| ゲームレビュー

【レビュー】カービィボウル [評価・感想] 「パターゴルフ+ビリヤード+カービィ」の計算式で生まれた意欲作!


カービィボウル/SFC

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は1994年9月に発売されたSFC「カービィボウル」のレビューをしていきます。

本作はカービィを転がしていくテーブルゲームですが、「パターゴルフ+ビリヤード+カービィ」の計算式で生まれた意欲作でした!

まん丸で可愛いカービィ。

本作ではそんなカービィの体型を活かしたテーブルゲームになっているんです!

イメージ的にはパターゴルフとビリヤードを融合させて「星のカービィ」のルールを加えたような感じ。

個人的にはゴルフゲームが大好きなのでハマりました!

下手をしたら「星のカービィ」本編よりもハマったかも知れないw

そんなSFC「カービィボウル」の良いと思った点からまずは書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 少ない打数でカービィを転がして穴に入れていくゲーム。
  • 敵を全滅させることで穴が出現する。
  • 1ワールドに存在する8ステージを順番にクリアしていく。
初リリース日 1994年9月21日
対応ハード SFC
ジャンル テーブルゲーム
推定クリア時間 5~10時間
売上 不明
発売元 任天堂

スポンサーリンク

良いところ

少ない打数でステージをクリアする楽しさ

本作のルールは簡単!

ステージ内の敵を全滅させて出現した穴に入るだけ!

しかし、「星のカービィ」本編とは違って自由に動かすことは出来ません。

ではどうするのかというと、

  • ビリヤードのキューみたいなもので突く。
  • ゴルフクラブのようなもので高く飛ばす。

といったことを行う必要があるんです。

それも決められた打数以内に行わないといけません。

さもないとカービィの残り人数が減ってしまい、0になったら最初からやり直しになってしまいますから。

「如何に少ない打数で敵を全滅させて穴に入るのか!?」

そこに楽しさを感じられました。

カービィの軌道を予測する楽しさ

舞台となるステージは平面であるとは限りません。

ステージによっては複雑な形の仕切り板や坂道が設置されていることもあります。

そうなるとカービィがまっすぐ転がるとは限りませんよね?

ぼくの場合、そこに楽しさを感じられました!

斜めに曲がった壁があるからあそこにぶつけたら軌道が90度に変わるかな?
よっしゃ!予測通り!その先に居る敵を倒せたぞ!

なんて予測が当たった時はアドレナリンがドバドバ出ますw

このような楽しさはパターゴルフやビリヤードを彷彿としました。

カービィならではのギミック

本作は「星のカービィ」が題材なので、“ならでは”のギミックも満載です。

代表的なのがコピー能力。

カービィは特定の敵を倒すことでその敵にちなんだ特殊能力を覚えます。

特殊能力は移動中であれば好きなタイミングで使えるですが、その多くは常識外れだったんです!

一定時間自由に空中移動出来る「UFO」、使った瞬間に高く飛ぶ「ハイジャンプ」 etc…

コピー能力は全11種類。1回しか使えませんが、いずれも状況を大きく変えるほどの効果があります。

このようにコピー能力によってオリジナリティを生み出したSFC「カービィボウル」ですが、ギミックもユニークだったりします。

池、バンカーといったゴルフでお馴染みのギミックはもちろん、

  • 乗ると指定の方向にダッシュする「ダッシュ板」
  • 乗ると高く跳ぶ「トランポリン」
  • 乗ると進行方向がズレる「回転床」

などの「星のカービィ」らしいユニークなギミックも用意されているんです!

おかげでパターゴルフやビリヤードにはない駆け引きを味わえました。

リプレイ性の高さ

少ない打数で各ステージをクリアすると金や銀のメダルが貰えます。

全ステージで金や銀のメダルを手に入れると良いことが起こるかも!?

如何に少ない打数でクリアするのかはゴルフゲームにありがちなやり込み要素ですが、ご褒美を用意してくれるとやる気が出てきます。

1周クリア自体は2~3時間程度で可能ですが、やり込みをしたらプレイタイムは数十倍になることでしょう。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

