2017/02/13/20:00 | ゲームレビュー

仁王【レビュー・評価】コーエーとテクモが力を合わせて生み出したダークソウル越えの傑作!


仁王/PS4 (初回封入特典同梱) /PS4

2017年2月に発売されたPS4「仁王」を今回はレビューします。PS4「仁王」はコーエーテクモが贈る高難易度アクションRPGです。開発はTeam NINJA(チームニンジャ)が担当。

良いところ

トライ&エラーが楽しい

本作のゲームジャンルは、戦国死にゲー。ゲームオーバーになって戻される事前提のバランスで、難易度は非常に高いです。

でも、理不尽に感じるような難しさではなく、プレイヤーが学習する事で危機を回避出来るように作られているのでゲームオーバーになって戻されてもついついリトライしてしまいます。

ボスの攻撃は一見すると激しく、回避は困難のように見えるけど、パターンは攻撃の合図を覚えたらノーダメージでも行けるようになっているし、道中の仕掛けや敵も設置や出現位置を把握すればミスは避けられるようになっているんですね。

そのバランス調整が絶妙で、とても「ダークソウル」のフォロワータイトルとは思えない作り。

幾度ものベータテストによるユーザーからのフィードバックを上手く反映させて世界でも通用する一流ゲームと言っても過言では無いほどのクオリティになっています。

ダークソウルを越えた中毒性

本作は「ダークソウル」を意識して作られていますが、中毒性はそれを上回るほどのレベルでした!

中毒性を高める大きな役割を果たしているのがハック&スラッシュ要素とロード時間の速さ。

本作は装備アイテムの種類が非常に多く、同じアイテムでも微妙に能力値が異なるんですが、敵を倒す事で頻繁に落とすんですよ。

そのためちょっとプレイするだけで手持ちのアイテムは100を超えます(謎の四次元ポケットによって最大500個まで持ち歩きが可能)。

要らなくなった装備アイテムは奉納や売却したり素材に替える事も可能。特に奉納をする事で大量の経験値(アムリタ)を獲得出来てアイテムまで貰えるので、弱い装備アイテムでも集めるのが凄く楽しいんです!

タダでさえ道中の敵を倒し回るマラソンは経験値をコツコツと溜めていく楽しさがあるというのに、それに加えて装備アイテムを集める楽しさまで加わっているのだから同じエリアでもつい何周も回ってしまう(敵はチェックポイントとなる「社」に触れる事で復活します)。

ロード時間が早いのも再挑戦をする意欲を高めてくれますね。「ダークソウル」シリーズはリトライ時のロード時間が20~30秒もあるのに本作の場合は5~10秒程度とこの手のジャンルでは爆速なので、ゲームオーバーになって戻されてもすぐに再開したくなってしまう。

ダークソウルで良かった要素もしっかりと拝領

一方、「ダークソウル」で良かった要素もしっかりと取り入れています。

マップ機能がないからこそ出来る脳内での地図作成。ショートカットルートや隠し部屋を探す楽しさ。そして、経験値ロストのシステム!

本作では体力が0になってしまうと持っている経験値をその場に落としてしまいますが、来た場所に戻れば一度だけ回収が出来るんです。

そのため再挑戦する意欲が増して、ゲームオーバーになってもう止めようと思ってもついつい倒れた場所にある経験値を回収したくなってしまいます。

ステージの構造も「ダークソウル」を上手く真似ていました。絶妙な配置にチェックポイントや敵が設置されているし、隠し部屋が満載なのでマップを覚える楽しさがあります。

それ以外にも中世ヨーロッパ風のステージや井戸の仕掛けなど「ダークソウル」からリスペクトを受けた要素が満載で、中には思わず笑ってしまうものもありました。「ダークソウル」好きだと楽しさが増すかも!?

攻略の自由度が全方位で高い

攻略の自由度は全方位で高く感じられました。「ダークソウル」シリーズのように様々な武器タイプが存在するので自分に合った武器を探す楽しさがありますし、レベルアップで好きなステータスを強化する事も出来ます。

本作ならではだと思ったのが、ポイントを使って新しいアクションをアンロック出来る事。

用意されているアクションは非常に多く、カスタマイズである程度好きな組み合わせが楽しめるので、上手い人はスタイリッシュなプレイも楽しめるんです!

例えば攻撃を連続して当てた後に素早く武器を切り替えてコンボを繋げたりとか。

それが苦手な人はサブミッションなどでレベルを上げたり、敵の弱点となる属性攻撃を見つけたり、強いアイテムを入手してゲームの難易度を下げる事も出来るので、アクションRPGらしくテクニックと育成の両方に攻略の糸口が隠されています。

アクション要素の方が強いのでテクニックはどうしても重視されますが、体だけではなく、頭を使う攻略法も用意されているのが素晴らしい!

