2018/04/28/12:00 | ゲームレビュー

Bravo Team(ブラボーチーム)【レビュー・評価】おバカちゃんなAIとサクッと楽しめるVR専用のおカバーシューター!


Bravo Team(ブラボーチーム)/PSVR(通常版) / (シューティングコントローラー同梱版)

2018年4月に発売されたPSVR「Bravo Team(ブラボーチーム)」を今回はレビューします。

PSVR「Bravo Team(ブラボーチーム)」は2人1組でステージを進めていくFPSです。

良いところ

VR世界で楽しめるカバーアクション

ヒョイ

ヒョイ

遮蔽物に隠れながら銃を放っていくカバーアクション。

FPS/TPSではお馴染みのアクションですが、本作ではVR世界で体感する事が出来るんです!

遮蔽物に隠れている時はL2ボタンで瞬時に立ち上がれるのでそれを繰り返して銃弾を放っていくのが基本アクションですが、それ以外にも顔を動かして壁越しから覗いたり、隠れたりも出来ます。

この感覚。実際に戦場で戦っているかのような感じで、かなりの臨場感を味わえました。

プレイステーションVR専用のFPSと言えば「Farpoint(ファーポイント)」が有名ですが、あちらは一本道のフィールドを進みながら銃弾を放っていくスタイルだったので、本作ではまた異なる体験を味わえます。

スコープを覗き込んで戦うことで更に高まる没入感

本作はFPSですが、L2ボタンを押してもスコープを覗き込んでのエイムは出来ません。

じゃあどうするのかと言うと、コントローラを持ち上げてスコープのところに照準を合わせるんですね。

すると実際にスコープを覗き込む事が可能で、敵に弾を当てやすくなるんです!

シューティングコントローラでプレイするとスコープを覗き込みやすくなり、快適性が高まるので、それが面白さに繋がると思います。

VR専用のFPSなのに酔いにくい!

VR専用のFPS?酔わないの?

過去にVRゲームで酔った方はそのような懸念点を持たれるかもしれません。

ところが、本作の場合はほとんど酔いません!

というのも本作の移動はオートになっていて、アイコンが表示されている箇所で移動ボタンを押すと自動でそこまで進むようになっているんです。

しかも移動中は三人称視点に切り替わるためカメラがグラグラ揺れる事もなく、その点も3D酔い対策になっていると思います。

アーケードライクなゲームプレイ

やった!高得点だ!

本作は銃撃戦に重点が置かれていて、アーケードライクなゲームプレイになっていました。

一応、ストーリー要素はありますが、近年のFPSとしては銃撃戦の比率が高く、チャプター選択やスコアアタックモードが用意されている事からサクッと楽しめるようになっています。

そういう意味で良かったのが、ポイントが入った時の演出。

敵に弾を当てた時や倒した時は加点ポイントが効果的に映し出されるので、連続でポイントが入った時は超気持ち良いんです♪

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

味方のAIがちょっとおバカちゃん

おい!動けよ!!!

苦しい!早く助けてくれよ!!!

本作は味方と行動を共にしてステージを攻略していきますが、AIがちょっとおバカちゃんなので困ることがあります。

瀕死状態になった時はなかなか蘇生してくれず、そのままゲームオーバーになってしまった事がありましたし、何故か固まって動かなくなった時もありました。

普段は瀕死状態になってもすぐに助けてくれて優秀なんですが、たまに頭がイカれたのか言うことを聞かなくなってしまうんですよね・・・。

問題なのが、チェックポイントの感覚が長く、オプションメニューにチェックポイントからの再開機能が存在しないためフリーズしたらチャプターの最初からやり直しになってしまう事。

そのためAIの不手際はかなり響くので、発生頻度は低めでも困ってしまいます。

チンプンカンプン元気よく~♪(古っ)

三人称視点に切り替わる弊害

前述の通り移動中は三人称視点に切り替わります。

3D酔い対策になっているのは確かですが、頻繁に一人称/三人称と視点がコロコロ切り替わるため没入感が削がれてしまいました。

この辺は3D酔いと没入感を天秤にかけた結果なんでしょうね。VRでFPSって想像以上に開発のハードルが高く感じます。

ほとんどマッチングしない

本作はオンラインでの協力プレイにも対応していますが・・・

ほとんどマッチングしません!!!

