2019/01/22/12:00 | ゲームレビュー

キングダム ハーツ バースバイスリープ(KHBbS)【レビュー・評価】システムやマップデザインが洗練された良質な前日譚!


キングダムハーツ バースバイスリープ ファイナルミックス/PSP
キングダム ハーツ – HD 1.5+2.5 リミックス-/PS4

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2010年1月に発売されたPSP「キングダム ハーツ バースバイスリープ」のレビューをしていきます。

本作はPS2「キングダム ハーツ」の約10年前を描いたアクションRPGですが、さじ加減が絶妙な良作でした!

全体的に「I」「II」「チェイン オブ メモリーズ」の良いとこ取りをしている印象で、個人的には「I」や「II」よりも好きな作品です。

そんなPSP「キングダム ハーツ バースバイスリープ」の良いと思った点からまずは書いていきます。

※2011年1月には英語音声版のPSP「キングダム ハーツ バースバイスリープ ファイナル ミックス」が発売。
※2014年10月には本作を収録したPS3「キングダム ハーツ HD 2.5 リミックス」が発売。
※2017年3月には本作を収録したPS4「キングダム ハーツ HD 1.5+2.5 リミックス」が発売。
※今回の記事ではPSP/PS4版のレビューをしています。

▼このゲームを3行で説明すると?

・ディズニーワールドを冒険してストーリーを進めていくアクションRPG。
・主人公はテラ、ヴェントゥス、アクアの3人。
・3人の物語は干渉し合うこともある。

良いところ

シリーズの過去を3人の視点から描いたストーリー

2002年に発売され、全世界で大ヒットを記録したPS2「キングダム ハーツ」

今回レビューするPSP「キングダム ハーツ バースバイスリープ」ではそんなPS2「キングダム ハーツ」の約10年前を描いています。

それもテラ、ヴェントゥス、アクアといった3人の新主人公から描かれているんです!

面白いのが、それぞれのキャラクターが織りなす物語を好きな順番からプレイ出来ること。

なので、実質3本のゲームを楽しむことが出来るんですね。

交差するストーリー

本作の主人公となるテラ、ヴェントゥス、アクア

3人は固い絆で結ばれていますが、冒頭で離れ離れになってしまいます。

そしてそれぞれが異なる目的を持って旅立つんですが、時にはお互いの行動が干渉し合うんです!

つまり、ある主人公が起こした行動は別の主人公へ影響を与えることがあり、通してプレイすると様々な伏線が回収されていきます。

ポイントなのが、群像劇をディズニー作品と絡めていること。

本作に登場するワールドの多くはディズニー作品をモチーフにしているので、オリジナルの群像劇を楽しみながらお馴染みのディズニーストーリーを楽しむことが出来るんです!

個人的に「II」ではディズニー作品の無難な物語に退屈していましたが、今作ではオリジナルの群像劇によってある程度はカバーしていました。

というか、世界的に有名なディズニー作品とオリジナルの群像劇をここまで融合させてくるとは凄い!

ちなみにオリジナルキャラクターには写真のような坂口博信さん似のオジサマも居ますw

これはスクウェアの陰謀か!?

差別化を図ったマップデザイン

テラ、ヴェントゥス、アクアの3人が冒険する舞台はほぼ同じです。

しかし、全キャラクターの物語を通してプレイしてもマンネリはほとんど感じません。

これって地味に凄いことだと思うんですよ。

複数のプレイアブルキャラクターが存在するアクションゲームは何作かプレイしましたが、その多くは3キャラ目をプレイする頃にはマンネリ化しました。

何故かと言うと操作キャラクターとストーリーを変えただけでマップは使いまわしだったからです。

その点、本作はマップデザインの面でも差別化を図っているからマンネリ化しませんでした!

マンネリ打破の面でポイントなのが、ワールド毎に用意されたギミック

特定のキャラクターだけが楽しめるギミックが満載なので、飽きないように工夫されて作られています。

例えば大ジャンプで崖を飛び移ることになったり、マシンに乗って敵と戦ったり。

もちろん、戦うことになる敵やイベントシーンも異なるのでそれぞれに労力を注いでいるんだなと思いました。

ちなみに今作のワールドでモチーフになったディズニー作品は以下の通りになります。

・眠れる森の美女
・白雪姫
・シンデレラ
・ヘラクレス
・リロ・アンド・スティッチ
・ピーター・パン

※赤文字は初登場作品。

過去作品と比べたら冒険出来るディズニー作品は少なめですが、初登場作品も多いので新鮮に楽しめます。

より簡単な操作で楽しめるようになった戦闘

戦闘システムはこれまで通りアクションバトルとなっていますが、今作はより簡単な操作で楽しめるようになりました!

