| ゲームレビュー

【体験版レビュー】龍が如く7 光と闇の行方 [評価・感想] 看板タイトルをここまで変えてくるセガってバカだわぁw


龍が如く7 光と闇の行方/PS4

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2020年1月に発売されるPS4「龍が如く7 光と闇の行方」の体験版レビューをしていきます。

本作は極道を題材にしたRPGになりますが、なんだこれは!?

これまで以上にセガイズムが詰まったバカゲーじゃないですか!w

ゲームシステムの変更から全体の悪ノリっぷりまで何から何までバカで片付けられますw

「あぁ・・・セガは2020年になってもバカなんだなぁ」

なんてプレイしていて思いましたからw

ここからはそんなPS4「龍が如く7 光と闇の行方」の体験版について具体的に語っていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 実在する街を舞台にしたアドベンチャー形式のRPG。
  • 戦闘はターン制のコマンドバトル。
  • ジョブチェンジをすることで異なる技を使用出来るようになる。
初リリース日 2020年1月16日
対応ハード PS4
ジャンル RPG
発売元 セガ

スポンサーリンク

刷新された戦闘システムは慣れが必要

今作最大のトピックは刷新された戦闘システムになります。

従来のシリーズ作品はカジュアルなアクションバトルでした。

ボタンを連打することでコンボが決まる。

それが大きな魅力だったんですが、今作はターン制コマンドバトル形式に一新。

キャラクターを直接動かすことは出来ず、「たたかう」などを選択して敵にダメージを与えていきます。

言ってしまえば「ドラゴンクエスト」なんですが、「龍が如く」の本編でコマンドバトルは違和感が半端ないw

というのも「たたかう」を選択したらキャラクターが勝手に攻撃するんですよ。

技によってはクイックタイムイベントによる追撃が出来るけど、ボタンを押す度にダメージを与えられるなんてことはありません。

また、ターン制なので、余程レベルが高くない限りは敵から反撃を受けるようになりました。

その影響で1回の戦闘に掛かる時間が大幅に増してしまい、テンポが悪くなっています。

今作から入るのであればまだしも、過去作品の戦闘システムに慣れていたら違和感は否めません。

何よりも面白さのベクトルが違いますから。

従来のシリーズ作品って割とボタン連打のゴリ押しでボコスカ敵を殴れたんですよ。

一方、今作の場合、「たたかう」を選択するだけでは勝てません。

状況に応じて「スキル(極技)」「防御」などを選択しないといけませんから。

いわゆる思考型ゲームになったので、これまでの作品とはプレイする時に使用する脳が変わっています。

いくら戦闘システムの画面が「龍が如く」っぽくてもコレジャナイ案件ですよ。

「龍が如く」シリーズと言えば国内では最も販売が見込めるセガのIPになります。

そんなIPをここまで変えてくるとは「セガってバカだなぁ」と思いましたw

とは言え戦闘システムの完成度自体は高く感じます。

クラスチェンジをすることで様々なスキル技を使えるようになりますし、位置関係や追尾攻撃など戦略性を高める要素もありますから。

「ドラゴンクエスト」をイメージしてしまいがちですが、スタイリッシュなユーザーインターフェースや「WEAK」表記などから「ペルソナ」っぽく感じます。

目次へ戻る

パワーアップしたバカゲー要素

このように大変貌を遂げた戦闘システムですが、使用出来る技の多くが良い感じにふざけています。

例えば「臭い息」なんて技があるんですよw

使用すると臭そうなエフェクトが挿入されて敵が苦しそうにしますw

「龍が如く」はフォトリアル系のグラフィックなので、絵面がシュールで笑ってしまいましたw

極めつけが「その他」から選択出来る助っ人。

お金を払うことで様々な助っ人が大技を繰り広げるんですが、その時に挿入されるアニメーションがふざけまくっているんですよw

試しに白川清恵を呼んでみたところ、空から降ってきて大袈裟に料理を作るシーンが挿入されましたw

元々「龍が如く」シリーズの戦闘はシュールな面もありましたが、今作は度が過ぎていますw

歴代のターン制コマンドバトルと比べてもバカゲー度は飛び抜けているんじゃないでしょうか?w

戦闘以外にもバカゲー要素が満載!