爽快感がある

アクションゲームとしての爽快感も素晴らしかった!

攻撃を当てると気持ちの良い効果音が鳴りますし、武器によっては気持ち良くコンボを繋げられますからね。

さらに良いと思ったのが敵を倒した時の演出。大きな敵の場合は部位が破壊されて大げさに倒れていきますし、エフェクトも派手なので倒した感が強いです。

こうして書いたら無双ゲームのイメージを持たれるかもしれませんが、「ダークソウル」と同じく行動はスタミナゲージを消費して行うので動きには制約があり、ゴリ押しは出来ず、ヒット&アウェイが推奨されたバランスになっているので常に緊張感を持って戦えます。

キャラクターの動きはモッサリともサクサクとも言えない絶妙な調整。重量感はあるけど、かといってストレスに感じられるほどではありません。

美しい和風の世界観

本作の舞台は戦国時代末期。大昔の日本が舞台となっているため和風要素が強く、各ステージはダークながらも美しく描かれていました。

畳が敷かれて入り組んだ屋敷。神秘的な神社。マイナスイオンが強そうな竹林。

個人的に和風の世界観が好きなので、特に後半のステージは景色も含めて楽しめました。どのステージも高低差があって入り組んでいて秘密が沢山隠されているので、ハリボテ感がないのも素晴らしい!

ストーリーは戦国時代の名軍師を中心に外国人の主人公や妖怪を巻き込んだユニークなもので、所々ぶっ飛んでいるけど面白かった。

イベントシーンの比率は近年のゲームとしては少なめですが、「ダークソウル」と比べたら3倍くらいあります。

この手のゲームってストーリーは想像して楽しむところがあるけど、本作はある程度具体的に描かれているのでプレイの意欲が高まりました。

妖怪が敵というのも高難易度アクションRPGでは新鮮ですね。様々なタイプの鬼が登場するだけではなく、ぬりかべやカラカラ小僧、雪女など有名な妖怪が敵として出て来てファンタジーゲームのモンスターに慣れていると新鮮さがあります。

スポンサーリンク

悪いところ

アイテム使用のキー配置が不満

アイテムは戦闘中、使いにくく感じました。アイテムは十字ボタンにセットして使用する事が出来るんですが、激しい戦いの最中に使うとなったら写真のように器用な操作が求められるんです。

親指でスティックを動かしてキャラクターを移動させつつ、人差し指でアイテムを使用ってモンハン持ちですかい!

たまに誤爆して間違ったアイテムを使う事があったし、オプションでもキー配置変更が出来ないので困りました。

ダークソウル」シリーズの場合はR1ボタンで攻撃が出来て□ボタンで回復アイテムを使用出来るだけに操作性も真似て欲しかった。

コーエーテクモにとって□ボタンは攻撃をするためにあるものという認識なんでしょうが、体力が残り少なく、ボスをあと一撃で倒せる時に誤爆して違うアイテムを使ってゲームオーバーになる事が何度かあっただけにキー配置は不満です。

本作は「ダークソウル」と同じくメニューを開いてもゲーム内の時間を止めることが出来ないんですよね。

もう少し敵の種類を増やして欲しい

敵の種類は少なく感じました。序盤から終盤まで同じような鬼が敵として出てくるんですよ。

先のステージ程嫌らしい攻撃をしてきたり、ステータスがアップしているので手ごわいままですが、サブミッションはステージも含めて使いまわしなので「ダークソウル」シリーズよりも若干、グドさは感じられます。

それでもプレイスタイルの幅広さやハック&スラッシュ要素によって最後まで中だるみせずに楽しめましたが、もっと沢山の敵を見たかった。

装備を育てる楽しさは薄い

このゲームの装備アイテムは基本、使い捨てです。次から次へと強い装備品が手に入るので同じ装備を強化する必要はほとんどないので、素材アイテムを集めて装備を強化したり、合成して良いとこ取りをする楽しさは薄く感じられました。

愛着度というシステムはありますが、基本、次のステージに進めたら新しい装備アイテムに乗り替えるので使い捨て感が強いです。

本当に次から次へと乗り替えていくので、ベータテストで装備アイテムに耐久度の概念があったのも理解出来ました。

キャラクターを育てる楽しさはありますが、装備アイテムを育てるという楽しさは薄いのでその辺は期待しない方が良いです。

全体のまとめ

「ダークソウル」のフォロワータイトルと思って甘く見ていましたが、本家の良いところを取り入れつつ、アクション性の高さやハック&スラッシュ要素、テンポの良さで勝るとも劣らない面白さを感じられました。

コーエーお得意の歴史要素や爽快感を取り入れつつ、テクモお得意の洗練されたアクションバトルや美しいキャラCGを上手く融合しているという意味ではコーエーとテクモが合併したからこそ生まれた傑作という考え方も出来るほど素晴らしい作品。

どうしても「ダークソウル」のイメージが先行しがちな作品ですが、その先入観を打ち消すほど良く出来ていて、全体的なクオリティが高いので世界でも売って行けるレベルです。

コーエーとテクモが力を合わせて生み出したダークソウル越えの傑作!