おそらく、プレイしている人が少ないんだと思いますが、それ以上にクイックマッチ機能が搭載されていない事も要因としてはあります。

問題なのはオンラインプレイヤーと1チャプターをクリアする事で入手出来るトロフィーが存在する事。

これだけマッチングしないようだったらトロフィーの獲得は至難の業になってしまいます。

他のトロフィー入手は比較的容易なのでプラチナトロフィーを獲得出来ると思っていたのに・・・くそぉぉぉぉ~!!!!!

幸いにもフレンドとの協力プレイにも対応しているので、フレンド同士でクリアするのが吉です。

全体のまとめ

VR専用のFPSという事で全体的に簡略化された内容。

クリアまでのプレイタイムは4時間程度で、ゲームシステムもかなりシンプルな物となっています。

武器の種類は4種類。グレネードを使用する事は出来ず、ストーリーもそこまで凝っておらず、添え物程度。

気軽にサクッと楽しめる内容ではありますが、欠点も多く、価格(約5,000円)を考慮に入れると割高です。

それでも遮蔽物に隠れながらの銃撃戦はそれなりに面白く、FPS好きはプレイする価値があると思います。

定価での購入はおすすめしませんが、安くなったら手を出してみるのも良さそうです。

おバカちゃんなAIとサクッと楽しめるVR専用のおカバーシューター!

こんな人には特におススメ。
・FPS好き。

こんな人にはおススメできない。
・FPSが苦手な人。
・コストパフォーマンスを重視する人。

Bravo Team(ブラボーチーム)/お気に入り度【45/100%】
プレイした時間・・・約5時間


タグ ,

おすすめ記事

  • LINEで送る

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(6)

  1. Kiyoppy より:

    ほとんどネタゲー扱いに思いました。自分はVR酔いがきつい人なので、これでもやるのは恐る恐るになります。
    しかし、値段がお高いので敷居が高くなってますね。

    • kentworld より:

      ちょっとユーモアを混ぜてしまいました笑

      酔いに関しては気にしなくても良いと思います。逆に本作で酔ってしまうようだと厳しいかも。まあ、セールになった時にどうぞw

  2. チキ より:

    いつかPSVRを買ったらファーポイントとこれを真っ先にやろうと思います。
    評価は高くないようですがFPS好きとしては見逃せません。

    • kentworld より:

      これはチキさんプレイする価値があります!

      まあ、高評価にはならないかも知れませんが、カバーシューターの臨場感を味わえますので。

      本作の場合、少しサバゲーの気分を味わえるかも!?

  3. アンテリア より:

    初コメントです。

    購入を検討してたのですが、これならもうストアで割り引きされるまで少し待った方が良さそうですねー。
    ファーポイントとともに買ったガンコンが、もう何ヶ月も埃を被っています(^。^;)

    • kentworld より:

      そうですね。セール待ちがおすすめです。ただ、ストアでは定期的にVRソフトが安くなりますが、あまり派手には下がらないですよね(^_^;)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

任天堂ハードで発売されたゲームのレビュー記事一覧
パックンロール【レビュー・評価】誰でも思いつくゲーム
EAT LEAD マット・ハザードの逆襲【レビュー・評価】ゲーム好きなら爆笑間違い無しのバカゲー!
TETRIS(PS3)【レビュー・評価】PS3で遊べる超定番のパズルゲーム!
どうぶつの森【レビュー・評価】N64最後の名作!
初音ミク -Project DIVA- f【レビュー・評価】音ゲーとしてもキャラゲーとしても最高の1作!
王と魔王と7人の姫君たち ~新・王様物語~【レビュー・評価】より万人向けの作りに
デッドスペース3【レビュー・評価】ややパワーダウンしているが、十分な良作
スクリームライド【レビュー・評価】ジェットコースターの魅力を様々な形で楽しめるバカゲー
Mighty No. 9(マイティナンバーナイン)【レビュー・評価】古典的な面白さはあるが、パチもん臭さは否めない