| ゲームレビュー

【レビュー】ペーパーマリオ カラースプラッシュ [評価・感想] 前作の反省点を活かして作られたアドベンチャーゲーム!


ペーパーマリオ カラースプラッシュ/Wii U

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2016年10月に発売されたWii U「ペーパーマリオ カラースプラッシュ」のレビューをしていきます。

本作はペラペラなマリオが主人公のアクションアドベンチャーゲームですが、前作の反省点を活かして作られています!

2012年に発売された3DS「ペーパーマリオ スーパーシール」はファンの間で大バッシングされました。

ゲームジャンルがRPGからアドベンチャーに変わり、謎解きが理不尽になり・・・。

見た目の可愛らしさとは裏腹に尖りまくっていましたが、今作はマイルドになっています。

しかし、戦闘のテンポは改善されておらず、レベルの概念もないので、RPG時代の「ペーパーマリオ」が好きな人にはおすすめ出来ません。

ここからはそんなWii U「ペーパーマリオ カラースプラッシュ」について詳しく書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 紙で出来た世界を冒険していくアクションアドベンチャーゲーム。
  • 戦闘はカードを使ったアクションバトルを採用。
  • 色が抜けている部分を探して塗っていく。
初リリース日 2016年10月13日
対応ハード Wii U
ジャンル アクションアドベンチャー
推定クリア時間 20~30時間
売上 初週2.3万本/累計7.5万本
発売元 任天堂

スポンサーリンク

良いところ

HD機ならではの紙の質感

wiiu_screenshot_tv_f6009

「ペーパーマリオ」シリーズと言えば紙の質感で定評ありますよね?

本作はシリーズでは初となるHD機での発売ということで髪の質感がこれまでよりもパワーアップしていました!

単にペラペラにしているだけではなく、ライトの表現も細かくて写真のような嵐のシーンでは紙のキャラクターに影の表現が加わっています。

SIEの「テラウェイ」シリーズもそうですが、僕は折り紙で作られたかのような世界観があたたかみあって好きなんですよ~。

色を使った探索が面白い!

wiiu_screenshot_tv_f6009

本作で力を入れていると思われる色を使った探索要素は面白く感じます。

前作はシールを使って謎解きして先に進む感じでした。

一方、今作では色が抜けている部分を探して塗っていき、塗ったら新しいエリアへ進んでいく形式になっています。

これが妙に心地良く、まるで、色を塗っていない箇所を塗っていく塗り絵のよう。

しかし、色塗りをするにはインクゲージを消費することになるので、時にはインクゲージを回復しなければなりません。

wiiu_screenshot_tv_f6009

そこで重要になるのが探索。

各地にはゲージ回復に必要なインクが隠されています。

色が抜けている箇所を塗り、ゲージが減ってきたらインクを探す。

各ステージではこれを繰り返していきますが、紙で出来た世界と相まって探究心を高めてくれるので、終始、ワクワクしながらプレイ出来ました。

ちなみに前作で不評だった意地悪すぎる謎解きはマイルドになっていて、あそこまで難しくはありませんw

お馴染みのブラックユーモア

wiiu_screenshot_tv_f6009

「ペーパーマリオ」シリーズは黒い任天堂の代表格といえる存在ですが、今作でも序盤からぶっ飛んでいますw

一見すると王道のマリオゲームっぽく見えますが、変なキャラクターが色々出てくるし、お馴染みのキャラクターもどこかおかしいですから。

例えばピーチ姫がやたらと得意気に語ったり、ダジャレを放ったりするんですよ。

もはや本編のピーチ姫とは別人ですw

個人的に王道のマリオに飽き飽きしているので、このくらいぶっ飛んでくれた方が良いと思っています。

デジタル説明書がユニーク

97

本作のデジタル説明書はWii U「スーパーマリオメーカー」のようにユニークなものになっています。

紙で隠されている部分があるんですが、タッチスクリーンで払うと中身を確認する事が出来ますし、開発スタッフのユニークな裏話も掲載されているんですよ。

こちら のサイトで確認出来ますが、Wii U向けは項目が追加されていて購入者だけが楽しめるコンテンツもあるようです。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

