| ゲームレビュー

【レビュー】レア リプレイ [評価・感想] 多くはローカライズされていないが、それを吹き飛ばす満足感!

242
レア・リプレイ/Xbox One (Z指定)

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2015年8月に発売されたXbox One「レア リプレイ」のレビューをしていきます。

Xbox One「レア リプレイ」はゲームメーカー「レア社」の創立30周年を記念したコレクションパッケージです。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • レア社が過去に発売した30タイトルを収録したコレクションパッケージ。
  • 巻き戻し機能やチャレンジ要素などの追加要素も搭載。
  • メニュー画面は日本語非対応。
初リリース日 2015年8月6日
対応ハード Xbox One
ジャンル コレクション
売上 初週0.1万本
推定クリア時間 700時間(全タイトルクリア)
発売元 日本マイクロソフト

良いところ

超お買い得!

418

本作にはなんと30ものタイトルが収録されています!

それでいて価格はたったの約3,000円。1本100円未満で楽しめてしまうんです!

公式によるとトータルでのプレイタイムは700時間になると見込んでおり、下手な大作タイトルよりもボリュームはあります。収録タイトルは以下の通りです。

  • ジェットパック
  • Atic Atac
  • Lunar Jetman
  • サーベル・ウルフ
  • Underwurlde
  • Knight Lore
  • Gunfright
  • Slalom
  • R.C. Pro-Am
  • Cobra Triangle
  • Snake Rattle N Roll
  • Digger T. Rock
  • Solar Jetman
  • バトルトード
  • R.C. Pro-Am II
  • バトルトードアーケード
  • キラーインスティンクトゴールド
  • ブラストドーザー
  • バンジョーとカズーイの大冒険
  • スターツインズ
  • パーフェクトダーク
  • バンジョーとカズーイの大冒険2
  • コンカーズ・バッド・ファー・デイ
  • グーリーズ ~Grabbed by the Ghoulies~
  • パーフェクトダークゼロ
  • カメオエレメンツオブパワー
  • あつまれ!ピニャータ
  • ジェットパック リフューエルド
  • バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦
  • あつまれ! ピニャータ2 : ガーデンの大ぴんち

※赤文字は日本語訳されて収録された作品。

初期の名作として名高い「ジェットパック」「バトルトード」。

N64時代に人気を博した「ブラストドーザー」「バンジョーとカズーイの大冒険」「パーフェクトダーク」「コンカーズ・バッド・ファー・デイ」。

Xbox 360市場を陰で支えた「カメオエレメンツオブパワー」「あつまれ!ピニャータ」「バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦」など、注目タイトルが目白押しです。

初期の作品は今となってはワンコイン程度のボリューム感しか味わえないかもしれませんが、N64ソフト6本。Xboxソフト1本。Xbox 360ソフト5本は1つだけで数千円の価値があると思います。

過去にもコレクションパッケージは他社から発売になりましたが、ここまでコストパフォーマンスが高いタイトルはそうないでしょう。

レア社の歴史を堪能できる

413

30年分のタイトルが均等に収録されているだけあって、本作をプレイする事でレア社の歴史を堪能出来ます。

収録されているゲームのジャンルは

  • アクション
  • アドベンチャー
  • レース
  • 格闘
  • ベルトスクロールアクション
  • シミュレーション

などバラエティに富んでいますが、エンジンを流用して作られたタイトルも多く、ゲーム内容もいくつかの傾向が出ていました。

そのため「あぁ、この頃は探索型アクションアドベンチャーを作るのに凝っていたんだなぁ」とか、

「この頃はクォータービューのゲームを作るのにハマっていたのかな?」

「このからお下品ネタに目覚めたのか!?」

「カラフルポップな3Dアクションを作るのにハマって来たのかな?」

「迷いやすいマップデザインを考えるのが好きだなぁ」

と、収録されているゲームをプレイしていると色々感じる事が出てきます。

便利な機能の数々

415

色々収録されているのは嬉しいですが、特に古いタイトルってやる気がしませんよね?

今のゲームよりも歯ごたえがあるのは良いものの、すぐにやられてクリアできないかもしれませんし。

しかし、本作に収録されている1994年以前のタイトルは、巻き戻し機能が付いているんです!

これを使用すればミスをした直後まで巻き戻す事が可能なので、何回死んでもすぐにその場からやり直せます。

昔のゲームはアーケードスタイルが多く、ゲームオーバーになったら最初からやり直しになる場合が多いので、終盤のステージ見たさでプレイしたい場合、気軽にクリアしたい場合は非常に重宝すると思います。

それ以外にも中断機能(複数保存可能)、ブラウン管テレビっぽい画面への変更、グラフィックの向上など嬉しい機能が満載で、今の時代でも遊べるように作られています。

また、それぞれの作品も単に収録しているだけではなく、ゲーム内にボタン表示がある場合、Xbox Oneに合わせて置き換えられていたりとちゃんと手を加えているのも好印象。

思わず熱くなるチャレンジ要素

580

「レア リプレイ」オリジナル要素として、本編の一部を切り取ったチャレンジモードが収録されています。

1994年以前に発売された16のゲーム限定になりますが、それぞれに5つのチャレンジが用意されており、さらにお題を連続でプレイしていくチャレンジも6個収録されていたりします。

お題は「制限時間以内にスコアを○○稼げ!」「制限時間以内にステージをクリアしろ!」など分かりやすいものから「○回ループせよ!」といったユニークな物まで色々。

短時間で楽しめるうえ、これらのチャレンジをプレイする事で収録タイトルがどんなゲームルールなのか分かるので、まずはこちらを先にプレイするのも良いと思います。

どれも単純ですが、すぐにリトライができるのでつい熱くなってプレイしてしまいました。

ちなみにチャレンジをクリアする事でスタンプが押され、一定数溜めるとドキュメンタリービデオがアンロックされます。

意外な裏話が聞けるので、レア社ファンだったらやり込むしかない!しかし・・・(個人的に合わない&気になったところに続く)

ゲーマースコアが10,000もある!