クォータービュー形式なので軌道が分かりにくい

本作のグラフィックはクォータービュー形式となっています。

つまり、斜め上方向からの視点で描かれているんですが、坂道の軌道が分かりにくく感じました。

慣れないうちは微妙にズレて穴に入れられないなどの苦汁を飲んだものです。

タイルの模様によって軸が分かるような配慮は感じられましたが、やっぱり視点が固定だと分かりにくく感じます。

まあ、スーパーファミコンソフトで3Dゲームを作るのは並大抵のことではないので難しいとは思いますがw

むしろ2Dドットのゲームでここまで立体感を生み出すとは凄いぞ

面倒なステージがある

「うわぁ・・・メンドクサ」

後半のワールドには面倒なステージが含まれていました。

個人的に面倒なステージ。

それは、大きな崖が存在するステージです。

大きな崖が存在するステージって高く飛ばすことが必須のうえに高さが足りなくて跳ね返されることも多いんですよ。

そのせいで必要以上に打数が増えてしまい調子が狂ったこともしばしばあります。

全体的に「星のカービィ」関連作にしては難易度が高く感じられました。

目次へ戻る

全体のまとめ

カービィの体型を活かしたユニークなゲーム。

単なるパターゴルフ(ビリヤード)ゲームではなく、カービィならではの要素を盛り込んで独自性のあるゲームとなっています。

「星のカービィ」関連作にしては難易度が高いので本編ほど取っつきやすさは感じられませんが、ぼくはゴルフゲームが好きなのでハマりました。

GBC「コロコロカービィ」といい、カービィの体型を活かした玉転がしゲームは好きです。

「パターゴルフ+ビリヤード+カービィ」の計算式で生まれた意欲作!

こんな人には特におススメ。
・パターゴルフ好き。
・ビリヤード好き。
・玉転がし好き。

こんな人にはおススメできない。
・カービィを自由に動かしたい人。

カービィボウル/お気に入り度【80/100%】
プレイした時間・・・約5時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(8)

  1. 匿名 より:

    昔スーファミでやったけど難しかったですね。
    でもいまだにこのゲームの研究を続ける人もいるらしく、それだけ奥深い名作ということなんでしょうね。

    • KENT より:

      このゲーム、物理計算が何気に凄いんですよね。今でも研究が続いているのはなんか分かる気がします。

  2. ⛳️トモフミ🏌️‍♂️ より:

    個人的に本作はイマイチでした。ゴルフ系ゲームは慣れないなぁ。
    コロコロカービィやブロックボールなどよりはいいと思いますけどね。
    でもGCCXのカービィボウルは編集の手際の良さもあって、とても楽しめました!
    有野さんはこういう系のゲームが得意なので尊敬しますよ。

    • KENT より:

      このゲームは他のカービィゲーとは真逆の難易度調整ですもんねw

      有野さんも最初は苦戦したんじゃないかな~?

  3. 星野華亜美 より:

    カービィボウルとスーファミ版のきらきらきっぐはbgmが素晴らしいので、CD聴く感覚でゲームをプレイすることが多々あります。

  4. AVC-M370 より:

    カービィの変身でボールがあることからそうきたかと納得させられたソフトだな。
    ゴルフ系で多いパワーメーターでのパターショットやその効果音も見事で名作だな。
    意外にも3D化されていない為、新作に期待してしまう所かね。
    小さい画面では見辛い為、携帯機でもプレイしやすい様に移植してくれると面白いやも知れんな。

    • KENT より:

      そう言えばこの頃のカービィはまだ駆け出しで派生作品がなかった頃でしたっけ。

      ゲームシステム、効果音共にピッタリとハマっていましたね。

      確かに3D化して再発売してほしいゲームです。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】ふにゃべえ(ヒューマン フォール フラット) [評価・感想] 3D酔い必至で頭が”ふらっと”する物理の法則が楽しめるみんなの遊び場!
【レビュー】スーパーマリオコレクション スペシャルパック [評価・感想] 同梱物は価格相応
【レビュー】レトロアーケード [評価・感想] 1タイトルのみ収録のミニチュア筐体だが、安価なインテリア家具としてはアリ!
【レビュー】ファイアーエムブレム 暁の女神 [評価・感想] ストーリーに振り回されてしまったWii初期の超大作!
【レビュー】ネットハイ [評価・感想] 外面は尖っているが、内側は凡庸
【レビュー】大神 [評価・感想] ゼルダとの差別化に成功した純和風の名作!
【レビュー】ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス [評価・感想] ぶっ飛びすぎてリアル系からコメディ系FPSに進化!?
【レビュー】イトルデューの伝説 失われた島と謎の城 [評価・感想] 超砕けたおバカなゼルダライクゲーム!
【レビュー】AKB48+Me [評価・感想] AKB48チャンポケットにはなれなかった…
【レビュー】バイオハザード リベレーションズ [評価・感想] 3DSの底力を発揮した力作!