○ボタン連打でコンボが繋がるのは言わずもがな。

今作では△ボタンを連打するだけで様々な魔法攻撃を放てるようになったんです!

ファイア→ブリザド→ケアル

これまでの作品ではこのように続けて魔法を放つには特定のボタンを同時押しするか煩雑なコマンド選択をする必要がありました。

それだけに△ボタンを連打するだけで異なる魔法を次々に繰り出せるのが嬉しいですね!

そんな戦闘の爽快感をさらに強めてくれるのがコマンドゲージ!

画面上に表示されているコマンドゲージを溜めることで操作キャラが自動で大技を繰り広げてくれるます。

しかも特定の魔法攻撃を挟んだうえでゲージを溜めると攻撃形態が自動で変化し、一定時間属性攻撃を連発することが出来るんです!

これを意識して行うことでド派手な技を繰り出せるから気持ち良いのなんの!

「II」でも「ドライヴ」などを活用すれば派手な技を繰り出せましたが、直感性は今作の方が上に感じました。

回避アクションも最初から出来るようになっていますし、個人的に今作の戦闘システムはシリーズの中でもかなり上位に入ります。

戦略性を高めるデッキシステム

今作の魔法はデッキを組んで使うことになります。

おかげでカードゲームのような戦略性が生まれました!

デッキに入れられる魔法は限られているので、何を入れるのか考える必要があります。

炎攻撃重視にするか?回復重視にするか?

状況に応じてデッキを組み替える必要が生まれるので、「~チェイン オブ メモリーズ」のエッセンスが盛り込まれていました。

様々な技を育成出来る!

なんと、デッキにセットした魔法は育成することが出来るんです!

デッキにセットした魔法は勝利時の経験値を溜めることでレベルが上がっていき、より強力な技を繰り出せます。

さらにレベルが上がった魔法同士を合成させて新たな魔法を生み出すことも出来るんです!

おかげで魔法を育成する楽しさも生まれました!

頻繁にデッキの魔法を組み替えて強力な魔法をどんどん生み出していきましょう!

魔法に成長要素を加えて合成も出来るってよく考えたな

作り込まれたミニゲーム

今作にも例によって様々なミニゲームが収録されていました!

トータルの収録数は「II」よりも少なくなっていますが、その分1つ1つの作り込みが凄い!

特筆したいのが「コマンドボード」という名のミニゲーム。

言ってしまえば「いただきストリート」風のボードゲームなんですが、バラ売り出来るくらい作り込まれています!

例えばマップの種類が多く、「いただきストリート」譲りなので戦略性も高いんですよ。

個人的には大ハマリして各ステージを攻略する合間に楽しんでいました!

それ以外にも「ランブルレーシング」「リズミックアイス」「フルーツスキャッター」といったミニゲームが収録されています。

いずれも「ディズニータウン」でプレイ出来るので中盤以降の息抜きとして最適ですよ~!

まあ、一度は必ずクリアしないとストーリーが進まないのでそこは好みが分かれるんですけどね。

PSP版は「コマンドボード」「ランブルレーシング」の通信対戦機能も付いていますぞ!

