2019/02/22/12:00 | ゲームレビュー

ANTHEM(アンセム)【速報レビュー・評価】協力プレイ前提のハクスラゲーになりそうな予感!?


Anthem(アンセム)/PS4 / XboxOne

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

2019年2月に発売されたアクションRPG、PS4/XboxOne「ANTHEM(アンセム)」。

今回の記事では本作の速報レビューをしていきます。

クリアしたら大幅加筆して総評をまとめていく予定です。

▼このゲームを3行で説明すると?

・パワードスーツを装着して未知の世界を飛び回るオンライン専用のTPS。
・フィールドはオープンワールド形式で非常に広大。
・パワードスーツのホバーによって空中移動が出来る。

パワードスーツによるホバーが最高!

いやっふぅぅぅ~!!!!

本作をプレイして最も良いと思ったのが、パワードスーツを装着しての空中移動です!

ゲームとしては三人称視点のアクションシューティングになるんですが、オープンワールドのフィールドを縦横無尽に飛び回れるんですよ!

ポイントなのが、パワードスーツによる重量感とホバーによる浮遊感を融合していること。

本作の主人公はパワードスーツを装着しているだけあって操作していると重量感が伝わってくるんです。

例えば高所から落下するとドッスン!と辺りが響いたりして。

そのうえでホバーによる空中移動がある程度好きなように出来る(※)ので、ありそうでなかった組み合わせに感じます。

それでいて超美麗な世界をシームレスに飛び回れるって凄すぎる!

空を飛び回れるオープンワールドゲームは過去にもありましたが、ここまでの重量感と高品質なグラフィックを融合させた作品は見たことがありません。

重量感×浮遊感×高品質なグラフィック。

本作はこれらをすべて両立させているところに魅力を感じました。

ロケーションも凝っているので各地を眺める楽しさもあります。

※ホバーを使い過ぎるとクールダウンが必要になります。

アクションシューティングとしては手堅い出来!

肝心のアクションシューティングとしては手堅い出来に感じます。

銃を放った時の感触や命中した時の手応えなど、さすがEAのゲームだけあってしっかり作られていました。

個人的に好きなのが、敵に弾を当てて倒すと赤いバッテンマークとダメージ数が表示されること。

リアルを追求しすぎたゲームはこのような演出を排除してしまいがちなので嬉しいです!

このように基本をしっかり作ったうえで特殊攻撃による派手な爆撃やホバーによる空中移動も出来るのだから凄いですね!

三人称視点のアクションシューティングゲームでここまで縦横無尽に戦える作品はそうないでしょう。

戦闘スタイルは遮蔽物に隠れながら戦うというよりは移動しながら撃ち続けるのが推奨されているように感じました。

そのため同じくオンライン専用のTPSとして発売されたPS4/XboxOne「Division(ディビジョン)」とはまた違った戦闘スタイルになると思います。

実はクエストクリア型のハクスラゲーム?

広大なフィールドをパワードスーツで飛び回れる「ANTHEM(アンセム)」。

こうして書くと探索型のオープンワールドアクションゲームに感じますが、実際にはクエストクリア型のハクスラゲームでした。

ストーリーを進めていくには拠点でNPCに話をかけてクエスト(任務)を受注していく必要があります。

イメージ的には「モンスターハンター」みたいな感じ。

クエストをクリアしていくことで報酬が貰えるので、何度もプレイして好みのアイテムを集めていくことが本質なんじゃないかと思いました。

ただし・・・

協力プレイ前提のゲームバランス

本作に用意されているクエストはすべてマルチプレイ推奨です。

ソロプレイも出来ますが、何度も「マルチプレイ推奨です」みたいな警告が出てきましたw

試しにソロプレイを行ってみたところ・・・う~ん確かにこれはキツイ!w

ソロプレイだと自分のペースで進められる反面、敵を全滅させるのが大変でテンポが悪くなるんですよ。

しかも体力がゼロになるとかなり前に戻されるのでマルチプレイと比べて重く感じました。

なので、余程のコダワリが無い限りマルチプレイをおすすめします。

自分のペースでストーリーを進めたい気持ちも

ただ、マルチプレイでは自分のペースでストーリーを進めることが出来ないんですよ。

例えばフィールドの中に隠された仕掛けを作動させる工程があるとします。

その場合、他のプレイヤーが作動させたら自動でストーリーが進むんですよ。

これがフレンドとの協力プレイだったらまだしも、野良でのプレイだとペースを合わせられなくて困りました。

例えで言うなら強制スクロールのオープンワールドゲームをプレイしているような感じ。

オートマッチング機能が充実しているのでフレンドが居なくても楽しめますが、あまりストーリーに介入している感じがしません。

フリープレイが一番面白いかも!?

