2019/03/01/7:00 | ゲームレビュー

デビル メイ クライ3(DMC3)【レビュー・評価】3作目にして作風を確立したPS2 3部作の決定版!


デビル メイ クライ2/PS2 (通常版) / (スペシャルエディション)
デビル メイ クライ HDコレクション/PS4 / PS3 / Xbox360

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2005年1月に発売されたPS2「Devil May Cry 3(デビル メイ クライ3)」のレビューをしていきます。

本作は半人半魔のダンテが主人公のスタイリッシュアクションゲームですが、3作目にして作風を確立させることに成功していました!

前2作と比べてあらゆる部分がスタイリッシュになり、これをPS2時代に生み出せたことに驚きを隠せません。

個人的にはPS2 3部作の中では一番気に入りました♪

そんなPS2「Devil May Cry 3(デビル メイ クライ3)」の良いと思った点からまずは書いていきます。

※2006年2月にはバージョンアップ版のPS2「デビル メイ クライ3 スペシャルエディション」が発売。
※2012年3月には本作を収録したPS3/Xbox360「デビル メイ クライ HDコレクション」が発売。
※2018年3月には本作を収録したPS4/XboxOne「デビル メイ クライ HDコレクション」が発売。
※今回の記事ではPS4版のレビューをしていきます。

▼このゲームを3行で説明すると?

・戦闘重視の3Dアクションゲーム。
・塔の中を探索してストーリーを進めていく。
・新たに複数の戦闘スタイルを切り替えられるようになった。

良いところ

大幅に進化したスタイリッシュアクション

「デビル メイ クライ」シリーズの代名詞となっているスタイリッシュアクション。

今作は前2作と比べてスタイリッシュさが大幅にアップしていました!

特に印象的だったのがイベントシーン。

主人公のダンテが冒頭から前2作ではほとんど見られなかったアクロバティックなアクションを披露してくれるんです!

倒れている椅子を蹴り上げて起こし、机を足で叩き付けて吹っ飛んだ電話の受話器をキャッチするのは序の口。

ダンスしながら敵を蹴り上げ、倒れた敵をスケボー代わりにして滑り周り、銃を乱発するパフォーマンスを見せてくれました!

か・・・カッコいい。

思わず口をポカーンと開けながらそう言いたくなるほど魅了されてしまいます。

このように本作は前2作と比べてアクロバティックなアクションを収めたイベントシーンが満載で、思わず見入ってしまいました!

それと、今作のダンテは見た目も前2作と比べてカッコ良いですね。

前2作のダンテは髪を分けていたんですが、今作では分けずに前髪を下ろしてラフなスタイルとなっています。

個人的にはこちらの方がダンテのキャラクター性に合っていると思いました。

パワーアップした戦闘システム

スタイリッシュになったのはムービーだけではありません!

肝心のゲーム部分も前2作よりもスタイリッシュになっています!

特筆したいのが、近接武器と遠距離武器をそれぞれ2種類装備出来るようになったこと。

ボタンを押せば切り替えられるようになったので、ポーズボタンを介さずに様々なアクションを繰り出せるようになりました。

加えて爽快感やエフェクトも前作よりもパワーアップしており、一気に派手さが増した印象です。

好みに分けて選択出来るスタイルチェンジ

今作ではユーザーの好みに合わせて操作スタイルを選べるようになりました!

例えば「2」で快適だった回避アクションはトリックスタースタイルで使用出来るようになっています。

それ以外にも近接攻撃特化型や遠距離武器特化型、防御&カウンター特化型のスタイルが用意されており、様々な戦い方が出来るようになりました!

「デビル メイ クライ」シリーズは周回プレイが楽しいシリーズなので、スタイルチェンジシステムはリプレイ性をより向上させているように感じます。

兄弟の戦いを描いたストーリー

今作で大きなテーマとなっているのが兄弟との戦いです。

今作で初登場したバージルはダンテの双子の兄になりますが、見解の違いから決闘をすることになります。

果たして決闘の行方はどうなるのでしょうか?

ダンテと血が繋がっているのもありますが、悪役としては前2作のネロ アンジェロやアリウスよりも印象に残りました!