相変わらず戦闘がおまけ

wiiu_screenshot_tv_f6009

本作は前作となる3DS「ペーパーマリオ スーパーシール」の流れを組んでいます。

つまり、探索要素を重視したアクションアドベンチャーで、戦闘はおまけなんですよね。

このシリーズはアクションRPGだったN64「マリオストーリー」からスタートしているので成長要素のようなものを求めてしまいますが、本作でもその辺りは弱いです。

ステータスアップの要素はあるものの経験値の概念はなく、攻撃に必要なカードも使い捨てなので、戦闘をする必然性は低く感じられました。

wiiu_screenshot_gamepad_f6009

バトルはカードを使って行うアクションバトル。

ゲームパッドのタッチ機能を使ってカードを選んでいき、選んだカードによってマリオのアクションが変わっていきます。

タイミング良くボタンを押したらより多くのダメージを与えられるシステムも健在ですが、戦闘の触りはあまりよくありません。

カードの選択がタッチスクリーンを使って行う形式なので、どうしてもワンテンポ遅く感じられます。

前作同様攻撃は消費型なので戦ってばかりいると消耗しますし、戦闘は面白く感じませんでした。

目次へ戻る

ペーパーマリオ カラースプラッシュのレビューまとめ

3DSで発売された前作を正当進化させたような作品。

アクションRPGとしての「ペーパーマリオ」を求めていたらコレジャナイ作品かもしれませんが、前作よりはマイルドになっているので、探索要素や手触り感を求めている人は手を出してみても良いと思います。

前作の反省点を活かして作られたアドベンチャーゲーム!

こんな人には特におススメ。
・探索好き。
・工作好き。

こんな人にはおススメできない。
・RPGのペーパーマリオを求めている人。

ペーパーマリオ カラースプラッシュ/お気に入り度【70/100%】
プレイした時間・・・約30時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

, ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(23)

  1. y.crash より:

    HD機ならではの紙の質感ですか。
    まるでタッチ!カービィ スーパーレインボーの粘土質みたいなですか?

    黒い任天堂は健在ですかw にしてもなぜこの作品に集まるんでしょうねw

    Wii UのGamePadを駆使して評価が高い作品って何があるんでしょうか。
    GamePadを使う作品は操作性が良くないって評判をよく目にするので。

    • kentworld より:

      >y.crashさん

      そうですね、粘土や毛糸の表現がWii Uになって
      パワーアップしたように、今作も紙の表現がパワーアップしています!
      黒い任天堂のゲーム。かつてはMOTHERなどがありました。
      最近はそう言ったディープなタイトルが減っているのもあるのでしょうね・・・。

      ゲームパッドを駆使しているといえばスプラトゥーンと
      スーパーマリオメーカー、ニンテンドーランドでしょう!
      あとはゾンビUかな。

  2. 黒詩★紅月 より:

    友達に購入するかと聞いてみたが、どうやらRPGジャンルに抵抗してるようです
    でも調べてみると、WiiUのRPGは非常に少ないですね…
    おすすめしたら、Wiiに戻れちゃいそうです

    『ペーパーマリオ』シリーズは元々RPGでしたっけ?
    今回の表現はなかなか良いだと思います

    • kentworld より:

      >黒詩★紅月さん

      ペーパーマリオシリーズは元々はRPGでした。
      確かにWii UはRPGが不足しているので
      今作がRPGだったら穴埋め的な役割を果たせたのに勿体ない。

  3. チキ より:

    「ペーパーマリオはこうじゃなきゃ!」って先入観が無ければ探索重視のアクションアドベンチャーとして楽しめそうですね。
    戦闘時にタッチパッドを使ってカードを選択するってことは、このゲームはOff TV Playは出来ないのかな?