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

テンポが悪い

PSP版はテンポが悪く感じました。

あくまでもPSP-1000でプレイした感想ですが、最大容量のメディアインストールを使用してもマップの切り替え時などには5~10秒程度のロード時間が発生します。

また、本体起動時に初めてメニュー画面を開くと読み込みによって画面が少しのあいだ止まってしまいました。

問題なのが、リトライを繰り返す時。

例によって今作の難易度もスタンダード(ノーマル)以上だとやや高めに調整されているので、特に終盤のボスラッシュでは何度もリトライをすることになります。

その度にロード時間やスキップ出来ない無駄な演出を耐えなければならず、イライラしました。

※PS4版はロード時間周りが大幅に改善されて快適性が増しています。

全体的にスッキリしないストーリー

今作は前日譚なので仕方がない部分もありますが、全体的にストーリーはスッキリしません。

例え3人全員のストーリーをクリアしたとしても印象は変わりませんでした。

ディズニーワールドを舞台にしたストーリーの全貌こそは掴めるようになりますが、3人の主人公を巡る根本的な部分は次回作に持ち越しなんですよ。

その終わり方がラストエピソードをクリアしてもしっくり来ないものだったので消化不良な感じがします。

この消化不良を回収するにはPS4「キングダムハーツ HD2.8 ファイナルチャプタープロローグ」に収録されている「~0.2」をプレイしなくてはなりません。

全体のまとめ

「キングダム ハーツ0」という表現が相応しいシリーズの前日譚。

シリーズの中では最初の物語に当たるので今作からプレイしても問題ありませんが、過去作品のキャラクターが若い姿で登場するのでシリーズファンの方が物語の深みを味わえます。

思えば7年前に本作を友達から借りてプレイしたのが「キングダム ハーツ」との出会いでした。

当時はシリーズ初心者だったので各作品の繋がりが分かりませんでしたが、あれから7年経って改めてPS4版をプレイしてみたところ様々な発見があって面白かったです。

印象的だったのが、マップデザインに対する考え方。

7年前にプレイした時は探索型3Dアクションゲームのつもりで触れていたので各ワールドが一本道に感じられてギミックも少なめに感じていました。

でも、「I」「II」と通してプレイしてからだと程良いバランスに感じられたんです。

「I」のように入り組みすぎて迷うことはほとんどなく、かと言って「II」のように一本道過ぎてギミックが極小でもないのでストーリー重視の「キングダム ハーツ」としては最適な調整なんじゃないかと。

なので、個人的に正統派の「キングダム ハーツ」としては今作がベストに感じます。

システムやマップデザインが洗練された良質な前日譚!

こんな人には特におススメ。
・ディズニーファン。
・爽快感重視のアクションゲームファン。

こんな人にはおススメできない。
・1周で満足してしまう人。

キングダム ハーツ バースバイスリープ/お気に入り度【85/100%】
プレイした時間・・・約60時間

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他

, , ,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(22)

  1. マージ より:

    プレイされた方の評価もそれなりに高く、中古の価格も下がっているので、気になっているゲームの一つです。

  2. いのしし より:

    まだ積みゲーになってます。
    その前にDS版1作目はかなり退屈なゲームで投げてしまってたので。
    2作目はついにアクションが無くなりましたから。(汗)
    3DSはどっちよりか気になってます。
    キングダムハーツは1のファイナルミックスが面白かったなあ。
    2は真のボスも倒せず、行けてないフィールドもあり。
    おまけにアドバンスのキングダムハーツのリメイクも入ってますが、かなり難しいです。
    ある程度自由に歩き回れると、キングダムハーツは本領を発揮出来るんですがね。

  3. ポッチャマ より:

    このゲームは特にラストエピソードとシークレットEDが良かったなぁ~。(1,2もプレイしたことがあるので特に)
    ロードが長いとか1つのステージのボリュームが少ないなどの不満もあったけど、
    個人的にはラストエピソードとシークレットEDのおかげで総合評価ではKHBBSはまずまず良いゲームだった。

  4. シン より:

    bbsはロードやムービーが長い等残念なところが結構あったけど、全体的には満足な内容でした。
    DS版も面白いですよ。
    358/2とRe:コーデットがありますが358/2はやる価値があるんじゃないかと思います。
    確かに、DSなのでグラや操作性は良くはないですが、DSにしたら頑張ってた方だと思います。
    何よりストーリーが感動的だったのでオススメしたいです。
    KH3Dにはメモワール機能で過去作品の解説がありますが、それで全て解るわけじゃないと思うので、もし気になったら買って損はないと思います。

  5. kentworld より:

    >マージさん
    全キャラクリアには少し時間がかかりますが、
    結構面白い作品でした。
    気軽に出来るかはちょっと微妙ですけど^^;

  6. kentworld より:

    >いのししさん
    アクションゲームに煩い僕でも結構楽しめました!
    キングダムハーツ2のファイナルミックスは、
    GBA版のリメイクも収録されていて
    お得感があったので、当時買おうか迷っていたなぁ。

  7. kentworld より:

    >ポッチャマさん

    不満点もありますが、今作は結構良作でしたね。
    3DS版も楽しみです。

  8. kentworld より:

    >シンさん
    DSのRe:コーデットは
    凄く安くなっていたので買おうか迷っていましたが、
    結局手を出しておらず・・・。
    3DS版のメモワール機能は僕のような
    シリーズ初心者には有り難いけど、
    やっぱあれだけじゃすべてを理解できないんだろうなぁ。