こんな人には特におススメ。
・トライ&エラーが好き。
・和風好き。

こんな人にはおススメできない。
・アクションゲームが苦手な人。

仁王/評価 ★★★★★★★★★★ 星10個
プレイした時間・・・約30時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

↓人気ブログランキングに参加中!
1日1クリックしてくれると「M☆G☆M+etc…」の順位がアップします!

↓Twitterで更新通知をしています。
Twitterやっている人はフォローよろしくお願いします。

A52

タグ

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

この記事の反響(50)

  1. Koji より:

    なん…だと…?
    バイオ7に続いて仁王も星10評価とは凄い。
    プレイしたいところですが、最近鬱気味で高難易度ゲームをやる気力がないので、ネプでリハビリします(^_^;)

  2. グリグラ より:

    しっかりとした感想はクリアした後に書きますが、まさか本家越えという評価とは!?
    個人的にはストーリーを攻略するだけなら装備品を育てる必要は感じてませんが、やりこみ的には愛着度をMAXにして武器継承しながら装備を強くしていくのはかなり楽しいですよ。

    • kentworld より:

      4日でクリアしたのが物語っていますね!
      武器はほとんど使い捨てでやっておりました(^_^;)
      愛着度もすぐに上がるし。

  3. TOM より:

    kentさんが星10はヤバイですね…
    下手したら今年のGOTY狙えるレベルなのか?

    僕はデモンズ・ダクソは洋ゲー感がありすぎて合わなかったんですが、今作はキャラが立ってるので地味に気になってます。僕はもともと縛りプレイしたり苦戦するのが大好きなマゾゲーマーなのでw

    んでジョーシンと古本市場にいったら両方とも売り切れてるという。コレはなかなか今年のダークホースになりそう。

    • kentworld より:

      GOTYを狙えるレベルで楽しめました!

      ゲーム性はデモンズやダークソウル系ですが、
      グロさは控えめで可愛いキャラも多いのでこちらの方が日本人向けになっています。

      売上の方は口コミで伸びそうな感じで、意外なヒットになるかも!?
      発売週の売上結果が楽しみです。

  4. Ryou より:

    タイトルだけで「ああ、これは星10だな」と察しましたw
    コエテクは延期続きで最近良い印象無かったけど、
    作り直しも含めて10年以上もかけただけはあるって事か。

    本家本元のフロムのARPGがいずれも安定した評価なのはコンセプト
    が秀逸だからに他ならないと思う。過去にコンセプトで損してきた
    タイトルを色々見てきたから言えるんですけどね。

    • kentworld より:

      ダークソウルシリーズは満点ばかり付けていましたからねw
      ここで星9とかだったらどうするのか!w

      コンセプトをしっかりさせることが良ゲーを生み出す秘訣ですね。
      仁王に関してはブレブレしていたけど、作り直した事でコンセプトはしっかりしていました。

  5. mtg より:

    買ってしまった~~~~~~!!!!

    こんな人にはおススメできない。
    ・アクションゲームが苦手な人。

    それでも買ってしまった~~~~~~~!!!!!
    まれびとに頼れば自分でもいけるはず!と思い買ってしまいました!!!
    だってkentさんも、他の人もみんな面白いっていうんですもん。
    ニーアはスルーして、仁王の波に乗ります!!

    • kentworld より:

      アクションゲームのスキルは必要ですが、mtgさんなら大丈夫でしょう!
      攻略の糸口はいっぱいありますので、楽しんでくださいね。
      これはゲーマーならプレイして損はありません!