新たなヒロインとしてはレディが登場。

これまでの作品に登場したヒロインと同じく物語を盛り上げる役割を果たしていました。

黒髪なので前2作のヒロインよりも地味ですが、個人的には一番好みかも!?

改善されたゲームバランス

「デビル メイ クライ2」とは何だったのか?

思わずそう言いたくなるくらい本作は前作からゲームバランスが改善されています。

前作で気になったモッサリアクションはもちろん、強すぎた遠距離攻撃も弱体化してゲームバランスが改善されていました。

さらに難易度もノーマルの場合はやや難しいと言える水準まで上がり、歯ごたえのあるバトルが楽しめるようになっています。

それでいて前作のように体力が0になっても少し前のところから再開出来るようになっているので、前々作のようにめちゃくちゃ前まで戻されることはなくなりました。

前述の通り前作で良かった簡単操作の回避アクションはトリックスタースタイルにすれば使えますし、全体的に過去2作の良いとこ取りをしている印象です。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

相変わらず気になるカメラワーク

今作も前2作と変わらず固定カメラとなっています。

そのため戦闘時はコロコロ視点が切り替わって戦いにくく感じました。

特に苦戦したのがアグニ&ルドラ戦。

こちらに猛スピードで近付いて近接攻撃をしてくるので、固定カメラだと戦いにくいのですよ。

難易度は前作よりもアップしているので固定カメラには再び悩まされるようになりましたw

一応、一部のエリアではカメラ操作が出来るようになっていましたが、限定的なのでほとんど意味を成していません。

ユーザーインターフェースの劣化

ユーザーインターフェースは前作よりも劣化しているように感じます。

特に気になったのが、マップ確認時。

前作の場合、「ポーズボタンを押す」→「メニューからMAPを選択する」という手順でマップを確認出来ました。

ところが今作の場合、「ポーズボタンを押す」→「メニューからSTATUSを選択する」→「サブメニューからMAPを選択する」という手順を取らなければならないんです!

つまり、前作よりもマップを確認するための工程が1つ増えているんですね。

そのうえ前作よりも探索要素が強くなり、ダンジョンが複雑化しているので進行を足止めされやすく感じます。

探索や謎解き要素は緩急を持たせるためには良いんですが、戦闘やストーリー重視の「デビル メイ クライ」でこの調整は噛み合わせが悪く感じました。

チャプター制によって生まれるぶつ切り感、頻繁に発生するロード時間、小刻みに発生するカットシーンといい、せっかくのスピード感を妨げる要素が多すぎるような?

全体のまとめ

前2作の良いとこ取りをしたうえでスタイリッシュさをさらに強調した作品。

今作で「デビル メイ クライ」シリーズの作風が確立された印象で、ようやく「バイオハザード」からの完全なる独立に成功しました!

1作目はまだ「バイオハザード」の面影が残っていました(※)が、今作は完全に別物と言えるほど作風が確立しています。

最初から最後までスタイリッシュでドラマチックなゲーム体験を味わえるので、その手のゲームが好きな人は必見です!

一方、没入感という意味ではまだまだ課題が多く感じられました。

何度スピード感のあるゲームプレイを妨げられたことかw

PS2ソフトなので仕方がないところはありますが、その辺りを改善したらさらに面白くなりそうな気がします。

3作目にして作風を確立したPS2 3部作の決定版!

※PS2「デビル メイ クライ」は「バイオハザード4」のプロトタイプとして開発されていた。

こんな人には特におススメ。
・スタイリッシュアクションを楽しみたい人。

こんな人にはおススメできない。
・テンポを重視する人。

デビル メイ クライ3/お気に入り度【70/100%】
プレイした時間・・・約12時間

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他

, ,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(10)

  1. 匿名 より:

    ユーザーインターフェイスについての言及は非常に的を射ていると感じました。Twitterからフォロワーさん経由でとんできましたが、素敵なレビューが多いですね(*´ω`*)

    • kentworld より:

      ありがとうございます!

      当ブログはゲームレビューがメインコンテンツとなっています!

