてレビュー記事に出来て良かったです♪

      どうやらこのゲーム、周回プレイ前提のようですね。

      仰る通りロード時間やバランス調整など難ありなので本家ほどはハマれませんでしたが、1,000円程度でここまで楽しめたら十分です。

      今後もマイナーなゲームの紹介を期待しています!

  2. むぐお より:

    3Dでのダクソライクゲームはあまりないですもんね〜
    なにげに期待してたんですがだいぶ前に購入して積んでます笑
    まさにダクソとモンハンを合わせた感じでしたね
    ボス戦はたのしいんですが道中のステージが面白くない部分でした
    値段が安いのはよいですよね

    • kentworld より:

      インディーズゲームって予算の関係からか2D系が多いですもんね。

      むぐおさんも本作には目を付けていましたかw

      道中はボス戦のために用意されているような感じで簡素でしたねw

      でも、この値段だと許せてしまう。

  3. つぐみ より:

    これは、なかなか面白そう!
    switchもう一台買うことがあったら欲しいかも

つぐみ にコメントする コメントをキャンセル

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】龍が如く5 夢、叶えし者 [評価・感想] 竜頭蛇尾だが、5本分のゲームを詰め込んだ超大作!
【レビュー】人喰いの大鷲トリコ [評価・感想] 最新技術を駆使して作られた、ゲームでしか味わえない楽しさと感動が詰まった名作!
【レビュー】12 orbits [評価・感想] たった240円で身近な人と最大12人で対戦出来る安価で簡素なパーティツール!
【レビュー】ANUBIS ZONE OF THE ENDERS(アヌビス) [評価・感想] 前作から大幅に進化したサアビス満点のハイスピードロボットアクション!
【レビュー】くるくるくるりん [評価・感想] まさに回転するイライラ棒!
【体験版レビュー】仁王2 [評価・感想] 前作と大差ないが、大安定の面白さ!
【レビュー】ファイアーエムブレム 覚醒 [評価・感想] 35歳の中年が15歳の美少年・少女に覚醒したような衝撃作!
【レビュー】ゴーストトリック [評価・感想] ピタゴラスイッチでストーリーを進める新機軸のアドベンチャーゲーム!
【レビュー】ゲーム&ウォッチコレクション [評価・感想] ゲームの原点を味わえる!
【レビュー】9-in-1 アーケードコレクション [評価・感想] 怪しいゲームが満載のパチモノコレクション