  6. ジョエリー より:

    もうクリアしたんですか?
    本当に早いですね。笑

    自分も今の所★10です。ダークソウル3やブラッドボーンはかなり序盤で投げてしまいましたが、仁王はかなり面白く進めています。世界観がかなり好きなのとストーリーがしっかり描かれているのが大きいのかもしれません。
    ボスを倒した達成感は病みつきになりますね。
    和風で硬派なゲームは中々無いので仁王をきっかけにどんどん出てほしいです。

    それにしても今年のゲームはやばいです!3作買っていますが全て個人的には傑作です。

    • kentworld より:

      はい、クリアしました。勢いで2周目行ってしまいましたもんw

      ダークソウルシリーズは投げたのに楽しめているんですね。
      終盤には難関が多いけど、頑張ってくださいね!
      これは是非、続編をやりたいと思った。

      本当に年始から傑作続きでそろそろハズレを引かないと申し訳なく感じますw

  7. 伯爵 より:

    クリアはえー!
    そして本家超えとはすごい!けど納得の評価です。
    私は本家超えとまではいかないかな?という感じですが、それでも★10つけていいくらいの評価になってます。
    本家の良さを取り入れつつ、独自の要素もうまく機能してますよね。
    スキルはついこの前初めて気付きましたw
    もっと早く気付いていれば…笑

    確かにザクザク斬ってる爽快感がありますね。相変わらず刀一本で挑んでます。
    二刀はこの前初めて使いましたが、二刀の下段攻撃が猛烈なラッシュで楽しかったですね。

    ステージも、ソウルシリーズには無い和風のステージが多いのが新鮮でいいですね〜
    けど、関ヶ原編の最後のボスはなかなかアカンボスな気がするw
    なかなか倒し方分からんかったし、攻撃力めちゃ高いしなんなんって感じでした(^_^;)

    今はおそらく最後の地方に入ったとこですが、果たしてこのレベルで突破できるのか…
    kentさんは特にレベル上げとかせずにクリア出来ましたか?

    • kentworld より:

      勢いでやってしまいました!w
      本家を越える勢いでハマっただったので、記事タイトルにも書いてしまいましたよ。

      伯爵さんがスキルを使いこなしたらイケメンプレイしそうで想像するのが怖いくらいw
      使いこなしたらニンジャガイデンみたいに楽しすますよー♪

      二刀は敵にやられてイライラしましたw

      関ヶ原編の最後のボスは確かにアカンかった。
      あそこはコーエーテクモの悪い癖が出てしまったというか。
      倒すのに30分くらいかかってしまいましたね。

      レベル上げは終盤のステージで稼ぎポイントがあります。
      NPCが2人もいて強敵ばかりだから、そこで何十万、何百万と溜められるんですよー。
      レベルは105でクリアしました。
      ただ、最終ステージをクリアしたら強制的に2周目なので、セーブデータ作っておきましょうね!

  8. マッドタダ より:

    やっぱりレベル上げはマラソンですよね。マラソンをしていると唐突に強い武器が手に入れることができるので嬉しい(自分のレベルが高いのが理由なのか?)
    早く進めたいけど仕事もあるしなれないステージは時間がかかってしまう。確かに武器の合成はもっと良くして欲しいですね。アイテムを買えるように………は無理か、このゲームが簡単になってしまいますよね。
    自分は終わってませんけど★8.5ですね。久々に当たりを引いたんで嬉しいです。

    • kentworld より:

      レベル上げマラソンがこんな楽しいなんて!
      アイテムは買えるようになりますが、大して良いものが売っていません。
      そこからどんどん面白くなりますよ!
      そう言えば昨年は期待外れのゲームが多かったんでしたっけ?
      楽しめているようで良かったー。

  9. せん より:

    早いですね~
    私は今しがた西国無双を倒して九州のクエストを潰したところです(30分ほどボコボコにされました)
    遠距離武器が強いのも独自点として面白いですよね、アイテムもそれなりに生きててどれを使うか迷うのも楽しいです
    前にステージがだいぶ楽になって寂しいと書きましたがトライ&エラーを繰り返す前提ではなく、緊張を保ちながら次へ次へと進むには最高のバランスに感じてきました
    残心、スタミナ、構え、忍術、陰陽術、近接武器、遠距離武器、アイテム、ジェスチャーをすべて使って楽しめるって意外と凄いですよね、やれることが多いと煩雑になったりして贅肉って呼びたくなるんですが無駄に感じないですもん
    唯一鍛冶屋は面倒臭そうなので触ってませんがやり込み要素ですかね

    • kentworld より:

      遠距離武器はダークソウルではあまり使わなかったけど、
      仁王ではヘッドショットを決めると大ダメージを与えられるのでシューター要素もありますよね。

      このゲームのシステムはかなり複雑だと思います。

      でも、殴るが基本なので、それで詰まったらシステムを覚えるような感じでやっていけるから複雑さが気になりません。
      アクションスキルがあったら「あ、こんなシステムあったんだ?」くらいで済ませられますからね。
      鍛冶屋は僕もほとんどやりませんでした。でも、好感度のシステムがあるようで、利用頻度が増えると品ぞろえがよくなったり、髪形を変更出来るようです。

  10. Awaken より:

    買うことに決めました!
    鬼武者1〜3のファンとしては発売前から期待していて、コーエーというのがネックになっていたんですよね、、、

    今すぐには買えないけれど、変な時期に買って完全版ぶつけられそうです!笑

    • kentworld より:

      コーエーテクモはあまり良いイメージがなかったけど、
      このゲームは本当に面白い!
      僕の中で戦国無双クロニクルを越えてマイベストコーエーテクモゲームです!w
      おそらく続編は出るでしょうが、無印版でも十分にボリューム感があります。

  11. 街毛 より:

    星10だと!しかも本家越えてる評価?

