2018/02/26/12:00 | 特集

クリア後のおまけ要素が凄いゲームを大特集!

よっしゃ!ゲームクリア!

ってなんじゃこれはぁぁぁ~!?

みなさんはゲームをクリア後、とんでもないおまけ要素が追加されて驚いた事はありますか?

今回の記事ではクリア後のおまけ要素が凄いゲームを大特集します。

※ストーリーの核心に触れる事はありませんが、一応、ネタバレ注意です。

バイオハザード4/GC/PS2/Wii他

人気サバイバルホラーゲームシリーズのナンバリング4作目。

毎回、ゲームクリア後におまけ要素が追加される事でも知られているシリーズですが、特に有名なのはGCやPS2などで発売された「バイオハザード4」の「ザ・マーセナリーズ」だと思います。

これは本編から独立した制限時間付きのスコアアタックモードなんですが、非常に作り込まれていてプレイしていると時間を忘れてしまうんです!

何が面白いかって、限られた時間の中でどれだけの敵を倒してハイスコアを達成出来るのか?

この一点に集中していると思います。

良いスコアを達成するにはボーナスアイテムの位置を把握し、途切れることなくゾンビを倒してコンボを決めなければなりません。

本モードは好評だったようで、後の「5」「6」にも収録され、さらには3DSで「バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D」という派生作品まで発売されました。

ゲームクリア後のおまけ要素だったのが大出世しましたね!

関連記事:バイオハザード4【レビュー・評価】何もかもが高水準の傑作!

コールオブデューティ ワールドアットウォー/PS3/Xbox360

113

日本未発売のFPS。本作のキャンペーンモードをクリアすると、ボーナスステージとして「Nacht der Untoten」が追加されます。

このステージではゾンビとなった兵士を狭いマップの中で倒していくタワーディフェンス形式となっていました。

ゾンビはラウンドが上がるにつれて動きが素早くなったり、耐久力が高くなっていきます。

本編と同じく協力プレイにも対応していて、仲間と一緒に戦うことも可能。

本モードは好評となり、2010年のPS3/Xbox360「コールオブデューティ ブラックオプス」からは正式なサブモードとして成立しました。

今では複数のルールやステージ、成長要素、お金の概念が追加されるなどして一本のゲームとして売り出しても良いくらいパワーアップしています。

関連記事:コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー【レビュー・評価】シリーズの新たな魅力を打ち出した日本未発売タイトル!

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期/PS4/PSVITA

狂気に満ちた学園モノのアドベンチャーゲーム。

シリーズ3作目となる今作はクリア後にはすごろく風ゲームとダンジョンRPG風ゲームが追加されます。

これらのゲームは連動していて、まずはすごろく風ゲームでキャラクターを育成し、育成したキャラクターをダンジョンRPG風ゲームで出撃させる形となっていました。

おまけモードではありますが、すごろく風ゲームに用意されているイベントの種類は非常に多く、ダンジョンRPG風ゲームは100階も用意されているので、実は本編よりも長く楽しめるんです!

ここまでボリューム感があると一本のゲームとして売り出しても良いくらいなのに、サービス精神旺盛ですね。

関連記事:ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期【レビュー・評価】看板タイトルまで育ったのに自らぶち壊す衝撃作!

ポケットモンスター 金・銀/GB


モンスター育成RPGシリーズの2作目。

なんですが、ゲームクリア後には前作の舞台だったカントー地方に行けるんです!

つまり、新たなダンジョンや街、道路などを攻略する事が出来るので、ボリュームが倍増したような感じ。

ゲームクリア前に訪れるダンジョンや街、道路の数だけでも十分だっただけに、カントー地方へ行ける事実を知ったときは驚きました!

もちろん、おまけ要素なので前作の街と比べたら簡略化されているところはありますが、BGMはアレンジして収録されていますし、前作プレイヤーほど興奮するおまけ要素だと思います。

スポンサーリンク

KNACK/PS4

PS4本体と同日に発売されたアクションゲーム。

何かとネタゲー扱いされがちな作品ですが、このゲーム。クリア後にプレイ出来るコロシアムアタックがめちゃくちゃ面白いんです!

