| ゲームレビュー

【レビュー】ルイージマンション2 [評価・感想] 大幅にボリュームアップした前作の類似作!

3

32
ルイージマンション2/3DS

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2013年3月に発売された3DS「ルイージマンション2」のレビューをしていきます。

本作はルイージが主役を務めるアクションアドベンチャーゲームの2作目ですが、前作から大幅にボリュームアップした反面、似て非なる作品になってしまいました。

GC「ルイージマンション」と3DS「ルイージマンション2」。

一見すると同じようなゲームに見えますが、それぞれ全く異なる特性を持っています。

一体、これらの作品は何が違うのでしょうか?

ここからはその辺りも含めて3DS「ルイージマンション2」の良いと思った点からまずは書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • ルイージを操作してお化け屋敷を探索するゲーム。
  • 掃除機を使ってお化けを退治したりアイテムを集めるのが目的。
  • 最大4人で楽しめるマルチプレイモードも収録。
初リリース日 2013年3月20日
対応ハード 3DS
ジャンル アクションアドベンチャー
推定クリア時間 15~25時間
売上 初週28.0万本/累計100万本
発売元 任天堂

スポンサーリンク

良いところ

前作からボリュームが大幅に増量!

2001年に発売されたGC「ルイージマンション」。

日本国内では初となるルイージが主役のゲームソフトになりますが、価格と内容が釣り合っていませんでした。

つまり、2001年に発売されたフルプライスのゲームソフトにしては圧倒的にボリューム不足だったんですよ。

関連作のレビュー記事

一方、今回レビューする3DS「ルイージマンション2」はそんな欠点を吹き飛ばすほどのボリューム感がありました!

なんと、前作から屋敷の数が4倍以上になっているんです!

しかも差別化が図られているので水増し感もありません。

植物だらけの屋敷、機械だらけの屋敷、雪で覆われた屋敷。

ゲームを進めていくとこのような屋敷を探索することになりますが、マリオのゲームシリーズらしく自由な発想で作られています。

探索が楽しい!

ルイージマンションと言えば屋敷の探索!

掃除機(オバキューム)で家具を片っ端から吸い込んでアイテムを集めることに面白さの重点が置かれていますが、今作もその辺りは健在でした!

しかし、前作同様単に掃除機を振り回していれば良い訳ではありません。

中には一筋縄では見つからない隠しアイテムもあるので頭を使う必要があります。

加えて探索を積極的にすることで追加ミッションがプレイ出来るようになったので、能動的にプレイすることで生まれる楽しさは失われていません。

これも固定視点によって死角を生み出しているからこそ感じられる楽しさに感じました。

様々なシチュエーションのボス戦

ここまで読んでいただけたら本作は探索が楽しい作品であることは分かると思います。

しかし、探索要素がメインだとメリハリに欠けてしまうのも確かです。

本作の場合、様々なシチュエーションのボス戦を用意することで上手く緩急を作っていました!

各ボス戦はシチュエーションが全く異なっており、時には別ジャンルのゲームをプレイしているかのような感覚になります。

「ルイージマンション」を探索型アドベンチャーゲームという先入観でプレイしているとボス戦ではビックリするかも!?

マルチプレイが面白い!

P3260223

なんと本作、マルチプレイモードも収録されているんです!

本編だけでも前作比300~400%のボリュームなのにこれは凄い!

気になるマルチプレイモードの内容ですが、最大4人で3種類のルールを楽しむことが出来ます。

どれも一見すると協力プレイのように見えるんですが、実際にはオバケやアイテムの奪い合いをするゲームでしたw

誰よりも多くのオバケを吸い込み、アイテムを手に入れる。

そんなスタンスでプレイすると一気に楽しくなってきます。

嬉しいのが、オンラインプレイはもちろん、ダウンロードプレイにも対応していること。

おかげで人数分の本体さえあればゲームカード1枚でローカルプレイを楽しめます。

このように本作はマルチプレイゲームとしても優秀なので、本編をクリアしても残しておく価値を感じられました。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

ミッションクリア形式になったことで生まれた様々な弊害

さあ!屋敷を探索するぞー!