    今年になって景気のいいレビューが続きますね!確かにBloodborneはじわじわ面白かったのですが、もう少し次どこに行けばいいかとかストーリーでやる気を出させてほしいとかJRPG好きとしてはもう少し親切さとかキャラクターの個性を考えてくれないかとか思ってたのですが、このレビューを見る限りそこが重視されてそうですね!

    • kentworld より:

      フォロワーが本家を越えるってパターンはなかなか出会えません。

      そう言えばどこに行けば良いのか分からなくなる事はありませんでした。
      それも楽しさの一つではあるんですが、ワールドマップ制を採用しているため迷うことはあまりありません。
      イベントシーンもそこそこありますし、ソウル系がダメでも本作で再挑戦するのも良いと思います。

  12. ココロ より:

    自分はまだクリアしてませんが、ダクソ+ニンジャガイデンって感じます。
    回復薬のシステムとミッションクリアしたらリセットされてしまうのが不満ですけど、他人に薦めるならダクソやブラボよりこっちかなって感じです。個人的にはダクソのが好きだけど。仁王はボスが簡単。
    チームニンジャここにありですね。

    • kentworld より:

      ニンジャガイデンっぽさはありますよね!

      回復薬のシステムは少し煩雑に感じましたが、ブラッドボーンよりはマシかなw

      板垣さん抜けたチームニンジャは期待出来なかっただけに、まさかこんな傑作が生まれるとは!?

  13. ひまわり より:

    面白そうですね、今すぐ買いに行きたい所ですが金銭的に新作は月一本が限界で今月はニーアを買うので来月以降購入したいと思います(泣)

    • kentworld より:

      3月も3月で新作ラッシュですよね(^_^;)
      でも、スケジュール変更して仁王を楽しんでも損はしないと保証します!

  14. (ノ ・◡・)ノ❤❤ より:

    星10きたぁぁぁぁぁあ!!
    てか、クリアするの早すぎwww

    kentさんのレビューみてたら
    すごいプレイしたいけど
    コーエーのことやから
    『仁王 極』と言うタイトルで
    完全版出しそうなので、その時に購入する予定です。

    • kentworld より:

      4日でクリアしてみましたw

      完全版は否定しませんが、無印版でも十分過ぎるほどのボリューム感があって、
      定価で買っても損はしませんでした。旬を取るか、中身を取るかですね。

  15. つぐみ より:

    なかなか面白そうですな
    最近コーエーテクモは海外マーケットでも頑張ってるから
    勢いに乗って頑張って欲しいですねぇ、いい加減無双からの卒業を見せて欲しいですが、しかし光栄から無双無くなったら逆に心配されそうですな

    ダクソのフォロワータイトルですが新規IPが面白いのは活気があって良いことだと思います。

    • kentworld より:

      コーエーテクモからこんなゲームが出てくるとは思いませんでした!
      無双のようにボタン連打ではいけませんし、フィールドも作り込まれています。
      高難易度アクションRPG市場の今後が楽しみだなー!

  16. メイラード より:

    面白そう。けどβ版をやったのですが、難しすぎて心が折れ青ニート状態になってしまったので、躊躇してしまいますw
    ボスに白アリで、ダークソウルシリーズは全てクリアしましたが大丈夫ですかね?

  17. むぐお より:

    本家のダクソよりはまったみたいですね!
    もうクリアしたんですか!?
    プレイ日記進みすぎててネタバレやなんでみてないのでw
    でも、わりとサクサク進みますね
    これはダクソのストレス部分をだいぶ消した感じですからね
    難易度もダクソより力押しができるというか難しいんですがスキルと装備でどうにかできるというのが素敵です
    ちなみにいまはコウモリ女やっつけたとこです
    麻痺がひどくてクソゲーかと思いましたが陰陽で麻痺になりにくくして目潰ししたら余裕でした
    てかボスに目潰しとかきいちゃうのねw
    嫌な部分は自分もアイテムつかいにくいとこですね
    間違えて回復以外の使って死ぬとかたまにありましたよ
    モンハン持ちはちょっときついですww
    アイテムはたしかに使い捨て仕様ですね
    死んでる方の紫装備をガンガンとれるのは素敵でした
    ダクソで心折れた人でもこれはクリアできるんじゃないかと思いますね
    あとは画質がもうすこしくっきりしてたら最高でしたがワガママですかねw

