2019/08/27/7:00 | ゲームレビュー

【レビュー】Peggle(ペグル) 2 [評価・感想] スーパーボールのバウンドをゲーム性に落とし込んだ意欲作!

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2014年10月に配信されたPS4/XboxOne「Peggle(ペグル) 2」のレビューをしていきます。

本作は発射台からボールを飛ばしてピンに当てていくアクションパズルゲームですが、スーパーボールのバウンドをゲーム性に落とし込んだ意欲作でした!

66

アナタはコンクリートの床に向かってスーパーボールを落としたことはないでしょうか?

すると、弾力によって驚くほどバウンドしますよね?

バウンドする方向は床のヘコみ具合によって変化するので、ぼくの場合、収まるまでずっと見ていたくなります。

本作ではそんなスーパーボールのバウンドをゲーム性に落とし込んでいたので童心に帰ることが出来ました。

ここからはPS4/XboxOne「Peggle 2」の良いと思った点からまずは書いていきます。

※本作は約1,300円のダウンロード専売タイトルになります。

▼このゲームを3行で説明すると?

  • 発射台からボールを飛ばしてピンに当てていく。
  • 25個設置されたオレンジのピンにすべて当てるとステージクリア。
  • 連続でピンに当てていくと入手出来るスコアの倍率が増えていく。

スポンサーリンク

良いところ

発射台から飛び出すボールの軌道を見るのが楽しい!

本作のルールは簡単。

発射台を操作してボールを発射し、ステージに存在するすべてのピン(オレンジ)に当てることです。

しかし、ピン(オレンジ)が25個存在する一方、発射出来るボールは10個しかありません。

つまり、1つのボールにつき平均で2~3個のピン(オレンジ)に当てないといけないんです!

そこで重要になってくるのがバウンド。

ボールはピンに当たるとスーパーボールのようにバウンドし、次から次へと別のピンにぶつかります。

その様子を眺めるのが非常に面白く、つい目を留めてボールを眺めてしまいました。

テンション上がる演出

ぼくが目を留めてしまったのは秀逸な演出も大きな要因だったりします。

ボールがピンに当たるとスコアが加算されるんですが、回数に応じて倍率が増えていくんですよ。

さらに連続でピンに当てるとヒット時の音階が上がっていき、特定のトリックを決めるとボーナスが加算されます。

ポイントなのが、テロップの派手さ。

コンボを決めると得点のテロップが効果的に挿入されます。

これが非常に爽快で、ボールがバウンドする楽しさと相まってとてつもない中毒性を生み出していました。

緑と紫のピンによって生まれた戦略性

各ステージには緑と紫のピンが設置されています。

それぞれの効果は以下の通り。

  • 紫→大量のスコアが加算される
  • 緑→次のターンにスキル技が使用出来る

クリアに必須ではありませんが、いずれも当てると良いことが起きるので戦略性を高めている印象です。

さらに戦略性を高めているのが、ステージの底を行き来するバケツ。

ここにボールを入れるとフリーボールになり発射出来るボールが1個増えます。

ボールを発射する場合、バケツに入るようタイミングを見計らうと良いかも!?

多彩なステージ

本作には通常のステージだけで60も用意されています(チャレンジステージも含めた場合は120)。

でも、これだけ多いとパターン化しそうですよね?

ところが本作の場合、キャラクター毎の固有スキルによって上手く差別化を図っていました!

前述の通り緑のピンにボールを当てると次のターンにスキル技を使用することが出来るようになります。

このスキル技についてですが、選んだキャラクターによって効果が大きく異なるんです!

例えばボールが大岩に変わったり、当たったピンがビリヤードにように飛んだり・・・。

先のステージに進むと各キャラクターのスキル技を使用すること前提の構成になるので、それまでのステージにはない楽しさを感じました。

戦略性が高いマルチプレイ

実は本作、最大4人で対戦出来るマルチプレイモードも用意されています。

内容の方はターン制のバトル。

順番にボールを発射台から飛ばしてスコアを稼いでいく形式となっていて、キャラクターも自由に選べます。

ポイントなのが、相手のターン時も退屈しないこと。

だって、ボールがバウンドするところを見ているだけで楽しいですし、効果的にテロップが挿入されますから。

何ならゲームをプレイせず後ろから眺めるだけでも楽しさが伝わると思います。

ほら!メダルゲームやピンボールって人がプレイしているところを後ろから眺めるだけでも楽しいじゃないですか!

あんな感じの楽しさが「Peggle 2」には詰まっています。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

購買意欲が薄れるデザイン

めちゃくちゃ面白くてあっという間にクリアしてしまった「Peggle 2」。

「なんで今まで購入しなかったんだ?」と自分にツッコミたいところですが、このゲームは友達からの勧めがなかったら絶対に購入していませんでした。

だって、キャラクターデザインのアクが強すぎますからw

これはこれでコミカルでアメリカンな雰囲気を醸し出しているとは思いますが、日本人であるぼくの好みには合いませんw

それ以外にも体に悪そうなアメリカのお菓子を彷彿するロゴなど購買意欲が薄れる要素が満載で、毛嫌いしてしまいました。

しかし、初めてゲームをプレイしてから2分後。

バウンドするボールの軌道やテンション上がる演出に魅了されてあっという間にハマってしまったんです!

つくづく、「ゲームは実際にプレイしてみないと分からないなぁ」と痛感します。

全体のまとめ

多くの人が楽しめるであろうボール遊びの楽しさが詰まった良作。

アメリカンなデザインで敬遠していましたが、実際にプレイしてみると大ハマリしました!

後ろから見ていても楽しめるので、マルチプレイはもちろん、シングルプレイも人が集まった時にプレイすると盛り上がります。

PS4/XboxOneのストアではセールの常連なので、騙されたと思ってセール時に買ってみてください。

定価を遥かに上回る満足感を得ることが出来るでしょう。

スーパーボールのバウンドをゲーム性に落とし込んだ意欲作!

こんな人には特におススメ。
・スーパーボール好き。
・ピンボール/パチンコ好き。

こんな人にはおススメできない。
・ストーリー性を重視する人。

Peggle(ペグル) 2/お気に入り度【85/100%】
プレイした時間・・・約6時間

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他

, , ,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(2)

  1. HAL より:

    面白いですよねー(^^)
    同感です!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】世界樹と不思議のダンジョン(セカダン) [評価・感想] 2大シリーズの良さを併せ持った理想的な時間泥棒ゲーム!
【レビュー】デッド オア アライブ エクストリーム3(DOAX3) [評価・感想] プレイヤーの性欲が試される問題作!
【レビュー】Sea of Thieves(シーオブシーブス) [評価・感想] 海賊の大変さを味わえるレア社風味のシミュレーター!
【レビュー】Teslagrad(テスラグラッド) [評価・感想] 少しシビアだが、魅力も多い磁気アクションゲーム!
【レビュー】メタルギア ライジング リベンジェンス [評価・感想] アクションは最高だが…
【レビュー】珍道中!!ポールの大冒険 [評価・感想] 1周目は笑って2周目は本格アクション!
【レビュー】まわるメイド イン ワリオ [評価・感想] シリーズ特有の弱点を補いつつ飛び道具の回転センサーによって新鮮味を持たしてきた良作!
【レビュー】バイオショック [評価・感想] 一人称視点ゲームの可能性を感じさせてくれる作品
【レビュー】チャイルド オブ ライト [評価・感想] 古き良きJRPGへのリスペクトが詰まったUBIの名作!
【レビュー】YOUR TOY キミノオモチャ [評価・感想] 作り込まれたトイレからの脱出さえも困難な臭ゲー!