2018/09/14/12:00 | ゲームレビュー

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー【速報レビュー・評価】フォトモード最高!幼女時代のララ・クロフトさんを激写出来る!


シャドウ オブ ザ トゥームレイダー/PS4(Z指定)

2018年9月に発売されたアクションアドベンチャーゲーム、PS4/XboxOne「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー」。

今回の記事では本作の速報レビューをしていきます。クリアしたら大幅加筆して総評をまとめていく予定です。

シリーズ史上最も明るい世界を冒険出来る!

タイトルにシャドウって付いているから世界観は暗いのかなぁ。

そんな先入観を持ってプレイみたところ全くの逆でした!

今作、3部作の中では最も世界観が明るいです!

少なくとも過去2作品では写真のような明るいロケーションは見たことがありません。

過去作品は冒険心をくすぐるロケーションが満載でワクワク感はありましたが、全体的に世界観が暗かったんですよね。

個人的にはそこが惜しいな~と思っていたので、序盤からシリーズ史上最も明るいロケーションを冒険出来るのは嬉しいです!

フォトモード最高!ララ・クロフトさんが可愛すぎてストーリーが頭に入って来ない!

トゥームレイダーシリーズの顔となるララ・クロフトさんは今作でも可愛かった!

あまりの可愛さに見惚れてしまい、ストーリーが頭に入ってこないから困りますw

前作もそうでしたが、ついついララ・クロフトさんが可愛く映ったアングルの写真を撮ることばかりに意識が行ってしまうんですよね~。

そんな僕のHENTAI魂をくすぐるのが新搭載のフォトモード!

SIEのPS4ソフトではお馴染みのフォトモードですが、ついに「トゥームレイダー」シリーズにもフォトグラフモードとして搭載されました!

しかもフレーム、効果、表情など細かい調整も可能だからさらに嬉しい!

これでララ・クロフトさんを好きなアングルから撮り放題なので、プレイ中も時間を止めてついつい撮影しまくってしまいます。

見てください!この濡れたタンクトップを!

残念ながらどこかのゲームみたいにスケスケにはなりませんが、ロマンが詰まっていませんか?

カメラアングルを調整すれば胸の谷間だって激写出来てしまいます!

思わず「もっと!もっと!」なんて声に出したくなってしまいますねw

幼女時代のララ・クロフトさんが初登場!

そんなフォトモードの魅力をさらに引き立てるのが幼女時代のララ・クロフトさん!

なんと今作ではゲーム中のとあるシーンで幼女時代のララ・クロフトさんを操作出来るんです!

幼女時代のララ・クロフトさんはおてんば娘だったようで、アスレチックで遊びまくっていたようですね。

運動能力はこの頃から人間離れしたいたようでアスレチックだけでは飽き足らず、家の屋根に飛び乗ったりしますw

しかもスカート姿で激しく動き回るんだからヤバイですよ!

これはフォトモードでパンツ写真を撮ってくださいと言わんばかりのファンサービスなのでしょうか?w

という訳でフォトモードでスカートの中を激写しようかと思いましたが、カメラが近付けないように調整されているから出来ませんでした!w

ちくしょぉぉぉ~!!!!!!

こんなところにもゲーム性を持たせてくるとはさすがクリスタル・ダイナミックス&アイドスモントリオール。

誰か幼女版ララ・クロフトさんのパンツ写真を撮ってもらえないでしょうか?w

駄目だこいつ、早くなんとかしないと…

肝心のゲーム部分は超安定!