    • kentworld より:

      もう、クリアしてしまいました!
      プレイ日記は早過ぎてみなさん追い付けていませんねw
      PV数を見た感じでも出足が悪いです。
      でも、いずれは読んでくれるでしょうからそんな気にしていません。

      ストレスの排除がすごくうまい作りでしたね。まあ、嫌なステージも出て来ますがw

      マヒは知らなかった。もっと早く知っておけばよかったのになぁ。

      誤爆はやっぱりありますかw
      ここに共感していただけて良かったー。

      画質はフレームレート重視でやっていました。
      高解像度に設定変更するとかどうでしょう。

  18. くま より:

    クリアーおめでとうございます
    自分は下手糞なんでもうちょいかかりそうですが動かしてて気持ちいいアクションなので最後まで楽しめそうです。

    • kentworld より:

      ありがとうございます!
      僕も上手くはないですが、めちゃくちゃ面白かったので勢いでやってしまいましたw
      動かして気持ち良いのは大きなポイントですね。
      ソウルシリーズはモッサリ感があってエフェクトも地味だっただけに、そこで差別化を図ってきた印象です。

  19. shiba より:

    相変わらずの爆速ですね〜w
    あのハマり具合から納得の10点ですね(^。^)
    早く進めたいのに、空き時間にちょろっとやるようなゲームではないのでなかなかプレイできないですw
    僕も週末にじっくりプレイしたいと思います!

  20. kazu より:

    体験版は「これ、大丈夫なの?」って感じでしたが、製品版でかなり化けましたね。デモンズソウルも、東京ゲームショウでプレイ出来たバージョンのゲームがかなりパフォーマンスが悪くて一気にお葬式ムードになったんですけど、製品版で大化けして大きなムーブメントになり、ダークソウル、ブラットボーン、そして仁王へと繋がって行ったのは面白い流れだなと。

    • kentworld より:

      デモンズソウルもそんな歴史があったのか!?
      いや、言われてみたら当時、そんな話があったような?
      もう9年も前だから記憶が曖昧です(^_^;)

  21. トモフミ より:

    コーエーとテクモのそれぞれの強みを生かす姿勢は素晴らしいですね!スクエニもちょっと見習って欲しいなぁ。スタイリッシュなドラクエとか親しみやすいFFとかもありだと思うんですがね…

    • kentworld より:

      そうですね、そう言う意味で今度でる「いただきストリート」は両社の強みを活かしていそう。
      本編でもやってほしいですが。

  22. シロマ より:

    東海編までクリアしましたが、まさかコーエーテクモからソウルシリーズと同等かそれ以上の神ゲーが登場するとは思いませんでした。
    kentもそうかもしれませんが今のところ今年のマイベスト候補の一つです。
    2017年は神ゲーの連発で凄すぎる。

    • kentworld より:

      コーエーテクモは延期ばかりで悪いイメージだったのに・・・まさかこんなゲームが出るとは。
      今年のマイベストゲームが早くも激戦になっていますよw

  23. グリグラ より:

    仁王無事にクリアしましたので、感想書きます。良いところから。

    ○止めどきのないボス戦
    このゲームの肝であり、時間泥棒であり、睡眠時間へのダイレクトアタックもこなす、中毒性の固まりみたいな奴らのことです。
    勝てそうで勝てない悔しさや成長を実感できる操作感。勝利した時の達成感など存分に味合わせて頂きました。
    お気に入りは大ガマ、島左近、石田三成です。

    ○練り込まれたステージ
    まず、ボスのもとに辿り着くという大きな目標があり、道も枝分かれしていて攻略の自由度も高く、だけど先の方ではしっかりと道が繋がっており自分のようなマップをすべて回らないと気が済まない完璧主義者にも配慮されていて、ステージ作りのお手本のような完成度でした。
    それでいて各ステージにしっかりと個性があり、テンプレやマンネリ感は一切なかったです。
    お気に入りは、伊賀越え、佐和山のサムライ、関ヶ原、穢れし霊峰、零れ落つ雪が印象的でした。

    ○カドを曲がる楽しさ
    上の練り込まれたステージに入れてもよかったですが、特に印象的だったので。
    カドを曲がるときにカメラを回して敵を探したり、気付かれない速度でゆっくり歩いたり、狙撃対象を見つけて先手を打ったり、けど結局不意打ち喰らったり(笑)
    カドをめぐる攻防が熱かったです。
    ステルスアクション(メタルギアとか)をプレイしたことがないので、ハラハラする緊張感にやみつきになりました。

