| ゲームレビュー

【レビュー】どうぶつの森 amiiboフェスティバル [評価・感想] Wii UのNFC機能を強引に活かそうとした奇ゲー!


どうぶつの森 amiiboフェスティバル/Wii U

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2015年11月に発売されたWii U「どうぶつの森 amiiboフェスティバル」のレビューをしていきます。

本作は「どうぶつの森」を題材にしたボードゲームですが、Wii UのNFC機能を無理やり使った問題作に感じます。

Wii Uゲームパッドに搭載されているNFC機能。

本体の左下辺りにamiiboやamiiboカードをタッチすることでゲームと連動する機能で、代表作としてはWii U「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」があります。

あの作品ではおまけ的な位置付けでしたが、今作ではさらに突き進めた結果、amiiboがないとプレイできないんです。

しかし、それが面倒さに拍車をかけてしまい、非常に人を選ぶ作りになってしまいました。

任天堂はヒット作を大量に生み出す一方、裏では失敗することも多くありますが、本作はその類なのではないでしょうか?

ここからはそんなWii U「どうぶつの森 amiiboフェスティバル」について詳しく書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 「どうぶつの森」を題材にしたパーティゲーム。
  • amiiboやamiiboカードをWii Uゲームパッドにタッチして進めていく。
  • すごろくゲームと8種類のミニゲームを収録。
初リリース日 2015年11月21日
対応ハード Wii U
ジャンル パーティ
売上 初週1.8万本/累計5.8万本
推定クリア時間 1プレイ30分~
発売元 任天堂

スポンサーリンク

良いところ

NFC機能を活かそうとする心意義

「NFC機能を使った斬新で面白いゲームを作ろう!」

成功しているのかどうかはともかく、本作ではそんな気概は感じられました。

メインとなるすごろくゲームでサイコロを振る場合、Wii Uゲームパッドに自分のamiiboをタッチしなければいけません。

それも1回だけではなく、自分の出番が来る度にタッチする必要があります。

さらに収録されている8種類のミニゲームではamiiboだけではなくamiiboカードをタッチすることを前提にして作られているので面を喰らいましたw

例として「リセットさん監視センター」という「もぐらたたき」のようなミニゲームを挙げてみましょうか。

普通の「もぐらたたき」ゲームだったらスティックで叩く箇所を選択し、Aボタンで叩くアクションを行うものですよね?

一方、本作の場合は対応する3枚のamiiboカードをゲームパッドにタッチしなければいけないんですw

グーのアイコンが描かれたamiiboカードをタッチするとキャラクターが対応する箇所を叩き、パーのアイコンが描かれたamiiboカードをタッチするとキャラクターが対応する箇所を叩き…。

スティックとボタン1つでできることをわざわざamiiboカードをタッチしてやらせるとは、これ考えた人頭おかしいでしょw

それ以外にも・・・

  • Wii Uゲームパッドにタッチしたamiiboカードをタイミング良く離して大量のバルーンを割っていく「バルーン・アイランド」
  • 3枚のamiiboカードをタッチしてマップを1マスずつ進んでドングリを集めていく「ドンどんぐり・ドンドン」

なんてamiiboカードを擬似的なコントローラに置き換えたようなミニゲームを収録しており、任天堂の野心的な一面を垣間見ることが出来ます。

面白いのかどうかはともかく、任天堂のこういうところは嫌いじゃないですw

株トレードをゲーム性に組み込んだすごろく

優しい雰囲気が漂う「どうぶつの森」シリーズ。

ですが、その裏には現実的な要素が多数盛り込まれています。

代表的なのが株トレード。

毎週日曜日の午前には株ならぬカブが売り出され、日によって価格が変動します。

そのため買値よりも高い値で売ることが求められるんですが、これって現実世界の株トレードと一緒じゃないですかw

本作のすごろくゲームでは「どうぶつの森」シリーズ本編に存在した株トレードをゲーム性に組み込んでいます。

というのもすごろくゲームでは持っているお金の数が勝敗に影響を与えるからです。

カブの価値は日によって変化するほか、止まったマスによっても変動します。

また、カブの変動はいくつかのアルゴリズムで構成されており、ゲーム側がそれを教えてくれるので、「どうぶつの森」シリーズ本編よりも株トレードの戦略性が高く感じました。

まさか、ファミリー向けのゲームで株トレードをゲーム性に組み込んでくるとはw

本作のすごろくゲームで百戦錬磨を決めるお子さんが居る場合、末恐ろしいですw

ハッピーチケットを集めるやり込み要素

本作にはストーリー的な要素は存在せず、すごろくゲームやミニゲームをひたすらプレイするだけです。

でも、それだけだと飽きてしまいそうですよね?