581

なんと本作にはゲーマースコア(実績)が10,000ポイントも用意されていたりします。

しかも解除の条件も簡単で、収録タイトルを片っ端からプレイしたらポコポコと解除されることでしょう。

チャレンジをクリアする事でも色々解除されるので、実績ブーストタイトルです。
※実績を意識し過ぎるとゲームが作業的になるのでそこは注意しましょう。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

日本語対応していないタイトルが多い

414

本作最大の欠点。それは、日本語対応していないタイトルが多い事です。

収録ゲームの多くはストーリー性が低いアクションゲームなので遊ぶ分にはさほど問題ありませんが、「レア リプレイ」のメニュー画面ですらもローカライズされていないのは残念です。

もちろん、インタビュービデオにも日本語字幕は付いていません。実績の項目もローカライズされておらず、どんな条件で解除できるのか分かりません。

説明書も付いておらず、Xbox Oneソフトなのでデジタルマニュアルもなく、かなり不親切に感じました。

ローカライズされているのは、Xbox 360で発売・配信された8タイトルのみです。

とは言えこれらの作品はXbox 360との後方互換機能を使って動かしているに過ぎず、本作のためにローカライズされている訳ではないんですけどね。

ゲームを購入する際は、ローカライズはほぼされていないと思った方が良いです。

本当にパッケージの箱だけが日本語化されただけ。幸いにも今の時代はインターネットで大体の情報は分かるので、ローカライズされていないタイトルをネットで調べながらプレイする事をおススメします。

Xbox 360ソフトの仕様が不満

417

収録されているXbox 360ソフトはダウンロードする形式となっています。

つまり、ディスクに最初から収録されているわけではなく、本作を購入するとダウンロード権が貰えるような感じです。

ゲームディスクのインストール時間と合わせたらすべて遊べるのにだいぶ時間がかかってしまいますし、インターネットに接続していないとXbox 360ソフトの場合は遊べないのでそこは気を付けましょう。

Xbox 360ソフトの実績は、共通です。

つまり、本作を購入する前に対象のゲームをプレイしていて実績を解除していたら引き継がれてしまうので、本作のアピールポイントとなっている10,000ゲーマースコア分を稼ぐのは不可能になります。

各ゲームタイトルを中断して「レア リプレイ」本編に戻るのは、基本的には可能です。

ただ、Xbox 360ソフトの場合は後方互換機能を使っている関係上、ゲームを終了したらXbox OneのHomeメニューに飛ばされてしまうので、もう一度「レア リプレイ」を起動しなくてはなりません。

このようにXbox 360ソフトの仕様は色々と不満が残るものとなっています。

目次へ戻る

全体のまとめ


ローカライズされていないタイトルが多いのは難点ですが、それを踏まえても非常に満足度が高い作品です。

レア社ファンはもちろん、お買い得なゲームが欲しい人。レア社のゲームをやった事がない人でもおススメですよ~。

収録タイトルの多くは一癖も二癖もあるものばかりなので、何かしら印象に残ると思います。

もしすべてがローカライズされていたら、満点をあげますね。

こんな人には特におススメ。
・レア社ファン。
・お買い得なゲーム好き。
・レア社デビューしたい人。

こんな人にはおススメできない。
・日本語じゃないと嫌な人。
・アクションゲームが苦手な人。

レア リプレイ/お気に入り度【90/100%】
プレイした時間・・・約30時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

, , , , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(0)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】街スベリ [評価・感想] コンセプトは良いものの、余りにも未熟な作り
【レビュー】オリとくらやみの森(Ori and the Blind Forest) [評価・感想] 雰囲気の良さと手応えを両立させた名作!
【レビュー】Deadlight(デッドライト) [評価・感想] 悪くは無いが、オリジナリティが薄く、ストレスが溜まる
【レビュー】ゼノブレイド2 [評価・感想] 深夜アニメを見ながら壮大な冒険が楽しめるテイルズ オブ ゼノブレイド!
【レビュー】シノビリフレ -SENRAN KAGURA- [評価・感想] HD振動をお色気方面に活かした早い者勝ちの一発ネタゲー!
【レビュー】BLUE REFLECTION(ブルーリフレクション) 幻に舞う少女の剣 [評価・感想] フェチシズムと退屈さでおっきするゲーム
【レビュー】時空戦士テュロック [評価・感想] 夏になるとプレイしたくなるストイックなサバイバルFPS
【レビュー】バトルフィールド4(BFIV) [評価・感想] 正統進化しているが、いつもより壊れている
【レビュー】マリオvs.ドンキーコング みんなでミニランド [評価・感想] それなりに面白いが、あまりのマンネリにクリエイティビティを感じられない作品
【レビュー】タイタンフォール 2 [評価・感想] FPSのキャンペーンモードを次のステージに持ち込んだ歴史に残る作品!