    ○爽快感と奥の深いアクション
    実はかなり爽快感ありますよねこのゲーム。無双シリーズとはまた違う、重みを感じつつも連続で切りつける気持ちよさもある。絶妙なバランスでした。
    大型の強い敵になるほど、倒したときの部位欠損が派手なので達成感ありましたね。体力を0にした後も攻撃できるので、毎回オーバー切る(キル)やってますよ(笑)
    戦闘システムの上中下段の切り替えは使いこなせると楽しさが倍増しましたね。
    ダメージやモーションの違いもありますが、何より気力消費量の違いを理解して気力管理を考え出すとかなり奥が深いですよ。
    攻撃しつつ回避やガード分の気力を残したり、構えを何度も切り替えて相手の気力を削る攻撃を繰り返したりともう一歩さきのアクションを楽しめそうです。

    ○時代背景に上手く絡めたifストーリー
    戦国末期の時代にヨーロッパの情勢とSF要素を上手く取り入れた物語は、ゲームを進める腰を折ることはなく、世界観と登場人物たちを魅力的に描いていました。
    語るとマニアックな方向に止まらなくなりそうなので、1つだけ。
    やはり家康公の描きかたは流石コーエー!といえる満足感。威厳と狡ずるさ、非道さと隠しきれない人間臭さを見事に表現してくれた!
    関ヶ原で小早川に大砲を打ち込んだ時の「按針か!」には隠しきれない嬉しさが滲んでいて萌えましたね。
    最後にはやっぱり見えてるんじゃないですか~というネタでオチをかっさらうのはさすが天下餅を食べた家康らしくて素晴らしいですね。

    ○木霊集め
    各ステージに7~8匹隠れている木霊を探すのが楽しい。そこまで難しいところに隠れているわけではないので、ついつい集めたくなってしまいます。
    というのは建前でなんだあの妙チクリンな可愛さは!?あざとい、あざとくないの境目を狙ったような絶妙すぎなバランスは!?
    明るい緑+2等身+被り物という奇跡の方程式が出来上がってますよ!社で戯れる木霊たちがボス戦への活力を与えてくれます。
    さっきボス戦がこのゲームの肝とかアホなこといいましたが、木霊集めこそが仁王の肝であり本懐に違いありませんね。
    お気に入りは徳川の家紋が入ったお椀を被ってる子です。

    悪いところいきます。
    ○ホームメニューに戻れない
    仁王プレイ中にトロフィーを獲得したので確認するためにホームメニューに戻ったのですが、再開すると死んだ扱いになり社に戻されました。
    トロフィーを確認するのが好きなのでこれは残念でしたね。

    ○石田三成の連続エアカッター
    自分の心情として、敵の攻撃をしっかりと見切り、攻撃をガードあるいは回避を成功した上で倒したいという拘りがありまして。
    三成以外のすべての攻撃はガードか回避によりノーダメでいけたんですが、三成のエアカッターだけはどうやってもダメージを防げないんですよね。
    柱や段差を使えばいいんですが、他の敵はできるのに三成だけはできないというのは納得いきませんでした。

    ○アイテムキーの使いにくさ
    kentさんと全く同じです。

    最後に賛否点です。
    ○使い回し
    敵の種類はもっと増やしてほしかった。終盤はカラス天狗や一つ目鬼など体力が多くて面倒なのばかりなステージもありましたからね。
    ただ、今作使い回しが上手いなあと思う点がいくつもありまして、使い回し自体はそんなに気にならなかったです。

    執筆時間30分もかかってしまった(–;)

    • kentworld より:

      クリアおめでとうございます!
      そしてまた凄い長文!w

      この手の高難易度アクションRPGは、ボス戦も醍醐味ですよね!
      ボス部屋を見つけてからが本番というか。
      なんど手に汗握る戦いをしたことか。

      マップの作りはまさかこんなにも凄いとは思いませんでした!
      体験版ではマップデザインにあまりセンスを感じなかったんですが、
      その後のステージではしっかりと感じられて意外でしたね。

      カドを曲がる楽しさ。死角に敵が潜んでいるかもしれませんからね。
      ある意味、ホラーゲームのような楽しさがあります。

      爽快感は高難易度アクションRPGの中でもトップクラスでした!
      ここはコーエーテクモの良いところが表れていますね。
      構えは最初よく分からなかったけど、
      進めていくうちに使い分けられてアクションの奥を深くしています。

      戦国末期の時代をあんな風に描くとは、
      無双シリーズとも上手く差別化を図れたんじゃないかな。
      海外の人も興味を持ちそうなストーリーでしたね。

      木霊集めは探索要素を強めていると思いました。
      アイテム関連は敵が落とすのでソウルシリーズほど
      アイテム探索の楽しさはなかったけど、そこを上手くカバーしていましたね。

      このゲーム、ポーズ機能がないんですよね。
      緊張感を持たせるためですが、トロフィー確認時は不便です。

      石田三成の連続エアカッターは確かにイライラさせられましたw
      なので、柱や段差を使ってインチキしましたね。

      シリーズ1作目なので、素材の面は大作としてはやや少ないかな。
      それでも僅か2年でこれだけの作品を作るとは凄いです。
      ※12年待たされましたが、実際の開発期間は2年みたい。

      30分執筆お疲れ様でした!ありがとうございます!