そんな気持ちでプレイしたらゲームの仕様に面を喰らいました。

というのも本作はミッションクリア形式になっているからです!

そのため屋敷の中を自由に探索することは出来ず、マップに表示された目標に向かって進んでいくことになるんです。

そのせいで探索の自由度が下がっているうえ、多くのミッションでは目的地付近で邪魔が入るから遠回りさせられた気分になってしまいます。

にも関わらずゲームオーバーになったら最初からやり直し&中断セーブ不可能なのだから溜まったもんじゃありません!

この仕様によって何度か20分以上も前の状態に戻されることがあったので萎えてしまいました。

確かにゲームオーバーのリスクが大きいことで緊張感が生まれているところはあると思います。

しかし、同じところを行ったり来たりする探索型アドベンチャーゲームの本作でそれをやる必要はあったのでしょうか?

前作のGC「ルイージマンション」は屋敷の中を自由に探索出来ただけにこの仕様変更には面を喰らいました。

※アイテムの「金のホネ」を手に入れると一度だけ復活することは出来ます。

前作から変更された操作性

前作の場合、懐中電灯や掃除機の向きをCスティックで自由に調節することが出来ました。

その一方で本作の場合は高さを調節することしか出来ないんです!

それ故に吸い込みをしている最中は左右にライトや掃除機を向けることが出来ないので、そんな時に敵が真横に動くと凄い困ります!

前作のGC「ルイージマンション」はゲームキューブの2本スティックを活かしたゲームでした。

その一方で続編の今作はスティックが1本しかない3DSで発売になることで操作がやりにくくなっています。

人によっては2本のスティックを使用する方がやりにくく感じるかもしれませんが、個人的には1本のスティックで操作する今作の方が煩雑に感じました。

ぼくはこう感じているので、2本スティックがあるWii Uで発売するかせめて別売りの「拡張スライドパッド」対応にしてほしかった。

前作で出来たことが出来なくなっているのは痛いです。

※本作はNew3DSシリーズのCスティックには対応していません。

目次へ戻る

全体のまとめ

前作から大幅にボリュームしていますが、実際には別ゲーでした。

良くも悪くも携帯機での発売が大きな影響を与えていて、見た目だけを似せた前作の類似作になっています。

なので、前作が好きな人でも今作を楽しめるとは限りません。

個人的には前作から大幅にボリュームアップしているのは良かったんですが、進行形式や操作形式の仕様変更が合いませんでした。

前作をそのまま肥大化するだけでも良かったのに・・・。

大幅にボリュームアップした前作の類似作!

こんな人には特におススメ。
・探索ゲーム好き。
・ルイージファン。

こんな人にはおススメできない。
・ゲームが苦手な人。
・せっかちな人。

ルイージマンション2/お気に入り度【60/100%】
プレイした時間・・・約17時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(6)

  1. ホンマ🎃トモフミ より:

    僕がはじめて遊んだことのあるルイマンです♪
    マリオシリーズとしてみると本作は雰囲気ゲー色が強く、加えて3D機能もあって没入感もあり探索ゲームとしてはなかなかおもしろかったですよ。

    しかしミッション形式で自由な探索ができないのはせっかくの雰囲気ゲーとしての良さを阻害してると思いました。オヤマー博士の電話もうざかったな〜。下画面にミッションが表示される簡素なものでよかったと思います。
    あと操作性やストロボもはっきり言って気持ちいい操作性だとは思いませんでした。実際にケントさんもおっしゃってるように2本のスティックの操作性が良かったという声を良く聞くのでそこはSwitch版のルイマン3や3DSのルイマン1のキーコンフィグに期待したいところです。

    他にも海外スタッフが作ったためか難易度が高めなのに関わらずはじめからやり直しやら中断セーブできないやら嫌なところが多いですが、決してクソゲーではなく任天堂のゲームとしては雰囲気がとてもよい凡作だと感じました(^^)
    序盤と2つ目の植物屋敷はとても楽しみました♪

    • kentworld より:

      雰囲気ゲーですか!?