コロシアムアタックは用意されたシチュエーションを連続でクリアしていくスコアタック形式のモードなんですが、非常に難しく、クリアすることさえも困難だったりします。

クリアするには敵の行動パターンを完全に読み取らなければならず、本編以上に熱いヒット&アウェイを楽しめました!

個人的には本編よりもハマっていたりする。「2」にも収録されていましたが、歯ごたえが無くなっていたのが残念。

関連記事:KNACK(ナック)【レビュー・評価】10時間以上遊ばせるには味付け不足

不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!/N64

人気ローグライクゲームのナンバリング2作目。

どのシリーズ作品もクリア後にはダンジョンが追加されますが、特に印象的だったのが本作です。

お馴染みのアイテム持ち込みなし・全99階の高難易度ダンジョンはもちろん、モンスター育成・収集要素。

罠を使ったピタゴラスイッチ風ダンジョン。お城のカスタマイズなどクリア後の追加要素が非常に多く、プレイタイムが軽く+1000時間されましたw

素晴らしいのが、クリア後の追加要素をクリアした後のご褒美にも力が入っていること。

あるダンジョンの99階を突破すると凄いことになりますし、モンスターをすべて集めても何かが起こります。

おまけのおまけまで作り込むとは恐れ入りましたw

関連記事:風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!【レビュー・評価】1000時間楽しめた中毒性抜群のマイベストRPG!

ゼルダの伝説 時のオカリナ3D/3DS

253

1998年にN64で発売されたアクションアドベンチャーゲームのリメイク作。

本作をクリアすると「裏ゼルダ」が楽しめるようになります。

この「裏ゼルダ」なんですが、フィールドが左右反転しているほか、ダンジョンの攻略法が変化しているんです!

構造自体は表と同じなんですが、オブジェクトの配置が異なっており、ダンジョンによっては謎解きの解法自体が変化しています。

元ネタはGC「ゼルダの伝説 風のタクト」の予約特典に付いていたGC「ゼルダの伝説 時のオカリナGC」。

ただ、こちらは非売品なので、一般販売のタイトルでも「裏ゼルダ」が楽しめるようになったのは嬉しいですね!

通常モードでは味わえない少々理不尽な謎解きが癖になります。

関連記事:ゼルダの伝説 時のオカリナ3D【レビュー・評価】様々な部分を改良した時のオカリナの決定版!

全体のまとめ

以上!クリア後のおまけ要素が凄いゲーム特集でした!

ここで挙げたタイトルの中にはクリア後に楽しめるおまけ要素の方が楽しめた事も多く、評価が上がった例もありましたね。

中には力を入れすぎてクリア後からが本番と言われてしまうタイトルもありますがw

余談ですが、今はダウンロードコンテンツが主流となっていますよね?

そうなると+αと言える要素はダウンロードコンテンツで展開する事が増えていると思います。

実際、過去の作品では本編のおまけとして収録していたものを最新作ではダウンロードコンテンツとして展開している作品も見かけました。

そんな中でダウンロードコンテンツとして展開せず、おまけモードとして収録している作品を見ると嬉しくなりますね♪

KNACK (ナック) - PS4

KNACK (ナック) – PS4

posted with amazlet at 18.02.26
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-02-22)
売り上げランキング: 4,326


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(26)

  1. 田中 より:

    ダンガンロンパのオマケのすごろくは群像劇(多数の人物の視点から追うタイプの物語)としてもよくできていてボイスとイラストを追加するだけでフルプライスとして出してもいいと思いますw
    すごろくの最初から最後までのイベントの時系列とキャラの行動をまとめたブログを覗いたんですけどかなりつくりこんであって凄かったです
    オマケにも力を入れることが出来るのは他の媒体じゃ珍しいゲームならではの魅力の一つだと思います

    • kentworld より:

      本当にあのすごろくゲームは作り込まれていましたよね。

      作品間の共演も楽しむ事が出来て、ダンジョンRPGの前座で片付けたら勿体無いと思います。

      イベントの時系列とキャラの行動をまとめたブログもあるんですか!?