      • グリグラ より:

        見返したら家康~木霊あたりでまた暴走しているw

        マップの作り込みはとても共感して頂けたようで。
        ここでは語り切れないくらいステージは面白くて印象に残りますよね。死んで覚えるというゲーム性がそうさせるのか。
        地形も戦闘にとても重要だから、意識して覚えるのか。
        高低さ一つ間違えると殺られますからねw
        止まらなくなりそうなのでこの辺で。

        • kentworld より:

          ここまでコンシューマゲームに情熱ある人はもうほとんどいないので有難い限りですよw
          僕はマップデザインを重視している人間なんで、ここに触れてくれると嬉しい!

          高低差は非常に重要でしたね。位置取りだけで有利不利変わってきますから。

  24. ウユニ より:

    まぁこれは問題なく★10でしょうね笑
    よくあの体験版からここまで仕上げてきたもんだ。
    コーエーテクモ作品の中で完全に首位に躍り出ましたよ笑
    世界でも通用するタイトルだと思うし素直に賞賛したいです。

    ベースとしてソウル系の良さをきちんと理解しつつ独自の味付けが見事にはまった感じですね。
    1番気に入ったのはスキルです。
    武器のスキルはもちろん忍術や陰陽でバフデバフかけつつプレイするのが楽しかった!
    ソウル系より工夫の幅がかなり広がったと思います。
    ハクスラ要素も良かったしそれをアムリタに置換できるという発想は本当に良かった。

    ミッション性は好み分かれるところだと思うけどこれの最大の恩恵は爆速のロードでしょうね。
    マップがそこまで広くないからこそ実現できたんでしょうし。
    死にゲーでロード時間が短いのは本当に助かる。

    ストーリーも戦国時代と妖怪を有効活用して良かったなー
    歴史上の逸話も満載だし武将に精霊憑けるという発想は素晴らしい。
    この辺は戦国時代マイスターのコエテクの強さですよね。

    ここまでの高評価に売上も付いてきたから絶対続編出ますよね!
    1作目だから妖怪の種類少ないとかそういうのもあったと思うけど
    これをブラッシュアップした次回作にはさらに期待したい。
    戦国時代でもう1回やるのかそれとも…?

    • kentworld より:

      ようやくレビュー記事を御覧になりましたか!
      評価はもう、読む前から分かっていたでしょうね。
      無事にウユニさんも星10になったようで良かったです。
      コーエーテクモからこんなゲームが発売されるとは思いませんでしたよ。

      本当に味付けの仕方が見事なんですよね。
      ソウルシリーズをこんなに面白くする事が出来るとは。
      攻略の自由度はソウルシリーズよりも高い印象で、
      プレイ日記でもみなさんとの情報共有がこれまで以上に盛り上がりました。

      爆速ロードは本当にありがたかった。
      これのおかげでプレイが少し大雑把になってしまったというのはありますがw

      ストーリーはコーエーテクモだからこそ出来たような気がします。
      歴史物にあそこまでファンタジーを絡めてくるとは。

      続編は絶対に出てきそうですね。
      完全版とかはなしにして、ちゃんとした続編ならぜひ買いたいです!

コメントする

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事

ゼルダの伝説 スカイウォードソード【レビュー・評価】Wiiの最後と25周年を飾った名作!
ゼルダの伝説【レビュー・評価】ファミコン時代に生まれたオープンワールドゲームの先駆け!
ドンキーコングジャングルビート【レビュー・評価】最高の爽快感を実現した隠れた2Dドンキーゲーム!
今なら100円!ピクセルジャンクシリーズレビュー
寄り道の必然性がもっと欲しかった。FFCCクリスタルベアラー レビュー
世界樹と不思議のダンジョン【レビュー・評価】2大シリーズの良さを併せ持った理想的な時間泥棒ゲーム!
ボーダーランズ2【レビュー・評価】協力プレイが楽しいRPGバカシューター!
負けず嫌いのゲーマーは本体ごと買っても損は無し!デモンズソウル レビュー
脳トレソフトと言ったらコレ!脳を鍛える大人のDSトレーニング レビュー
アスラズラース【レビュー・評価】開発者が大暴走した作品