ここまで表面的な話ばかりをしてしまったので、そろそろゲーム部分について触れようと思います。

が、正直なところ前作との大きな違いを感じていないんですよねw

リニアエリアとオープンワールドエリアを交互に進んでいくゲーム進行。

ステルス性が強いシューター要素。物理演算を活かした謎解き。

環境破壊描写をふんだんに取り入れたイベントシーン。素材を集めてアイテムを作成するクラフト要素。

これらの要素は相変わらず備わっていますが、今作ならではの要素が見当たらない。

しいて言えば前作よりもステルス色が強まり、沢山の人が群がっている集落の探索エリアが増加している点が印象的ですが、特筆するほどではありません。

まだプレイして3時間程度なので、これから変わってきてくれたら良いのですが。

スポンサーリンク

全体のまとめ

全体的にはララ・クロフトさんのビジュアル面ばかりに目が行ってしまいましたw

なんと言ってもフォトモードが新搭載され、幼女時代のララ・クロフトさんを操作出来るのが嬉しいです♪

ゲームとしても面白いけど、この手のゲームはありふれているのでそちらに慣れていると衝撃度は薄く感じます。

なので、今作ならではの要素になるとやっぱりララ・クロフトさん関連に目が行ってしまいますね~。

個人的には冒険をしつつララ・クロフトさんの撮影会をして楽しんでいます。

おかげで他のフォトリアル系タイトルでは味わえない唯一無二の面白さを感じているので、これはこれで良いのかな?ある意味、本作はキャラゲーだと思いますw

,

 

おすすめ記事


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(12)

  1. ナスタ より:

    普通フォトモードあったら風景撮るだろうにそっちに行くのがkentさんらしいですね笑

    今のところ僕も前作とそこまで違うようには感じてませんが、相変わらず僕の好みの方向性過ぎて、全く問題なく楽しめています。

    • kentworld より:

      次回記事にする時はもう少し風景にも触れておきますw

      僕も好みの方向性なので、探索要素が増してきたらゲーム部分にもエンジンが掛かりそうです♪

  2. ホンマ🌑トモフミ より:

    幼女時代のララちゃんが出るのはいいですね〜。

    トゥームレイダーシリーズはリブート以降、ゲームシステムは完成させてしまったのかもしれませんね。
    リブート無印やライズを比較しても根本的な操作性は一緒でストーリーの違いで差別化してるのかなと感じました。
    システム面で何か変えるのだとしたら、リブート3部作以降の次回作になるのかもしれませんね。

    • kentworld より:

      トモフミさんも興味が出てきたのではないでしょうか?w

      ゲーム部分の違いは今の所ハッキリとは挙げられず、表面的な部分ばかりの言及になってしまったのが心苦しいですw

      おっしゃる通り大幅な刷新は次回に持ち越しでしょうね。

  3. 天火星 より:

    ケントさんも好きですねぇ・・・!(笑
    今迄が陰鬱なステージが多かったイメージだったので明るいのは意外ですね、それに幼少期のプレイパートがあるとは・・・ストーリーも面白そうだ!

    • kentworld より:

      今回はロリコンっぷりを晒してしまいましたw

      とりあえず世界観が明るく、過去作品よりも見た目が良くなっているのが第一印象です。

  4. 匿名くん より:

    幼女のパンツ写真を撮ってとかの文章は私は何とも思わないですが、後々面倒な事になりそうな気がしないでも無い

    その一文だけ切り取って、ゲームを遊ぶ人間は異常だと風潮するような人も居るので念のため…

    • kentworld より:

      さっく~も突っ込んでいるのでコントみたいな雰囲気になっていますし、さすがにそんな人は居ないと思いたいですw

  5. ダンタリオン より:

    幼女ララのパンツは黒です♪
    フォトモードではないですが確認しました。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

朧村正【レビュー・評価】古き良き日本が好きな方へ!
クォンタム ブレイク【レビュー・評価】ゲームと実写ドラマが融合したアクション”ドラマ”アドベンチャーの第一歩となる作品
ぷよぷよSUN決定盤【レビュー・評価】少々ハードルが高いものの中毒性は健在!
ワリオランドシェイク【レビュー・評価】シェイクシェイクブギーな胸騒ぎ♪
人喰いの大鷲トリコ VR DEMO【レビュー・評価】トリコが顔を近づけてくれる感動を味わえるSIEからのクリスマスプレゼント!
Goat Simulator(ゴートシミュレーター) 【レビュー・評価】制限のないところをどう受け止めるのかで評価が変わってくる作品
インファマス ファーストライト【レビュー・評価】初心者も上級者も楽しめる超お買得な低価格オープンワールドゲーム!
Dokuro【レビュー・評価】気軽に楽しめる骨太ゲーム!
龍が如く6 命の詩。【レビュー・評価】セールスポイントに過度な期待は禁物だが、安定の面白さ!
L.A.ノワール【レビュー・評価】セットの魅力にシステムが追いつかなかった惜しい作品