  9. 七氏 より:

    HDリマスター版で、これは初めてプレイしてますが、期待や想像してた以上に楽しめてると思います。 簡単そうで、でもウザいボスもチラホラ。 でもレベルとデッキをそこそこ育成すれば、リベンジ出来たりします。 ただミニゲームクリアをストーリー進行条件にしてるのが残念です。 運要素も兼ねてるのでリトライの繰り返しも苛つきました。

  10. kentworld より:

    >七氏さん
    バースバイスリープは当時各地で大絶賛されていたのですよ。
    まっさらな状態でプレイしたら予想以上に面白くて驚きそうですね。
    ミニゲームは寄り道用に用意しておくべきだと思います。
    あまり本編に盛り込むようだとクリア出来ない人も出て来ますからね。
    アクセントにはなると思いますが。

  11. むぐお より:

    俺はこのゲームは2人までクリアしてやめてしまいましたねー
    やってみて主人公に全く感情移入できなかったのがきつかったです
    結構最初は楽しめたと思いますがあまり記憶が笑
    ちなみにいま持ってるpspはこのゲームの特製pspなんです!
    たくさんpsp破壊しましたがこのpspだけは液晶割ってもデザイン気に入ってたので液晶自分で取り寄せて修理した記憶笑

    • kentworld より:

      感情移入出来ませんでしたか・・・そこまで癖が強い感じだったかな?

      キングダムハーツオリジナルのPSPを持っているくらいこのシリーズが好きなんですね。

      壊れても自分で取り寄せて修理するほどとは・・・w

  12. りんご より:

    バースバイスリープ いいですよね!といいつつこれも半分くらいで止まってますがwPSPでやっていたので大画面でやりたいなと思いつつまだできてないです
    ただPSPは酔わないのでそこは有り難かったです。
    それにしてもプレイ時間がすごいです…昔嵐のニノの1日のゲームスケジュールがすごかった記憶がありますが同じくすごそうです!

    • kentworld より:

      はい!このゲームは友達から借りてプレイした思い出の作品です!

      プレイタイムはPSP/PS4版を合算した数字で、7年かけた物になりますw

      でも、最新作に向けて寝る間も惜しんで猛スピードで予習している感じですねー

  13. ヨウタイガ より:

    3に向けての予習が終わりましたが、僕はこの作品が1番遊びやすく楽しかったです。新規ワールドも多く、さらに同じワールドなのに3人ともちょっと違うステージを冒険するので、記事にもありましたが、マンネリ感なく新鮮な気持ちで最後までプレイできました。
    たしかにストーリーは難解なところも多いのですが、3人の視点で進むので、シリーズの中では割とわかりやすかった気もします。
    アクションもイージーを選択しましたが、僕的には最後は歯ごたえもあり(笑)楽しめました。シュートロックもすごい爽快感ありましたし、3でもあると嬉しいです。
    始める前は、ソラたちの話よりかなり前の時代と思い込んでいましたが、実はそこまで過去でもないんですねー。

    • kentworld より:

      ヨウタイガさんも本作は気に入られていますか!?

      確かに「I」や「II」などと比べても本作はとっつきが良いですよね~。

      同じワールドを実質3回以上攻略することになるとは言え新鮮味を持たせてくるのはなかなか凄いことだと思います。

      ストーリーは前日譚なので、予備知識がなくても楽しめるところは良いですね。まあ、何故仮面を被って宇宙に飛び立つのかは謎でしたがw

      キングダムハーツシリーズって何気に難易度が高いですよね。どうやら達成感を重視しているようです。

  14. 雪月あきら より:

    僕もバースバイスリープはシリーズの中でも上位に入ります!
    簡単操作で派手な技を繰り出せるのがいいですよね!
    あらゆる要素がハイレベルなので、賛否が分かれる部分が多い2よりも万人受けしそうな印象を受けました。

    僕はコマンド育成と合成に滅茶苦茶ハマりましたよ!
    強力なコマンドやアビリティを手に入れるために戦闘しまくりでした。
    積極的に戦闘したくなる育成システムは大好物です♪

    ストーリーは個人的にシリーズで一番好きです!
    他のシリーズ作品と比べるとシリアス度が高めですが、そのシリアスさが野村さんのキャラクターデザインとマッチしていると感じました。
    終盤は確かにスッキリしない終わり方ですが、希望が持てる終わり方だったので個人的には好きですよ!