    • kentworld より:

      >チキさん

      そうですね、これはこれで面白い!ってゲームになる可能性はあります。
      ゲームパッドのみでのプレイは出来るようですよー。
      TVと同時に画面を見ないといけないって事はないので♪

  4. さやまる より:

    前作が面白い様な面白くない様な〜って印象で不安だったのですが、今作はグラフィックやBGM、演出等も凄く良くなっていて個人的にはとても楽しめてます!
    色々とブラックな所は、前からのペーパーマリオ独特な雰囲気と変わらなくてやはり面白いですねwこれからが楽しみです!
    ただやはりバトルがマンネリ気味なのはありますよね〜もう少し積極的に戦いたくなる要素があればいいのですが…
    前のRPGに戻ってほしいとも思いますが、自分はこれはこれで面白いからいいかな〜って感じです!

    • kentworld より:

      >さやまるさん

      バトルシステムは課題ですよね。
      あとは不親切な謎解きが改善されていたら良作になると思います。
      ファーストインプレッションからプレイ出来ていませんが、
      最終的な感想がどうなるのか楽しみです!

  5. いつもの名無し より:

    ただただステージ進行じゃなくてステージを行き来しつつ進めていく感じになっていて個人的にはなかなか楽しめています
    アドベンチャーゲームとしては割と良い進化な気も

    • kentworld より:

      >いつもの名無しさん

      ステージが使いまわしじゃないのは良いですね~。
      戦闘はちょっと気になるけど、
      アドベンチャーゲームとして期待しています。

  6. つぐみ より:

    子供と楽しもうと思って買おうかな?
    なんて思ってたけど、戦闘のテンポの悪さ(カードセット)に買う気が失せました。

    RPGは戦闘が消費時間のほとんどなんで、此処のテンポが悪いのは世界観が良いだけに残念でたまらんですたい。

    • kentworld より:

      >つぐみさん

      これはRPGではなくアクションアドベンチャーですが、
      戦闘は何度か行うことになります。
      テンポの悪さは設定で改善できるようなので試してみます!

  7. つぐみ より:

    ジャンルはアクションアドベンチャーなんですね

    カードセットとか煩わしさが無くプレイできるようでしたら、子供とプレイしたいですねぇ

  8. KA より:

    最近ブログ記事の内容が重たく感じてきてこのブログをご無沙汰してましたけど、久しぶりにコメントさせていただきます。

    レビューを見た感じだとスーパーシールより良くなってるから購入しようか悩んでましたけど、ペーパーマリオ二作プレイして満足してしまったのと、最近wiiuに対する熱意が無くなってきた、12月に3DSのソフト2本購入、そして今はゼノクロとマザー3を同時進行でプレイ中でカラスプをプレイする時間が取れなさそうなのでまだ購入してません。お店で値崩れしてるのを見かけたら購入してるかもしれません。

    話は変わりますけど、今回はスマホからコメントしてますけど、スマホからコメントするのは控えた方がいいのでしょうか?

    • kentworld より:

      重たく感じました?具体的にどの記事が重く感じたのか教えてください。僕としては逆にユーモア成分を増やしているのですが。先日はヨッシーの着ぐるみを着てニンテンドースイッチ体験会に参加しましたし。

      ペーパーマリオに関してはファーストインプレッションなので、またちゃんとしたレビュー記事を書きます。

      むしろ、スマホユーザーに合わせてブログは書くようにしてます。この記事を公開した直後から大々的なリニューアルを行い、スマホ特化のレイアウトにしたんです。

      • KA より:

        >具体的にどの記事が重く感じたのか教えてください
        一部のトゲが強いコラム(例.なんでコンシューマーゲームをやらなくなったの?元コンシューマーゲーマーの実態を探る 等)や最近の閑散期のゲームの売上ランキングといったコンシューマーゲーム市場縮小が実感してしまう記事のことです、全てが重たいってことはありませんけど、重くてトゲが多い記事が以前より増えてきてる気がしました、ユーモア成分を混ぜてもやっぱりグサッときてしまいます。でも「もう売上などの市場関連についてもう書かないでほしい」って訳じゃありませんから今まで通りブログを書き続けてください。特にレビューレビュー記事はトゲが無くてゲームの良いところと悪いところがわかりやすく書かれていて読んでて参考になるだけで無く文章も楽しませてもらえますから、カラスプのセカンドインプレッション楽しみにしてます。