      すごい手間を掛けているなぁ・・・

      ゲームって容量制限はあるけど、ページ数や収録分数の制限はないですもんね。そこは大きな魅力だと思います。

  2. 青雲スカイ より:

    クリア後のおまけダンジョンといえばトライエース作品が印象深いです。
    トライエース作品はクリア後のインフレが凄いんですが、それが逆に魅力でした。
    特に初代ヴァルキリープロファイルのセラフィックゲートはかなりやり込みました。
    色々な意味で本編無視のはっちゃけた内容でしたが、良い意味で本編とは別物として楽しめましたね。

    ただ、クリア後要素は好きだし充実していると嬉しいですが、まずは本編の内容でしっかり楽しませてほしいですね。
    例えばドラクエ9はクリア後要素がてんこ盛りでしたが、素直にそれを楽しめたとは言い難かったです。

    • kentworld より:

      トライエースの作品!

      そう言えばトライエースのゲームってやりこみ要素が凄いことでも定評ありますよね~。

      セラフィックゲート!

      これは、トライエース作品の隠しダンジョンでは共通のワードになるようでw

      僕がプレイしたインフィニットアンディスカバリーにもあったなぁ。

      ドラクエIXは良くも悪くもストーリーよりもやりこみ型ゲームでしたね。

  3. ホンマ?トモフミ より:

    Wii版のバイオ4はクリア後、「マーセナリーズ」やエイダ編、追加衣装などいろいろ追加されて驚きましたよ∑(゚Д゚)未だにそこは遊び尽くせてないです。無限ロケランは購入しましたけどね♪

    ポケモン金銀のクリアー後要素は今でも凄まじいですよね~。伊達に田尻(ポケモン原作者)時代、最終作(究極作)として作られただけあって気合の入れようがハンパないです(゚o゚;;
    リメイクは簡略された要素が改めて肉付けされてよりすごいボリュームになってましたね。

    僕の場合、最近エンディング後がすごいと思ったのは、マリオデとポケモンUSMかな。
    マリオデは近年のマリオでは信じられないほど、やりこみ要素がきちっとしててすごかったなぁ。ポケモンも3DS最後のポケモンと宣伝してただけあって、「レインボーロケット団編」は攻略に5時間以上もかかるほどボリューミーな追加要素でした!!
    でもスイッチのマリオデ、ゼルブレ、ゼノブレ2、FE無双の俺的スイッチ四天王は、最近忙しくて時間があまり取れないのもあって、正直この4タイトルがあるだけでもしばらく3年は遊べそうだな…(^_^;)
    ここ最近のゲームってすげぇ〜。

    • kentworld より:

      バイオ4のWii版になると、PS2版の追加要素も色々と楽しめるのでクリア後の要素がめちゃくちゃ多いですよねw

      マーセナリーズどころじゃなかった!w

      ポケモン金銀はリアルタイムでプレイしたので驚きましたねぇ・・・

      そしてリメイク版もプレイしましたが、さらに追加要素が増えて手に追えなくなってしまいましたw

      マリオデのエンドコンテンツも凄いボリュームだったと思います。

      むしろ、クリア後からが本番みたいな感じでしたよね~。

      最近のゲームは何だかんだでボリュームが凄いんだなぁと実感します。

  4. 読者 より:

    バイオ…鈴木史朗さん…(笑)
    今でこそポケモン金銀ではカントーに行けるなんて常識ですが、リアルタイムでプレイしていた小学生の時の衝撃ったらなかったです。SNSどころかまだパソコンも珍しかった時代にフラゲ情報なんてものは存在せず、学校で「クリア後カントー行けるぞ!」と騒然になってましたねーw
    コロコロぐらいしか情報源がなかった時代でデマやウソテクが飛び交っていて半信半疑でしたが、あのインパクトはやはり当時を生きてた人にしかわからないかもですね。