ぼくが本作をプレイして「セガってバカだなぁ(褒め言葉)」と感じたのは戦闘システムだけではありません。

それ以外にも随所でバカゲーっぽさが漂っています。

例えば街中では随所でドラクエのワードが出てくるんですよ。

これは主人公の春日一番がドラクエ好きである影響もあるんですが、本作の舞台となるのは横浜の伊勢佐木異人町です。

そんな実在する街でドラクエのワードが頻繁に出てくるっておかしいじゃないですかw

初登場となるプレイスポットの「ドラゴンカート」「サバイバル缶拾い」も最高にふざけていて、バカゲー好きには溜まりません。

目次へ戻る

相変わらず魅力的なストーリー

このようにバカゲーな「龍が如く7」ですが、ストーリーは相変わらずシリアスで魅力を感じます。

今作も極道が題材ではあるんですが、日本の裏社会をリアルに描いていることから日本人としては引き込まれるんですよ。

体験版では刑務所生活を終えて出所した春日一番がハローワークに出向いて風俗店で働くようになるところまで描かれていました。

しかし、その風俗店は端から見たら問題だらけなんですよ。

にも関わらず春日一番は働こうとするので先が気になってしまいます。

地味に有り難いと思ったのが、リアルタイムムービーは○ボタンで小刻みにスキップ出来るようになったこと。

おかげでボイスを最後まで聞かなくても字幕を読むだけでストーリーを理解出来るようになりました。

プリレンダリングムービーでは小刻みにスキップは出来ないので最後までボイスを聞かないといけませんが、よりテンポ良くストーリーを楽しめるようになりました。

スポンサーリンク

目次へ戻る

全体のまとめ

全体的にはバカゲーとして期待出来そうに感じます。

ただ、これは売れないでしょうw

180度特性が変わった戦闘システム、一新された主人公、さらに増したバカゲー要素など、シリーズファンが困惑するような要素が満載ですからw

何度も言うように「龍が如く」シリーズは国内では最も販売が見込めるセガのIPです。

そんなIPの本編をここまで変えてくるとはセガってバカですわw

だが、それが良い!

セガのバカさ加減に惚れたので、製品版も購入することにします!

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, ,

 

おすすめ記事

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(5)

  1. ヨウタイガ より:

    まだ体験版はダウンロードしていないんですが、シリーズにとってかなりの変更なので、流石に購入決断までには体験版をプレイしたいところです。コマンドRPGは好きなんですが、やはり龍が如くで相手を倒すのはアクションの爽快感があってこそと思ってもいたので、正直まだ不安はあります。でも、これだけのシリーズを作ってきたからこそ、この変化を良いものと捉えて楽しめたらと思っています。
    その前に6までをクリアしなくてはいけませんけどね(笑)。いよいよ5に本腰を入れまして、現在秋山さんが出てきた所です。やはり秋山さんはカッコいいです。ストーリー的に大きな衝撃の後に登場というのもにくい所です。0も持ってますが、5の後は6を続けようかと思ってます。時間が足りない‥(笑)

    • KENT より:

      従来の作品で見られた爽快感が全く無いわけではありませんが、ボタンを押すとキャラクターがパンチを繰り出すみたいな爽快感はなくなっています。

      ですので、最初は戸惑いますね~。

      全体的にバカさ加減が増しているので、そこが大きな魅力に感じます。

      5もいよいよ大詰めですね!そこからどんな感想になるのかな~?

  2. 光と闇のトモフミ より:

    個人的にはヤクザシリーズの戦闘システムは苦手なのでむしろ今作のスタイルの方が魅力を感じます( ^ω^ )

    でもガラッと変わりすぎなので売れないでしょうねwww
    ヤクザシリーズは固定ファンが強くシリーズが進むにつれて売上が落ちてたと思うので、今回の7で大勝負に出たのでしょうね。
    従来のシステムは6でやり切った感がします。桐生ちゃんの物語とセットで。

    僕はフォトリアル嫌いなので残念ですが、もし銀魂で同じようなシステムのゲームが出たら、遊んでみたいです( ^ω^ )

    • KENT より:

      バカゲー度が増しているので、これまでの作品に苦手意識を感じていた方は入りやすくなっていると思います。

      もう、随所で突っ込みどころがありますからw

      龍が如くシリーズってリメイクや派生作品を含めると10作以上も出ていますからね・・・

      これだけ似たような作品を量産したからには変わりたい気持ちもわかります。

  3. 龍が如く大好き人 より:

    テンポは悪い。
    正当なナンバリングで肝のバトルをここまでするか(苦笑い)
    オブジエンドのように、スピンオフ的な作品として出すべきかな・・・
    まあ、このまったりしたバトルのテンポは、製品版ではストレスを感じないような作りにしてくれると期待する。
    桐生さんや真島や冴島が登場することは嬉しいね! バトルメンバーとしてかな?
    だとすると、桐生さんは固有ジョブ「堂島の龍」とか?
    真島や冴島は課金キャラでも良いけど、桐生さんはストーリー上で自然と仲間になるキャラクターであってほしいな。
    プレイ可能だったミニゲームも本格的で面白かった。
    バトルをどれだけ中毒性、やりこみ甲斐あるものに出来るかがキーになりそうだね。 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】風来のシレン4 神の眼と悪魔のヘソ [評価・感想] 原点回帰を果たして前作の汚名返上!
【レビュー】ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン [評価・感想] 前日譚でありながらも幅広い層が楽しめる良質なファミコン風ゲーム!
【レビュー】初音ミク Project DIVA Future Tone [評価・感想] やや癖はあるが、リズムアクションとしては常識外れの大ボリュームで最高の作品!
【レビュー】ロックマン7 宿命の対決! [評価・感想] マイルドで遊びやすい良作!
【レビュー】閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- [評価・感想] ただのセクシーゲームと思いきや、かなりの力作
【レビュー】ギアーズ オブ ウォー ジャッジメント [評価・感想] アトラクションよりシューティングの面白さに重点を置いた前日譚!
【レビュー】スターフォックス コマンド [評価・感想] ガッチガチなバランス調整と飛躍し過ぎなストーリーで繰り広げられる異端児!
【レビュー】アーケードアーカイブス VS.スーパーマリオブラザーズ [評価・感想] 微調整で難易度が激的に上昇したバージョン違い。
【レビュー】アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり [評価・感想] 綺麗だが、ゲームプレイは平凡
【レビュー】リッジレーサー(PSVITA) [評価・感想] 2011年のレースゲームとは思えない単調さ