2018/02/17/12:00 | ゲームレビュー

勇者のくせにこなまいきだDASH!(勇こな)【レビュー・評価】来るべくして此処にきた最強のパズドラフォロワー!

2018年2月に配信されたiOS/Android「勇者のくせにこなまいきだDASH!」を今回はレビューします。

iOS/Android「勇者のくせにこなまいきだDASH!」は魔王となって勇者を撃退していくパズルゲームです。

※2018年2月17日時点でのレビューになるので、その後、アップデートによってゲーム内容が変更される可能性があります。

良いところ

3マッチパズルとRPGが融合!

何だこの面白さは!?

本作はよくある3マッチパズルのように見えますが、勇者とのバトル要素やコンボシステム、育成要素によって麻薬レベルの中毒性を生み出しています。

基本的にやることは簡単。同じ絵柄のパズルブロックを3つ揃えていくこと!

すると、揃えたモンスターが上画面にいる勇者を攻撃しに行くうえ、1ランク上のパズルブロックが出現するんです。

つまり、同じ絵柄を揃えて揃えて揃えまくり、より強いレベルの絵柄を揃えまくれば良い!ってことですね。

モタモタしていると勇者からの攻撃を食らってしまったり、制限時間切れでゲームオーバーになってしまうので緊張感がありますし、先のステージに進めていくと沢山のコンボを決めないとクリア困難の難易度になってくるので燃えます!

この辺りは過去作品と同様ですが、スマホ版では新たにフィーバータイムが追加されました!

フィーバータイムはゲージを溜めることで発動し、少しの間時間を止めて勇者にまとめてダメージを与えられます。

先のステージに行くほど意識しておくと便利な新システムですね!

コンボを決める面白さ

パズルゲームと言えばコンボ!

本作でもコンボシステムは存在して、連続して消していく事で発動します。

コンボが決まれば決まるほど一度に多くのモンスターを召喚して勇者に大ダメージを与えられるので、決まったらめちゃくちゃ気持ち良い!

特にコンボを決めまくってレベルが高いモンスターを上手く召喚出来た時の気持ち良さは溜まりません!

ポイントなのが、パズルブロックを消した瞬間は「パネルでポン」のようにブロックを一瞬だけ動かせる事。

この要素によってよりテクニック重視のゲームになり、さらなる忙しさや中毒性を生み出していると思いました。

モンスターの育成が楽しい!

1ステージに召喚出来るモンスターは5種類。

それぞれレベルを上げて強化出来るほか、進化させてさらに強化させる事も出来るんです!

強化や進化をするにはステージをクリアしたりアイテムの使用が必要になりますが、ハック&スラッシュ要素を強めてくれてハマります。

スマホゲーとは相性抜群の要素

緩いスタミナシステム

本作はスマホゲームでお馴染みのスタミナシステムを採用しています。

ステージをプレイする度にスタミナゲージが減っていき、一定時間経過すると回復するアレです。

が、ゲーム開始直後はスタミナゲージを回復出来るアイテムを大量に入手出来るので、ノンストップで何時間もプレイすることが出来ます。

スタミナシステムの調整が緩いのは最近のスマホゲームでは当たり前だとは思いますが、本作の元となったPSVITA「勇者のくせにこなまいきだG」はその辺りの調整が厳しく、課金を余儀なくされた(※)ので触れてみました。

※PSVITA「勇者のくせにこなまいきだG」はスタミナ周りの調整は厳しい感じでしたが、その代わりガチャの要素は存在しません。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

煩雑な成長要素

ゲームのルール自体はシンプルですが、成長要素はますます煩雑になっていると思いました。

各モンスターのレベル。パーティコスト。破壊神ランク。魔王石。

これ以外にも数多くの細かい要素が存在して、すべてを覚えるには時間がかかります。

最初の方は3マッチパズルさえ上手く出来ればサクサク進めるので、少しずつ覚えていけば良いように作られてはいますが。

好みが分かれるガチャの要素

基本プレイ無料+アイテム課金式のゲームと言うことで、本作にもガチャの要素が存在します。

ガチャでは魔王石と引き換えに強力なモンスターを入手出来ますが、そう簡単に手に入ることはありません。

ある程度ゲームを進めるとガチャでてっとり早く強力なモンスターを入手するか、ひたすらステージクリアしてモンスターの育成をするのかの選択に迫られます。

2013年に配信されたPSVITA「勇者のくせにこなまいきだG」も基本プレイ無料+アイテム課金式でしたが、あちらにはガチャは存在せず、スタミナゲージの課金のみでした。

1000円ほど払えば無限にプレイする事が可能なうえ、10時間もプレイすればクリア出来るゲームバランスでしたが、スマホ版は(おそらく)ずーっと続くと思います。

これが良いのか悪いのかは人それぞれでしょうね。

ハクスラ重視のゲームバランスを考えたら非常に上手くハマっているとは思います

全体のまとめ

あの「勇者のくせにこなまいきだ」をスマホ向けに上手く落とし込んだ作品。

元々のゲーム性や成長要素が「パズル&ドラゴンズ」に近いため来るべくしてスマホ向けに来たような印象で、親和性は抜群です!

個人的には「パズル&ドラゴンズ」よりもハマりました!

ベースが古いため成長要素が強いステージクリア型のパズルゲームという少し前に流行ったようなタイプのスマホゲームですが、メインの戦闘システムが最高に面白く、今の時代でも通用すると思います。

個人的には本作が大ヒットして「勇者のくせになまいきだ。」ブランドが強化され、儲けたお金でコンシューマー向けの大作を出してくれたら最高ですね!