    おまけ要素が充実したゲームはたくさんありますが、逆に全く充実してなくてガッカリしたゲームを紹介していいですか?幻想水滸伝Vです…w
    というのもこの作品が好きすぎて108星を集めてキャザリーやキリィやゼラセを限界まで育てるほどやりこんだのに、それを活かす機会が全くないのです。隠しダンジョン、追加要素、一切なし!(泣)おかげで育てきった強さを全く活かす場がなくひたすらそこらへんの敵を瞬殺して回ってました…。リメイクしたら闘技場かEXダンジョンおなしゃす!(まずシリーズ展開が絶望的な件)

    • kentworld より:

      鈴木史朗さんはあの年齢でもバイオにハマられていて凄いと思いました!広告塔になった時のインパクトは凄かったなぁ。

      ポケモン金銀の隠し要素での盛り上がりは当時ならではですよねぇ。

      あの頃もインターネットはありましたが、小学生になるとほとんど浸透していませんから、学校で初めて知った人も多いと思います。

      そうそう、嘘テクも色々あった!そして、僕も嘘テクを広めていましたw

      育成要素が強いゲームはエンドコンテンツがないと物足りなく感じてしまうの分かります!

      強さを活かす場は必要ですよね。開発に時間がなかったのかな?

  5. らす2(そらとろぼ) より:

    裏ゼルダは法則性に気づかないと詰むギミックが多いので表に比べると理不尽感ありますね。

    バイオ4のマーセは一体何百時間やったことやら、モンハンを除くと人生で最も長く遊んだと思しきタイトルです。
    コンボやボーナス、ステージのほどよい広さと敵の配置と隙の少ないコンパクトな完成度がお気に入りでした。

    • kentworld より:

      裏ゼルダは2周しましたが、「なんじゃこれは!?」と何度も思ったものです。今では良き思い出ですけどね♪

      バイオのマーセナリーズはそんなにプレイされていましたか!?

      でも、僕もスコアアアック好きなので気持ちは分かります。

      数百時間はないにしろ、本編に迫るくらいはプレイしたなー

  6. T・A より:

    ちょっと思ったけどドラクエ11とMHは入らないのでしょうか?
    ドラクエ11はクリアしたらまたストーリーが続く・MHはMHWが初めてのMHですがストーリークリアしてもやることいっぱいあるゲームでしたよね?
    間違ってたらすみません

    • kentworld より:

      凄いゲームに入れても良いと思います。

      ここで挙げた作品以外にも色々あると思いますからね~。

      挙げなかったのは記事執筆の時間が無かったのと、エンドコンテンツの説明が難しかったからです汗

  7. つぐみ より:

    ダンガンロンパのは話だけ聞くとゼロヨンチャンプのバイトダンジョンな気分ですな

    クリア後のやりこみ要素とか聞くと、ディスガイア系が思い浮かびます。やったことないけどね(笑

    • kentworld より:

      個人的にはパワプロのサクセスモードを思い浮かべました!

      サクセスモードで様々なイベントを楽しみながら選手を育て、本番となる試合に持っていけますからね~

      ディスガイアはやりこみ要素が強いことで有名ですよね。毎回、ボリュームが凄いイメージです。

  8. Koji より:

    クリア後のオマケで一番印象に残っているのはバイオ4の鎧アシュリーですね。
    それまでのバイオシリーズのコスチュームチェンジは単に見た目が変わるだけでしたが、鎧アシュリーは無敵化されて実用性たっぷりだったので衝撃的でした。
    足音がガッシャンガッシャンうるさいのだけマイナスですがw

    • kentworld より:

      鎧アシュリーですか!?

      あれはシュールでインパクトがありますよね!w

      雑誌か何かで初めて情報を見た時は「!?」って感じでした。

      バイオのこういう遊びココロは好きです♪

  9. ナスタ より:

    ポケモン金銀のカントー地方は当時感動しましたねー。ポケモン本編はクリア後要素も魅力的な作品が多いです。

    シレン2はクリアまででも十分面白いですが、クリア後要素の面白さと充実度は半端じゃ無いですよね〜。最果てを始めてクリアした時や、もののけ王国が完成した時の達成感は他にないくらい印象に残っています。

    裏ゼルダは理不尽感も含めて楽しめるのは同感です笑
    裏って付いていると理不尽でも割と納得できるんですよね〜。

    最近だとマリオオデッセイのクリア後の充実っぷりには驚きましたね。まだラストクレーターまでしかクリア出来ていませんが、いつかはフルコンプしたいです。

    • kentworld より:

      ナスタさんもポケモン金銀のカントー地方をリアルタイムで感動した一人でしたか!?