        >スマホユーザーに合わせてブログは書くようにしています
        そうですか、これからはスマホからコメントさせていただきます。

      • KA より:

        追記
        閑散期の売上ランキングは売上本数を見てではなくて記事内でのkentさんの一言について感じとったことです

        • kentworld より:

          参考になりました。

          閑散期の売上ランキングはなかなかポジティブに書くことが出来ないので今後も保証できないですが、コンシューマーの縮小に関しては避けられないものなのでこれからは出来るだけ明るく、ポジティブに、ユーモアあるネタを仕込む努力をします。

          挙げられた記事を書いていた頃は少し病んでおりまして…ちょっとダメでしたね。

          また質問で申し訳ないですが、なんとなく、記事を公開した直後から読んでいるのではなく、少し遅れてから読んでいるような気がしました。この記事に関してもずいぶん前のものですし。

          参考にどんな読まれ方をしているのか教えてくれると助かります。

          • KA より:

            ライブドアブログの頃は記事自体は基本的に載せてからすぐに読んでました、記事の回覧はスマホでコメントはパソコンでしてましたけどパソコンだとコメントするのにパワーが要るのでそれでコメントが遅れがちになってしまいました、特にこの季節にパソコンからコメントするのはしんどかったです、なのでこれからは記事の回覧もコメントもスマホでしたいと思いますからコメントも早くできそうです。

            ライブドア時代よりコメントの返信が早くなってますね。これも新ブログに移ったからなんでしょうか。

          • kentworld より:

            そう言うことでしたか。確かにパソコンだとパワー要りますもんね。この季節は億劫ですし。

            リニューアルしてスマホからの方が読みやすいブログになったと思います。そのようにレイアウトしましたので。

            コメント返信もリニューアルしてやりやすくなりました。

            記事の方向性も少し変えてネガティブな話題をグチグチ言うよりもポジティブな話題を楽しく、そして、悪ノリも盛り込むと言うエンターテインメント性の高いブログにシフトしていけるよう頑張りますのでよろしくお願いします\(^o^)/

  9. メタ君 より:

    これ色ぬけ修復めっちゃ大変wそこらが任天堂の意地悪さかな

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(PS4) [評価・感想] よりリアルな現代戦を描くことに注力したリブート作!
【レビュー】アサシン クリード ブラザーフッド [評価・感想] オープンワールドなのに濃密!
【レビュー】198X (Switch) [評価・感想] 1980年代風アーケードゲームの体験版を寄せ集めたミニゲーム集!
【レビュー】ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城 [評価・感想] 美しくてド派手なドラクエを楽しみたい方へ贈るハイエンドなドラクエごっこゲーム
【レビュー】ニンテンドウオールスター 大乱闘スマッシュブラザーズ(初代スマブラ) [評価・感想] シンプルだけど奥が深い超爽快な対戦アクションゲーム!
【レビュー】クラウドベリーキングダム [評価・感想] 大好きだけど、しつこい味のお菓子
【レビュー】マーダード 魂の呼ぶ声 [評価・感想] 化ける可能性はあったコスパが低い意欲的なアドベンチャーゲーム
【レビュー】電流イライラ棒(N64)  [評価・感想] 番組の再現度抜群!
【レビュー】Everybody’s Gone to the Rapture -幸福な消失- [評価・感想] コンセプトは良いが、プレイヤーに物語を楽しませるための導線が弱すぎる
【レビュー】スターフォックス アサルト [評価・感想] マルチプレイにリソースを割き過ぎたことで過小評価された惜しい作品