      是非、また遊びに来てくださいね♪

  2. ホンマ?トモフミ より:

    DMCシリーズは毎回作品ごとに試行錯誤してますねwww
    でも3作目でようやくバイオからの独立達成ってとこですか。
    確かに黒髪ヒロインが可愛いですね。

    • kentworld より:

      このシリーズは毎回試行錯誤をされていてマンネリ感がありませんw

      こういうチャレンジングな作品が好きです♪

  3. 雪月あきら より:

    個人的にデビルメイクライは3が一番好きです!
    2の問題点がかなり改善されていますし、スタイルチェンジで様々な戦い方ができる点が気に入りました!
    (ロイヤルガードは未だに使いこなせませんが…)
    家族との因縁を描いたストーリーや迫力あるムービーシーンも魅力的ですよね♪

    アグニ&ルドラは僕もかなり苦戦しました。
    最初はノーマルモードでプレイしていたのですが、この辺りでイージーモードに切り替えました(汗)

    • kentworld より:

      1や2はそれぞれ長所短所が極端ですもんね~。

      その点、3はだいぶ遊びやすくなっていると思います。

      アクションの種類は多すぎて1周プレイしただけでは使いこなせませんでしたw

      アグニ&ルドラ戦は1対2で不利なうえに2連戦ですもんね。

      しかも1戦目はタイミング良く奴らの剣を打ち返さないとまともにダメージを与えられませんし。

  4. ジョエリー より:

    DMCシリーズでまともにプレイしたのは今作が初めてでしたが、一番の特徴は何と言ってもスタイリッシュさですよね。アクション自体もそうですが、ムービーや音楽もカッコよくて気に入りました。

    個人的に気になったのは記事に書いてあるものに加えて謎解きが少し多めだったことです。謎解きがつまらなかったわけではないですが、アクションが面白いが故に少しもどかしく感じてしまいました。

    • kentworld より:

      4と比べてもムービーシーンのカッコよさは印象的でしたね!PS2時代にあれを実現していたとは凄い。

      謎解きは盛り付け方が悪かったかも。ゴッド・オブ・ウォーシリーズでは1つか2つの部屋で完結する謎解きばかりでテンポが悪く感じなかったんですけどね~

  5. らす2 より:

    個人的には3が最高傑作だと思います。
    ストーリー的にはデビルメイクライ0ですけどねw
    バージルとの因縁の始まりやレディとの出会い、家族の絆等見どころの多いストーリーで盛り上がるポイントを抑えていると思いました。

    ゲームプレイの面では前2作を超える快適な操作性とアクションのスタイリッシュさで4のスタイルチェンジシステムみたいに煩雑さがないので個人的に一番お気に入りです。
    ただ記事でのご指摘の通り、謎解きやギミックがやや冗長でマップごとぶつ切りでUIも微妙に不便等色々と惜しい点も散見されます。

    しかしなにより一番苦戦したのは序盤のケルベロスです。なんというか序盤にあるまじき強さww

    • kentworld より:

      確かにストーリーはシリーズの中では一番良かったかも!?

      ムービーシーンもスタイリッシュですし、デビルメイクライの良さが詰まっています。

      あとは謎解きやギミックの部分がもう少しこなれていたら良かったなぁ。

      序盤のケルベロスはぼくも苦戦してゲームオーバーになりましたよw

      あれはあえて山場を作ったのかな?w

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

虫けら戦車【レビュー・評価】カジュアルなミッションクリア型B級ゲーム
ビッグスリー ガンシューティング【レビュー・評価】様々なガンシューティングからB級FPSまで楽しめるお得な作品!
しゃべる!DSお料理ナビ【レビュー・評価】DSでお料理♪
ゼルダの伝説 夢をみる島【レビュー・評価】島での冒険が思い出として心に残る名作!
Layers of Fear(レイヤーズ オブ フィアー)【レビュー・評価】一人称視点だからこそ実現した不思議な体験を味わえる家庭用お化け屋敷
プリンス・オブ・ペルシャ【レビュー・評価】「俺強ぇ」ならぬ「俺上手ぇ」を味わえるライト向けアスレチックアクション!
サルゲッチュ【レビュー・評価】実はマリオ64ライクなゲーム
聖剣伝説3【レビュー・評価】マルチストーリーを採用したSFC後期の力作
New スーパーマリオブラザーズ【レビュー・評価】誰でもクリア出来るように生まれ変わった16年ぶりの2Dマリオ!
1001 Spikes【レビュー・評価】多人数プレイですべての短所が長所に一変する不思議なパーティゲーム!