開発側もそれは感じていたようで、「ハッピーチケット」を集めて要素をアンロックするシステムが搭載されています。

すごろくのマップに建物を建設したり、新しいミニゲームをアンロックしたり・・・。

「ハッピーチケット」はすごろくゲームやミニゲームで良い成績を収めるほど沢山入手できるので、モチベーションを高めてくれます。

「どうぶつの森」マニアには溜まらないクイズゲーム

ミニゲームの中には「クイズamiiboチャンス!」というクイズゲームが存在します。

「どうぶつの森」に関する8択クイズですが、出題される問題がマニアック過ぎるので吹きましたw

何千種類もあるアイテムの名前を8択の中から選んだり、生き物の正確な名前を8択の中から選んだり・・・。

中には「どうぶつの森」マニアではなく虫や魚マニアじゃないと分からないような問題が出てくるので、一体、誰に向けて作っているのかw

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

あまりにも不便な作り

野心的な任天堂の一面が垣間見えるWii U「どうぶつの森 amiiboフェスティバル」ですが、残念ながら多くのチャレンジは面白さに繋がっていません。

Wii Uゲームパッドにamiiboをタッチしてサイコロを振る、amiiboカードをタッチしてジャンケンをする。

最初は「おぉ!」と思いましたが、2回目以降は面倒なだけで、プレイすればするほど重荷になっていきます。

Wii Uと言えばゲームパッドだけでもプレイできるお手軽性もセールスポイントじゃないですか?

本作の場合、TVとゲームパッドの使用を前提とした作りなのでそれも出来ませんし、amiiboやamiiboカードが無いとサイコロを振ることすら出来ません。

そのうえ全てを揃えたところでめちゃくちゃ面白いゲームになるのかと言われるとそうではなく、一発ネタみたいになっています。

目次へ戻る

どうぶつの森 amiiboフェスティバルのレビューまとめ

「どうぶつの森」のIPを活かしてWii Uで斬新なゲームを作ろうとした意欲作。

しかし、多くの要素は成功したとは言い難く、Wii Uで大量に出ているパーティゲームの中で突き抜けた存在にはなれませんでした。

販売本数も5.8万本と「どうぶつの森」のIPを活かしたタイトルとしては非常に低く、発売から3ヶ月程度で2,000円以下で売り出されてしまいます。

初回生産版には2体のamiiboと3枚のamiiboカードが付いてくるので1,000円以下で売り出されているようであればゲームソフトをプレイしなくてもお買い得ではありますが、何とも残念な作品です。

Wii UのNFC機能を強引に活かそうとした奇ゲー!

こんな人には特におススメ。
・どうぶつの森マニア。
・任天堂マニア。

こんな人にはおススメできない。
・めんどくさがり屋。

どうぶつの森 amiiboフェスティバル/お気に入り度【45/100%】
プレイした時間・・・約8時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

, , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(6)

  1. KAZU より:

    このゲーム、どこを見ても失敗作のように言われますが、マリオパーティも難しいような小さな子供と楽しく遊べました。こんなゲームがあってもいいんじゃないかと思います。
    期待していたどうぶつの森ファンとのミスマッチが起きたとは思いますが。

    • KENT より:

      マリオパーティとは違ってターン毎にミニゲームが挿入されませんもんね。

      そこをプラスと取るかマイナスと取るのかで印象は変わってきそう。

  2. マウスカーソル より:

    昔は知名度のある作品なら、広告代理店と組めば無条件で売れました。
    近年はネームバリューのあるスピンオフでも作品の評価が低いと売れないケースが増えましたね。

  3. 引きこもろう!ともふみの森 より:

    これは酷かったなぁ…(^^;;
    任天堂クオリティだからかろうじて、駄作になってるけど、他社が作ってたら悪名高い某サモンライドみたいになってたでしょう。
    個人的には、マリパのどう森エディションを出してたら、また売り上げが違ってたんじゃないかなと思います。
    というかそれがやりたい!任天堂オールスター版のマリパ!!
    カードe +やマリパ10のamiiboパーティーから全然、学習してないなと当時、ドン引きしました💦

    • KENT より:

      amiiboとゲームをフルに連動させるとろくなことにならないんですね^^;

      確かに任天堂オールスターはそれだけで価値が増しそう!最強のキャラゲーなんじゃ!?

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】ギアーズ オブ ウォー1(Xbox 360) [評価・感想] 洋ゲー嫌いのぼくが洋ゲー好きになるきっかけを与えてくれた傑作!
【レビュー】スーパーマリオブラザーズ 35 [評価・感想] テトリス99をヒントに生まれたマリオのバトロワゲー!
【レビュー】アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 [評価・感想] 少々蛇足だが、あらゆる部分が進化した続編の名に偽りない作品
【レビュー】シバ・カーリーの伝説 [評価・感想] 地味~な作業が笑いを誘う地味~なゲーム
【レビュー】ストリートファイターV アーケードエディション [評価・感想] まだ改善の余地はあるが、オフラインソロプレイでも長く楽しめる正統派格闘ゲームの進化系!
【レビュー】Dead by Daylight(デッド バイ デイライト) [評価・感想] 題材は物騒ながらも子供時代の遊びが詰まった新感覚マルチプレイゲーム!
【レビュー】ラジアントヒストリア [評価・感想] ストーリーで遊ぶDSの隠れた良作RPG!
【レビュー】ス-パーメトロイド [評価・感想] シリーズの土台をここで完成!
【レビュー】DATURA(ダチュラ) [評価・感想] 謎の触れるアドベンチャー!
【レビュー】ソルト アンド サンクチュアリ [評価・感想] ダークソウルとメトロイドヴァニアを融合させた高品質な2Dアクション!