2014/12/25/18:30 | ゲームレビュー

サンセットオーバードライブ【レビュー・評価】おバカテイスト炸裂のアスレチックオープンワールドアクション!

88
サンセットオーバードライブ/XboxOne

2014年10月に発売されたXboxOne「サンセットオーバードライブ」を今回はレビューします。

XboxOne「サンセットオーバードライブ」は「ラチェット&クランク」を手掛けたインソムニアックゲームズが贈る新規のオープンワールドアクションゲームです。

良いところ

フィールド全体がアスレチック!

sn4

オープンワールドで構成された本作のフィールドは全体がアスレチックになっているかのようでした。

電線、線路、手すり、パイプなどはすべて高速でレール移動可能。車、草木、排気口などに乗るとトランポリンのように高く飛ぶ事が可能。

さらに建物の壁を走る事が可能なので、1km離れた場所もすぐに辿り着く事が出来ます。

「アサシン クリード」、「インファマス」など最近はこういった移動能力が優れたオープンワールドアクションゲームは珍しくないですが、本作の場合上手く移動するにはAボタンとXボタンを交互に押すなど適度にテクニック要素が求められ、移動の快適さとアクションの面白さが上手く融合していると思いました。

遊園地のようなロケーション

sn3

フィールド全体がアスレチックになっているという事で、まるで遊園地のようです。

ロケーションのバリエーションも多彩で、和風のお城からファンタジーな森、近未来都市など、見ているだけでワクワクしてきます。

フォトリアルな海外産のゲームでは珍しく大半のミッションでになっており、色使いも鮮やかなので、どこも凄く見栄えが良いです。

ブラックユーモア満載

131

このゲームはブラックユーモア満載で、開発者の悪ノリを感じられる作りです。

例えば復活シーン。体力が無くなったら少し前の場所で復活する事になりますが、UFOから降りて来たり、棺桶から出て来たりと復活の演出がユニークで笑えます。

ストーリーに関しても非常にカオスで、ユーザーが突っ込みそうな事を主人公が口にしたり、下着姿になってヒルに血を吸われたりとおバカな演出が満載で、バカゲーテイスト炸裂です!

その凝りようは起動時の注意表記にまで及んでいて、出来る限りの悪ノリをゲーム内に詰め込んでいます。

ユニークな武器が満載

sn5

「ラチェット&クランク」、「レジスタンス」を手掛けたインソムニアックゲームズ開発だけあって、本作にはユニークな武器が満載です。

周辺の敵を凍らせる銃。ボーリングの弾のように転がっていく弾を発射する銃。

強力な犬を呼ぶ弾を発射する銃など何でもアリで、真面目なアクションシューティングが地味に感じてしまうほど。

収集アイテム集めが楽しい

135

本作には風船、監視カメラ、看板、スニーカー、トイレットペーパーなど様々な収集アイテムがオープンワールドマップに隠されています。

それぞれ150個も隠されているので、合計すると1,000近くも存在するんです!

これだけ収集アイテムが隠されている割にマップはこの手のゲームにしてはそこまで広くは無いので、ちょっと移動するだけですぐに何らかのアイテムが手に入ります。

それが中毒性を高めてくれて、つい「もう一個!もう一個!」とアイテムを探し続けてしまう。

ちなみに収集アイテムは集める事でプレイヤーの能力を高める事が可能。実績目当て以外にもゲーム本編で役に立ちます。

多彩なミニゲーム

140

各地に用意されているミニゲームもかなり面白いです!

ミニゲームの内容は制限時間以内にすべてのリングをくぐったり、アイテムを集めたり、特定の条件で敵を倒してスコアを稼いだり、指定の場所まで移動したり、突進して花瓶を割ったり、タワーディフェンスゲームをしたりとバラエティに富んでおり、しかもオンラインに接続すればフレンドとスコアを競えるので、ついついやり続けてしまいます。

ミニゲームの数はステージ違いを含めたら50も用意されているので、これだけでも数時間は遊べてしまうほどのボリュームです。

収集アイテム探しと並行してプレイすると時間を忘れてしまいます。

新しい形のマルチプレイ

130

オープンワールドマップにある電話ボックスに触れると、いつでも最大8人同時プレイ可能なオンラインのマルチプレイモードに移行出来ます。

マルチプレイでは様々なルールの対戦・協力プレイをランダムでプレイする形式を採用。

面白いのが、次の対戦へ移る時。

普通だったら画面が切り替わるものですが、本作の場合は次の対戦マップまで足で移動する事になり、どのプレイヤーが一番先に辿り着くのかレースをする事が出来るんです!

移動するだけでも楽しいゲームなので全然面倒さを感じられず、ついつい熱くなってしまいます。

対戦の間にレース要素を盛り込む事で、止め時を見失ってしまいました!