    • kentworld より:

      「I」や「II」を経て発売されただけあって全体的に洗練されている印象でした!

      カーソルを動かさなくても○や△ボタンを連打するだけで色んな技を繰り出せるのは楽しいです♪

      コマンド育成と合成は中毒性を高める要素ですよね。

      これらの要素によって経験値稼ぎをする楽しさが増していました!

      個人的にもストーリーの全体的な面白さは本作が一番かな。

      群像劇によってワールドの舞台がディズニー作品でもストーリーに深みが生まれていたと思います。

      最後は続きが気になって仕方がありませんでしたw

  15. ホンマ🗝トモフミ より:

    今作は主人公を3人から選べるのはおもしろいですね(^^)
    僕がプレイしたことある3つのキンハーシリーズのうちの1つです。
    流れは「358/2」「3D」そして本作ですよ。

    僕はカイリちゃんを操作したいなと思ったことがあるので似たポジションのアクアちゃんを操作できるのは嬉しかったですよ。

    好きなワールドは今作は「スティッチ」くらいかな。あとは正直チョイスが古いです。前日譚だからかしら。

    PSP版のロードの長さは確かにテンポ悪かったなぁ(ー ー;)

    • kentworld より:

      携帯機で楽しめる「キングダム ハーツ」シリーズを中心に触れられていましたか。

      一応、アクアはシリーズで唯一の女性主人公になるんですよね。何だか新鮮な感じがしました。

      確かに今作の舞台となるディズニー作品は古めのチョイスかな。

      その分、古典的なファンタジー世界を堪能出来ました。

      あと、ディズニータウンが楽しげで良かった!

      今はPS4のリマスター版が出ていますが、オリジナル版はロード時間が長かったんですよね。あれは惜しかったなぁ。

  16. ジョエリー より:

    自分もキングダムハーツとの出会いはこのソフトを友達に貸してもらってからでした。といっても一人の主人公もクリアせずに返してしまったので、ほとんど印象に残っていませんでしたが。笑

    去年改めてPS4版をプレイして現時点ではシリーズの中でキングダムハーツ2に続いて好きなゲームになりました。
    魔法の育成と合成は凄いアイデアですよね!戦闘中でも魔法を連続で出しやすいので魔法の育成・合成は積極的にやっていました。
    ストーリーはかなりシリアスですが3人の主人公を操作しての物語はかなり見応えがありました。最新作でどんな結末を迎えるのか一体どうなるのか、キングダムハーツⅢではこの3人に特に注目してます。

    • kentworld より:

      ジョエリーさんもバースバイスリープがシリーズ初プレイとは奇遇ですね~!

      本作は比較的シリーズ初心者でも手を出しやすいと思いますが、アクション部分を堪能出来たらそれで満足しても良いのかも。

      魔法の育成と合成の要素は野村さんらしいアイデアに感じました。

      彼が手掛けるゲームのシステムは桜井政博さんのような奇をてらった感じがします。

      キングダムハーツIIIは本作で主人公だった3人も活躍しそうで、ソラたちとどんな形で再会するのか楽しみです♪

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

リズム天国 ザ・ベスト+【レビュー・評価】過去作品を”ベースと”したリズム天国の”ベスト”アルバム!
嘘つき姫と盲目王子【レビュー・評価】パズルアクションで味付けした心温まる高級絵本
Halo 4【レビュー・評価】Xbox360のラストを飾った大安定の超大作!
リンクの冒険【レビュー・評価】尖りに尖った異端児過ぎるゼルダ
大乱闘スマッシュブラザーズX(スマブラX)【レビュー・評価】若干人を選ぶが、オンライン対戦機能で運命を変えられた思い出の作品
レイマン レジェンド【レビュー・評価】中毒性抜群の大ボリューム2Dアクション!
マリオテニス64【レビュー・評価】誰でも楽しめるテニスゲームの新たなスタンダード!
風のクロノア door to phantomile【レビュー・評価】ステージの立体感と世界観が素晴らしい!
リトルビッグプラネットカーティング【レビュー・評価】何でもかんでも踏襲するべきではない!
STEEP(スティープ)【レビュー・評価】オープンワールド化によるメリットとデメリットがハッキリと現れたUBIらしいシリーズ1作目