      あまり考えたことがありませんでしたが、空気感はマリオシリーズにしては強い作品ですもんね。

      ミッション形式は合いませんでした。操作形式といい、携帯機のプレイスタイルに合わせすぎているかなぁと思います。

      まさか、対応ハードが変わることでこんなにもゲームの仕様を変えてくるとは(^_^;)

      難易度は油断するとゲームオーバーになるレベルでしたねw

      ぼくも何度かゲームオーバーになってめちゃくちゃ前に戻されましたw

  2. KA より:

    発売日購入当時で最も期待してたタイトルでしたがここまでハマるとは思っていませんでした、本編の方も結構楽しかったですがそれ以上にマルチプレイにかなりハマりました。マッチングの待ち時間の水増しありとはいえ、記録帳には300時間位プレイしたことになってました。協力プレイなので上手い人とマッチした時の面白さは折り紙つきでザコオバケを分担で吸い込みボスオバケを共闘して吸い込むのが熱かったです。競争要素もありましたがあまり意識はしませんでした。

    本編の中断セーブは欲しかったものです、詰まった時にやめてしまうと最初からやり直しになったことがありましたから。

    1とは似ても似つかない別ゲーですか、逆に言えば2の方を楽しめても1を楽しめるか分からないことになるようですがどの道新鮮な体験はできそうかもしれません。

    それとこの記事をハロウィンに公開するのはグッチョイスですね、オバケが題材ですがホラー要素は控えめでポップな感じなのでカボチャは無いけどハロウィンっぽい雰囲気もありますし。

    • kentworld より:

      凄い!300時間もプレイされたんですね!

      マルチプレイモードはハマるとプレイタイムが凄いことになるとは思いますが、ルイージマンション2で300時間とは!?

      欠点も多い作品だと思いますが、KAさんにとっては突き刺さる作品のようですね。

      3DS版ルイージマンションはリメイクされているので、ある程度は2に準じた内容になっていると思います。

      それが良い方向に転ぶか悪い方向に転ぶのかはまだ分かりませんが・・・

      意識していませんでしたが、結果的には公開日がハロウィンと被ったので良かったです♪

  3. 天火星 より:

    これは弟が待ってましたね〜、マルチプレイも少し触らせてもらいましたよ。マルチプレイは中々にやり込みが強く、何度も周回する内に上達するのを実感出来ましたね!
    今回の2は海外発注なんでしたっけ?だから毛色が違うんですね。

    • kentworld より:

      marumaxさんが持っていましたか!?

      マルチプレイはおまけのようなものだと思っていたので、結構遊べて驚きましたw

      そうそう、本作は海外外注なんです。前作と似て非なる内容なのはその辺りも影響していそうです。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】ワンダと巨像 [評価・感想] 無駄な物は極力省いたオープンワールドの先駆け!
【レビュー】New スーパールイージ U [評価・感想] 裏ゼルダを彷彿とさせるNewマリオUの高難易度バージョン!
【レビュー】ダークソウル リマスタード(PS4) [評価・感想] 不親切な部分も散見されるが、多数の改善点によってストレスが大幅に軽減!
【レビュー】ゴッド・オブ・ウォー(PS2) [評価・感想] マシンパワーの限界に挑戦した究極のPS2ソフト!
【レビュー】OPUS-魂の架け橋 [評価・感想] 台湾人が愛情込めて作った小さなお弁当!
【レビュー】黄金の太陽~開かれし封印~ [評価・感想] エナジーシステムが面白いドラクエ型ゼルダの序章!
【レビュー】ス-パーメトロイド [評価・感想] シリーズの土台をここで完成!
【レビュー】ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり(DQH2) [評価・感想] 新要素がアクを強めた前作以上に人を選ぶ作品
【レビュー】ドラゴンボール ファイターズ [評価・感想] 初心者から上級者までおすすめしたい全方位バッチリな格ゲー!
【レビュー】ロデア・ザ・スカイソルジャー [評価・感想] 驚くほど酷い調整によって理不尽極まりない駄作へと変貌した作品