また、本作に登場する武器は非常にぶっ飛んだ物が多いので、8人のプレイヤーが暴れまわると物凄い数の爆発が起きて何が何だか分からなくなりますw

それでも処理落ちが起こらない辺り、XboxOneならではのゲームって感じがしますね。Xbox360だったら最大4人でも負担が大きかったと思います。

132

ちなみに本作の主人公はシングルプレイ・マルチプレイ併用で、体型から服装、髪型まで細かくクリエイトする事が可能。

マルチプレイでは見た目の個性が重視されるだけに、嬉しい要素ですね。

もちろんシングルプレイのイベントシーンでは見た目の変化も反映されます。自分が作ったキャラクターがイベントシーンで様々な表情を見せてくれるのは新鮮。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

激しいアクションなのに英語音声

sn2

アクションシューティング、オープンワールド系で日本語音声はもはや常識といっても良いほどなのに、日本マイクロソフトのフルローカライズ費用が無くなってしまったからか本作は英語音声です。

これだけ激しくレール移動して狙い撃つゲームなのに、字幕を読まないといけないとは・・・。

幸いにも字幕は読みやすいフォントを採用していますが、勿体無いなー。世界観も明るくて、比較的日本人ウケするビジュアルなのに。

大雑把な戦闘

137

戦闘では近距離攻撃、遠距離攻撃が可能で攻撃手段が多いんですが、敵の種類が少ないし、みんな突撃して来るので大雑把な戦いになりやすい印象です。

近距離攻撃が強化された終盤はボタン連打で叩きまくっていました。もうちょっと様々な戦いを推奨させる作りにして欲しかったなぁ。

メインミッションではそんな大雑把な戦闘をする機会が多かったので、この手のゲームにありがちな単調さはありました。

ミニゲームはバラエティに富んでいるので、その要素をもっと本編に絡ませても良かったと思います。

もう少し攻撃に手ごたえが欲しい

136

敵にダメージを与えても近距離・遠距離問わず効果音が弱いため、イマイチ手ごたえを感じられません。

同時に沢山の物を動かしているとは言え、もう少し効果音を使った爽快感を味わえるようにして欲しかった。

ジュースの塊のような敵が破裂するなど表現面の演出は良かったんですけどね。

全体のまとめ

少々ゲームプレイが単調になりがちなところはあるものの、移動の快適さとアクションの面白さが上手く融合している印象で特に寄り道をしている時は時間を忘れてしまいました。

おバカテイスト炸裂のアスレチックオープンワールドアクション!

こんな人には特におススメ。
・アスレチック好き。
・オープンワールドアクション好き。
・バカゲー好き。

こんな人にはおススメできない。
・3Dアクションが苦手な人。

サンセットオーバードライブ/お気に入り度【80/100%】
プレイした時間・・・約15時間


 

タグ , , ,

おすすめ記事

  • LINEで送る

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(2)

  1. チキ より:

    やっとXboxOneの代表作をクリアできました!
    主人公をライフイズストレンジのクロエ風にカスタムしたらキャラに愛着が湧いてプレイが捗る捗る!色んな服装を試すのが楽しかったです。
    このゲームを買った時はライフイズストレンジを未プレイだったので、積みゲーを崩すにはタイミングと勢いが大事だな〜と実感しました。
    このゲームはブラックユーモア満載で楽しかったですね。
    下着姿でヒルに血を吸われるところなんか「こんなのよく思いつくな〜」と思いながら笑いましたw
    随所に世界観を破綻させるようなメタ的ジョークが散りばめられてるのも面白かったです。
    カットシーンで武器ホイールが出てきたりコンボゲージを掴んでボスに突き刺したりして、やりたい放題でしたね。
    エンディングの展開はその最たるものでしたw
    目の前の物語がゲームという虚構であることを突き付けられるわけですから、人によっては萎えてしまいそうですけど僕はその辺も含めて笑い飛ばせました。
    主人公が表情豊かで声優の演技が良いから余計に楽しめましたよ。

  2. kentworld より:

    >チキさん
    おめでとうございます!
    ライフイズストレンジ効果、すげぇ。
    もう、こーなったら今後アバター使える作品ではクロエ風にするしかない!
    >下着姿でヒルに血を吸われるところなんか「こんなのよく思いつくな〜」と思いながら笑いましたw
    このシーンはアバターの性別によっても受ける印象が異なりますねw
    女性キャラだったら目のやり場に困りますし、
    男性キャラだと見てられない!というか、どっちも見てられないという点では同じだw
    >カットシーンで武器ホイールが出てきたりコンボゲージを掴んでボスに突き刺したりして、やりたい放題でしたね。
    これはエンディングの伏線なのかな。
    とにかく何でもアリで、そのジョークを含めて楽しむ作品だと思いました。
    インソムニアックゲームズの作風が良く表れています。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

Super Lucky’s Tale(スーパーラッキーズテイル)【レビュー・評価】レア社のバンジョーやコンカーを彷彿させるどこか懐かしい3Dアクションゲーム!
銃声とダイヤモンド【レビュー・評価】交渉ミニゲーム付きノベルゲーム
コール オブ デューティ ブラックオプスII【レビュー・評価】マンネリの打破を目指した作品
Dust An Elysian Tail(ダストアンエリジアンテイル)【レビュー・評価】若干半熟ながらもコンパクトにまとまったファンタジーRPG
ジ・オーダー1886【レビュー・評価】映像以外は平凡な旧世代アクションシューティング
スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション【レビュー・評価】スプラ2の新たな遊び方を提案した上級者向けのヒーローモードおかわり!
アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり【レビュー・評価】綺麗だが、ゲームプレイは平凡
アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団【レビュー・評価】前作から大化けしたシリーズの出世作!
スチームワールドディグ【レビュー・評価】メトロイドとミスタードリラーが融合!
イースVII【レビュー・評価】超丁寧に作ったクラシックスタイルの王道アクションRPG