| ゲームレビュー

【体験版レビュー】キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー [評価・感想] 据え置き機向けにガッツリ作られたリズムゲーム!


キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー/PS4 / Switch

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2020年11月に発売されるPS4/Xbox One/Switch「キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー」の体験版レビューをしていきます。

本作は「キングダム ハーツ」を題材にしたリズムアクションゲームですが、本編のような感覚で楽しめます!

「キングダム ハーツ」シリーズと言えばキーブレードや魔法を繰り出して戦うアクションRPGですよね?

簡単操作で派手な技がバンバン決まるので、爽快感も味わえるゲームだと思います。

今回レビューする「キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー」はリズムアクションゲームながらも同等の爽快感を味わえるので、「上手く落とし込んでいるなぁ」と思いました。

ただ、同じスクウェア・エニックス製のリズムアクションゲームである「シアトリズム」シリーズと比べると直感性に欠ける印象で、すぐに面白さを理解するのは難しく感じます。

その分、やり込み要素が豊富なので、据え置き機向けのタイトルらしくガッツリ楽しめるように作られているんじゃないかと思いました。

ここからはそんなPS4/Xbox One/Switch「キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー」について詳しく書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 「キングダム ハーツ」を題材にしたリズムアクションゲーム。
  • リズムに合わせてボタンを押すとソラ達がアクションを繰り出してくれる。
  • 歴代シリーズで使用された140曲以上のBGMを収録。
初リリース日 2020年11月11日
対応ハード PS4/Xbox One/Switch
ジャンル リズムアクション
発売元 スクウェア・エニックス

スポンサーリンク

本編に近い感覚でリズムゲームを楽しめる

本作で特筆したいのが、本編に近い感覚でリズムゲームを楽しめることです。

リズムゲームが始まると5線譜が描かれた道をソラ達が進んでいきます。

すると、敵が出現し、同時にマーカーが現れるんですが、タイミング良くボタンを押すことでソラ達が攻撃してくれるんですね。

攻撃時のモーション、ヒットした時の効果音は本編を踏襲。

ソラはキーブレードをブンブン振り回し、敵に当たった時には「カンッカンッ」という気持ちの良い音が鳴り響きます。

さらに

  • 魔法攻撃で敵を倒す
  • ジャンプして攻撃を避ける
  • 浮遊して宙に浮かぶ音符をキャッチする

なんてアクションを繰り出すマーカーが流れてくる場合もあるので、リズムに合わせて本編の戦闘を行っているような感覚を味わえました。

本編の戦闘に他ジャンルの要素をミックスさせているという意味では、GBA「~チェイン オブ メモリーズ」を彷彿とします。

同作はカードゲームの要素を本編の戦闘に落とし込んだ意欲作で、独特なゲーム性を実現していました。

やり込み要素が豊富!

本作は7,480円(税込)のパッケージタイトルです。

リズムアクションゲームとしては高めの価格設定になっていますが、その分、やり込み要素が凄いことになっています!

3種類の難易度、3種類の操作タイプ、140以上の収録曲、3タイプのステージ、多彩なゲームモード。

さらには経験値・レベルの概念が存在し、キャラクターを育てる要素もあるので、何十時間も楽しめる予感がします。

体験版ではレベルを上げても特に意味はありませんでしたが、それでも3種類の難易度、3種類の操作タイプから4曲をプレイできるので、1時間以上も楽しめました!

製品版では140曲以上も用意されており、ワールドトリップなどのゲームモードも楽しめるのですから、ボリュームが凄いことになっていそう。

目次へ戻る

直感性にはやや欠ける

本作をプレイして思ったのは、直感性がもう一歩という点です。

リズムゲームが始まると様々なラインから敵が出現し、タイミング良くボタンを押していくことになります。

この点はよくあるリズムアクションゲームと変わりません。

が、ジャンプして宙に浮かぶ敵に攻撃を与えるとか、浮遊して音符をキャッチするとか、アクションゲーム的な要素が前に出すぎてしまい、ややこしくなっているんですね。

171

リズムアクションゲームは直感性が求められる傾向にあります。

例えば「シアトリズム」シリーズはタッチペンを使ってタッチ&スライドによる直感的な操作感覚で楽しめました。

同シリーズと比べて本作は10分だけプレイしても面白さを感じにくいんじゃないかと思います。

その辺りは据え置き機の買い切り型ゲームとして割り切って作られているのでしょうね。

スマホや携帯ゲーム機向けに作る場合、すぐに面白さを理解できないとダメな傾向にあります。

一方、据え置き機向けの場合、数時間プレイしてから面白さを理解できるように作っても比較的受け入れやすいですから。

補足

初心者への救済措置として「ワンボタンスタイル」という全てのアクションをひとつのボタンでプレイできるプレイスタイルが用意されています。

スポンサーリンク

目次へ戻る

キングダム ハーツ メロディ オブ メモリーのレビューまとめ

全体的には据え置き機向けのタイトルらしくガッツリ楽しめるゲームの予感がします。

少しでも「キングダム ハーツ」本編に近づけられるよう、ガチで作られている印象で、長く楽しめそうな気がしました。

サクッと楽しめる傾向にあるリズムアクションゲームとは言え、長い付き合いになりそうです。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(1)

  1. トモフミ♫ラクーン より:

    私も体験版をプレイしてみましたが、思ってたのよりも結構複雑だったなぁ(^^;;
    楽曲のチョイスもかなりキンハーファン向けで最初から歴代主題歌を演奏できないのが残念でした。

    個人的には合わなかったけど、キンハーシリーズに慣れ親しんでいる人ならアリなのかもね。
    それにしても音ゲーやパズルゲーってフルプライスにするには今だと大変な時代ですね😅

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】真・三國無双8 [評価・感想] 粗削りで評価が分かれそうな新シリーズ1作目!
【レビュー】Yooka-Laylee(ユーカレイリー) [評価・感想] 20年越しに発売されたバンジョーとカズーイの大冒険3!
【レビュー】ソルト アンド サンクチュアリ [評価・感想] ダークソウルとメトロイドヴァニアを融合させた高品質な2Dアクション!
【レビュー】ゼルダの伝説 大地の汽笛 [評価・感想] DSの機能を必要以上に活かしまくった作品。ただし対戦ゲームとしてはおススメ!
【レビュー】ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲 [評価・感想] 当時のトレンドを無視して作られたPSPの限界に挑んだ作品!
【レビュー】ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 [評価・感想] せっかくの良作が仕様とユーザーのマナーで台無しになった残念な作品
【レビュー】マリオパーティ [評価・感想] シリーズ1作目にしてモード数が多彩な新定番パーティゲーム!
【レビュー】くるくるくるりん [評価・感想] まさに回転するイライラ棒!
【レビュー】ゼルダの伝説 風のタクト [評価・感想] 終盤の失速で惜しくも2002年GOTYにはなれなかった。これ以上惜しい作品はない!
【レビュー】マリオ&ルイージRPG [評価・感想] GBAのボタン数では足りなかった?