      ポケモンはクリア後のやりこみ要素が充実している印象です。

      シレン2は発売前からクリア後が本番であると聞いていましたが、予想以上でしたね~。

      本作に関してはクリア後も楽しまないと勿体無い!と今でも思っています。

      裏ゼルダは表面を遊び尽くしたプレイヤーほど楽しめますよね。

      「え?あの素材をこう活かしてくるのか!?」「もうあの強敵が出てくるの!?」って感じで。

      素材をシャッフルするだけでも異なる体験を味わえるんだと実感出来た作品です。

      マリオデもクリア後からが本番でしたね!

      クリアは誰でも出来るようにして、それ以降はゲーマー向けに色々と盛り込んでいる印象です。

  10. より:

    オデッセイはクリア後、エクストラムーンが登場して来ますしこれまた集め甲斐大。ピーチ城も出るし、ピーチが旅するし。エクストラボスも。ラビッツとのコラボRPGやドンキーリターン3D、などなどエクストラおまけは任天堂ゲームの基本とも言えますね。
    ピクミンは1や2はクリアしたらおまけも開放されましたよね。1は楽しい音楽と共に生物図鑑。2はルイージ似のあやつの食いしん坊メモ。なんか美味しそうかも…と思ってしまいます(笑)3はクリア後のそういう楽しみありませんでしたねー。1と同じ茂さんがメイン監督なのに、何でちょっとしたオマケも出せなかったのか。あんな不要な黄色のカードなんか入れないで1の図鑑のようなの入れろよと。EDも文章が変わるのみでやっつけ感が…。

    • kentworld より:

      オデッセイ。みなさんがコメント欄で挙げられているので、記事に含めておくべきだったー!と思いました。

      ピクミンはクリア後の要素、あまり充実している印象がないです。

      チャレンジモードはクリア後の要素かと思いきや途中から追加されますし・・・

      でも、個人的にピクミンは「1」や「3」のチャレンジモードが好きで、本編よりもプレイしてしまいましたw

      限られた制限時間の中でピクミンやお宝を集めるのが楽しいんだよなぁ

      • より:

        「3」も「おまけ」は楽しいんです。「おまけ」は。ただ、せめて初代みたく本編クリア後の「ちょっとした物」も入れるべきだとは思います。初代は入ってたのに。エピローグムービー入れるとかは出来たかと。

  11. マージ より:

    あまりクリア後をプレイする機会はないのですが…。

    やはり、ドラクエ5ですかねぇ。
    新しいモンスター、アイテム…
    楽しめました☆

    あれ以来、クリア後もあるのが、当たり前になったような気がしますね。

    • kentworld より:

      ドラクエのエンドコンテンツはV辺りで定着したんですね。

      確かにそれ以降はあって当たり前みたいな風潮になっていると思います。

  12. がは より:

    定番ですが、3DSのスーパーマリオ3Dランド。表ステージと同量の裏ステージは、圧巻だった。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

女性にもおすすめのPSVITAソフトを大特集!
女性にもおすすめの3DSソフトを大特集!
歴代アサシン クリードシリーズランキング!オリジンズは何位?
XboxOneの独占タイトルを大特集!意外にもファミリー向けタイトルが充実?
歴代PSプラットフォームのロンチタイトルラインナップをレビューしてみた
マイナーでも長寿ハード!Xbox360の9年間を振り返る
神ゲーを連発しているSIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)製PS4ソフトを大特集!何気にとんでもない打率だった!?
大人向けのおすすめSwitchソフト10選!ニンテンドースイッチでも大人向けゲームはこんなにもある!?
時間がなくてゲームをクリア出来ない方は必見!短時間でクリア出来るゲームを20本紹介!
マリオ64みたいな箱庭探索型アクションゲーム特集!マリオオデッセイの予行練習にオススメ!