2018/10/20/12:00 | ゲームレビュー

レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア【レビュー・評価】西部劇×ゾンビの組み合わせが斬新な爽快TPS!


レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア/PS3 / Xbox360(Z指定)

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2011年2月に発売されたPS3/Xbox360「レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア」のレビューをしていきます。

本作はゾンビ化した家族を救う旅に出掛けるオープンワールドゲーム型アクションアドベンチャーゲームですが、西部劇×ゾンビの組み合わせが斬新な爽快TPSでした!

まずは良いと思った点から書いていきます。

▼このゲームを3行で説明すると?

・ゾンビに支配された西部開拓時代が舞台。
・広大なフィールドを探索してミッションをクリアしていく。
・重火器を駆使してゾンビと戦うのがメイン。

良いところ

パラレルワールドが舞台

レッド・デッド・リデンプション【レビュー・評価】一人でもみんなでもじっくり楽しめる西部劇TPSお買いセット!

2010年10月に発売されたPS3/Xbox360「レッド・デッド・リデンプション(以下、本編)」。

西部劇を題材にしたオープンワールド型アクションアドベンチャーゲームで、全世界で大絶賛されました。

今回レビューするPS3/Xbox360「レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア」 は本作をベースにした大型ダウンロードコンテンツになります。

しかし、その規模が凄いんです!

本編がベースになっているとは言えクリアまでに10時間以上かかります。

ここまでのボリューム感は2010年当時の大型ダウンロードコンテンツとしては破格です。

気になる内容の方は本編をベースにしたパラレルワールド。

舞台は西部開拓時代ですが、ゾンビだらけの世界になっているんです!

ストーリーもゾンビ系にインスパイアされていて、ゾンビ化した家族を救うところから語られます。

本編ではお馴染みのキャラクターも続々とゾンビ化して登場するので、異色のゾンビものとして楽しめました。

西部劇×ゾンビもの

この組み合わせは今でも新鮮に感じます。

しっかしアメリカ人は本当にゾンビが好きだなぁw

本編よりも爽快感のある戦闘

レッド・デッド・リデンプションと言えば銃撃戦!

しかし、今作の銃撃戦は本編とは一味違います。

というのも敵となるゾンビは壁に隠れる習性を持っておらず、何も考えずにこちらへ近付いてくるからです。

そのため本編とは違ってカバーポジションを取る必要がなく、丸腰で銃を撃ちまくる爽快なTPSになっていました!

ポイントなのが、銃声。

舞台が荒野ということもあって銃声は気持ち良いくらい響き渡るので、銃をバンバン撃つだけでも爽快なんですよね♪

それでいて時間の流れを遅くして敵にロックオンする「デッドアイ」も使えるのでチョー気持ちぃぃぃ~!!!

本編とは違う面白さを実現!

このように今作の戦闘は本編から大きく様変わりしましたが、それ以外にも様々な違いがあります。

例えばゲーム進行。

マップデザインこそは本編とほぼ同じですが、進行ルートは間逆なんです!

つまり、本編が西から東へ進んで行くのに対し、本作では東から西へ進んで行く感じになっているんですね。

新武器・新ミッション・新システムも存在しますし、世界がどんよりとしているので本編とは違った感覚でプレイ出来ます。

本編と同じマップを使っておきながら、ここまで別モノに仕上げてくるとは!?

メニュー画面・マップ画面なども本作向けにアレンジされていますし、ダウンロードコンテンツとは思えないほど手が加えられています。

単品でも楽しめるようパッケージ版を販売したくなるのも納得です。

様々な追加コンテンツを収録!

2d1d4e73.jpg

ここまで紹介したのは「アンデッド・ナイトメア」というダウンロードコンテンツについてですが、本作にはそれ以外にも以下のような追加コンテンツが収録されています。

協力ミッションパック
⇒最大4人で楽しめる協力ミッションが10個収録されたパック。

これは無料配信されているので本作を購入しなくても本編さえあればダウンロード出来ます。

難易度は高めですが、どのミッションも銃撃戦をたっぷりと楽しめて仲間とやったら盛り上がること間違いなし!

単に撃ち合うだけではなく乗り物に乗って戦うこともあるので、それなりにバリエーションは存在します。

Legends and Killersパック
⇒マルチプレイのマップとキャラクターが追加されたパック。

個人的に気に入ったのが、群れで襲ってくるゾンビを仲間と協力して倒して行くモードです。

何度かフレンドとプレイしましたが、シンプルで盛り上がりました。

Liars and Cheatsパック
⇒本編で遊べたポーカーなどのミニゲームをマルチプレイでも遊べるパック。

ミニゲームを複数人で楽しみたいなぁと思っていたので、これは嬉しい!