このように本作のクエストは一長一短に感じます。

そのためか本作にはクエストの他にフリープレイというモードが用意されていました!

こちらでは広大なフィールドを自由に探索することが出来ます。

好きな敵と戦ったり、素材を集めたり、ロケーションを眺めたり・・・

ぼくが求めていた「ANTHEM」はフリープレイに詰まっていました。

フリープレイでは「ワールドイベント」と呼ばれる突発的なミッションが発生しますし、探究心を満たしたい方はこちらがおすすめです。

ストーリーは分からなくても良いかな?w

ストーリーはSFとファンタジーを融合させたような感じ。

ですが、固有名詞が多くて英語音声なので分かりにくく感じます。

前述の通り本作のゲームデザインはストーリーに介入しにくい感じですし、設定に惹かれなければ無理に理解しようとしなくても良い気がしましたw

まずはゲームとして楽しみ、そのうえでストーリーが気になったら調べてみるのが良いんじゃないかな?

スポンサーリンク

全体のまとめ

全体的には協力プレイ前提のハクスラアクションRPGに感じました。

一見するとパワードスーツで移動出来るオープンワールドゲームに見えますが、そちらがメインの作品ではありません。

実際には「モンスターハンター」や「Destiny」に近いタイプのゲームです。

そのためストーリーを楽しむと言うよりは共闘プレイを楽しむタイプのゲームに感じます。

幸いにもβテストで遭遇した不具合は改善されているので、ゲームデザインがマッチしていると感じたらある程度は楽しめるのではないでしょうか?

もちろん、ゲームバランスやボリュームによって今後の印象は変わってきそうですけどね。

現状では結論を出しにくいので、今後はフレンドと一緒にプレイするなどして100%楽しんでから総評をまとめていきたいと思います。

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他

created by Rinker
エレクトロニック・アーツ

, ,

 

おすすめ記事


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(3)

  1. つぐみ より:

    ANTHEMは、緩い近未来モンハンですよね
    ソロは氷結攻撃されると詰む場合があるのでオススメできませんよなー

    ちょっと最近忙しくて遊べず、先行プレイしたのに、いまだレベル12です。

    ストーリースキップ派なんで、全員でストーリー見るシーンは、スキップできなくてストレス(笑)って場面もありました。

    フリープレイ楽しいけど、ストーリー進行するにはクエストやらんとなー、っていうジレンマがありますな
    早くキャンペーンクリアしちゃいたい

    • kentworld より:

      つぐみ先輩もそう仰るのでしたら間違いないですね!

      あぁ、先行プレイのアドバンテージがぁ!?

      任務は全員が足並み揃えないといけないのが辛いですw

      キャンペーンは15時間程度でクリア出来るという情報もありますね。

  2. ホンマ?トモフミ より:

    アンセムってアイアンマンやサムスのパワードスーツが好きな人ならおもしろそうですね〜。
    協力プレイ前提のモードは「これだからイマドキのゲームは〜」っとため息をつきそうになりましたが、フリープレイモードなどある程度は様々なユーザのニーズに応えてるようですねwww
    アンセムって英語で「国歌」って意味ですよね。キンハーだと黒幕?でしたけど、ここではパワードスーツの名前なのかしら?

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ポケモンスタジアム金銀【レビュー・評価】攻略本やパーティゲーム代わりにもなるシリーズの最終形態!
王と魔王と7人の姫君たち ~新・王様物語~【レビュー・評価】より万人向けの作りに
キングダム ハーツ バースバイスリープ(KHBbS)【レビュー・評価】システムやマップデザインが洗練された良質な前日譚!
安藤ケンサク【レビュー・評価】発想は面白いがやるまで魅力が伝わり難い!
リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産【レビュー・評価】ちょっとアクが入ったリズム天国
アサシン クリード シンジケート【レビュー・評価】前作よりも丁寧な作りだが、作業感が増した
みんなのスッキリ【レビュー・評価】あくまで暇つぶし用
Jスターズビクトリーバーサス【レビュー・評価】キャラゲーとしては十分に気合を感じる作品!
N+【レビュー・評価】10,000回はリトライしました。でも楽しい!
珍道中!!ポールの大冒険【レビュー・評価】1周目は笑って2周目は本格アクション!