来るべくして此処にきた最強のパズドラフォロワー!

こんな人には特におススメ。
・3マッチパズル好き。
・RPG好き。

こんな人にはおススメできない。
・パズルゲームが苦手な人。

勇者のくせにこなまいきだDASH!/お気に入り度【85/100%】
プレイした時間・・・約8時間


タグ ,
  • LINEで送る

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(10)

  1. メトロキシド より:

    自分もプレイして見ました!

    まず最初に感じたことがガチャに対しての嫌悪感ですね…
    というのも、vita版だとハクスラ要素が強めだったのでどんどんプレイしたくなりますが、ガチャだと最悪ゲームバランスが崩壊することがあるためそれに対して嫌悪感が…(一部とは言え、そういうスマホゲーをプレイしたことがあるので…)

    ただ、ガチャ以外にも魔物をゲットする要素はあるのでその要素を強めて欲しいところですがそれは運営に期待ですね。

    あとは概ね良し!な印象です。操作性がvita版と比べ良くなっていたりフィーバータイムも上手く戦略性を生み出していると思います。

    纏めると、ガチャの要素次第ですが上手くいけばvita版よりも盛り上がる作品だと思います。

    • kentworld より:

      ガチャは運の要素が絡むため、ゲームバランスを崩壊させる恐れがある存在だとは思います。

      今作も事前登録や初期ボーナスによって最初の頃から強いモンスターを入手出来てしまい、だいぶスタートダッシュ出来た印象ですので。

      そこは気になりますが、元が良い作品だけあってスマホ版でも完成度が高く感じます!

      今後、最もプレイするスマホゲーになりそうだ!

      • メトロキシド より:

        プレイ感想の続きですが、ガチャ入手での最高レアがダンジョンで入手可能になっていました。(そのぶん非常に難しいのですが)

        あとはレビューにも書いてありましたが進化素材の入手が厳しいというのが若干気になりますが、運営への期待が高まりました。
        恐らく、現状の方針であればvita版より盛り上がるでしょう。(システムの不満点は随時改善されていくでしょうし)
        より一層これからに期待ですね!

        • kentworld より:

          さらにコメントをありがとうございます!

          ガチャじゃないと絶対に入手出来ないってことはなさそうかな?

          いずれにしても運や時間が重視されそうですが、とりあえずログインボーナスは貰っておきましょう!

          今、言われて気がついてログインボーナスをいただきました♪

  2. ホンマ?トモフミ より:

    ちょい遅めですが、遊んでみた感じしっかりとしたパズドラのフォロワーですよね(^^)
    今作ではじめてガチャが追加されたのですね∑(゚Д゚)
    そこはPSV版を基本料無料で警戒してたのでかなりの食わず嫌いしてたなぁ。
    個人的にはちょっと忙しいゲームだなと感じました💦そもそもパズドラが苦手で…ちょっとFEHやポケ森のようなしっくり感はありませんでした(^_^;)
    弟くんなら世界観が気に入ればハマるかも。

    • kentworld より:

      戦闘システム以外の作りはかなりパズドラを参考にした作りだと思います。

      今作でガチャが追加されたので、これでフレンドシステムが追加されたら完璧なフォロワーですねw

      内容の方は記事でも触れたように、成長システムなど色々ややこしくて面白さを理解するのに1時間はかかると思います。

      そこがネックではありますが、ある段階から麻薬的な中毒性になるので多くの人にこの楽しさを知ってもらいたいなー

  3. 匿名 より:

    パズドラっぽいんですか?

    ちょっと触ってみようかな(^ー^)

  4. ゆき より:

    >個人的には本作が大ヒットして「勇者のくせになまいきだ。」ブランドが強化され、儲けたお金でコンシューマー向けの大作を出してくれたら最高ですね!

    これがどうか…なんですよね
    最近のSIEは日本向けと言うか、ワールドワイドなタイトル以外は縮小傾向なのでコンシューマに繋げてくれるか分からないのが
    ヒットして「スマホだけの展開で大正解じゃないか」って思わなきゃいいんですけど
    なのでヒットして欲しいような…どう言えばいいんでしょうね(^^;)

    • kentworld より:

      少なくとも現状のままでは何も変わらないと思うんですよね。

      それだったら「やらずに後悔するより、やって後悔するんだ!」根性で良いと思います。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

スーパーマリオ64【レビュー・評価】箱庭3Dアクションゲームの基礎を生み出した歴史的な作品
ファイアーエムブレム無双【レビュー・評価】キャラゲーとしては微妙だが、システムのコラボには成功!
レイマン オリジン【レビュー・評価】フランス製スーパードンキーコング!
rain【レビュー・評価】ICOからヒントを得た良質なアクションアドベンチャー
FIREWATCH(ファイアウォッチ)【レビュー・評価】一人称視点と通信会話によって実現した新たなストーリー表現が素晴らしい意欲作!
うた組み575【レビュー・評価】題材を活かしきれなかったB面集のリズムアクションゲーム
Undertale(アンダーテール)【レビュー・評価】ゲームに詳しい人がニヤリとするアンチテーゼの塊
タッチ!カービィ スーパーレインボー【レビュー・評価】ミドルプライスという縛りの中で無難に作られた作品
ゼルダの伝説【レビュー・評価】ファミコン時代に生まれたオープンワールドゲームの先駆け!
カメオ:エレメンツ オブ パワー【レビュー・評価】親切さと粗さが融合したゼルダ