銃撃戦ばかりじゃ飽きるので息抜き対戦がしたい時におすすめです♪


このように本パッケージは「レッド・デッド・リデンプション」本編の遊びを拡張させる役割も果たしているんですね。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

本編以上に単調

メインコンテンツの「アンデッド・ナイトメア」は本編以上に単調さを感じてしまいました。

というのも用意されているミッションの多くはゾンビの群れを銃で撃ちまくるものだからです。

本編のように馬に乗ってレースをしたり固定機銃での戦闘などはありません。

ゾンビ戦以外に存在するのは素材集めくらい。

ストーリーも「仲間との再会→ゾンビだった→戦闘」という展開ばかりでパターン化しています。

それでも家族を救う使命感や雰囲気の良さで個人的にはついやり続けてしまいましたが、出落ち感が半端ないですw

全体のまとめ

西部劇とゾンビものを組み合わせたユニークな題材が魅力的な作品。

あくまでも大型ダウンロードコンテンツなので大作ゲーム並のボリュームは期待出来ませんが、ゾンビ好きは単品版を買ってサクッと楽しむのも良いと思います。

もちろん本編をプレイ済だと意外なパラレルワールドを楽しむことが出来るので、「レッド・デッド・リデンプション」好きにもおすすめです。

基本は大味なゲームなので過度な期待は禁物ですけどねw

西部劇×ゾンビの組み合わせが斬新な爽快TPS!

こんな人には特におススメ。
・レッド・デッド・リデンプション好き。
・ゾンビ好き。

こんな人にはおススメできない。
・作業ゲーが嫌いな人。

レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア/お気に入り度【70/100%】
プレイした時間・・・約8時間

, , , ,

 

おすすめ記事


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(8)

  1. hanataka より:

    この作品はレッドデッドとのセットバージョンで買いまして、めっちゃ楽しみましたねぇ。

    UMA探すクエストとかめっちゃ好みで、素早いゾンビ等で恐怖感もあって凄い作品です。

    FIFA18を遊んでたら、勝手に最新アップデートになって、Jリーグチームの最新データになりましてね、感心しました。FIFA19も発売されてるのに去年の作品にアップデート……凄いなぁ。

    こんな優しい事されたら、FIFA19も買わなきゃって思いますねぇ🎵

    • kentworld より:

      本作が発売されて数年後、コンプリートエディションが発売になりましたもんね。あれは大変お買い得だと思います。

      ゾンビをいくつかの種類がいてそれぞれ動きなどが違いましたね。

      FIFA18はそんな配慮がなされていたとは!?

      FIFA19が発売されたらお役目御免にしないところはEAの懐の深さを感じます。

  2. タロン より:

    特に印象的だったのが、ランダムイベントで、その中のひとつに
    道端で
    ゾンビにやられたであろう死体を前に
    泣いてる人がいるんですが

    近くでずっと観察していると
    死体が突然起きて、その人を襲ってしまうんですよね

    ストーリー的に意味の無いNPCですし、ランダムイベントなので何度も発生してしまうのですが

    ゾンビ化した瞬間に倒して助けても
    そのまま見殺すことも
    何をしてもなにも起きない事が
    逆に世界観をリアルにしてるよなぁと感心してしまいました

    • kentworld より:

      そのイベントはそこまで細かく見ていなかったので新たな発見がありました!ありがとうございます!

      世界がゾンビになったらどうなるのかのアフターストーリーは様々な作品で想像力を膨らませて描いていますが、本作でもリアルに描いていますよね。

      ランダムイベントとは言え、何だか考えさせられる話です。こういったところを作り込んでいると世界観に深みが出てきますよね。

  3. 天火星 より:

    これは結構楽しんだやつですね、ただ本編よりも苦戦した記憶が・・・。

    • kentworld より:

      本編よりも苦戦されましたか!?

      かなり前なのであまり覚えていませんが、ぼくは本編の方が苦戦したかな~?

      • 天火星 より:

        最後のラッシュがきつくてね・・・、本編にない動きされてかなり苦戦したのを思い出しましたよ・・・。

        • kentworld より:

          苦戦した思い出って印象に残りますもんね。そう言えばぼくも苦戦していたような・・・?何故思い出せないんだw

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ポケモンスナップ【レビュー・評価】写真撮影をレールシューティングに落とし込んだ意欲作!
ジャック×ダクスター 旧世界の遺産【レビュー・評価】PS2ソフトだけど、やっている事はPS3レベル!
スター・ウォーズ バトルフロントII【レビュー・評価】システム周りに異物が混入されたが、TPS/FPSとしては手堅い出来!
Bloodborne(ブラッドボーン)【レビュー・評価】あらゆる要素が芸術的にまとまった新しいカタチの高難易度アクションRPG!
Wonder Boy: The Dragon’s Trap【レビュー・評価】グラフィックの切り替えで本質が見えてくる探索型2Dアクション!
RiME(ライム)【レビュー・評価】良質な風のタクト風ICOライクゲーム
エスケーププラン【レビュー・評価】手がもう一本欲しくなる!
がんばれゴエモン!からくり道中【レビュー・評価】1986年当時の超大作アクション!
なげなわアクション!ぐるぐる!ちびロボ!【レビュー・評価】面白い試みがぐるぐるに滑った凡作
Kick & Fennick(キック&フェニック)【レビュー・評価】惜しくも良質2Dアクションにはなれなかった